秩父山里便り

秩父の山里から季節の移ろいと田舎暮らしの楽しさを発信

「豊さ」を選択しよう

DSC_0015_convert_20170424113027.jpg



自分にとって「豊さ」とは何か?

この選択肢を間違えると、ひとは幸福感を中々得られずに不満ばかりが蓄積する。

年収3千万以上の豊かさもあれば、300万以下でも豊かさは得られるのです。

アップアップの酸欠状態、もう日々の生活が仕事へのプレッシャーや忙しさで
イッパイイッパイと感じたら、一度自分を振り返ったらいい。

DSC_0016_convert_20170424113041.jpg
 一昨年の今頃にこの石段を自分で工事したんだっけ
 モッコウバラがもう少しで咲きそうです


数千万も数億も稼げる「豊かさ」とは努力だけでは到達できない壁、すなわち
選ばれし能力が必要なのです。

それに気づかずいつまでも年収にしがみついていると、還暦前に燃え尽きてしまい
イザ、人生これから(最近の人生は長いのだ)という時に既に廃人のような老人と
なってしまいますよ。

      DSC_0012_convert_20170424113011.jpg


この前妻がシイタケの茎の部分だけが入ったビニール袋を持ち帰った。
農家で干しシイタケに加工する際にでた商品(お金)にならない部分、いわゆるクズって
やつで、大きな袋にいっぱい職場に持ち込まれたらしいが、貰って帰る人はいなく、
妻が「ジイが工夫して食べるかも」と、少しだけ小分けして持ち帰ろうとしてようやく
数人が「じゃぁ私も」と、その時点になってやっとかなりの量がはけたらしい。

「そんなんだったら遠慮しないでもっと貰ってくればよかったのに、茎だけだって干せば
 立派な干しシイタケだ。味噌汁や煮物の出汁ならこれで充分だよ」

「だって、こんなクズって誰も見向きもしないのに恥ずかしいじゃん」

 DSC_0018_convert_20170424113105.jpg


年収300万以下の「豊かさ」は見栄を張ってはいけません(笑)
「もったいない」と「創意工夫」 だけど、けっしてガツガツしちゃぁいけないよ 
これが真の豊かさへと通じ、それが人格へ奥行を与え、しいては近代のひとが失った
第六感を覚醒してくれるのです。




曲はめっちゃ渋いブルースを一丁
Bluse Cousinsの「The Dream」です



漢って奴はさぁ 朝も早からひとっ走りして汗かいてさぁ 
それからプハァ~ってビールなんか飲んじゃうのさぁ
それでもまだ誰かが起き出す8時前でぃ
畑でもうひと汗かいてさ
昼になったらブルースの一曲も口ずさむのさ
夕方になったら明日への活力源とか言っちゃってさ
バーボンをロックでかるく二・三杯も頂いちゃうのさぁ
そうしてお山に陽が沈んだら
ひとっ風呂浴びて可愛いあの娘にチューをして
スッキリ寝ちまうのよ 

(河内のオッサン風)でブルース調の作詞してます :(´◦ω◦`):

ブルースのコード進行って割と単純でコツさえつかめば初心者でも弾けそう。
そうなればホラ・・・自分で詞を付けて歌っちゃえるのだ。
プロじゃあるまいし人に聴かせる訳じゃなし、上手いか下手か?
なんて関係ないので~す


追記 pm1:50

このブログを書き終えて、レパートリー増やそうと昨夜書き写した曲を
(テレサテンつぐないと柳ジョージコインランドリーブルース)
練習、イップク灯けに外へ出たら玄関に注文したレコードが置いてあった。
いつの間に配達してくれたのだろう?上手下手は関係ないと言いつつ
「配達員さんにボクのつっかえツッカエのつぐないが聞かれてしまったかも」
チョウハズカシイけど、そのレコード(ロッド・スチュワート)を
掛けてたら細かいことはどうでもよくなるほどご機嫌です!!


スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 12:22:56|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の山里ご膳

春は厳しい冬を乗り越えた自然界の命が紡ぐ食材、大地の恵みと海の恵みがいっぱい
の季節
田舎山里暮らしでうれしいのはそんな旬の野趣あふれる食材が手に入ること

DSC_0001_convert_20170423201525.jpg

アオアオした葉っぱの状態ではこのボールから溢れるほどあったが、
塩で揉んだらここまでカサが減った。
これをザルにとりお湯をかけて冷水に浸し水気を絞ったら
別に作っておいた醬油漬けのタレに漬け込んで出来上がり


DSC_0002_convert_20170423201543.jpg

 DSC_0003_convert_20170423201558.jpg
 ピリリと辛い葉ワサビの醤油漬けでい


会社の後輩から頂いた秩父の山奥で採れたワサビの葉を使って醤油漬けを作り、
家の前の竹やぶから初物の筍を失敬してきて煮物を作り、更にスーパーで半額となった
ニシンの塩麴漬けをオーブンで丸ごと焼いたご馳走だぜ \(^o^)/ 

DSC_0004_convert_20170423201613.jpg

   DSC_0006_convert_20170423201630.jpg

他にも車でその辺を流していると、農家直営の無人販売小屋に(その小屋の奥は畑だ)
旬の取れたて野菜が売っていたりして、これもよく利用し、写真のサラダはそのネギや菜を
使ったオカラサラダです。

今日は妻におねだりしてアディダスのランニングシューズとセイコーのクロノス腕時計を
買って貰ったから、そのお礼にこれらの食材をつかっての板前よっちゃんがつくる
 春の山里ご馳走ご膳 でした。





曲は上の料理で一杯飲んでいたら頭の中に自然と流れて来た曲
北原ミレイさんの「石狩挽歌」です



ギターもコード進行がどうにかスムーズに指が動くようになったよっちゃん
演歌、そしてブルースへと目標はあるのだが、肝心な歌がねぇ 。゚(゚´Д`゚)゚。
タロウ&ジャッキーよ、もうしばらく我慢してボクの弾き語りにお付き合いしておくれよ(笑)

  DSC_0009_convert_20170423201644.jpg





  1. 2017/04/23(日) 20:39:48|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その昔の恋はロッド・スチュワートが流れていた

昔流行ったよなぁ(昭和50年代前半)ロンドンブーツとパンタロンジーンズ

長身のブロンドが大好きなロッド・スチュワートはツーショットでは身長が
ブロンド美女より小さく見えてしまうが、実のところ178センチの身長があります。

  imagesGTW3A1T8.jpg


それでも少しでも背を高く見せるために彼はロンドンブーツを履いていた。

  imagesTV3F2RHH.jpg


彼の名盤「アトランティッククロッシング」のジャケはまさにそのロンドンブーツとパンタロン
をデッサンしたイラストで、短足の多い我らジャパニーズ男子は「これだぁ」と特にロック少年は
こぞってこのファッションンを真似しちゃいました。
(肩まである長髪なんかにしちゃって、当時のオッサンやオバハンには白い目で見られたんだっけ)

今日、そのアトランティッククロッシングの名曲「セイリング」の弾き語りに挑戦していたら
そのことを懐かしく思い出したのです。
彼のハスキーな声みたいには歌えないけれど「なんだかこの曲イケてるかも」と、始めてまともな
弾き語りができそうで凄くうれしい。

調子づいてさっきそのLPレコードをアマゾンで探し当てて注文しちゃいました。
確かA面が少しアップテンポなロックンロール、B面はスローなバラードで構成されたアルバムで
当時付き合っていた女の子たちが部屋に来ると必ず掛けていた一枚です。

DSC_0371_convert_20170420213930.jpg
ギターの弾き語りの音が洩れだす山里の夕闇迫る我が家


この年齢になってまさかギターでロッド・スチュワートを歌っているなんて、当時のボクには
想像だに出来なかったけど、残念、素敵な恋人は現在2頭のワン公だけです。


曲はそのアルバムのA面とB面より1曲づつご紹介です



オープニング曲の「Three  Time Loser」



そしてB面4曲目の「Stille Love You」
でした




  1. 2017/04/20(木) 21:59:33|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時には母のない子のように


今朝は5時起床、いつもワンコに朝飯の催促で起こされるが、今日はボクが一番の
早起きだった。

DSC_0297_convert_20170416105022.jpg


モーニングコーヒーを入れて朝の(-。-)y-゜゜゜をしていると、ウグイスが鳴き
シジューカラの新婚さんは犬小屋デッキの上に掛けた巣箱で愛の囀りとダンスを繰り返す

今年名前をつきとめたウチの桜、アラカワニオイは満開でメジロやヒヨドリがその甘い蜜を
吸いに大挙してやって来ている。

DSC_0335_convert_20170416105109.jpg


いつも脳内にメロディが流れてるボク、今朝は何故かこの歌の旋律がわいてました。

カルメン・マキ 1951年生まれでボクよりも五つ年上のお姉さんです。
中学生の時に聴いたこのメロディと歌詞はそれまでの歌謡曲にない斬新さで彼女の容姿と
相まって直ぐにボクを魅了した。

DSC_0344_convert_20170416105131.jpg


当時ボクの母は当然存命中だったが、母のない子の心中を推し量るほどボクは成熟してなかった
20年近く前に母を亡くし、今は母のない否、ジイさんだ (笑)

DSC_0351_convert_20170416105211.jpg
 チューリップとタロウでハイチーズ
 そしたら「ボクも撮ってよ」と、ジャッキー&オクチャマが乱入



DSC_0347_convert_20170416105156.jpg

 この場所は越してきた冬にボクとタロウで耕した場所で、やがてチューリップ畑に
     なりました
P1050676_convert_20130530111847.jpg


この曲のギターの弾き語りを只今練習中 幸いコード進行は左程難しくない。
Em Am DmとFにEやCが絡むだけ 自己流の節回しで歌ってますぜ
人に聴かせる歌じゃない タロウとジャッキーに聴かせてあげるのが精一杯ですが、
「トウちゃんの弾き語りは味があって最高」とふたり
いえ二頭はうっとり聴いてくれてます ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

DSC_0354_convert_20170416105321.jpg










時には母のない子のように 
だまあって 海を見つめていた~い

作詞は寺山修司さんでしたっけね





  1. 2017/04/16(日) 11:33:47|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラカワニオイサクラ

DSC_0265_convert_20170415143810.jpg



我が家の庭の桜はちょっと変わった種類で、近所では同じ花は見かけない。
「オオシマザクラの亜種だろう」くらいしかわからず、そのルーツ・・・
どうして誰がここに植え、毎年誰のために花を咲かせているのか?が
越してきて以来の謎かけのようで、そのルーツをあ~だこうだと想像しています。


DSC_0275_convert_20170415143846.jpg


なんせこの山里とは縁もゆかりもなくここに越してきた我が夫婦、
その時はほぼ新築だったこの家の庭にすでに樹齢十数年は経過していた
この桜の木がドンと生えていました。

 DSC_0292_convert_20170415145150.jpg


昨日桜の樹種を詳しく調べ、花の色や咲き方がそっくりの種類があった。
それが「アラカワニオイ」という桜の種類で原種はやはりオオシマザクラの流れを
汲むサトザクラ類に分類されているようで、
埼玉県と東京都の県境の旧荒川(隅田川)の堤防に明治の頃に盛んに植樹された
みたいです。

 DSC_0278_convert_20170415143919.jpg
  下の庭の畑はチューリップに菜の花と水仙、そして雑草花まさに百花繚乱です

DSC_0283_convert_20170415145841.jpg


イヤイヤ・・・そんなはるか100㎞近くも離れた場所に植えられた桜がなんでまた
こんな山里に来ちゃったわけよ?
冒頭に記したようにこの近所では我が家のこの桜しかこの種類は見かけませんから
この辺でこのアラカワニオイが流行って盛んに植えられたとも考えられず、謎が謎を
呼び、これを推理するのがまたこの時期の最大の楽しみでありんす。

DSC_0264_convert_20170415151009.jpg


①我が家の近所の渓流は荒川の支流のひとつなので、隅田川の魚が種を上流まで
  リレーして運んできた? ('◇')ゞ これはあり得ないなどうも(笑)

②それじゃぁ渡り鳥が隅田川でサクランボ食べて、ここまで来てからフンをした (゚д゚) 
  ずいぶんと便秘気味な渡り鳥でどうもそれもないねぇ

③家を建てる前はどうやらここは畑か山だったので、石垣などで造成するときに種か苗
  が混ざっていた o(^▽^)o  これちかいかも

DSC_0288_convert_20170415144019.jpg
 花の色は白く花弁は5枚で一重咲き

DSC_0290_convert_20170415144037.jpg

そしてもう一度よく木を根元から観察してみたら、傍に生えているドウダンツツジの根っこと
くっつかるように桜の木も一緒に生えているではないか。
やはり石垣などで造成し、ドウダンツツジやサツキを植樹したときにこの桜の苗が混入していた
と考えて間違いがなさそうです。

        DSC_0294_convert_20170415144052.jpg


造園業は秩父も盛んだが、少し下流の旧花園町がツツジやサツキなど植木の苗木生産地と
してあり、ここでアラカワニオイサクラの幼い苗が混ざったのだろう。

ドウダンツツジを植えた職人さんはその小さなアラカワニオイの苗に気づかず
当然桜の方が成長も早く大木になるので、我が家が越してきたころは既にドウダンツツジよりも
遥かに大きくなっていたという推理が成立致しました ヽ(≧∀≦)ノ

どうして誰が植えて、誰の為に花を咲かせているの?

これが「縁」の不思議、度重なる偶然をただの偶然だけで片付けたらただの人。
この桜はボクの為に、やがて道に迷ったボクが此処に越して来るのを見越して
此処に根を張ったのです。
誰の意志で?・・・ さぁ神か仏か? (笑)
どっちにしたってボクは此処での生活で少し浮世離れした能力を身につけた。
ご安心下さいませ、怪しい教祖様には興味はありませんから( 爆笑)

仏教は2500年の歴史がある。当然開祖である釈迦の教えからいろいろな解釈が生まれ
特に中国経由の我が国の仏教は上座部仏教です。
釈迦が原野を旅し自然と宇宙を肌身で感じ観察し得た、悟りの境地とはほど遠い机上の
学問と化している部分や宗派の保身のための戯言が多々見うけられれます。

そのひとつが地獄から始まり天道に至る六道の教え、この六道で下(地獄)から3番目の
畜生道ですが(ちなみに下から地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天上)
なんぞや畜生とは???

DSC_0295_convert_20170415144143.jpg DSC_0296_convert_20170415144158.jpg
 観察するために折った桜の枝 適当に活けて家の中に飾った。
 匂い桜と言うくらいだからきっと良い芳香がするのだろうけど、
 鼻の悪いボクにはわからない



タロウがいよいよ歩けなくなってしまいました。
昨日はわずか100メートルの坂道を途中で3回コケて、やっと坂の上に辿り着いたら、
そこで動けなくなってうずくまり鼾をかいて寝てしまった。

無理せずそこで引き返し、幸い帰りは下り坂と思ったが、やはり前足がカックンとなって
またそこで動かなくなってしまいました。
ジャッキーはいつもならそんなお兄ちゃんをバカにして「早く行こうよ」と、先を催促するのですが
ただならぬタロウの異変を察してタロウの傍から離れません。
ジャッキーを傍のガードレールに繋いで残し、歩けないタロウを抱っこして(重かったです💦)
家の小屋まで運んだのですが、いつもならキャンキャンうるさいのが再び迎えに行くまでひと声も
吠えずに心配そうにボクとタロウを見てました。

これが畜生道と見下す獣の姿でしょうか?
野に出て修行もせず、上品な袈裟を着て経を唱え、お布施ばかりを勘定する仏教は
釈迦の教えとは関係ないのです。





曲はサブちゃんで兄弟仁義です





  1. 2017/04/15(土) 14:08:36|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から四季折々の暮らしと自然や花の写真
好きな音楽や感動した本のこと
共に暮らす二匹のワン公との触れ合いをお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
カモナ マイハウス (23)
作業 (64)
アウトドアー (107)
ミュージック (65)
エッセイ (189)
板前よっちゃん (49)
外食 (3)
お出掛け (24)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR