FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

巣箱


引越しをするときに迷ったが小鳥の巣箱は置いてきた。
それは山里のシジューカラ夫婦が毎年そこで子育てをしていたからで、
彼らをがっかりさせたくはないと思ったから。 

実はそのことはしばらく忘れていた。
だが、庭をウロウロしていると何かが物足りなく感じる。
「何でだろう?そうだ野鳥の巣箱だ!!」

DSC_0214_convert_20180803104920.jpg

  DSC_0215_convert_20180803104947.jpg

ホームセンターで既製品を買うなどという発想はない。
幸いコンパネ板の切れ端が物置にとってあったのでこのクソ暑いなか
自作することにした。

昨日午後から3時間かけて二個、今日は暑くならないうちにと朝ドラが
始まる前の早朝に一個
シジューカラやヤマガラ用なら出入り用の穴は3cm、その径のドリルは
ないのでひと苦労して穴をあけた。
すこしイビツだけどこれもご愛嬌さ

   DSC_0206_convert_20180803104835.jpg

伊東市の図書館の蔵書は秩父図書館と比べて半分以下だろうか?
数度通っているがこの分だと読みたい本は一年でなくなってしまいそうだ。
今はアメリカインディアンの文化に触れた本「大地の声」(アメリカ先住民の知恵のことば)
立教大学社会学部教授・安部珠里先生の書いた本を読んでいる。

DSC_0219_convert_20180803105033.jpg


インディアンを征服し服従させ、自らの文化に同化させようとした白人に対して曰く
「あなた方の信仰は、神の鉄の爪によって石に刻まれるがゆえに忘れることはないが
 わたしたちの信仰は父祖が残したものであり、心に刻まれるがゆえに忘れることがない」

曰く
「この土地の最後のバッファローが殺され、最後の魚が採られ、最後の森がなくなり
 最後の川が毒されたとき、あなた方はお金は食べられないということがわかるだろう」
 (すでに100年以上前にインディアンは現代のこの状況を予見していた)

アメリカ先住民に土地の所有という概念はない 土地は7代先の子孫から借り受けたもの
自然観は「人間は大宇宙の生命連鎖の円環に位置するひとつの生き物にすぎない。
太陽があり、水があり、大地があり、植物があり、動物がおり、それらがみな繋がりながら
お互いを支えあっているからこそ、世界に絶妙な調和が保たれている」

DSC_0223_convert_20180803105955.jpg

      DSC_0203_convert_20180803105409.jpg

一方白人は「人は神が自分に似せて創った完全な生き物」でありこの世の頂点に君臨するもの
自然は人が支配するもの」と考えている。
それは聖書の創世記にちゃんと書かれている。
神が自分の形に人を創造したあと、人間に言う
「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物すべてを
 支配せよ」

そして産業革命だ


   DSC_0224_convert_20180803105131.jpg
 巣箱は三つ 
 ひとつは食堂のテーブルから見えるヤマモモの木に今日作ったこのピンク
 もうひとつは和室の吐き出し窓の外側のもみじの木
 そしてひとつは玄関前の夏ツバキの木に



この国もかつてインディアンと通ずる考え方があった。それは時代を遡れば祖先が彼らと
共通しているからだろう。
だが江戸時代の末期、黒船の来航で価値観がひっくりかえり、あげく太平洋戦争の敗戦と
飢餓で
お金は食べられないことを忘れ、お金が支配する価値観にすっかり染まった。

最後まで白人に抵抗し滅んだインディアンと南米インディオの気高さがうらやましい。

きしくも62回目の誕生日を前にして、勝者の美学と敗者の美学を考える。
なんに対してでも勝者と敗者に分け、全てを戦いと考える人生観そのものから
そろそろ脱却したい。

多様性・・・
20年前のあのムーブメント、グローバルスタンダートとはいったいなんだったのだろう?
「その潮流に乗らなければ日本は世界から取り残される」
と、これまた国も企業もこぞって長い歴史の中で養ってきた
価値観や伝統をまた放り出す。
だからこの国の住民は右を向いても左を向いても金太郎アメみたいで、
価値観を違にする者を中々受け入れようとはしない。

そもそも健常者とそれ以外の者、後者を社会的弱者などと
区別すること自体がそうでない者の思い上がりに思えて仕方ない。
その昔出自や学のありなしで人を差別視したのも西洋と変わらないから
まぁこの国はその素養は出来ていたのだろう。

あなたとわたしは顔も違えば体型も違う。自ずと性格だって能力だって違います。
同じ基準で勝敗を競ってもナンセンス、5歳で高等数学をマスターしちゃう子もいれば
62歳になっても尚、英語もろくにしゃべれないボクもいる。
それで人の優劣を決めるのですか?
こんなに素敵な巣箱を作れるボクなのに (自画自賛 


未来永劫に勝者であり続けることなどあり得はしない。
敗者となって初めて他者への思いやりに気付き、最後まで勝ち続けたものがその最後に
目にする光景は「最後の森がなくなり、最後の資源が食い尽くされた荒涼たる大地だろう」



  



スポンサーサイト
  1. 2018/08/03(金) 11:40:22|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現代楢山節考

全国各地に昔からある伝承「姥捨て山」をもとに1956年発表の深澤七郎の短編処女作が
「楢山節考」です。

これは過去二度映画化されていてボクは1983年の今村昌平監督、息子が緒方拳、
捨てられる老婆(母親)が坂本スミ子のを観ています。

P1010583_convert_20180717083329.jpg

地方の貧しい寒村では昔、口減らしという風習がありました。
不作不漁で家族全員を養えず、幼い末子又は堕胎をやむなく行った。
(伝説のNHK朝ドラ、あの「おしん」もおしんの母親・泉ピン子が冷たい川に浸かりおしんを
 堕そうとする場面がありました。)
そして年老いて労働力となりえない老人は山に捨てるか、自ら山に入って命を絶った。

繁栄を極めたこの国もほんの100年前まではそうした悲しい歴史があったのでして、
斯く言うボクも怪しい托鉢のお坊さんが中絶の数日前に訪れ考え直すように母に諭し、
「わたしが面倒みてあげるから産んであげれば」一番上の姉のその一言がなかったら
哀れこの世に出でる事がなかったと聞いてます。

あの時坊さんは「その子は将来きっと世のため人のためとなる人間に成長する」
そう言い切ったそうです。
「まったくあの坊さんには騙された」 先月末は母の命日でしたが、今も母のこの言葉に
耳が痛い思いがしています。(´・_・`) 

P1090621_convert_20180717083836.jpg


20世紀後半から50年、栄華を極めた日本も今世紀初頭より陰りが見え始め
昨年度の人口減は30万人 2050年には一億を割る統計が出ているが実際はもっと
早いペースになると思う。
僕らはその高度成長期を経験し恩恵にも預かった。可哀想なのは平成生まれの若者たち
それでもまだ充分この国は物量的には豊かな状態だと思うけど、
その20世紀後半のわずか50年の環境破壊でこの星そのものが疲弊の極みに達してしまい
持続可能な緩やかな経済成長なんてのは真っ赤なウソで、
毎年襲ってくる自然災害が更に国力低下に拍車をかけます。

楢山節考・・・
これまで精一杯生きてきた。そう思える老人なら敢えてそれを受け入れてもいいのでは
子供の背におぶわれて山に捨てられるのではなく自ら山に入る。ボクはそうありたい。

ニュースで災害時救出の様子が流れていた。
15歳の子供が119番通報で救助を要請したら
「老人優先で救助活動をしているのでしばらく我慢するように」と電話が切れてしまったらしい。
批判覚悟で書くが、先のない老人と未来ある若者
この国はどっちを優先、大事にするのだろうか?
そろそろエセヒューマニズムを捨てなければ国そのものが成り立たなくなりそうです。

追伸
 
国保税の請求が届いた。
無職夫婦で年金受給前なのにふたりで50万円 
何かと世間を騒がせている伊東市
(前市長の汚職と先日は高額納税に腹を立てた人が市役所に車で突っ込んだ)
決まり事とはいえ他に市県民税もある。
今のところ国や自治体にとっちゃ若者よりも老人の方が銭になる 
だから老人を大切にしてるんじゃないの~「お年寄りを大切に」なんて歯の浮く様なこと言ってさ

そろそろ働かないと、否働いたところでこの重税負担しきれるのだろうか?
天城のお山におにぎり持ってピクニックどころか城ヶ崎の吊り橋からダイブしたい気分だぜ
ったくさぁ


  1. 2018/07/17(火) 08:43:08|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生命体の定義を考える

この度西日本を襲った土砂災害、
山が崩壊し、川が氾濫し、映像で流れたその無惨な
光景には見舞いの言葉も見つかりません。

今世紀に入ってから「数十年に一度あるかないかの甚大な
 被害が発生する恐れがあります。」
気象庁の発表する予報とそんな災害が毎年この日本列島の
何処か、否、地球のあらゆる地域を襲っている。

未だ地球温暖化に懐疑的な意見を持つ学者もいるらしいが
既に地球規模の環境破壊はもとに戻す事が不可能なほどに
進んでしまった。

「母なる地球」などとよく表現するが、この星が
実際の生命体と考える学者は居なく、そう主張する者は
センチなヒューマニズムに浸ってるだけだとこき下ろされる。

DSC_0070_convert_20180713103406.jpg
腹痛で寝室で寝ていた夕方の窓、そこから見えたカーテン越しの夕空

確かにこれまで現代科学が養ってきた生命体の定義では
星そのものが生命体と考えるのはナンセンスだ。
だが我らが子供の頃は宇宙人の存在を認める科学者も皆無に近かった。

豊富な大気と水の循環 地殻の活動 そしてそれらに頼り活動する地球上の
あらゆる生き物
これって高等生物の構造とおんなじじゃん
人は人のみの単体細胞で構成されてるわけではなくその生命維持活動に百兆を
超える細菌やバクテリアで構成されているひとつの生命集合体だ。
同じだろ地球も人間の構造も

人間の病気は外部からの悪性菌やウィルスそして何かしらの共生する菌やバクテリアの
突然変異が引き起こす。
そして地球は今、人という産業革命まではちっぽけでこの星の健康に支障のない
むしろ地球の環境に貢献する善玉だった存在から突然変異して変化してしまい
異常繁殖した例えば癌細胞みたいな存在になった。

地球に意志があろうとなかろうとひとつの生命体と考えれば当然自然治癒力が発動されて
人間と言う癌細胞に攻撃がなされて行き、排除する攻撃対象でしかなくなった。
でも人の地球に対する攻撃力も強力になり過ぎて、もはや重症で地球は危篤状態だ。

単純な自然のしっぺ返しなのか、母なる地球が人間を見限って駆除の対象とされたのか
その結論は分からないし現代科学にすれば全くのナンセンスな考えかも知れない。

だがほんの少数派だが太古の人間が本来持っていた見えない世界を知覚する
感覚を駆使すれば、地球が生きており生物本来の本能と意志を持っている
事が感知できる。
が、それを神がかりにするから、その感覚を失った現代人には怪しい人物としか写らないのだ。


「地球はその子孫を残す意志がある」
それを託す存在、子供だか生殖機能の精子だか卵子に相当するのが数十億年の歳月を
要して育て上げた(進化の最終形態)我ら人類だった。
やがて進化した頭脳と科学で人類は地球から飛び立ち新たな惑星に到達する。
そしてその惑星では鉄筋とコンクリートだけの無機質な環境で人は安住出来はしないのだから
当然人類が住みやすい星、そう地球の自然に近い環境を作るだろう。

数十億年の単位で生きる生命体に対する我ら人類の歴史は数百万年、個人の命に限っては
たかが100年だ。
人の身体の中に住む細胞ならコンマの後にゼロが数百ならぶ一瞬の生。
もう一度母なる星は人類を淘汰しようとしてるのではないだろうか?

さて、上記が理系無知の文系脳が考えた生命体の定義だが、最新科学もあながちその全てを
否定はしてない。
JAXAの打ち上げたはやぶさ2号が小惑星の「リュウグウ」へ先月末到達した。
そしてこれからこの小惑星へ軟着陸し、岩石を地球に持ち帰るミッションが待っている。
その使命のひとつに地球外生命体の痕跡である有機物が含まれているか?があるのです。
惑星が子孫を残す・・・それを人が他惑星への移住とは如何にも飛躍した考えだが、
どうだろう? 何かのきっかけでその星の原始的生命、例えばバクテリアみたいなものを
胞子として広大な宇宙に飛ばし、その一部が例えば地球の様な星に辿り着き、そこで新たに
その星の環境に適合或いは環境を整えつつ新たな子孫を残していく。

僕らが理科で習った半世紀前の地球の生命起源は原始の海のスープに放射線や雷などの
エネルギーが作用し突発的化学変化で有機物が合成され、やがてそれが原始生命体
ウィルスやバクテリアとなった。でした
一方最新科学は宇宙からの有機物、又は生命そのものの飛来説の可能性も探っている。

七夕の夜 ここの夜空も秩父の山里に劣らず星々が燦々と輝いていた。
彦星(アルタイル・わし座)織姫星(ベガ・こと座)もうひとつ夏の大三角を形成する白鳥座のデネブが
やや東の空に輝き、その下に赤い星・火星 やや西側に土星、西の空に一際明るい木星 
天高く北側を見上げれば北極星を要するこぐま座
まぁ素人のボクにはこれくらいしか見分けがつかない。
夜10時、流れ星が西の空から北に向かい尾を退いて飛んでいった。


こんな妄想じみた記事、被害に遭われた方たちに鞭打つようだし、
公開するのには勇気がいるからおくら入りかな。

今朝のニュースで綺麗なワンピースとメイクもバッチリ決めた女子アナと
ピシッとしたスーツのアナウンサーが空調の効いた快適そうなスタジオで
被災地の人を気遣うアナウンスを繰り返していた。

「今日は被災地も猛暑日となります。熱中症が懸念されるのでどうぞトイレの心配などしないで
水分補給をドンドンして下さい。」だってさ
その水はミネラルウォーターおひとり様一本と限定され、トイレは仮設の不潔極まりなく
悪臭漂うなかの長蛇の行列だろう。
綺麗なワンピースのお嬢さん、一日でいいからその被災地で過ごしてみてくださいな。

と、まぁそんな考えだからボクは以前中間管理職が限界だったわけです。
(高級スーツに身を包み高級クラブで美女をはべらせてお客様をご接待、一方で顔色ひとつ変えず
 納期に間に合わせるために現場へは徹夜作業を強要する。そんな役割も確かにありそれを批判する
 つもりもないが、ボクはそれなら現場で一緒に汗を流す方が好きだった)



追記

昨日は掛かり付け医院で血圧の薬を貰いに行く定期検診日、ついでに診察してもらったら
お尻に綿棒刺されてノロウィルスチェック 陰性でした。そして胃腸のレントゲン撮って点滴
妻も一昨日から同じ症状で、処方された薬を分けて飲んでます。

長い記事になりました。こうして時間をかけ書きながら居間ではビル・エヴァンスのピアノが鳴っている。
秩父の山里もそうだったけど、何故かこの「ワルツフォーデヴィー」というアルバムを昼間に聴いていると
ウグイスが窓のそばに寄ってきて一緒にさえずりだす。
ボクの七不思議です。

DSC_0059_convert_20180713103618.jpg









  1. 2018/07/13(金) 10:55:00|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続、紙一重

二年後には56年振りの東京オリンピックが開催だ。
国の威信を掛けてメダルの数は過去最多を目指すのだろう。

ビジネスもスポーツも一流・超一流とステージが上がる程に
それにかかわる人たちの神経はピリピリし、善悪のボーダーを
時に踏み外してまでも勝つ事が最優先となる。

   IMG_20180525_144911_convert_20180526075019.jpg
 数年振りのラウンド 知り合いが誰もいないので薄暮ハーフのひとりぼっちプレー
 競う相手がいないからお気楽で「今の一発失敗だから打ち直し」なんて
 スコアごまかしまくり こんなボクって偉そうなことは言えないよなぁ
 しかしドライバーだけは飛ばなくなった。全盛期よりも50ヤードは飛距離が落ちている
 スプーン以下のクラブの飛距離は変わってないのはなぜ?


マスコミだって悪い!!
視聴者の興味をひき、視聴率と雑誌の販売部数を稼ぐため
勝者は最高のヒーロー・ヒロイン扱いして持ち上げる一方で、
チョツトつまづくと途端に正義の味方と徹底的に叩きだす。

どちらにしたってその取材振りは「なり振り構わず」の
特権意識バリバリだ。

陰謀、権謀、策略の渦巻く世界。
一般人の感覚からしたらどっちも異様な世界だ。

それでも若者たちはその華やかさに惹かれ、そこを目指す。
親に出来ることは
「正々堂々の真っ向勝負、良心に恥じない生き方をしなさい」と、
背中を押してあげるだけかも知れない。

DSC_0043_convert_20180526075110.jpg


マスコミにのせられて、批判する我々だって自分の胸に手をあててみたらいい。
「忖度」?
就職や転職、居住地域のライフラインや公園、道路整備。
あらゆるコネを使う。
菓子折、一票の重み、袖の下
ボーダーラインはやはり紙一重。
それがこの国の風土だと思うけど、それでも例の問題だけは
やっぱりアウト、そのボクの基準は若者を食い物踏み台にした事。
ドロドロ世界の中でドロドロやってるうちはその世界だし、
それが現実、お綺麗ごとだけじゃ生き残れない。

DSC_0046_convert_20180526075133.jpg
それにしてもこの空と海の青さ
眩しすぎるのは遥か昔の少年時代のあの純粋さを
失ったせいだろうか


あの学生がこの先どう生き、再生していくのか?
現実社会の醜さを身をもって体験したからこそ、それに屈せず
新たな活躍の場で頑張ってもらいたい。





  1. 2018/05/26(土) 09:10:00|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビジネス&スポーツ・勝負の世界は紙一重

只今プーのボク、就職活動は連敗続きである。
仕事がしたい側と採用する側の基準は違うんだと思ってる。

自分では同世代よりも若作りで40代の体力と柔軟性を
持っていると自負してたって、履歴書には実年齢が明記される。

採用担当者は
「う~ん還暦を過ぎている高齢者の応募かぁ、そんなジジイはウチではご遠慮願いたい」
となるのだろうな。
年齢不問とハローワークに募集要項を提示していても、それが採用する側の本音だろう。
自分が採用担当者でも多分そう考える。

「捨てる神あれば拾う神もきっと居るさ。ここでふて腐れてるくらいなら最初から他県への
 移住なんて考えやしねぇよ」
と、それから・・・
毎日暇でボーッとしているとNHKの5歳のチコちゃんにしかられそうなので、これを機会に
庭弄りに没頭中です。

 DSC_0042_convert_20180523193227.jpg
 作業に二日半を要して薪小屋を作った
 材料費は二万円若、えっ( ̄◇ ̄;)柱が傾いてるって?
 おかしいな、ちゃんと水平機つかって水平と垂直をみたんだけど
 バァさん(妻)に手伝わせ、冗談言いながら笑いコケ過ぎて手元が狂ったかな

 DSC_0041_convert_20180523193203.jpg



それにしても今世間を騒がせてるあの大学のアメフト反則問題。
反則をしてしまった選手の記者会見をみ、その後の大学側の対応の厚顔さと見苦しさに
「いさぎよさ」のひとかけらも感じられず、これが教育に携わる人間か?と、
激しい憤りをおぼえました。

ビジネスは儲かればそれでよいのか?
スポーツは勝敗の結果が全てなのか?

利益をあげること、試合に勝つこと もちろんそれに越した事はないから誰もがそこを目指す。
問題はそのための手段に自らの胸に手を充て後ろめたさや良心は痛まないのか?

年齢を重ねるにしたがってそのボーダーラインは薄れ麻痺していき「結果が全て」となる。
大人社会では結果も出さず「私はこんなに頑張りました」と訴えても通じない。
確かにその通りだ、
自らの良心・・・それを裏切ることなく生きていくことはだから難しい。

偉そうなごたくを並べても批判の矢面に立つ者と批判する側の者も紙一重の差なのかも
知れない。
だが、この国には武士道の精神が受け継がれているのではなかったの?
西欧諸国には騎士道の精神だってある。

DSC_0034_convert_20180523193114.jpg


切腹しなくてもいいから「非を認め、もう一度ゼロから再スタートを切ります」
地位と退職金の額、損と得ばかりに囚われた人には間違ってもこの発想は出て来ないんだろうな。
損得よりも「尊徳」この矜持だけは捨てないど~ と、就活7連敗中のボクは思いました。


  




  1. 2018/05/23(水) 07:42:57|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR