FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

新しい価値観の創造

前回でこのブログは無期限の中断の筈が、記事を書くのが習慣化しているボクには
禁煙同様の禁断症状で、気が付けば勝手に手が動き記事を更新している。 (=∀=)

P1090591_convert_20130428124244.jpg


考える処あって・・・って何よ
いつの世でも時代は変化し続け、戦後(太平洋戦争)も70年も経てば尚の事、
そしてITの進化により従来の価値観ではもう人生を語れない。

団塊の世代までは定年まで働き続け、たっぷりの退職金と年金で老後は悠々自適
枠からはみ出さず、教科書通りの人生を歩めば老後も保障されていたのかも知れない。

だけど、これからは先ず定年まで同じ職場で働き続けることの困難さと、年金さえも保証
されはしない。

その世代の狭間でもがく自分は群れの社会から距離をおいて、従来の価値観ではもう
違和感しか感じず、新しい価値観を模索する後進へ少しでもヒントとなる生き方をしてみたい。

余生なんて考えはこれからは必要ない
還暦過ぎてからが本当の収穫ある人生よ
人生は長い、その頂点を若い頃に置いちゃったら後をどうするのよ。
若い頃にあれもこれも食いかじり、それを肥やしにするのが秋の収穫期だろ
(アイドルなんて10代で人生の絶頂期を終えちゃったらそれからが長いぜ人生は 

現役時代が社長だろうが、部長さんだろうが引退すればただのジジイだ。
金をいくら残したところで仕事以外の事は何も知らず、会話は退屈で家族からはゴミ以下の扱い、
それじゃあまりにも悲しいじゃないか

逆にお金なんてなくても、死ぬまで退屈せずに生きる方法がきっとある
それをこれから試してみたいのさ。


スポンサーサイト
  1. 2017/06/08(木) 22:00:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業そして青春の光と影

さっき更新したブログで聴いたサイモンとガーファンクルで
1967年ダスティ・ホフマン主演の映画「卒業」を思い出した人も
多いかも知れませんね

 P1120767_convert_20140214211516.jpg

The Sounde of Silence こんにちは暗闇、古き友よ と始まるこの歌
その歌詞の意味を改めて今になって考えると、

あの頃の彼らが示唆した通り、現代人の殆んどの人が暗闇(影)の部分は
見ない 
光のあたる部分だけを見て生きているような気がしてきます

この間の朝のTV しかも天下の国営放送の女子アナがピンクのブラウス着て
オリンピック女子ジャンプ競技に出場するメダル有力候補の選手の取材で
現地に行っている解説者に対していきなり 「金メダルは獲れますか~」と
上ずった声で訊いていた

朝飯を食いながら見ていたオレは思わず納豆ご飯を吹き出しそうになってしまったよ
「アホか~オマエは 競技はこれからだろう それを言うなら金メダルが獲れるように
 こっちでも精いっぱい応援してま~す」くらいだろうに

そしてその夜の日本人選手が誰も出場していない別の競技 なんと坦々と清々とした
解説とアナウンスで見やすかったことか

こんなこの国の報道や放送に違和感も覚えず夢中になってTVを見られる人たちが多い
のなら
やはりそれは光の射す明るい部分にしか意識がいってない証拠じゃないでしょうか
光があればその分の影があり暗闇がある
競技をする前からこんなプレッシャーを掛けられたんじゃ選手がお気の毒ってもんです

鋼の心臓でも持ってなきゃ、この大舞台で本当の力を出し切るなんて無理だ
鋼どころか蚤の心臓にも劣るオイラは凡人で良かったなぁ

映画「卒業」で思いだしたのが その2年後に公開された「青春の光と影」
言葉が足りなかったために恋人の命を失ってしまった青年がその虚しさから逃れるために
でた放浪の旅
今でも心の放浪を続けているよっちゃんの忘れられない名画です
首題歌はジュディ・コリンズで映画と同じく「青春の光と影」

 


 
  1. 2014/02/14(金) 20:35:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR