FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

秋桜

今月最後の更新です
今回はまずこの歌を聴きながら記事を読んで頂けたらうれしいです

 

オーストラリアの歌手ヘイリーのカバーで「秋桜」でした
百恵ちゃんや作曲本人のさだまさしさんも良いけど英語バージョンと
この澄んだソプラノで歌う「秋桜」もすごく素敵だと思います

さて 今朝は8時前に2匹の犬を連れて近所をすこし長めに散歩

 20130927_154236_convert_20130928144546.jpg

コスモスは長く咲いているけれど 彼岸花はせいぜい一週間
もうこの辺は見頃を過ぎてしまいました

  20130928_074543_convert_20130928144635.jpg

いつもはウチの前の坂を登って行くのですが 見頃は過ぎたけれどこの山里入り口
付近の田圃と彼岸花が見たくて 今日は反対方向の沢沿いの道を選んだ

20130928_082318_convert_20130928145232.jpg 20130928_082300_convert_20130928145119.jpg 20130928_082304_convert_20130928145151.jpg

稲穂の黄色と彼岸花の赤のコントラスト いい写真が撮れるかな?
こら ジャッキー邪魔するんじゃねえよ

         20130928_082404_convert_20130928145313.jpg
 
この前年配のお客さんが教えてくれました 秩父の方言では彼岸花は
なんと「ハッカケババァ」と呼ぶそうです 
それってちょっと酷いネーミング せめてアカヤマンバくらいにしといて
欲しい(笑)

 20130928_082849_convert_20130928145347.jpg
 柿はまだ青いが見上げると空が青かった
 
 20130928_083034_convert_20130928151013.jpg
下の集落に別れを告げてこの細く急な坂(通称七曲りの坂)を登って行けば
家を出発してから約3Kmの散歩コース

        20130928_083747_convert_20130928152101.jpg

しかし上り坂はキツイ タロウとジャッキー道端をクンクンばかりしてないで
ホラ、父ちゃんをもっと引っ張ってくれよ

 20130928_084358_1_convert_20130928145527.jpg

ゼイゼイ言いながら急カーブを七つ曲がったら ずいぶんと高度も上がってきた

 20130928_084449_convert_20130928145554.jpg

空気がうまい

更に10分歩いてようやく家に戻ってきました

   20130928_090233_convert_20130928145630.jpg

昨年秋のよっちゃんの悪戯 ウチの敷地入り口のミッキー君が待っていて
くれました

最後にもう一曲 同じくヘイリーで「花」です

 

それでは来月また会いましょうね


スポンサーサイト
  1. 2013/09/28(土) 15:45:02|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きのこのグラタンのつもりだった

先日 近所のきのこ採り名人から頂いたイッポンシメジ(クサウラベニダケ)で
きのこづくしの夕飯を作った

一皿はホタテ、ウィンナー、ジャガイモ、アスパラガス、そしてシメジのバターソティ
醤油&ガーリック味

 20130927_195315_convert_20130928132245.jpg

ジャガイモは小麦粉をまぶして予め揚げ、アスパラガスも素揚げした
残りの具材はフライパンにたっぷりバターを溶かし炒めながら頃合いをみて
先ほどのジャガイモとアスパラを入れ粉ガーリックと醤油、砂糖少々で味付け
へへへ・・・これは快心のひと品

  20130927_195324_convert_20130928132329.jpg

タロウ君が匂いにつられて 「今夜もおこぼれにありつけるかな」って
ジャッキーは見えないけれど タロウの後ろに繋がれてます
だって放すと台所に一直線 料理どころじゃなくなるんだよ

      20130927_204526_convert_20130928132448.jpg

問題のもう一品は秋ナスとカボチャ そしてきのこのマカロニグラタン
分量も適当なら刻むのも適当 アララ 量が多すぎて市販のホワイトクリームが足りない
 
「まっいっか」とそこは臨機応変になんでも対応してしまう(いい加減なだけ)の
板前よっちゃん 鍋に下ごしらえした具材を入れて市販のソース、そして
とろけるチーズ2枚をのせてグツグツ

  20130927_202925_convert_20130928132413.jpg

席に着いて待ってるカミさんに「ハイどうぞ 秋ナスとカボチャ・きのこのグラタンだよ」
「えっ これグラタンなの???」とカミさんノタマッた 

「黙って食ってみ・・・グラタンの味はするからさ」 
 もとい グラタン味の秋ナスとカボチャ・きのこの洋風煮物に訂正します(笑)

    20130927_203338_convert_20130928132351.jpg

最後の品はマツタケならぬイッポンシメジのお吸い物でした
シメジはどれもシャキシャキ、少し苦みがあるけれど栽培モノにはないコクがあって
とってもおいしかったです

 さて今日も引き続きバーディ・ヒギンズだよ 
 曲は「Just Another Day In Paradise」です

 


  1. 2013/09/28(土) 14:20:10|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

目指すぞ長者様

今朝の最低気温 秩父市は12℃だそうです
そしたらよっちゃんの住む山里は10℃を下回っていたかも
日中の気温も24℃ そしてカラッとした秋晴れ 空が高いぞ~
 
今日明日と明けと公休のよっちゃん こうなればやることはひとつ
「薪割りでっせ~」

   20130927_115059_convert_20130927172651.jpg

先ずは入手した原木の玉切り このためにエンジンチェンソーまで買ったのだ
しかしもう目立てが必要なのか? それともオラの腕が悪いのか? 
この原木のカットがなかなかの重労働なのだ

玉を20本も切ったところで 「もうイヤ こんな作業」と腹も減ったし作業を
中断 午後は斧での薪割りです

   20130927_135623_convert_20130927172632.jpg

ヘヘヘのヘ こちらはコツもつかんできて直径30センチもある丸太がパリーンて
割れたときの「カイカン」ったらないよもう

「チカラじゃないんだよキミ ほら幹をジイ~っと見つめ そこだ~」とおもむろに
 振り上げた斧をシュパーっとおろすだけで あららカンタンに真っ二つに

あのくそ熱い真夏のせいもあったけれど玉を3つも割ればハァハァー言ってたよっちゃん
20本くらいの玉をあっさり30分で割っちゃいました

    20130927_115325_convert_20130927172759.jpg
    オッチャンなにやってるの~って遊びにきた蝶々まで
    写す余裕があります

  20130927_142024_convert_20130927172745.jpg
 
「よ~し こうなりゃオラは薪長者様を目指すのだ~
 この薪小屋を自分で割った薪で一杯にしてやるぞ~」

    20130927_142042_convert_20130927183721.jpg


って逆立ちしてもホントの長者様(お金持ち)にはなれないよっちゃんのせめてもの
慎ましやかな夢でございます

「まぁ君は 稼いだお金を一銭にもならん趣味のために惜しげもなく遣ってしまう
 性分だから 自業自得ってもんじゃないの」 トホホ

薪割りで汗を流したあとの午後はもちろん ミュージック&カフェタイム
今日暫く振りに聴いたのは

「カサブランカ」 
あの郷ひろみがカバーしてヒットしたのが31年前の1982年ですが
やはりバーティ・ヒギンズの歌うオリジナルがダントツに良いですね
ではそのバーティ・ヒギンズオリジナルで「Casablnca」を
どうぞ

カサブランカ(映画)ではキスはただのキス
でも君のため息がなけりゃ それはキスじゃない
もう一度あの日にもどりたいよ
時の過ぎゆくままに 君への思いがつのってゆくばかりだから


 

 ええ~ オラもうチューなんて何十年もしてないよ(笑)
 あっ このまえジャッキーにペロってチューされたか
 いいや チューはワン公相手で゚(゚´Д`゚)゚

さっ これからこの前のきのこで夕飯でも作ろ 
上手にできたらここにアップしやす

  1. 2013/09/27(金) 17:34:38|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

おお~ 今年も

秋といえばきのこ それも栽培モノじゃなくて山に自生したきのこが
食べれるなんて田舎暮らし冥利につきます

 20130925_213017_convert_20130925225901.jpg

今年もご近所のきのこ狩り名人からいっぽんしめじのお裾分けに
ありつけました
さぁ これを使って板前よっちゃんの腕の振りどころ
今度の休みはどんなお料理が出来ますやら

  20130925_213034_convert_20130925225920.jpg
ネットでレシピを調べて挑戦してみましょう

今夜は再びリンダ・ロンシュタット 
彼女はパーキンソン病を患らい もう歌えないと今年春に公表しました
彼女はよっちゃんよりも10歳お姉さんです 
これまでも生歌は聴いたことはありませんが なんだか寂しいです

    
 曲は1976年アルバム「風にさらわれた恋」よりオープニングの
 「Lose Again」です
 
 彼女を知ったのはこのアルバムから ジャケット写真のセクシーな胸元に
 魅かれて思わず買ったLPレコードでした(クリップの画像がそうです) 
 よっちゃんも若かったなぁ(笑)

  1. 2013/09/25(水) 23:20:02|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オラの悪戯

ウチのカミさんの「今朝は寒いわね」とのひと言に素早く反応したよっちゃん
よっしゃカミさんのご出勤まで 今朝は快適に過ごしてもらおうと薪ストーブに
火を入れちゃいました 
何のことはない薪ストーブを使いたくて仕方がないだけなのだ

今朝は小雨が降っていたので 一昨日最終回だったTVドラマの録画を午前中は
見て過ごした(日曜日は仕事で見られなかったので次男嫁に録画しておいて貰った)

昼前に雨も上がったので予定していた本日の作業に取り組んだ
先ずは薪小屋の塗装 それから玄関前に置く予定の薪棚作り

  P1120035_convert_20130924204804.jpg

苦心して出来上がったのがこれ(笑)

P1120034_convert_20130924204830.jpg P1120040_convert_20130924204853.jpg

荷車風に作ってみました お人形はホームセンターで980円の元値が何故か
300円に値下げされて売っていたので 迷わず2ケ買ってきちゃった

  P1120041_convert_20130924204956.jpg

その度に薪小屋まで薪を取りに行くのは面倒 玄関前のこの荷車で三日分位の
薪がストックしておけます
因みに この荷車はタイヤが回らないので動きません

ラインで嫁にDVDの礼を言うついでに薪小屋の画像を送ったら
「なにこれ? どう見ても〇じき小屋にしか見えないよ」だって
失礼なプンプン
孫娘には「君の秘密基地だよ」って言ったら「わ~い ありがとう」だって
かわいいなぁ もう

今夜はラブソングを一曲 このクリップ1分40秒からが聴きどころです

 
 韓国のジャズシンガー Woong Sanのヴォーカルで
 「Vivaldi’s Song」でした

  1. 2013/09/24(火) 21:16:33|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ナイフと包帯

完成したつもりの薪小屋もあらためて眺めてみると
なんだか物足りないので 少しずつ手を加えてます

 20130922_165027_convert_20130923204526.jpg

屋根の勾配が急すぎて庇の寸法が足りないので継ぎ足し
そして両脇に板壁を張りました

明日は古材と新品の角材との色バランスが悪いので やはり
梁も全て塗装しよう そして玄関前にひとつ薪置きの工作を
と、しばらくはにわか職人さんになって遊べそうです

さて本日のテーマ「ナイフと包帯」ってなんだ?
よっちゃん なれない日曜大工で怪我でもしたの?

ちがいまっせ またまたミュージックのお話しだよ
世代は違えど 青春ソングを歌ったらピカイチのおふたりのご紹介

先ずはこの人

 

尾崎 豊 の「セブンティーンズ マップ・17歳の地図」
「15の夜」などもそうですが彼のメロディと歌詞は還暦間近のオイラにも
グサっとナイフのように突き刺さってきます
自分の青春時代 そして今はそれぞれ良い伴侶に恵まれ落ち着いたふたりの子の
青春時代が鮮明に蘇ってくる

もうおひと方はこの人

 

小椋 佳 の「木戸を開けて」
「さらば青春」もそうですがこの人の歌は 多感な少年の傷付いた心をそっと
包み込んでくれる温かさと安らぎが感じられます
今日は「木戸を開けて」単体のクリップが無かったので「雨だれの唄」と
抱き合わせでお聴きください

「木戸を開けて」は家出(または独り立ち)する少年が母親にそっと別れを告げる歌 
今日 お彼岸の中日に実家のお墓へ行き 両親の墓前へ線香を手向けてきた
よっちゃんでした



  1. 2013/09/23(月) 21:19:22|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

各駅停車

秋の夜長ですねぇ
今夜は7時に帰宅 晩酌して飯食って風呂入って 犬と遊んで
ブログをひとつアップしてもまだ10時前
寝るにはまだ早いし え~いもういっこ記事を書いちゃえ

団塊の世代から上の方の懐かしい曲といえば「ああ 上野駅」でしょうか
ですが我ら そのひとつ下の世代は猫の「各駅停車」

  
そろそろ我々の人生、各駅停車の旅も終着駅(ご定年)が見えてきたような
気がしませんか?
もっともエリートコースまっしぐらの方は新幹線のぞみだかジェット機の
ファーストシートで超特急 こんな感慨はないんでしょうね

でもよっちゃんみたいに ほとんどが各駅停車の旅だったご同輩のみなさん 
若い頃に聴いたこの曲で 長いながい旅路を秋の夜長に振りかえって
みましょう

 

 P1070806_convert_20130921215302.jpg
一昨年の写真ですが 今頃のうちの庭の彼岸花
 P1070805_convert_20130921215211.jpg

じゃれ合うタロウとジャッキー
P1070816_convert_20130921215328.jpg P1070817_convert_20130921215400.jpg
にいちゃん、パーンチ それ今度は左フックだ~

    P1070819_convert_20130921215441.jpg
あほらし 池の金魚と遊んであげたほうがいいや

    P1070812_convert_20130921215536.jpg
   ホトトギスも咲いてます

ユーミンの「卒業写真」も好きでしたが 最近あの歌詞に腹が立つ
ようするに人ごみ(世間)に流されて私は変わっていく(大人になる)けど
あなたはあの頃のままでいてねって
まぁ女心なんだろうけれど、それを真に受けて純粋さを必死に保ち続けることが
どんだけ大変なのかあなたわかってるの?
結局 「いつまでもお子ちゃまには付き合い切れないの」 とさっさと他の大人の
彼氏とくっつくくせにさ プンプン(笑)

  1. 2013/09/21(土) 22:33:40|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の孤独

どうも「孤独」そのものに対し 人の感情はふた種類あるようです

思春期や若い頃に感じる孤独はその疎外感に耐え難さを感じ
人生を重ねた熟年に達すると孤独そのものを楽しむ余裕が生まれる
 
  P1100059_convert_20130921201417.jpg
  彼岸花とはよく名を付けました 毎年かならず秋彼岸を知らせて
  くれる曼珠沙華


でもまぁ個人差もあります
よっちゃんの場合は若い頃から無理に人に合わせるのはかえって疲れ
おひとりさまの孤独の方が好きでした

今夜はその「孤独」をテーマにした曲を2曲

ふたつの孤独感をよくあらわした詩と曲で両方ともすごく良い曲です


 
 これは若者の孤独を歌った「Left Alone」
 歌手はレディ・キムです
  心を満たしてくれる 愛は何処にあるの
  傍にいてくれるはずの あの人は何処へ行ってしまったの
  
  人はみな私を傷つけ そして去っていく
  私は取り残されて ひとりぼっち
  
  我が家と呼べるような家なんて どこにあるの
  留まっていられるところなんて どこにもない
  
  街の雑踏もただ虚しく 私は取り残され ひとりぼっち
  探し求めなさいと人は云うけれど 
  それが上手くいった試しなんかありはしない
   
  ・・・ ・・・ ・・・

  「みんな悩んで大人になったんだよ~」ってね
 
 
 こちらは孤独を愛する男ジョルジュ・ムスタキで「私の孤独」
 でした
 ムスタキは今年5月23日に79歳で亡くなってしまいました
 ご冥福をお祈り致します

  1. 2013/09/21(土) 20:49:11|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薪小屋

田舎で暮らすお楽しみは家庭菜園やガーデニング 近所の自然の散策 
そして海辺なら新鮮な海の幸を自分で手に入れる楽しみ
山里ならば山の幸(山菜採りやきのこ狩り)と尽きないですね

 P1120033_convert_20130920181432.jpg
 ススキは庭に生えてるから月見用にワザワザ刈ったりしない

で 薪ストーブオーナーは集めた薪で自作の薪小屋を満杯にすることが
どうも最良のお楽しみらしい
ご多聞に漏れずよっちゃんもその道をまっしぐら
「先ずは薪小屋でえ~」と昨日と今日 二日間かけてにわか大工さんです

 P1120023_convert_20130920181219.jpg
今朝は朝飯前の7時から作業開始し 午後2時過ぎにやっと完成しました
今度は水平器を使ったのでだいたい垂直と直角にできたつもり
(道具を使っても それを使いこなす技術がないところが素人の悲しさよ

 P1120032_convert_20130920181410.jpg

屋根の勾配がイメージよりちとキツ過ぎたけど まぁいいか


P1120026_convert_20130920181337.jpg P1120025_convert_20130920181311.jpg
この前の台風翌日に近所から拾ってきた風で折れた枝の山
チェンソーで切り 薪小屋に積みたいけれど今日はもう体力が残ってない

  P1120022_convert_20130920184319.jpg
次回のお楽しみにとっておきましょう

休日二日間を丸々馴れない大工仕事をして お疲れのよっちゃん
休憩のコーヒータイムにお代わりを頼みたくなった歌
今夜はボブ・ディランで

 

One more Cup of coffee 
コーヒーをもう一杯 でした

  1. 2013/09/20(金) 19:02:16|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムーンライトセレナーデ

みなさーん 今夜は十五夜ですよ~
お月見してますか~?

十五夜は毎年9月の中下旬 いつも秋雨前線や台風の雲に照れて隠れちゃうのに
今年は日の入りと共に東の空に大きなまん丸お月さんが姿を見せてくれ
ましたね

  20130916_180421_convert_20130919211355.jpg
  16日夕方 台風一過のみごとな夕焼け空

昼間 例の薪小屋作りに精を出して頑張ったよっちゃん 夕飯前の晩酌を
しながら 誰かに呼ばれたような気がして東の窓をみると
そのお月様がにっこり窓辺に輝いてました

      20130919_200202_convert_20130919211435.jpg
このお月様と語り合えるだけで お酒のつまみはな~んもいりまっしぇん
いつもより一杯多く飲んじゃいました

   P1120021_convert_20130919211514.jpg
この前の台風で隣家の敷地境界に建てた板塀が傾いちゃったので 先日解体し
その廃材で薪小屋作り
足らない材料はホームセンターで買い足したが 結局一万円の出費
午後から作業に取り掛かり 今日はまぁこの辺まで
明日 早朝から頑張れば完成するかな そしたら又アップします

今夜の選曲は十五夜に因んで ムーンライトセレナーデをフランクシナトラで
どうぞ
 

そして 秋晴れの空に似合うスカイラークという曲をグレゴリー・ポーターで
どうぞお聴き下さい
 

明日もガンバろっと

  1. 2013/09/19(木) 20:34:28|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗ご飯

台風が接近中 昨夜未明から秩父も風雨が凄い
幸いよっちゃんは今日 休みなので雨戸を閉め ワン公を玄関に
避難させて家のなかでおとなしくしている

先月30日に制定された災害特別警報 
数十年に一度規模の自然災害が予想される事態に対しての発令らしいが
オイ オイ これが運用開始になってまだひと月もたってないのに
この分だと毎年日本のどこかで特別警報が発表されるんじゃないだろうか

温暖化の影響で猛暑や豪雨 竜巻などなど やっぱり大地の神様は
かってなことばかりする人間に対して怒っている

ウチのポスト脇の隣家の畑(この前贅沢なビールを頂いた家)の栗の木
からパックリひらいた栗の毬が そのポスト周辺にいっぱい落ちている

P1120018_convert_20130916104817.jpg

この栗 すごく実が大きくて毎年すこし失敬してます
ことしも十数粒頂いて 昨夜 栗ご飯を作った

P1120019_convert_20130916104850.jpg P1120020_convert_20130916104908.jpg

お米一合半と出汁、塩を加えて炊き ハイ・イッチョウあがり
20130915_194640_convert_20130916104955.jpg 20130915_194724_convert_20130916105024.jpg


今朝 新聞を取りに行ったら この台風のせいと風向きで今朝 大量に
栗の毬がウチの敷地へ落ちていた 
台風が去ったら拾って この前のビールのお礼を兼て持ち主へ持って行って
あげます

倒木やがけ崩れが心配なので 朝は仕事のカミさんを職場まで送ってあげた
その帰りに近所の沢を見ると 凄い濁流と化していた
 
  P1120014_convert_20130916105918.jpg

P1120010_convert_20130916105947.jpg P1120012_convert_20130916110017.jpg

マッチ箱みたいにちっぽけなよっちゃんち 風に吹き飛ばされないか
心配です 今日は家の中でボリュームをいっぱいにあげてジャズでも
聴いて過ごしましょう

 
 曲は「ニューヨークの溜め息」と称されるヘレン・メリル
 you'd be so nice to come home to でした
  1. 2013/09/16(月) 11:06:19|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名画座

ここの処かなりのペースでレンタルDVDを借りている
旧作一週間レンタルで5本のペース しかし・・・
期限切れでなかなかすべてを観ることができない

そして返却した後に思い返しても5本中、大抵1本は何を
観たか思い出せない すこし健忘症気味のオイラです

今日は手元に邦画のDVDが1本
タイトルは「リトルマエストラ」この3月に公開の映画だそうです
台風の影響で今日は一日雨降り 午後はゆっくりこの映画をみるつもり

レンタルで借りてくる旧作といっても精々20年前からつい最近の映画
ばかりなんです
40年も50年も前のいわゆる名画というやつはもう何度も観ていて
今更借りてきて観ようとまではなかなか思いません
でもエンディングのワンシーンと叙情豊かな音楽は今でもときどき思い出して
「時間があったらゆっくり鑑賞したいなぁ」と思います

今日はそんな名画より忘れられない名曲を三つアップしました


先ずはよっちゃんの生まれた年 1956年公開のイタリヤ映画
「鉄道員」より

 
音楽はカルロス・ルスティケッリでした
ラストシーンでギターを弾きながら息絶える鉄道員である父と末っ子のサンドラ
を始めとする一家のシーンが忘れられません

ふたつ目は最初の東京オリンピックが開催された1964年
フランスのミュージカル映画 「シェルブールの雨傘」

 
音楽はミシェル・ルグラン シェルブールの雨傘店のヒロインで娘役は
ご存じカトリーヌ・ドヌーブでした
この映画は戦争で引き裂かれた若い恋人同士がそれぞれ別の異性と結婚し4年後に
元恋人の経営するガソリンスタンドで再会 切ない思いを隠しそれぞれ今の生活に
帰って行くという ここに流れたシェルブールの雨傘がその切なさを全て
表わしていました

最後はこれも反戦映画 1970年イタリヤの「ひまわり」

 
主演はソフィア・ローレン 音楽はヘンリー・マンシーニでした
劇中の画面いっぱいに映し出されたひまわり畑が、同じく戦争で引き裂かれた
夫をはるばるロシアまで探しに行ったヒロインの心中とシンクロし 
まだお互いに愛し合いながらも二度と交わることのない二本のレールの様な人生
が切なさ過ぎて涙を誘いました



  1. 2013/09/15(日) 12:52:03|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

減量5日目マイナス2kg

とにかく痩せようと思ったら最初の一週間が勝負
間食を完全に止め 三度の食事はきちんと食べる
そして一食の量を少し減らすのだ

最初は腹が減って辛いが徐々に胃も縮んで慣れてくる
最初の7日間で先ず2~3kg絞れればあとは
おもしろいようにダイエットできる

太り過ぎた分だけをダイエットし、けっして無理はしない

よっちゃんの身長なら平均体重は63kgらしいが
そこまではおとせない 67~8kgが自分のベスト体重だと
思ってます

   P1090814_convert_20130912185621.jpg
そしてこのタロウ君みたいに寝そべってばかりじゃイケナイよ(笑)
適度の運動で汗をかかないと体重は減ってくれません

昨日は薪置場作りで大汗を流してマイナス2kg
今日は愛車の洗車とワックス掛けを念入りにやってマイナス1.5kg
 
   20130912_112854_convert_20130912185756.jpg
夜は水分(アルコールだろ)補給で限りなく元に戻るが
それでも体重はこの5日間で1kg近く減ったとおもいます

   20130912_115052_convert_20130912185828.jpg
分不相応の愛車 田舎暮らしにはこいつよりも軽トラの方が
よっぽど役に立つ が 働いているうちはもう少し乗っていたい

 今夜の曲は2年前の4月に亡くなってしまったフィービー・スノウ
 より

  
 1977年「Never Letting Go」でした

  1. 2013/09/12(木) 19:33:38|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薪置場

薪ストーブが好きで自宅に設置し、積極的に活用しているオーナーさん
そんな方はやはりみんなハマるらしいのが薪置場である薪小屋

ちなみにサイトで「薪小屋画像」を検索してみたら 出てくる出てくる
自作薪小屋の画像が

よっちゃんも このまま集めた木を野ざらしにしておいたのではせっかく
乾燥しても雨でまた湿気てしまう。
何度も乾湿を繰り返していると桜などはフカフカに腐ってしまうので
やはり屋根の付いた薪小屋が必要と痛感していました

そして今日、主にカミさんの乗っているテリオスキッドを入れる車庫の奥に
薪用の棚を作りました

 P1110993_convert_20130911182915.jpg
家にある材料で間に合わせたので材料費はタダ(笑)
くれぐれも画像を拡大し、あそこがはみ出てるとか、水平がズレてるぞ
などと細かいチェックはしないように
水平機があったはずなのに見つからないから 目視で適当に柱を止めた

   P1110997_convert_20130911183100.jpg
庭のあちこちに野ざらしとなっていた薪を一輪車で集めてきてイザ積み重ね

この薪積みをアートの領域まで踏み込む薪積み名人もいらっしゃると聞くが
ウチの薪は道端で拾ってきた朽木や庭木の剪定で降ろした枝とかばっかり
長さも20センチから40センチと不揃いだし なかなかきれいに積めません

P1110995_convert_20130911183251.jpg P1120001_convert_20130911183318.jpg
車庫の外から見るとこんな感じ

 P1110998_convert_20130911183147.jpg
奥行が90センチなので薪は縦に2列積みでき、外側の段がほぼ顎の高さ
どうにかこれで今年の暮れまでの在庫は確保できたか?
しかしこれだけよくタダの薪を集めたもんだ

 P1110709_convert_20130615142527.jpg
来月はこのタロウの繋がれてる花桃の木を切って、ここにも薪小屋を作る
予定です

ふう~斧での薪割りはしかし重労働だ
5~6本も割ったら もう肩でハァハァ息してるもんね
これで冬になる頃はしっかり鍛えられて10本でも20本でも楽勝でぃ
なるのか、それともシンドイからって長さも太さもきれいに揃った薪を買って
いるのか さて?どっちだんべえ

本日の一曲はリンダ・ロンシュタット

 

1977年 「It’s So Easy」でした 

  1. 2013/09/11(水) 19:36:31|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫と観たい映画

夕方仕事が暇なのでスマホを使いこのブログで紹介したい曲を検索していると
ある映画で使われたメロディが脳裏を横切った。

35年前の映画である。題名はキタキツネ物語
ゴダイゴが音楽を担当し、オープニングテーマの「北の狩人」を町田義人が
歌ったのを思い出しました。

当時映画を観て感動し、すぐにレコード店でこの映画に使われた曲を収めたLPを
買った思い出があります。

 P1100524_convert_20130909212755.jpg
 野生のキタキツネとはほど遠くのほほんと暮らすウチのワン公

北の大地・北海道へオホーツクの流氷を渡りやってきたキタキツネ「フレップ」
やがてこの地の女狐「レイラ」と恋に落ち春に5匹の子ぎつねが産まれる
この映画はそんなフレップと彼の家族を見守る樹齢100年の柏の木の視点と
ナレーションで進行していき、ゴダイゴの音楽が素晴らしく35年経っても
忘れられない映画と音楽です。

そして今日知りました・・・この映画がなんとこの秋リニューアルして放映される
ことを
リニューアル版では音楽を山崎まさよしさんが新たに担当したそうです。

しかし、なんの偶然なのかハタマタお導きなのかそんなこと全然知らなかったよっちゃん
これは「何が何でも孫と映画館へ観に行かなくては」と思いました。

今日は旧作のオープニング 町田義人ヴォーカルで「北の狩人」

 

そして「白い彷徨」でした

   
旧作の音楽が突出して素晴らしかったのでリニューアルバージョンで山崎さんが
どれだけ迫れるのかそれも楽しみです。
封切は来月19日(土)全国ロードショーだそうです。

家族を養うために人間の仕掛けた罠に嵌り子育て真っ最中に死んでしまうレイラ
子どもを護るために敢然とクマに立ち向かうフレップ
五匹の子ぎつね、末っ子のチッタは目が見えず流氷寄せる波打ち際で波にさらわれて
しまうシーン そして無事に成長した他の子ぎつね達との壮絶な巣立ち・子別れの
シーンと再び流氷を渡りオホーツクの海へ帰るフレップ

野生動物の生きる為の厳しさと逞しい生命力は ただ可哀想などとの感傷だけでなく
観たひとへ、生(生存)への本能を触発する映像と音楽でした

きっと孫たちもそれを感じてくれ、何かを得てくれる
そう信じて観に行ってきます。

  1. 2013/09/09(月) 22:15:52|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤバイゾヤバイゾ・ヤバイゾー

今日3ケ月ぶりに体重をチェック
ゲゲゲ(じぇじぇじぇとは言わない)やばいじゃんか
3年前のダイエット開始頃の体重に限りなく近づいている
(10kgくらい落として今5kgリバウンド)

なんでだ~?
この夏だってあのくそ熱い中を草むしりや薪づくりにあんなに汗を
流して頑張ったじゃないか

アンサー・・・加齢に伴いカロリー消費量が減少 それに昼飯前の間食
が原因だなどうも

それで今日は朝飯と昼飯を絶食したが

 20130907_182646_convert_20130907194039.jpg
板前(いや、今日はよっちゃんシェフだ) が作った夕飯の料理がこれ
地中海料理風というか とにかくカロリーがめちゃくちゃ高そ(笑)

薪ストーブの燃焼実験が終わりスーパーへの買い物で1時間を消費
料理に1時間を消費し、犬の散歩に1時間
あっという間に一日が終わります

20130907_182706_1_convert_20130907194716.jpg
  メインディッシュふた皿
    20130907_182809_convert_20130907194734.jpg
サーモンとホタテのクリームソース和えと鳥ムネ肉焼きのトマトソース
ちゃんと合わせの野菜も使い分けてますぜ
サーモンがしし唐、玉ネギ、赤パプリカ 鳥はナスにインゲン、しめじ

20130907_183204_convert_20130907194806.jpg 20130907_182744_convert_20130907194751.jpg
ふた皿のソースはこれにお世話になりましたがカボチャのスープは自分でカボチャを茹で
裏ごし、塩やブイヨン ワインなどでいちからつくりました

秋の定期健康診断までに3kg痩せてやるかんな~

と宣言しておきます

今夜の一曲は料理に合わせてローマ生まれのシアラ・キベラ

 
 彼女の歌う
  「NIGHT」でした
 
  よっちゃんの体重はいいから9月の夜はロマンチックにね

  1. 2013/09/08(日) 00:00:02|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

燃焼テスト3回目

ちょっと涼しくなると薪ストーブを燃やしてみたくてウズウズ
新しいおもちゃをおねだりして、やっと買って貰えた子どもみたいに
無邪気なんですねぇ よっちゃんて
 
 P1110987_convert_20130907131415.jpg
 
2013・9.7土 11:00 小雨模様 我が家の室内温度計21℃なり
薪の重量およそ4kg 薪のおおまかな消費量を今日は確認の予定

しかしちょっと炊き付けの小枝が湿りがちで着火に手間取った(笑)
薪ストーブ天板に置いた温度計は一刻250度以上に達し
家じゅうの窓を全開にしてるけどヤッパリちょっと暑いよう(オバカ)
このとき室内の温度計は29℃だった

「なんだ真夏のあの暑さに耐えたオレだぜ このくらいどうってことねえや」
ってやっぱりオバカなよっちゃん

着火から約2時間が経過し、薪を2本残した時点でテスト終了
ストーブ温度計は120℃で 熾火がまだ残っています 

曲の紹介はちょっと日本の歌が続いてます
今日はこんな小雨模様にピッタリ 和製クラプトンと呼びたいあのひとです
(しかもよっちゃんが束になっても敵わないくらいに渋い アタリマエダノクラッカー)

 
 柳ジョージ&レイニーウッド・1979年「雨に泣いている」でした
 そしてもう一曲

 
 「青い瞳のステラ1962年夏・・・」と迷ったのですが
 今日は「コインランドリーブルース」です
 2年前の10月に腎不全で亡くなってしまいました
 彼のCDアルバム2枚はお宝として大事にします
 昔はレーザーディスクもあったのに、こんなに
 はやく逝っちゃうなんて思いもしなかったので
 処分しちゃったよ もったいない
 
 ジョージさん 心からご冥福をお祈りします 
 
  P1110989_convert_20130907131454.jpg

P1110990_convert_20130907131514.jpg P1110991_convert_20130907131531.jpg
畑の野菜たちが頑張っている もうナスなんて毎日食っても食べきれない
そろそろ秋ナスと呼ぶのだろうか?
今日はおちん〇んみたいのが生えた可愛いナスが採れました
こんや共食いしてやるぞー(笑)

  1. 2013/09/07(土) 14:17:25|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

肉詰めパプリカ

赤パプリカが良く育った。もう一株黄色も植えたがこちらは花は咲くが実があまり
育たない
ひとつが大きいので赤く熟すのを待っていると一度には食べきれないから、
今日青いままのを収穫して肉詰めにして食べてみた

肉詰めピーマンは聞くが、まぁパプリカでも同じようなモンだろうと挽き肉を
買って来て作ってみた
20130904_191749_convert_20130904204615.jpg 20130904_192018_convert_20130904204637.jpg
挽き肉は300g 玉ネギとブナシメジを刻んでパン粉と玉子1ケで捏ねておく
パプリカなので半分に切ってもけっこう大きい

片栗粉を割ったパプリカの中に入れ、ビニール袋で振ればまんべんなくまぶせた

20130904_192828_convert_20130904204657.jpg 20130904_193143_convert_20130904204719.jpg
肉が余ったのでナスひとつを半分にし、すこし実をくりぬいてナスの肉詰めも

20130904_193533_convert_20130904204840.jpg 20130904_194452_convert_20130904204859.jpg
背中から焼いて焦げ目ができたら裏返して肉の側を中火で焼く
その後赤ワインを足して弱火で蒸し焼き

焼きあがったら肉汁を捨てずにケチャップ、ウスターソース、おろししょうが
コショウ、再び赤ワインで煮詰めてソースを作った

     20130904_194923_convert_20130904205006.jpg
     ナスはおかかと醤油で食べ

   20130904_194916_convert_20130904210919.jpg
 
 ホラ パプリカの肉詰めイッチョーあがり~

 今夜はやはりジャパニーズポップスからちょっとおしゃれな一曲を
 
 
 朝倉未稀の1981年デビュー曲「ミスティ・トワイライト」
 彼女はドラマ、スチュワーデス物語の主題歌「what a feeling」や
 スクール・ウォーズのテーマ曲「ヒーロー」で取り上げられることが
 多いですが このデビュー曲もなかなか良いです






  1. 2013/09/04(水) 21:34:07|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャッキーめ

日中は蝉しぐれ、そして夜はコオロギの合唱
季節のバトンは、夏から秋へと渡されようとしている

みなしごジャッキー君が我が家の一員になったのはちょうど
2年前の今頃だったっけ

  P1070520_convert_20130903201239.jpg

幾日かろくに食べ物にもありつけずガリガリに痩せこけた仔犬を
みつけ、家に連れ帰ると吠えることもできずにジィ~ッとうずくまった
ままだった。
そんな痩せこけたチビ犬を、幸いにもタロウは仲間の一員として
受け入れてくれ、やさしく接してくれた
  
  P1080113_convert_20130903201432.jpg

孫のいる次男の家にあげようとしたがなんだか不憫でウチで飼うことに
したんだっけ
  
  P1080070_convert_20130903201602.jpg
  こちらは長男夫婦 ひと月もするとこうして散歩もよろこんで
  行くようになった

コンニャロメエ 今じゃそのジャッキーが一番のやんちゃ坊主で
ウチの中で幅を利かせてるよう

  P1050631_convert_20130903201724.jpg
  「おまえが来るまではこうやって大好きな父ちゃんをひとり占めに
   できたのになぁ」とタッくん


 今夜の一曲は
 
 
 
 REBECCAよりフレンズでした

  1. 2013/09/03(火) 19:46:20|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

繊細さに欠けた一皿

男が作るんだもんねえ しかもバーベキュー風なワンディッシュで
ビールのつまみならこれで充分でしょう

 20130831_185829_convert_20130901201032.jpg

ガスレンジのオーブンで肉、トウモロコシ、カボチャを焼いてレタス、トマトと
一緒に盛り付けただけ
だけどビールはちょっと贅沢なあれだよ(笑)

  20130831_185835_convert_20130901200821.jpg
家の草刈りのついでに隣の畑(裏の家の畑)の草を刈ったらお礼に頂いた
贅沢なビール
安月給なよっちゃんは普段は発泡酒ですから

茄子としし唐はフライパンで炒めたあとに特製のタレ(練り生姜に砂糖、醤油
酢をひとたれ)で蒸し焼き
もちろん素材は自家菜園で採れました

20130831_190019_convert_20130901202132.jpg 20130831_185854_convert_20130901202212.jpg
これにきゅうりモミと冷奴があれば上等でやんす
やっこの薬味、シソの実もこれから畑で取り放題です

  P1110973_convert_20130901202432.jpg


  1. 2013/09/01(日) 20:31:07|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR