FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

還暦プラス2 今はまだ人生を語らず

越えて行け そこを
越えるものは すべて手探りの中で
見知らぬ旅人に 夢よ多かれ
越えて行け そこを
越えて行け それを



暖冬とは云えはや師走、毎日焚いている薪ストーブの薪のストックは日に日に減っていく。
自前では薪の消費をとても賄えないので、どこかから購入しなければならず、安い薪屋さんを
探している。

IMG_20181207_141535_convert_20181207201802.jpg


今のところ2軒の薪屋さんとお付き合いをし、どちらも他よりは相場が安いと思う。
今日はその内の一軒、韮山反射炉の近くの山合の薪屋さんへ買い付けに行ってきた。

二度目なので薪のストックヤードへ着き、電話をして断わってから主が来る前に
勝手に車へ薪を積み込み始めました。
やがてそこへ気の良い少し腰の曲がったおじいさんがやってくる。
「これでいくらですか」と、
聞いたら嘘みたいに安かった。
更におまけに焚き付け用の木っ端を袋いっぱいと美味しそうな庭の柿を貰った。

IMG_20181207_141656_convert_20181207201828.jpg
薪を軽(ダイハツテリオスキッド)の後部へめいっぱい積んだ帰り道
修善寺温泉の筥湯に浸かってきた。

IMG_20181207_141917_LI_convert_20181207202004.jpg


もう一軒の薪屋さんも気のいい70代半ばの主人がやっている。

ここで働きたいと言ったら是非にとも言ってくれた。
山で木を切って薪を割り売る。
考えただけでもワクワクし、例え給料が今の半分だろうとすぐにでもそこで働きたいが、
今の仕事も始めたばかり、それは何だか仕事も覚えられず途中で逃げ出すような気がして
それが出来ないまどろっこしさよ ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪

「ああボクも時給がいくらだとか、儲けがいくらだとかそんな小さな事に拘らず
 あんな風に年をとりたいな」
いつもそう思って帰ってくる。

そこにたどり着くため、今はまだ人生を語る時じゃなく もう少し修行がいるんだなぁ



スポンサーサイト
  1. 2018/12/07(金) 19:43:10|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天城高原ドッグラン


DSC_0023_convert_20181128124927.jpg

近所のワンコ友達に誘われて天城のドッグランへ行ってきた。

うちの子たちはドッグラン初体験、さてさて他所のワンコと仲良く遊べるかな?



DSC_0012_convert_20181128124744.jpg

ジャッキー久しぶりのノーリードに大喜びで走るはしる

DSC_0019_convert_20181128124840.jpg

ハスキーのアンちゃんも

DSC_0018_convert_20181128124809.jpg

DSC_0010_convert_20181128124656.jpg

ハナと豆柴さくらと甲斐くんのおチビちゃんたちも

DSC_0020_convert_20181128130738.jpg


午前中、約二時間走り回り大満足で帰って来ました。

     
     DSC_0025_convert_20181128130804.jpg



  1. 2018/11/28(水) 13:11:33|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒桜


秋に咲く桜に春の桜の様な鮮やかさや賑わいはなく、どこか侘しさが漂っている。
今日、小雨降る中近くの大室山ふもとの桜公園へ散歩に行ってきた。

DSC_0001_convert_20181113170747.jpg

さて、写真でも撮ろうかと思いカメラを構えたらなんとレンズが外れてしまってない。
実はこの前ライオン岩の撮影でゴロタ石につまづき、カメラを落としてしまった。
その時にきっと
頻繁に使う18ミリ~70ミリのレンズのカメラ本体にカチっと止める爪が欠けてしまった
のだろう。
車から降りるときは確かにレンズは着いていたので公園中をもう一度探し回ったら
ジャッキーがウンチした場所の近くに転がっていた。
ウンチを拾うときに外れたんだろうな (ノ_<)

DSC_0004_convert_20181113170817.jpg

幸い本体は大丈夫そうなので、そのうち替えのレンズを買いましょう。
それにしても実は「つまづいた」なんてものではなく、道路から海岸へ降りるときに
自分の背丈近くの高さから転落に近い転び方をした。
下はゴロタ石だらけ・・・「よく怪我をせずに済んだものだ」

この時に嫌という程自分の足腰は既に老化が進んでいることに気が付いた。
ボクを護ってくれてる強烈な守護霊(貧乏神か龍の化身かはたまた仏様か???)に
感謝しなければいけません。


DSC_0007_convert_20181113170842.jpg

フロントの仕事なんて一日中立ちっぱなしで、二月半の緊張と疲労の蓄積で腰が痛くて
仕方ねえよう 。゚(゚´Д`゚)゚。

DSC_0009_convert_20181113170903.jpg


こんな辛い仕事、別に投げ出しちゃってもいいんだけどさ、意地が少しと
次の目標があるわけでして、「お金は後からついてくる」などと云う
呑気な事を考えるには残された時間が足りない様な気がしてる。
40代50代60代と、心境は確実に変化して行くんですね (´▽`)ノ






  1. 2018/11/13(火) 17:19:12|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊豆の瞳 湖畔散歩


 DSC_0546_convert_20180914082850.jpg

伊豆高原から伊東市内に下る途中にこの湖、一碧湖がある。
家からだと歩いて30分、車ではわずか5分の距離だ。

およそ10万年前の噴火あとに出来た火口湖で直径は約600メートルの小さな湖
それでも伊豆半島唯一の湖です。
働き始めて初の連休である12日はジャッキー&ハナを連れてついつい
ここまで歩いてしまった。

DSC_0530_convert_20180914082819.jpg

夏の賑わいが嘘のように静まり返った湖畔の散策でまだわずか10日経過したばかりの
新米仕事人、その緊張した神経の糸をほぐしました。
帰途はキツイ上り坂、しかも途中で雨が降りだしたが幸い帰り道の20世紀美術館沿いの
歩道は大きな欅並木でほとんど濡れずに帰れました。

DSC_0522_LI_convert_20180914081439.jpg

DSC_0520_convert_20180914082649.jpg

翌日は妻も誘い今度は車で湖畔まで下って湖を散歩。
車なのでワンコのおやつも持って行った。
スワンボートに乗りたかったが、妻が及び腰で嫌だと言うのであきらめた。

DSC_0525_convert_20180914082732.jpg

DSC_0540_LI_convert_20180914081517.jpg

湖畔のベンチに座って食べたおせんべいがすごく美味しかったです。



  1. 2018/09/14(金) 09:09:47|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャッキー海デビュー

山里から伊豆高原へ移住してひと月、相棒ジャッキーは
まだここに馴染みきれてない。
昨年夏にこの世を去った兄ちゃん(ラブのタロウ)の臭いが
かすかに残っているのか、いつもふたりで寝ていたタロウの
小屋の中だけが唯一安心出来る場所と、散歩以外は
その中にばかり居たがる。

201805012005274b8.jpg

今朝5時から30分近所を散歩した後、彼を車に乗せて
伊東港近くのオレンジビーチへ

彼は浜に打ち寄せる波は初体験です。
案の定「なんじゃこりゃー」と、波打ち際でビビリまくっていた。

20180501200528771.jpg

そして、防波堤の上から朝日に向かって
「ニイちゃ~ん一緒に来たかったよう エ~ン」と
泣いていた。

20180501200530e09.jpg


   
       


「さぁオウチに帰ろうか」と、もう一度波打ち際を見れば
なんと秩父の山で拾った龍の頭の胴体が浜に
打ち上げられていた。
「オイ!よっちゃん、オレ様の胴体持って来てくれ」
庭の龍がテレパシーを送ってきた。

201805020728277c7.jpg

黒龍白龍赤龍青龍黄龍
ウチの龍神様は随分とまたカラフルでトロピカルなのだ





  1. 2018/05/01(火) 20:25:00|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (73)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (56)
外食 (3)
お出掛け (32)
考察 (13)
画像 (5)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR