FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

オーマイゴット

断じて宣言しますがこれは老化現象、呆けではない たんなる物忘れの
範疇だ。

 
 夏らしい音楽が聴きたいので今日はジプシー・キングス 
 なかでもよっちゃんの一番好きな「UN AMOR」です。 

チョイと車で市内へ買い物やなにやらと用足しに出掛けよう、当然タバコ
を吸うからと、吸い掛けの箱ではなくオニューの箱をもったつもりでイザ
で、運転中に一服したくなって・・・あれさっき持ってきたつもりのタバコ
「あ~あ例によってまたその辺にチョイと置き忘れてきたか」と
自動販売機で新しいのを買って済ませた。
家に帰って思い当たる場所を探したが一向に見つかりません

タバコなんて序の口で携帯、メガネ 財布 大抵が下駄箱やデッキのテーブルへ
ポンと置いて忘れてる。今回もどうせその辺にあるさと、タカをくくっていたのに
意地になって探してもまだ見つからない。
タバコが惜しいんじゃなくて、その辺にあるはずの物が無いのがすごく悔しい・・

  20130730_142258_convert_20130730152925.jpg

「オーマイゴット タローとジャッキー お前たち何処へ隠したんだよう」
と犬にあたっているよっちゃんでした。

壊れたファンヒーターやら扇風機、電話などを今日はクリーンセンターへ持ち込み
処分した。10円/kgと有料、今回は40kg400円だったがこの金額で
家周りのゴミが片付くのだからありがたい。

   20130730_093542_convert_20130730152849.jpg

幸い枝降しをした木は薪にできるから処分費は掛からない。
もしこれもクリーンセンターへ持って行けば1t近くははありそうなので1万円の出費
前に薪も買えば高いと書いたが、な~になに自分で薪つくりをしてみて分かった。
重たい木を運んで切っての重労働 半日作業したって大した量は出来やしない。
自分でやるから人件費は除外できるけど、売り物として考えたら500円/10kgなんて
はたして業者は採算がとれるのだろうか


スポンサーサイト
  1. 2013/07/30(火) 14:32:33|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あの場所から

今日も小雨の降る中をせっせと薪つくり、でもそうそうこのネタばかりじゃ
つまらないし、他にネタもないので今回も音楽ネタです。

アラサー、アラフォー・・・ヘヘンだこちとらそんなのとっくに通り越して
アララのアラ還でぇ
だけどねオイラにだってあったのよ 青春時代が

先述の通り小雨の中、今度は5月に枝降ししたヒバの木とヒノキの枝から
薪つくり 
気温24℃ 蚊にくわれながら悪戦苦闘しつつ無意識に鼻歌を歌ってた

ふとそれに気がついて思わず苦笑い だれの曲だったと思います???

すっかり頭が白くなったり薄くなったりしちゃったご同輩のおじちゃん
あの頃のピチピチお肌は見る影もなくなったおば・・・もといご婦人の方々
アラ還世代ならきっとご存じの曲、大塚博堂さんです。

37歳という若さで脳内出血で急逝した彼の1976年発表の歌
「ダスティホフマンになれなかったよ」でした

 

それから2年を遡ると

 

高木麻早さんの「想い出が多すぎて」があり

 

そして表題の「あの場所から」
もともとは1970年にKとブルネンという男女デュオが発売した曲ですが
72年にシングル盤で発売された朝倉理恵さんの澄んだ高音ではかなさそうに
歌うのが好きでした。

 

シンシアファンでもあったよっちゃんは73年に南沙織さんのアルバム収録曲で
迫るように訴える歌唱も大好きでした。

できるならば 帰りたいけど いまは遠いあの日
こわれた愛を ふたり やり直したいの あなたと
あそこから あの場所から 愛を始めたいの



ってかぁ~

  1. 2013/07/29(月) 18:50:30|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

killing me softly with his song

さあて今夜も素敵な音楽を聴き比べしちゃいましょう。
よっちゃんが選曲したのは1973年ロバータ・フラックの歌で
一か月連続で全米チャート1位年間でも8位を記録した
「killing me softly with his song」邦題が「やさしく歌って」
です。

好きなんですよう この歌 直訳したら「彼の歌はやさしく私をいかせちゃう」
よっちゃんは歌いません オイラが歌っても精々がヌカ漬けを殺すのが
いいとこだもん

では先ずそのロバータ・フラックのオリジナルをどうぞ
 
 


そしてあの「天使にラブソングを2」で孤独な女子高生役を演じたローリン・ヒル
 
 

やはりソウル系のシンガーはズシンとハートに響いてきます
そして探しましたがな・・・ジャパニーズカバーを

で、この人 五輪真弓さんのカバーならあちらのボーカリストに一歩も引けをとらない
でしょう

 

まだまだカバーしている人は内外問わず数えきれないのですが
最後はまさに彼の歌声には優しく殺されちゃいそうな、
フランク・シナトラのバージョンでどうぞ
 



  1. 2013/07/26(金) 21:31:50|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭木で薪つくり

薪ストーブを設置したは肝心の燃やす薪がないんじゃ笑い話にもなりません。
寒くなってもウチは共働きなので毎日燃やすことはありませんが、それでも
20日/月くらいは燃やすとおもいます。

1日あたり10kgの薪を燃やしたとして月に200kgの薪が必要だ。
とてもじゃないがよっちゃんがその辺に転がってる枯れ木を拾ってたんじゃ
追いつきませんよコリャ(笑)

 
 今日は「ジョージア」をレイ・チャールズではなく、サッチモでどうぞ

まぁいずれ薪も購入することになると思いますが結構高いんですよ
一束10kgくらいで5~600円はします。
軽トラック1台で15000円 2t車でまとめて買えば少し割安になるかな

そんなわけで少しでも薪代を節約するために春先に剪定した植木を薪にしようと
今日は頑張った。

   20130726_105617_convert_20130726152753.jpg

一輪車の向こう側、枯葉の山が桜や花桃の木などの伸びすぎた枝をおろした山
このままでは枯葉がつまり通気が悪く乾燥が進まない。

   20130726_131310_convert_20130726152819.jpg

細い枝だって無駄にはしない・・・焚き付け用になるので付いてる葉っぱをこすり
落として束ねる。
太いところでもオイラの腕くらいだから割る必要もなくこのまま薪になるが、量は
大してとれなかった。

  20130726_134123_convert_20130726153044.jpg

結局2時間かかって一輪車一台分の薪と、炊き付け用の小枝の束が六つ

  20130726_135927_convert_20130726154449.jpg

畑のすみに積んで乾燥を待つが、薪は一冬越させないと水分が多く
よく燃えてくれない。炊き付けはこれで来季、充分な量を確保した。

  20130726_140026_convert_20130726154512.jpg

上は春までにせっせと拾い集めた薪。10日分くらいはあるかな?
それにしても田舎暮らしには軽トラックが必需品
こんど車を買い替えるときは絶対に軽トラにしようっと


  1. 2013/07/26(金) 16:16:54|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏野菜のカレー

今年はキュウリが大当たり わずか苗を3本しか育てなかったのに
毎日4~5本も採れたらふたりじゃ食いきれないや
いつもサラダにキュウリ揉み、それにも飽きてきたし
「なんか目先の変わった食い方はないかな」と、ネット上をウロウロ
していたらカレーにキュウリ・・・これだぁ

  

今夜の音楽はジャズの熱い演奏 
アート・ブレイキー(ドラマー)とジャズメッセンジャーのモーニン
よっちゃんがパソコンで聴くのはあくまでも試聴なのですが、数千円のでも
ヘッドホンもしくはイヤホンをつないで聴くと格段に音質はアップします。
PCのSPで直に聴いたのでは音が痩せこけ、ギターやピアノの音色はおもちゃ
みたいだし、ドラムのシンバルもベースも迫力がゼ~ンゼン伝わってこない
一度皆さんもお試し下さい。

自分の頭のなかでこのキュウリカレーのレシピを基本にし、
あれとこれをこうしてあ~してと考えるのは楽しい

 20130725_192646_convert_20130725203443.jpg

ルーはS&Bの素材別キーマカレーを使用しました。
合い挽き肉200g ナス1ケ 玉ネギ1/2 キュウリ大1本 しし唐7~8本
人参1/2 ブナシメジ白1/2パック トマト中玉3ケ ガーリック コショウ 
赤ワイン 果てはヨーグルトにとろけるスライスチーズ1枚まで使った。
なんのことはないその辺にある材料を全部ぶっこんでみたのだ(笑)

   20130725_192706_convert_20130725203505.jpg

でもおいしく出来上がりましたで~
材料の野菜(キュウリ・トマト・ナス・しし唐)だけは超新鮮だかんねえ



  1. 2013/07/25(木) 19:44:07|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬どころか秋までだって待てないよ

今朝ウチの奥さんが仕事に出勤したのが8時前、今日はまだ観てないDVDが
2本(愛と宿命の泉)pert1と2あるので暇つぶしは充分できる。

先に観たカミさんの感想は上々なので期待できそうだ、しかし今朝も涼しいな

この前設置した薪ストーブ・・・このまま放っといたら煙突に蜂が巣を作るかも
すでに蜘蛛が巣を貼っている。


なんだかんだと無理やりに試運転の理由をこじつけて・・・・
へへへ燃やしてみたど

 

1970年「アフター ザ ゴルドラッシュ」ニール・ヤングより
このアルバムを聴きながら薪ストーブの前で過ごす冬の午後、そのひとときが
いまから超がつくほど楽しみです

   P1110894_convert_20130722093932.jpg

もう「大人の火遊び」といったらこれですよ
街で女性と火遊びしてるようじゃまだまだキミは青い(笑)

   P1110903_convert_20130722093907.jpg

パチパチと薪の爆ぜる音を聞きながらまどろむ静かな午後
これぞ究極の大人の過ごし方ってもんだよ

しかし・・・やはり暑いな 
薪がもったいないから本格的なお楽しみは秋までお預けしておきます。


  1. 2013/07/22(月) 09:59:13|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏風邪かな

ここ秩父の山里は今夜も涼しい、このままステテコに半袖シャツそして
タオルケットくらいで寝込んでしまうと確実に朝は寒さで目が覚める。

今朝の最低気温は市内で19℃だそうだから、ここは更に3℃は低いハズ
日中はそれでも30℃を超えているから寒暖差がありすぎる。
おかげで体調がすぐれない。
夏風邪なのか肩こりと頭痛がし、冷たいものの飲み過ぎなのか腹の具合も
悪い はぁ

 

エリック・クラプトンとオールマンブラザースBのディアン・オールマンが
共演したデレク&ドミノス 活動期間は1970~1971のわずか2年
この「いとしのレイラ」は前奏のギターを聴くだけでも
おっ、なんだこの感じ なんかアツそうな予感がするぞ
と、そんな沈んだ気持ちにカツをいれてくれます。

この前孫と観ようと借りてきたDVDが一本、まだ観ずに返却期限が来て
しまった。
今日あわてて観て返しにいったが延滞料金って高いんだよなぁ。
それでもその高い延滞料金を払うだけの価値はあったのが
この1996年ファミリー向け作品の「グース」

0130421g_convert_20130721232117.jpg

カナダの繁殖地で親を亡くしたグース(16羽)を育て、親の代わりに越冬地の
アメリカノースカロライナまで800kmをライトプレーンに乗って連れて行った
彫刻家の父親とその14歳の娘の物語
これは実話をもとにした作品だそうだが、現実では女の子は居ず彫刻家が単独で
飛んだそうです。
しかしグースも女の子役(アンナ・パキン)も可愛く、グースとの飛行シーンの
映像も素晴らしかった。
子役と動物にはどんな名優もかないませんね



 
  1. 2013/07/21(日) 23:54:57|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝採り夏野菜と山モモジャム

昨日畑の草むしりをしているときに、そう言えばミンミンゼミの鳴き声を
この夏初めて聞いたような気がします。

今朝は涼しく清々しい朝を迎えられ、夏の日課となっている野菜の収穫を
 
 20130718_082144_convert_20130718174703.jpg

キュウリ2本にナス3本 しし唐にトマト

 20130718_082156_convert_20130718174647.jpg

これにあとサニーレタス 夫婦ふたりだとこれだけでも毎日採れつづけたら
食べきれない。
レタスと大葉はいつも食べる直前に採ります。

 20130718_084903_convert_20130718174724.jpg

今年は収穫時期を逃してしまい採れたヤマモモは例年の1/3 
それでもこれだけのジャムができました。

今日は久々にジーンとくる映画を観た。
レンタルDVDですが「さぁ帰ろう、ペダルをこいで」08年ブルガリア映画です。

共産主義の時代、主人公(アレックス)がまだ少年の頃両親とドイツへ亡命し、
やがてあのベルリンの壁の崩壊を経た現代 
事故で両親と記憶を失った青年となったアレックスがブルガリアから見舞いにきた
祖父とタンデム自転車で故郷をめざす。
その旅のヨーロッパの風景と人生を教える型破りな祖父
この祖父がいい・・・やはり男はこういう歳の取り方をしたいもんだ

 
曲は映画とは関係なく
グローバー・ワシントンJr(サックス)で
「ジャスト ツー オブ アス」でした


  1. 2013/07/18(木) 18:37:09|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この世の果てまで 聴き比べ

「The End of the world」 邦題は「この世の果てまで」
よっちゃんは最近までこの曲はカーペンターズのオリジナルと勘違い
していました。
実はカーペンターズが1973年に発売したアルバム「ナウ アンド ゼン」に
収録したのは1962年のスキーター・デイヴィスという歌手のヒット曲のカバー
だった。

1962年じゃいくらおませなよっちゃんでもまだ小学校にもあがってないので
知らなくても無理ないよねー
では先ずそのスキーター・デイビスのオリジナルをどうぞ

 

そしてカレンのヴォーカル



よっちゃんにはこっちの方がなじみが深いですが さすが名曲たくさんの歌手が
カバーしてまして

 

あのシナトラの娘 ナンシー・シナトラ 彼女の甘い歌声もいいし

 

ジュリー・ロンドンの大人ヴォーカルも捨てがたい良さがあるでしょ

今夜は気の多いよっちゃんのご案内でした。

これを書いてるときにカミさんからゴミだしを頼まれ・「後でな」と
そっけない返事したら彼女が怒った。
エーン おっかなかったよぉ もうこの世の終わりだぁ


  1. 2013/07/17(水) 21:52:31|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑がエライことに

梅雨が明けてはや10日、先週は暑さと薪ストーブの工事で畑をほったらかしに
していたら雑草が伸び放題、エライことになっていた

 P1110876_convert_20130717130641.jpg

今朝泊り勤務明けで帰宅して「やだなぁ 真夏の草むしりは」とブツブツ言いながら
仕方ないので草むしり

 P1110878_convert_20130717130710.jpg

わずか20坪足らずの家庭菜園でも雑草と格闘すること3時間 
どうにかきれいになったんべえ
春から初夏はスギナとドクダミに悩まされ、今度はオヒシバとエノコログサだ
さすがにこの雑草ども、根が半端じゃなくしっかり大地に張ってましたがな
サニーレタスなんてあっという間にエノコログサに占領されてましたが
「コンニャロメー」とやっつけてやりましたよ。

P1110881_convert_20130717130739.jpg P1110887_convert_20130717130837.jpg
ひと口トマトやナス・キュウリは毎日食べても次から次へと熟し食べきれない 
大きめのトマトももう少しで食べごろ

P1110880_convert_20130717130756.jpg P1110877_convert_20130717130909.jpg
パプリカは赤と黄色を一本ずつ植え、これももう少しで色がついてきそう
ヤマモモはすでに大半の実が落ちてしまっていた。
今日完熟して少し黒ずんだのをひとザルだけ収穫しました。

 P1110892_convert_20130717133142.jpg
明日はこれでジャムづくりをしましょう。

P1060976_convert_20110713145921.jpg


夏のまどろみタイムにぴったりのノラ・ジョーンズ「カムアウェイ ウィズミー」


  1. 2013/07/17(水) 14:00:28|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薪ストーブ設置したぞ

念願だった薪ストーブライフをついに我が家も
そのホントのお楽しみは寒くなるまでおあずけだけどね

市からエコ・CO2削減や間伐材の有効利用目的で薪ストーブ購入の補助金が
でることを知った。
補助金が貰えても貰えなくても、もともと今度の冬までには設置するつもり
だったのだ。

補助金は費用の半分又は上限が10万円で今年度は5月と9月にそれぞれ15件
よっちゃんは受付日翌日に申請したのですがすでに残り枠数件のギリギリで受け付け
を通過しました。

輸入品はメンタマが飛び出るほど高いので国産ですが、それでもかなりの金額になる。
お金のないよっちゃんち、少しでも費用を抑えるためにストーブ本体に煙突に関連部材
すべてメーカー直販で購入しました。

150kg近い本体も含めて車上渡し、荷受け日には会社の後輩に応援を頼んで荷卸し
をしましたし、今日の工事は息子頼みです。それで30万円以上は浮いたと思います

 P1110857_convert_20130714194113.jpg

この石段をストーブ引き上げるのは半端じゃなく大変でした。後輩たちよ恩に着ます。

P1110861_convert_20130714194200.jpg P1110860_convert_20130714194222.jpg

風情のあった囲炉裏も150kのストーブでふさがれたらもう使うことはないです。
お宝でも隠しときゃよかった(笑)
 
P1110863_convert_20130714194313.jpg P1110864_convert_20130714194329.jpg

身内を褒めてもしゃーないが、やっぱりプロですね。炉台も穴を開けた壁の養生も
見栄えよく仕上げてくれました。

    P1110870_convert_20130714194731.jpg

よっちゃん出すのは手ではなくほとんど口だけ(爆笑)

    P1110868_convert_20130714194627.jpg

さすがにこんなに暑いと火入れ式はもう少し涼しくなってからの予定です。


続きを読む
  1. 2013/07/14(日) 20:30:20|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プレ夏休み

孫たちも夏休みを直前に控えての3連休
ちょっと夏バテ気味だから元気をわけてもらおうと
今朝、小学生のふたりの孫をさらってきた(笑)

20130713_112719_convert_20130713184349.jpg 20130713_112945_convert_20130713184429.jpg

秩父へ連れ帰る途中に三人で腹ごしらえ 
よっちゃんもロースかつ(180g)定食でばっちりスタミナ回復

 20130713_165240_convert_20130713184556.jpg

    P1110851_convert_20130713184924.jpg

犬と散歩したり、コロッケを一緒につくったり
元気いっぱい遊んだあとは
あの懐かしい映画「ET」をふたりで夢中になって観てます。

明日はパパ(よっちゃんの息子)が来ていよいよ薪ストーブの設置工事です。

薪ストーブ本体は先日届き、会社の後輩ふたりに猛暑のなかを手伝ってもらい
ヘロヘロになりながら車庫庭から母屋庭へ担ぎあげ、居間まで運び込んでもらって
あります。
その悪戦苦闘の様子はストーブを運ぶだけで精いっぱい、写真など撮る余裕なんて
とてもなかった。

ヤーあの様子写しときたかったなぁ
明日は工事の様子をカメラに納めて次回ご報告します。

 
  1. 2013/07/13(土) 19:15:01|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よっちゃんの定番子守歌

夏の休日のお楽しみはなんといっても午後のお昼寝タイム

よっちゃんがお昼寝のときに必ずかけたくなるのがこの人のアルバム
ベイ・シューのたぶん4作目「you are so beautiful」
5年前2008年夏の発売です。


 
とにかくこの通り少しハスキーでクール このアルバムはこの曲のように
延々と68分、曲は変わっても同じトーンで最後の曲まであまり高揚がない

最初はイマイチかな?と思いましたが繰り返し聴いているうちに(お洒落じゃない
例えだけれど)まるでスルメみたいに味わいが増す。

  P1030509_convert_20130709191607.jpg

P1030514_convert_20130709191857.jpg P1030515_convert_20130709191759.jpg

午前中近くの川で思い切り遊んだら午後はまどろみタイム

  P1090599_convert_20130709191501.jpg

けっして熟睡するわけじゃない
静かに横になってこの人の歌を聴いていると夢(ディドリーム)なのか?
遥か遠い想い出(情景)から
近年の孫たちやワン公たちとの触れ合いが頭の中を次から次へかってに
過ぎっていく。

静かに静かに・深く深く心が和んでいく不思議なミュージックです。

そして夜、本物のおやすみタイムはこっち



ダイアナ・クラールの1999年発売アルバムwhen I look in your eyes
より
「why should i care」でした。


テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/07/10(水) 00:05:10|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の避暑地

カミナリとにわか雨も今日で3日連続、農家の言い伝えでは雷が3日連続で
鳴ればその年の梅雨明けだそうです。
今年はそんな、まさにセオリー通りの梅雨明けを迎えました。
これからが夏本番です。


 
グロリヤ・エステファンとマイアミサウンドマシーンの1988年本拠地
マイアミでのライブです(曲はコンガ)
ラテン系は陽気でいい こんなライブに行けたならオラのケツ振りダンス
恥ずかしさも忘れて一緒に踊ってそうです(笑)

 
たしかにここ数日の暑さは凄い、戸外に出ると頭がクラクラしてきます。
でも山里のよっちゃんち 家の中はワリと涼しいんです。
だから休日で家に居ても今年はまだクーラーを使ってません。

 P1110836_convert_20130709152509.jpg

標高で5~60mくらい下を流れる渓流からの沢風が梢をぬって吹いてきて、
四方の窓を全開にしておけばその風が通り抜けて爽やか~
それが唯一我が家の自慢です(笑)

P1110839_convert_20130709153943.jpg P1090965_convert_20130709153830.jpg
   (虹は昨年9月撮影)
  P1090966_convert_20130709154423.jpg


そんな比較的涼しい我が家でワン公たちの一番のお気に入りの避暑地が玄関の
土間。
最初は昔の農家風で四畳半全部が土で本物の土間でした。
だけどまだ赤ちゃんだったタロウがオシッコしちゃって臭いが滲みついて嫌だから
越して来てすぐによっちゃんがDIYで石張りにリフォーム

  P1110842_convert_20130709152641.jpg

だから写真でもわかるように目地が凸凹してるでしょ
その後、農家でもないのにこんな広い玄関は要らないと大工の倅に頼んで半分を
フロアー、居間の延長に改造しました。

  P1070337_convert_20110818152537.jpg

とにかくこの石の上が冷たくて気持ちいいと夏になると我が家のワン公たちは
玄関めがけてまっしぐら ご覧の通り気持ち良くお昼寝タイムです。

あんまり気持ち良さそうでなんだか悔しい
これからこのグロリヤ・エステファンでオラ、ケツ振りダンスしてこいつらの昼寝
を邪魔してやるだ




 

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2013/07/09(火) 16:17:23|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夜空を見上げても

夕方に雷がなってにわか雨がありました。
その後すぐに入道雲の切れ間から真っ青な空が覗いてる

 20130707_161659_convert_20130707220819.jpg

東の空に虹がかかって、これはよっちゃん予報官の予想よりも少し早いが
秩父も梅雨明けですね。

   20130707_161849_convert_20130707220848.jpg

今夜は満天の星空を期待しましたが、薄い雲に覆われて彦星がやたらと瞬きを
繰り返すだけ。 雲に邪魔されて織姫星はそのラブコールに応えられず姿を
見せてくれませんでした。
今夜は新月で期待していたのにな。

 

夏の夜空にロマンチックな曲をと今夜はナット・キング・コールの
「フライミーツーザムーン」
彼女に「お月様まで連れてって」とせがまれたら
「あと半月待ってね そしたら満月 オラ狼男に変身しちゃうぞ」
        
     アッ ウオ~ン

ってただの送り狼じゃん

                            デワ 


  1. 2013/07/07(日) 22:14:45|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はや!!梅雨明けですよ

今日(7/6)午前に関東甲信地方は梅雨明けしたそうですよ。
今年は梅雨入りといい、なんかまた気象庁さんの勇み足じゃないんかい(笑)
だって秩父はまだ雷雨がないもん。
よっちゃん予報官の予想ではもう1週間あと、モクモク入道雲から突然の
雷雨があって、そのあとに虹が空にかかってからだと思います。

 

前回のJ,ブライジの「エブリシング 上を向いて歩こう」九ちゃんつながり
で今回は「見上げてごらん夜の星を」本田美奈子さんのカバーです。
彼女は元々はアイドルでしたがその歌唱力には定評があり、声楽を習い始めて
からは音域の広さも格段に増しました。
プロの声楽家からすればまだ未熟な面もありますが、先日のフジ子・ヘミング
同様にその表現力には感嘆します。
病気(白血病)で05年秋に亡くなってしまいましたが、もう出てこないでしょうね
こんな凄い人は


     P1110830_convert_20130706202320.jpg

夕方撮影したので少しブレテしまったが今年のヤマモモの実
冬は凄く寒いので育つか心配だったヤマモモの木も今では毎年一本の雌木から
10kg以上の実が収穫出来ます。ことしももう少しでジャム作りの時期に
なりました。

今朝、梅雨明けのニュースを聞いて 「どうすんべ刈り残したサツキの植え込みは」
カミさんと一緒の休日を待っていたら真夏のカンカン照りの中で作業をしなければ
ならない。

P1110789_convert_20130706202100.jpg P1110831_convert_20130706202209.jpg

P1110788_convert_20130706202040.jpg P1110832_convert_20130706202232.jpg

数年前に7月末に作業してふたりでヘロヘロになった記憶があるので、ショウガナイ
今日は残した分をひとりで全部やりました。
で、作業すること3時間、ヘロヘロ汗だくおっさんのイッチョウアガリーです。

明日は七夕 見上げてみましょう 
織姫星(こと座のベガ)とひこ星(わし座のアルタイル)
天の川もウチからは良く晴れた晩、目を凝らせば薄ぼんやりと見えるんです。


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2013/07/06(土) 20:40:35|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自家製コロッケと夏の花

 
この曲の原曲はなんていう曲でしょう? 答えは一番下ですよ

久し振りに板前よっちゃんの記事です(笑)
でもね食事(夕食)はよっちゃんが作ることの方が圧倒的に多いんですよ。
ただ、ここへ載せるほど大したもんは作っちゃいないだけ、
あっ、手造りコロッケも大したもんじゃないか
 
  20130705_200222_convert_20130705211142.jpg

ジャガイモはカミさんの実家、義母が趣味でやっている畑からもらって
きました。
挽き肉を買ってくるのを忘れたのでベーコンを細かく刻んで代用しまして
ベースのコロッケとチーズ入り、カレーコロッケと3種類の区別がつくように
形を変えてあります。

 20130705_200133_1_convert_20130705211158.jpg

夏はひやむぎとかそうめんにかぎる。ごはんではなく今夜はひやむぎでした。

  P1110816_convert_20130705205155.jpg

夏を連想する花はたくさんあります。
野山では百合の花にノカンゾウやヤブカンゾウ、葛の花にアレチマツヨイグサ
庭ではアサガオにグラジオラスやノウゼンカズラ
水辺では睡蓮や蓮の花 ホテイアオイ

P1110818_convert_20130705205228.jpg P1110822_convert_20130705205245.jpg

      P1110819_convert_20130705205301.jpg
夏はオレンジ色の花がよく似合う

P1110817_convert_20130705205320.jpg P1110824_convert_20130705205353.jpg
サニーレタスも間引きしながら今夜はじめて我が家の食卓へ
みずみずしくて何も付けずにそのまま食べた。ウメー

コロッケ作りを終えて夕方、ウチの庭に出てみるとヒグラシがカナカナと鳴いて
いた。

今日紹介した曲はメアリー・J,ブライジの「エブリイシング」
そう、あの坂本九ちゃんの名曲「上を向いて歩こう」のカバーでした。
JブライジのR&Bバージョンもすごく良かったでしょ


  1. 2013/07/06(土) 00:01:36|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「スノーグース」 物語と音楽の出会い

物語の名前は「スノーグース」 作者はアメリカ生まれのポール・ギャリコ
(1897~1976)で1941年発表のイギリスの海岸縁の片田舎を
舞台にした短編小説です。

音楽は1973年デビューのイギリスのプログレバンド「キャメル」で彼らの
サードアルバムである「snowgoos」(1975年発売)です。

 
  
物語の舞台、イギリスの海辺の灯台でひとり暮らす容姿の醜い若者の画家。
しかし彼の心はその姿とは異なり純粋で慈愛に満ちていた。
渡り鳥を狩人から護り、時に傷ついた鳥たちを治療しながら絵を描く孤独な
暮らしである。
冬の近いある日、地元の漁師の娘が傷ついた白雁(スノーグース)を大切に胸に抱え、
彼の噂を聞いて彼の住む灯台へやってきた。
その地方に白雁が渡ってくることはない。カナダからの渡りの途中に嵐に合い
羽根がボロボロになるまでに傷つき、風に流され迷子になったのだろう。

傷を治してもらった白雁は春になり、彼(ラヤダー)と少女(フリス)に別れを
告げて飛び立って行った。そして少女もそれから彼の灯台小屋を訪ねてくること
はなくなった。

その年の秋、あの白雁がラヤダーの元へ戻ってきた。それを彼からの伝言で知った
フリスもまた白雁のいる冬の間だけ彼のところへと頻繁に通う。
そんな醜いせむし男と可愛い少女、一羽のスノーグースとの交流が数年続く。

やがて先の大戦が始まり、対岸のフランスでドイツ軍に包囲され苦境にさらされる
祖国の兵士を救うためにラヤダーはわずか12フィートのヨットで出航していく
のだった。
すでに美しい金髪をなびかせる女性に成長したフリスに必ず帰ると約束して。

戦地でのラヤダーの活躍はすさまじく何人もの同胞の兵士を砲弾のあらしを
かいくぐって救出し、その際に必ず彼のヨットの上を旋回する美しく雄々しい白雁の
噂はその後本土のイギリスでは伝説となっていった。

しかしあの灯台小屋で待つフリスの元へ帰ってきたのは一羽のスノーグースだけで
あった。
白雁は彼女の身をかすめ、灯台を何度も旋回しラヤダーの戻らぬことを告げると
やがて空の彼方へ去っていった。


フリスは小屋の中でみつけた彼が描いた一枚の絵を大事に抱え灯台から去った。
その絵は彼女が彼と初めてあったあの日、傷ついたスノーグースを胸に抱くまだ
幼さを残した自分が丁寧に描かれていました。

   130705snowgoose.jpg

もちろんキャメルのこのアルバム「snowgoos」はこの物語をコンセプトに
彼らの出逢いから別れのエンディングまでを見事にインストルメンタル音楽のみで
再現した傑作です。

このアルバムが発売される数年前にたしかNHKで(イギリスBBC製作だったか)
このドラマが放映され観たこともあるし、本もなんだか小学生の頃に読んだ記憶がある。

 
今回は物語の最初の部分だけを張り付ました。


「これから夏休みを迎える孫たちに是非読み聴かせしてあげたいな」
いつまでも余韻の残る物語と音楽です。







  1. 2013/07/05(金) 10:53:07|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫と遊んだあの夏の日

前回に書いた記事の続きっぽいです(笑)
よっちゃんは子どもの頃の思い出は楽しかったことより辛かったことの
方が何故か憶えていると書きましたが、他の人はどうなんでしょうね。

  
 ウチのタロウとジャッっキーが
 「またあの曲で父ちゃんのケツ振りダンスがみたいよう」とのリクエスト
  なので貼り付けます。

現代は子どもがふたりとか多くても3人兄弟、ほとんどのご家庭で分け
隔てなく子どもに接していますよね。
でもよっちゃんが育った頃の、ちょうどこの曲のような1960年代
以前は兄弟が半ダースとかが当たり前でした。

よっちゃん、実は6人兄弟の末っ子なんですよ。
大人になって思い返してみれば当時の親や兄、姉御に悪気があったなんて
これっぽっちも思いませんが、物心付いた頃から小学生時代に言われ続けた
「お前は産む筈じゃなかった」とか「橋の下で拾ってきた」とか
「お前は6人兄弟のおまけ ネコの尻尾だ」
って言葉、結構傷付きましたよねえ。

 P1090461_convert_20130701205156.jpg
 テントも張らず犬小屋デッキで一夜を明かした昨年の孫たち

ときは高度経済成長の時代、決して豊かではなかったよっちゃんち
なんでも兄貴たちのお古か、買って貰っても何だか子供にも分かってしまう
安物ばかり。
すでにその高度経済成長の恩恵に与かっている友だちのものと比べてしまい
へんな劣等感に苛まされた幼い自分。
それでも一生懸命に働く両親の背中をみて「親に申し訳ない」と
文句も言わず幼い心に健気に言い聞かせていた自分

そこなんですよ・・・失われた20年とかいって格差社会の広がる現代。
別に背伸びや見栄をはって自分の子どもに贅沢なんかさせなくたって、
一生懸命に生きてる親の背中をみせて育てればちゃんとよっちゃんみたいに
素敵な大人になりますって

 P1030504_convert_20130701205501.jpg
 同じく、昨年の孫たちのジイんちの夏休み

この際よっちゃんが素敵な大人かどうかを突っ込むのは止めましょうね(笑)


今日はもう一曲大サービスだよ
 
 台湾の歌姫ジョアンナ・ウオンの08年発売のファーストアルバム
 スタートフロムヒアーより「I love you」でした


 
  1. 2013/07/01(月) 21:10:10|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トンボと遊んだ夏の日

オオー!!もう7月になっちゃったよ
って夏の旅行やバカンスの予定が特にあるわけじゃないんだけどね

もう恒例になったミュージックファイルの張り付け
へへへ・・・あのサイトの動画を張り付けることに成功しましたぜ

  
それでは涼しげな絵とアールクルーのメローなギターの調べを楽しみながら
読んでくださいね

本格的な夏が来る前にサツキの刈込みをやってしまおうと今日は朝から
頑張り昼過ぎに半分終わった。
あとの半分は
「こういう大変な作業はたまには夫婦共同作業で苦労を分かち合わなくては」
と、カミさんに手伝わせるために残しておきました

P1110784_convert_20130701163450.jpg P1110790_convert_20130701163605.jpg

P1110786_convert_20130701163535.jpg P1110792_convert_20130701163740.jpg

汗だくになりながら
「もうじき子どもたちも夏休み、どこの家庭も楽しい思い出を我が子に作って
 あげようといろいろプランを考えてるんだろうな
 でもまてよ?子どものときの思い出ってそんな楽しかったことよりも、ちょっと
 悲しかったり悔しかったりしたことの方が何故か本人は憶えているんだよなぁ
 それも親や兄弟たちは『えっ、そんなことあったっけ』というくらい大したこと
 じゃない出来事
 そして楽しかった思い出はもちろんありがたいのだけれど、そういった悲しさや
 悔しさの経験の方が後の自分の性格に多大な影響を残しているよな」

   P1110794_convert_20130701163834.jpg

自分の場合は早く友達と合流して遊びたいのに親から用事や農作業の手伝いを
押し付けられ、ジリジリと時間だけが経っていく。それに焦り母親に文句を言っ
てゲンコツを貰ったこととか(笑)
でもそのゲンコツは憶えちゃいるが、そのあといったいどんな楽しい遊びをしたか
なんてことは憶えてない(爆笑)

   P1110797_convert_20130701163859.jpg

「しかしまぁ 楽しい思い出を残してあげたいというのが親心、じいさんとばあさん
 に至ってはそれが生き甲斐でもあるわけだし、今年の夏休みはどんな思い出を作っ
 てあげようかな」と孫たちが泊まり掛けで遊びに来るのが待ち遠しくてしかたない。

    P1110806_convert_20130701163943.jpg
これは何トンボだろう? たぶんアキアカネだと思います。8月になるともう少し
体色が赤くなるはずです。

  P1110812_convert_20130701164010.jpg

よっちゃんの野菜畑にいっぱい飛んで来てますが、こいつら妙に人懐こくてカメラの
レンズが触れる程に近づいてもご覧のとおり逃げません。
しばし童心に帰ってトンボと遊んだ夏の午後でした。


  1. 2013/07/01(月) 15:46:06|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (72)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (55)
外食 (3)
お出掛け (29)
考察 (13)
画像 (3)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR