FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

そしてハンモック

台風が接近中だが、前回の休日は2日間ともカラッと晴れて気持ち良かった。
そこでふた月振りのハンモックの出番となりました。

20130827_111747_convert_20130830095446.jpg 20130827_111708_1_convert_20130830095422.jpg
犬小屋デッキにハンモックを吊って 
ハイよ タロウさんジャッキー君 おじゃまいたしますですよ~

蚊取り線香に虫除けスプレーも忘れないところがアウトドアー慣れしてるねえ
お蔭で快適カイテキ

20130827_113529_convert_20130830100231.jpg 20130827_113615_convert_20130830100300.jpg
オット失礼 おじさんのバッチイあんよは見たかない
木漏れ日 そして蝉時雨れ 
聞こえた蝉の種類は ミンミンゼミにツクツクホウシ アブラゼミに時々ヒグラシ
ミーンミーン・ミンミンミーン すぐそばの小枝に飛んで来て鳴かれたらうるさいこと

20130827_114103_convert_20130830101335.jpg 20130827_114907_convert_20130830101408.jpg
よっちゃんのケツの下ではタロウがスヤスヤ 
やんちゃジャッキーは腹の上であまえんぼ

 20130827_121512_convert_20130830101027.jpg

いつまでもこうしていたい夏の終わりの午後だった

 20130827_121335_convert_20130830101127.jpg

曲はニール・ヤングの「ライク ア ハリケーン」

 

激しいのは歌とギターだけでいいですから 
本物のハリケーンは遠慮してください

スポンサーサイト
  1. 2013/08/30(金) 10:27:54|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラストクォータームーン

P1110978_convert_20130827132935.jpg

今日も空が怖いくらいに青い 見上げていると吸い込まれそうだ

P1110961_convert_20130827133420.jpg

午前10時前、西の空にはラストクォータームーン

P1110957_convert_20130827134129.jpg P1110941_convert_20130827134150.jpg

散歩道のベンチに横たわり初秋の空を見上げる
まだまだ地球も捨てたもんじゃない

下弦の月にずっと焦点を合わせつつ空を見上げていたら
本当にこのブルーに吸い込まれた


P1110962_convert_20130827135252.jpg
いまオイラは月から地球を見下ろしている

どうして人間は仲間同士でそんなに醜く争い合うの
この青く美しい星を 君たち人間は欲望やひとりよがりの
正義の為に 戦争という愚かな行為を永劫に繰り返し
自分たちの血でそんなにも赤く染めたいのかい

月の精の声が聞こえた



「AUTUMN LEAVES」最終回の今日は満を持して
このふたりです

 
 ナット・キング・コール

 

そしてジャズの帝王マイルス・デイヴィスでした

6回、12人のアーティストで紹介してきた「枯葉」
まだまだ紹介したい名演奏はきりがありません
これからふた月もたってホントの落ち葉のシーズンになりましたら
またアップしたいと思います。
しかしマイルスの・・・渋く深く やっぱり帝王たる所以です

P1110936_convert_20130827143040.jpg P1110977_convert_20130827143156.jpg


  1. 2013/08/27(火) 15:03:59|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天高く

五月晴れと呼ばれたあの日以来、日本の上空は約3か月振りに
大陸の高気圧に覆われた爽やかな初秋の空だった。

   P1110926_convert_20130826162554.jpg
「太平洋高気圧よ、もう南の海へ帰りなさいね」

雲は積雲や積乱雲から、上の写真のように巻雲・通称すじ雲と呼ぶ
澄んだ青いカンバスに白い絵の具を刷毛でさっと撫でたようで
しかも上空の風に気持ち良さそうに身をゆだねた雲でした。

 P1110930_convert_20130826164228.jpg

午後3時でもこの山里を吹き渡る風は夏の熱風ではなく、爽やかに乾いた
秋風
その心地良さと空の青さ、気持ち良さそうに舞う天女の羽衣のような雲に
ただボケーっと
空を見上げていたよっちゃんでした。

 P1110927_convert_20130826164058.jpg

今日の「枯葉」は男性ボーカルでふたりのご紹介です。

 
 
 先ずはイタリアの声楽家(テノール)の「アンドレア・ボチェッリ」

 
そしてロック界からはギターを泣かせたら彼の右に出る者はいない
「エリック・クラプトン」
今回のクリップもエンディング近くでクラプトンの泣きのギターが
たっぷりと聴けます。

さて、今回でこのシリーズも5回目 
次回はよっちゃんにとっての真打であるふたりにご登場願いまして
一旦 この枯葉シリーズを終了させて頂きます。
さぁ そのふたりとはいったい誰でしょう・・・

次回もお楽しみにどうぞ

 
  1. 2013/08/26(月) 17:22:33|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コスモスの花

今日(23日)にわか雨ではなく、普通に雨が降ってくれて
連日の猛暑もやっとイップク  このまま秋になっちまえ~

心配していた原稿もなんとか書けたし、
車の修理も値切れるだけ値切ってお願いした。

「もう過ぎたことをくよくよ悔やんでもしゃーないよ」と
久し振りにスマホではなくカメラを持って庭へ

 P1110918_convert_20130823183345.jpg
犬走りのコンクリート際から生えてきたキバナコスモス
じゃまだけど、一本だけ抜かずに花を咲かせてあげた。

 P1110921_convert_20130823183438.jpg
下の畑のコスモスは年々増えて秋はジャングル状態になってしまうので
今年は大分間引きしたつもりでも大きくなるとこの通りです。
他に白いコスモスがチラホラ咲きだしましたが、ピンクのコスモスは
これからみたいです。

 P1110923_convert_20130823183457.jpg
「女郎花だよ」ってカミさんの実家から貰ってきた花
ちょっと違う気がするけど 沢山咲いてくれました。

さて今日の「枯葉」はジャズギタリストのスタンリー・ジョーダンです

 
2本のギターをしかも同時に操って・・・まさに超絶テクです

そしてもうひとつは
ぐぐっどムーディーにアート・ペッパーのサックスでどうぞ

 

ウイスキーグラスでも傾けながら静かに想いに浸りたくなりますね


  1. 2013/08/24(土) 00:00:23|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマッテ候

勤め先のグループ親会社の季刊誌、年に4回の発行なのですが
昨年頼まれて初投稿しましたら、他に投稿する人が少ないらしく
毎回寄稿するように頼まれました。

20130819_075449_convert_20130822103150.jpg 20130819_075407_1_convert_20130822103217.jpg
ヘクソカズラとは可哀想な名前ですが花はかわいい そしてまだ落ち葉には
早い庭のもみじ


下手でもなんでも書くのは好きなので気軽にオッケーなんて返事を
したは良いが、すでに5回目 今回は記事ネタが思いつかずに
やれコマッタちゃん
「これまでの新旧合わせたブログネタから転載しちゃうか~ 
 イヤイヤそれじゃオラのプライドが許さねえ
なんぞと作家にでもなった気分で落ち込んでます(笑)


さて こちらは皆さんが食傷気味になってもネタは尽きない
シリーズ連載中の「Autmn Leves/枯葉」
さぁ今日は誰をご紹介しましょう
ふふ・・・よっちゃんにとって真打のあのふたりは最終回までとって
おかなくては

と、言うことで今日はシャンソン、フラメンコ、ボサノバと三つのジャンル
から情感たっぷりに歌う女性歌手で素敵な歌声をどうぞ

 
シャンソンからは「ジュリエット・グレコ」という選択もあったのですが
やはりこの人は外せない、と今回は「エディット・ピアフ」です

 
そしてこの日本ではあまり知られていない(よっちゃんも知らなかった)
フラメンコダンサー&歌手の「アナ・サラザール」でLas Hojas Muertas
枯葉をスペイン語で歌ってます
(らしい
しかし、さすがフラメンコ/真っ赤に紅葉した落ち葉という感じの情熱です

 
ラストは再度(前回小野リサ)ボッサで、このはかない愛の歌を瑞々しい若さで
聴かせてくれる「アマンダ・ブレッカー」でした。 

次回はボーカルレスのjazuバージョンで楽器の音色と洗練されたアレンジ、
その神業的な技巧をご紹介の予定です。


  1. 2013/08/22(木) 10:54:52|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ほんとに仲良しだね

ウチのワン公 タロウとジャッキー君 
このくそ暑いのにそんなにくっつかっちゃって
「君たちほんとに仲良しだね
 
 20130820_215750_convert_20130820220558.jpg

  
枯葉シリーズ第二弾は同じピアノでも
「ジャズバージョンではこんなにも感じが変わります」

 

ということでキース・ジャレットを選曲しました。
相変わらず彼(ジャレット)はティリテッチッチーと唸ってますね


そして今夜はもうひとつボッサ調でも聴いてみて下さい

 

 アーチストは小野リサさんでした。
 「秋」・・・お洒落がしたくなる季節ですね。

まだまだいろんなバージョンをアップしていきますのでお楽しみに

 P1100302_convert_20130820220800.jpg


  1. 2013/08/21(水) 00:02:21|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋はまだかいな・と

実は秋も深まったらこのブログで紹介したくて
最近、手持ちのCDアルバムやらYouTubeを検索しまくって
聴いている曲があります。

  P1100207_convert_20130820141426.jpg
それは1945年ジョゼフ・コズマという人が作曲した「枯葉」
原題はLes Feuills Mortes 英語ではAutumn Leaves
もとはシャンソンですがこれほどあらゆるジャンルと歌手がこぞって
取り上げた曲は他には思いつかない名曲中の名曲でして
「もう暑いのにはウンザリだよう はやくこんな季節にならないかなぁ」と
これから当分のあいだこの曲を多方面のジャンル&ミュージシャンから
張り付けてまいります。

でわ、第一回目の今日は一躍この名曲を世間に知らしめたポピュラーピアニスト
ロジャー・ウィリアムスのピアノでどうぞ

 

 落ち葉がハラハラと舞い落ちる様を鍵盤で思い入れたっぷりに表現してます。

涼しくなったら海辺でも高原でも、どこか静かな街を旅してみたくなりますね。

   P1090935_convert_20130820143945.jpg
  今日の2枚の写真は昨年秋に撮ったものでした。

  1. 2013/08/20(火) 14:43:11|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩夏

はや、お盆も終わり8月も後半に入りました。
まだまだ日中の残暑は厳しいですが、この山里の朝夕は
秋の訪れを予感させてくれる涼風が谷から吹き上げてきて
それは気持ちが良いです。

 20130818_165818_convert_20130818180535.jpg

  
 今日よっちゃんが選曲したのはケイコ・リーの97年アルバム
 ビューティフルラブより「A Time for Love」でした。
 夜はときどきこのアルバムを聴きながら 
 大人時間を過ごします

休日の日中は相変わらずワン公たちと玄関先でゴロゴロとばかりしていますが
陽も詰まり夕方6時になるとそのワン公たちの
「おーい父ちゃん そろそろお散歩の時間だぞう」に催促されて表へ

 20130818_165606_convert_20130818180716.jpg
 
ヒグラシ蝉などがカナカナカナと鳴いていると少し気持ちが感傷的に
なってしまいます。

20130818_105537_convert_20130818180822.jpg 20130818_105548_convert_20130818180937.jpg

この前 孫とドライブした日、無事に孫の地元まで帰ったは良いがあの豪雨
とちょっとした不注意でマイカーのフロントバンパーを傷つけてしまい 
今日・午前中に熊谷市にある外車専門点へ修理に出しに行ってきた
運悪く代車の空きがないので10年振りに秩父鉄道の電車で帰ってきました。
上の写真は途中の寄居駅でSLを追い越したときのものですが、肝心のSLの
煙突部分が撮れませんでした。

   20130818_110307_convert_20130818181001.jpg

ならば今度は長瀞の鉄橋から迫力のある写真をと張り切って先頭車両の運転席越しに
スマホをかざしていたら なんと関係ない場所をタッチしちゃって電源ダウン
復帰した時は鉄橋を渡り終えていたというオチです。

でもわずか一時間ちょっと「ローカル各駅停車の旅もたまには良いな」と熊谷駅中で
買ったパンをカミさんへのお土産に昼に帰宅しました。

   20130814_181102_2_convert_20130818181055.jpg

シュウカイドウやササユリの花が秋の訪れを予感させてくれる
今日この頃のよっちゃんちの庭です

      20130818_165212_convert_20130818180739.jpg


  1. 2013/08/18(日) 19:08:37|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

氷穴ドライブ

孫と過ごした3日間、最終日は河口湖へドライブ
連日の猛暑ですこしでも涼しい処はないかと思いついたのが
富士樹海の入り口にある鳴沢氷穴でした。
富士山の噴火の際に流れ出た溶岩、それが水蒸気を発しながら冷えて空洞と
なったらしい。

P1110905_convert_20130814190100.jpg P1110911_convert_20130814190222.jpg

真夏でも穴の中は約3℃で万年氷の氷柱がある。
誰も考えることは同じですね、すごい混雑でした。
もしも空いていて、30分も穴の中にいたら確実に凍えます。


    P1110917_convert_20130814190257.jpg

先ず駐車場の列で1時間半待ち、氷穴に入る行列で少なくとも30分は並んだ。
わずか15分の洞窟探検に2時間を費やしてしまい、その後の予定が狂っちゃったよ。

20130812_142152_1_convert_20130814190519.jpg 20130812_143107_convert_20130814190425.jpg

河口湖畔で遊ぶことは省略して春に訪れたレストラン(オルソンさんのいちご)の
オープンデッキで昼食をとり、その道路反対側の河口湖お猿劇場でお猿さんの芸を見学
毎年寄っている御坂の桃&ぶどう農園で桃をお土産に買い帰路へ

  20130812_155122_1_convert_20130814190645.jpg
  可愛い芸を披露してくれたお猿の愛次郎君 
  「オッ かわいこちゃんだ」 と孫娘を見つめております(笑)


帰りはそのまま孫の家へ送るので中央高速・圏央道のコースをとったが談合坂から先が
大渋滞とこれまた大誤算の一日であった。
でも孫たちが喜んでくれたからいいのだぁ~


 曲はスティーリーダンの1972年ファーストアルバム・キャント バイ ア スリルの
 オープニング曲「Do it again」でした


  1. 2013/08/14(水) 19:59:33|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏のプール

気温40℃だって やっぱり地球は壊れてきたとしか思えません

そんな猛烈な暑さの中、昨日は孫と夏休みを過ごすために迎えに
行ってきました。
 
秩父も昨日は38℃近くを記録、これじゃクワガタやカブト虫獲り
には行けないから家の中でDVD観賞や工作、せめて庭で水遊びが
セキノヤマです。

 20130811_070944_convert_20130811150247.jpg

今朝はせっせとプールへ空気を入れたり日陰をつっくたりと水遊びの準備
このプールでよろこんで遊んでくれるのも今年までかな?

  20130811_130232_convert_20130811150408.jpg

水着の準備はしてこなかったらしい そのシャツ着たまんま入っちまえ~

 20130811_130357_convert_20130811150505.jpg

水嫌いのジャッキーは逃げ回り、タロウはもうおじいさんだから昨年まで
みたいにプール廻りではしゃぐこともなくシラーっと眺めてる(笑)

20130811_130606_convert_20130811150613.jpg 20130811_130507_convert_20130811150634.jpg

   20130811_132318_convert_20130811150722.jpg

おじいさまも仲間にいれてもらった 「こりゃ気持ちエエ~ノー」

孫小2男児は最初は「入らない」とか言ってたけど、じいにホースで全身
水を掛けられヤブレカブレ 結局一番最後までプールで遊んでました。



  1. 2013/08/11(日) 15:22:53|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立秋

暑さ、猛暑が戻ってきたが暦ではもう立秋
早朝散歩でみつけたのは栗の木の毬栗坊主くん

  20130807_065448_convert_20130807235810.jpg

ひと月もすれば枝から落ちてきて食べ頃になるだろう
季節は確実に秋に向かっている

 20130807_065258_convert_20130807235738.jpg

真夏でも山里の朝は清々しい 久し振りに早朝散歩に 
ワン公も気持ち良さそう

  20130807_074430_1_convert_20130807235839.jpg
散歩から帰ると、昨日取り替えた東側の窓のブラインドから朝日が差し込んでいた
ホームセンターでウソみたいに安かった。W88センチ×H130センチで680円
これを4本買っても3000円未満で部屋の感じがこれほど変わるなんて
なんだかすごく得した気分

  20130807_104050_convert_20130807235858.jpg
散歩の後、父ちゃんも上り框で横になって一緒に昼寝 お蔭で今夜は
すっかり目が冴えてまだ眠れない

  
シアラ・キベロの2005年アルバム「ラストクオータームーン」より
Nature songでした

  1. 2013/08/08(木) 00:35:27|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日

昨日、誕生日だった。
「おめでとう」と子供たちや孫からメールやラインでお祝いのメッセージが
届く
誕生日そのものよりもその気遣いの方が正直うれしい。

誕生日から一夜過ぎ、今日夜勤明け 黙々と畑の草取りや居間の窓のロール
カーテンがヤニで汚れたのでブラインドを買って来て交換したりと家事に没頭
した。
年齢(トシ)のことは忘れたいのだ
それでも今夜夫婦でショートケーキ、一日遅れのささやかな誕生祝いを済ませた。

   20130806_155217_1_convert_20130806204808.jpg

草取りをしていても、窓のカーテンの取り換え工事をしていても頭の中にこびりつく
様に流れるメロディと詩はこの歌だった
「Yesterday When I Waz Young」
邦題は「帰り来ぬ 青春」1964年 シャルル・アズナブールの歌ったシャンソンです
今夜はイギリスの女性歌手 シャーリー・バッシーとプレスリーのカバーのふたつをどうぞ

  
よっちゃんがこの曲を知ったのは10代後半、受験勉強中のFMラジオから流れてきた
シャーリー・バッシーの歌声でした。
当時、この歌詞の意味するところは正直実感が湧かなかったが彼女の熱唱とこのメロディ
には強く惹かれ印象に残っていました。
そしてこの年齢になってくると切々とこの歌詞が心に沁みて来るんです。

あの頃ボクは若かった 恐いもの知らずで 夢ばかり見、追い掛けていた
そしてただいたずらに時をもてあそび 人生さえももてあそんだ
そして今は帰らない 遠い日々

みたいな歌詞だと思います。
すごくいまは幸せで、オラの人生これで良かったのさ・・・
だけどあの時、ああしていれば/こうしていれば

      
人生にひとつの悔いも残さない人なんているはずがないんだ 
「いいえ私はひとつの悔いもございません」なんて言い切る人が居たとしても
白々しいし共感も親近感も湧かないよね。

あ~あ オラもう少し勉強しておけばよかったなぁ(笑)

   20130806_134713_convert_20130806204924.jpg

カブトムシが飛んできた
この虫一匹の話題で孫とスマホのラインで1時間ちかくを費やして遊んだ
ジャッキーにジャレ殺されないうちにと、外へ逃がしてあげました。

   20130806_185655_convert_20130806204940.jpg


  1. 2013/08/06(火) 19:45:47|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっぱり暇な人かも

昨日草刈りだとかキュウリのキュウちゃんを作ってハリキリすぎたのか
今朝は体がだるくて畳の部屋でゴロゴロしていた。

11時過ぎに次男嫁からスマホのラインで
「今日の午後、隣町の夏祭りで娘がダンスするよう」って
気合いの入ったメイクの孫娘の写メが送られてきた。

20130803_141134_convert_20130803182827.jpgなんでそういうことは早く言わないの
まだ寝起きでボケてたから「今回はパス」と、ラインで返信しちゃった。


  
 ダンスといったらこれ、1989年日本でも大ヒットしたカオマの「ランバダ」
 実はこの曲、盗作だったんですよね。
 オリジナルは1981年発表のボリビアのフォルクローレグループ「ロス・カルカス」
 邦題は「泣きながら」という曲だそうです。(一番下にそれも張り付けました)
 このクリップの女の子と男の子が踊るシーン  いいんだよねえ


話題のアイドルグループなんたら48なんてお金を貰っても観たいとは
思わないが最近急に大人びて、いつまでなついていてくれるかわからない
かわいい孫娘・・・ 「やっぱり行こう」
場所は聞いていたから いきなり行って驚かしてやれ

  20130803_141357_convert_20130803184244.jpg

しかし下界は暑い、峠の頂上は気温26℃なのに会場付近は33℃だ

20130803_141450_convert_20130803184324.jpg 20130803_141503_convert_20130803184349.jpg

会場で嫁は見つからず「孫とさっき話ができたからいいや さっさと涼しい
お山にかえろうっと」
ママ友に伝言して本当に孫のダンスだけ観て帰ってきちゃった。

   20130803_141551_1_convert_20130803184413.jpg

 
 こちらがご本家オリジナル曲です。ランバダより若干スローテンポです。
 しかしこの哀愁に満ちたメロディと南米特有のパーカッション編成
 
 さぁて今夜もワンコとケツ振りダンスしますか



  1. 2013/08/03(土) 19:13:34|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オラそんなに暇じゃないよ

はや8月、もうじきオイラの誕生日がきてしまう。
どうしても年齢を数えてしまうので正直もう・うれしくない

勤務明けで帰宅の車中、休日の作業スケジュールを考える。
ここのところ冬に備えてアリンコのように働いている本来はキリギリス
の様なよっちゃん
薪にしなければならない枝降しした木の小山があとふたつ、裏庭も今年
もう4回目の草刈りをしなければならないし、車庫まわりも雑草が生い茂って
いるよな。
粗大ごみを片付けたのでそこに薪置場も作りたいし・・・
「さぁ早いトコ朝飯食ってがんばろう」と出勤のカミさんと入れ替わりで帰宅

「暇があったらキュウリのキュウちゃんを作ってください」って
台所のカウンターに置手紙がしてあってヘナヘナ~とちからが抜けた

たしかに今年はキュウリもナスもウチは夏野菜が豊作で食い切れないけどさ・・・
キュウリのキュウーちゃんは奥様が作ってくれるんじゃないの?

でもまてよ、下手に逆らうとあとがオッカナイかんな このあいだなんか
朝起きたらタロウやジャッキーの次に大切なオラのオーディオアンプの上に
カケヤが置いてあったし・・・オラ、シティーハンターの獠じゃねえぞ
 
 
 

 1972年 「五輪真弓/少女」
 ロスで録音したファーストアルバムにはあのキャロル・キングも参加
 そのせいでか当初彼女は和製キャロル・キングと称された。
 70年代後半から彼女はすこし歌謡曲路線に傾倒していき、あの名曲
 「恋人よ」は知らない人がいないと思うが、よっちゃんの中では間違いなく
 この「少女」が彼女の代表作だと思っています。

よっちゃんのキュウリのキュウちゃんが見たい人は続きをクリックしてね!!

  続きを読む
  1. 2013/08/02(金) 15:55:49|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (55)
外食 (3)
お出掛け (29)
考察 (13)
画像 (3)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR