FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

谷川岳の紅葉

夫婦そろっての休日は2週間振り 今日は天気も良さそうなので
群馬県水上温泉方面へ久し振りのドライブへ行ってきた

関越自動車道に乗り 行き先をふたりで相談
草津で温泉にゆったり浸かり 片岡鶴太郎美術館で鶴ちゃんの絵を鑑賞
するコースも考えたが これは以前よっちゃんだけで行ったことがあるし
よっちゃんの両親がまだ健在の頃の約30年前に草津へ一緒に旅行した
時のおふくろの言葉
「白根の紅葉もいいけんど 水上の天神平のもみじは真っ赤であんな見事
 な紅葉は他ではやっぱり観られないねえ」を何故か思い出してしまい
この時期に行ったことのない谷川岳に決めた

一番のお目当ては谷川岳ロープウェイに乗って紅葉見物をすること
ロープウェイの駅は水上ICで下りて20分と近いので 途中で15分の
休憩をとっても秩父から2時間とかからない近さも魅力です


こちらは今朝 留守番ワン公のために早朝散歩した家の近所

 20131030_071444_convert_20131030182756.jpg

 20131030_071811_convert_20131030182915.jpg

 20131030_072625_convert_20131030183030.jpg
 もみじも少しずつ色づき始めてます

 20131030_072347_convert_20131030183009.jpg

 20131030_072857_convert_20131030183050.jpg

朝霧が幻想的で静かな秋の山里でした


さて
午前10時半到着のロープウェイのベースプラザ付近(下の駅)は気温10℃
紅葉も真っ盛りでした

 P1120298_convert_20131030184842.jpg

既に駐車場はかなり混雑し観光バスも多数来ていましたが あまり待たされる
ことなくゴンドラに乗り上の天神平まで片道15分の空中散歩です

 P1120275_convert_20131030184124.jpg
 
天神平の標高は約1300メートル 気温8℃ ここまで登るともう紅葉は終わり
木は葉を落とした後だった

 P1120292_convert_20131030184814.jpg

そして更にリフトへ乗って天神峠まで 少し雲はあったが大気は澄んでおり
すぐ隣にそびえる谷川岳 そして朝日岳 赤城山 榛名山と見通しの良い
パノラマを存分に楽しめました

 P1120276_convert_20131030184617.jpg

 P1120282_convert_20131030184727.jpg


下山し月夜野のびーどろガラスパークで昼食
どこかの日帰り温泉に寄る時間もあったがタローとジャッキーが待ってるので
そのまま帰路に 午後3時半に無事帰宅できました

今日はドライブの車中で聴いた曲から

 

 akikoで「レディス ラブ メルセデス」です

スポンサーサイト
  1. 2013/10/30(水) 19:05:55|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のイタズラ

悪戯って言っても今日はジャッキーじゃぁなくてよっちゃんが悪戯して
遊んでました 
なんでこう自分の休みの度に天気が崩れるんだろう 
それでも午前中はまだ曇り空なので花の終わった畑のコスモスを片付けたり
薪割りも幾本かできました

その薪割り中 薪小屋の床近くに放り投げておいた格好の悪い屑薪から
こんなのを発見 

    P1120249_convert_20131029174905.jpg

芸術的なよっちゃんの右脳だか左脳にピピーンとインスピレーションが

「この薪を使ってオブジェ それも花が植えられる木鉢を造れそうだぞ」ってね
で、早速作業を開始
「草木を植えるなら底が湿気て直ぐに腐っちゃいそうだ」と
先ずはドリルで穴を4個開け 適当な太さの棒の先を穴の大きさに削り
ホイ 一丁上がり~

P1120250_convert_20131029174944.jpg P1120251_convert_20131029175001.jpg

    P1120252_convert_20131029175052.jpg

あれ? これなんかに似てるなぁ 尻尾も付けてみようっと

みなさん 何に見えますか~?

    P1120256_convert_20131029175228.jpg

そしてホームセンターで買ってきたハツユキカズラを植え付けてと

    P1120258_convert_20131029175252.jpg

今日の悪戯は30分で完成 さっそく玄関先に飾り置いてみた

 P1120259_convert_20131029175625.jpg

ハハハ こりゃまるで藪から飛び出してきたウリ坊 猪の赤ちゃんだぁ

 P1120261_convert_20131029175709.jpg

だけど既に頬にムコウ傷つけて ナカナカ不敵な面構えをした奴だよ こいつは(爆)

 P1120260_convert_20131029175646.jpg


そんな訳で 今日の音楽もよっちゃんの想像力に敬意を表して
「イマジン」 ニール・ヤングのカバーです

 

本家本元 ジョン・レノンは大晦日か元旦の更新用に温存しておくのだ
って他の動画サイトから引っ張ってくるだけなのにね(笑)


  1. 2013/10/29(火) 18:17:07|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンドルナイトinちちぶ

昨日(10月27日)秩父では秩父駅から秩父神社周辺でイベントが開かれ
大勢の方が台風も去り秋晴れとなった日曜日を楽しんでました

その秩父駅の真ん前が仕事場であるよっちゃんも 
普段はおじいさんとおばぁさんしか見かけない「限界集落」じゃないや
「限界都市」の秩父市の街中に若者や子供たちが溢れ 拡声器でMCの声が
賑やかに聞こえてくると 「やっぱり活気があるといいなぁ」と最初はウキウキ
してました
でもこちとらお仕事、さすがに夕方頃はちょっと閉口しました

20131027_122050_convert_20131028162358.jpg 20131027_122054_convert_20131028162418.jpg

秩父鉄道のSL 同じメカでも超近代的な新幹線やリニヤにはない有機的な「美」
があり、汽笛の音や煙突から吐き出される蒸気に 機械なのに生き物的なモノを
感じる 思わずがんばれ~と応援したくなる乗り物です

 20131027_122104_convert_20131028162439.jpg

夕方暗くなり始める頃、神社周辺は街灯の灯りが消され道路に一万個のキャンドルが

 20131027_190049_convert_20131028163429.jpg
 スマホの手持ちなのでブレちゃいました

      20131027_185824_convert_20131028163448.jpg
仕事が7時で終わったよっちゃん そのキャンドルナイトをちょっと見学

 20131027_190703_convert_20131028163536.jpg
神社前の妙見の森公園では地元のミュージシャンによる音楽のイベントも

 20131027_190936_convert_20131028163514.jpg

一万個のローソクで埋め尽くされた幻想的な夜に
よっちゃんの頭の中に流れていたメロディはこの歌
今日はジャズピアニストのハービー・ハンコックと各ヴォーカリスト参加の
セッションでジョン・レノン作「Imagine」です

 


おまけ

20131028_065405_convert_20131028163616.jpg

一夜明けた秩父の早朝(今朝)ミューズパークから見下ろしたハープ橋と市街地です

      20131028_065338_convert_20131028173006.jpg

       画面中央上はゴミじゃなく蜘蛛だよ



 
  1. 2013/10/28(月) 16:48:35|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何故か胸がキュンとくる綾戸智絵様

鍋はカミさんが作るときは市販のスープ よっちゃんが作るのはいつも
オリジナルレシピのスープ
だからカミさんの鍋に失敗はまずないが、オイラが作るときは確立2割は
失敗作(笑) でも 昨夜はこのスープがイメージ通りにバッチリ決まった

なにせ1時間半も前から仕込んだかんね
イメージは出汁のバッチリ効いた塩味 干し椎茸 出汁昆布 牛蒡を仕込んで
ねかせること1時間
ネタの白菜やネギ、豆腐を刻んで市販のつみれや牡蠣をその出汁の入った土鍋に入れ
薪ストーブに掛けたのが5時40分 土鍋でしかもストーブだから2~30分は沸騰
するのに時間がかかるだろう
 
P1120232_convert_20131025203055.jpg P1120244_convert_20131025203452.jpg


その間に茄子やカボチャ、ブロッコリー 海老を使って(要はこの前の余りネタ)
前菜、オードブルの料理に取り掛かった

P1120233_convert_20131025203124.jpg
海老と野菜の地中海風 ソースもちゃんと牛乳やバターを使っていちから作りました
P1120234_convert_20131025203207.jpg P1120235_convert_20131025203227.jpg

カウンターの仕切りのあのひし形の穴はなんだろう?って気が付いていた方もあるかも
しれませんが 決してジャッキー君がお勝手でゴミ箱を漁り叱られたときの逃げ道や
抜け穴じゃありません 実際ジャッキーはそうしてますが(笑) 
カウンターを作るときに薪ストーブを置くことが念頭にあったので 足元を暖かくする
工夫なんです 
こうすることで、ストーブの熱が仕切りの板に遮られることなく 真冬でもテーブルの
下を暖めてくれるんです

P1120238_convert_20131025203410.jpg P1120242_convert_20131025203515.jpg
さて 薪をガンガン炊いたので、温度計は250℃以上 土鍋もグツグツ
P1120240_convert_20131025203349.jpg P1120239_convert_20131025203428.jpg

そして鍋を降ろしたあと、この太さの薪を一本入れておけば150℃~100℃で
約1時間持つことがわかった

お風呂上がりのカミさんを呼んで7時から 
今日も夫婦とワン公2匹の美味しく楽しいyamasato居酒屋タイムです

  P1120246_convert_20131025203548.jpg


さて 珈琲を入れてもらって8時半からのまったりタイム 
昨夜は久しぶりに綾戸智絵さんを聴きたくなり 
数枚ある彼女のアルバムから「To You]をピックアップして聴いた
これは2003年発売の作品ですが よっちゃんに選ばせてもらえば彼女の一番の代表作
オープニングの「A House of Gold」そして2曲目の「I Got a Name]更に「Imagine」
と曲を追うごとに胸がギュッと締め付けられ泣きたくなっちゃう名盤です
今日はその2曲目の「I Got a Name」をどうぞ

 

  1. 2013/10/26(土) 00:55:25|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

霧雨けぶる秋の森

ぐずつくお天気の続く今週 今日も秩父は朝から細かい雨が降り続いてます

 P1120226_convert_20131025152613.jpg

台風の発生は自然現象だし 水不足のときは恵みももたらしてくれますから
「無くなってしまえ」とまでは思いませんが 被害は最小限にお願いしたい
もう11月も間近なのに台風のアベック(27号と28号)なんて少しも
有難かないよ

先週の台風26号から勤務明けの日と翌日の休日はずっと雨模様の連続で
薪割りもすることができずに体が鈍って仕方ありません
少しずつ色づいてきた山も森も雨に泣いてます

P1120219_convert_20131025152703.jpg P1120218_convert_20131025152720.jpg
それでも幾日か前に蒔いたチンゲンサイと夏に蒔いて失敗した水菜の種は
この長雨のおかげで元気に芽をだしました
晩秋から初冬にちゃんと収穫出来たら鍋の材料にするのだ

小雨の中カメラを持って庭をうろついていたらツワブキの黄色い花や
山茶花の花がいつの間にか咲き 山法師や夏椿の葉っぱもいい色に

P1120229_convert_20131025152507.jpg

    P1120231_convert_20131025152528.jpg

P1120217_convert_20131025152343.jpg P1120222_convert_20131025152415.jpg

そして もうすることがないから秋雨にけぶる森を居間の窓から眺めつつ
音楽三昧の一日です
  
    P1120212_convert_20131025152833.jpg

窓の外はこんな感じです

  P1120215_convert_20131025152850.jpg

実は若い頃からのファンであるエッセイスト野田知佑さんの著書
「のんびり行こうぜ」や「ぼくの還る川」
それから田渕義雄さんの「森からの手紙」や「アウトドアライフ入門」を
読みふけり いつかこんな生活がしたいと憧れてたんです

それでは今夜の夕飯である鍋の仕込みにそろそろ入ります
こんな日は熱燗もいいかもなぁ・・だけど・おお日本酒がねえよ~

曲はビブラフォン(マリンバ)の第一人者ミルト・ジャクソンで

 

「ラウンド ミッドナイト」です
幻想的な霧に覆われた秋の山里の夕方 そこで聴くジャズとして
ピッタンコにハマっちゃいました

  1. 2013/10/25(金) 16:19:48|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴女がいてくれないと

なんだ なんだ 奥さんが居てくれないとよっちゃんは生きてけないよう
なんちゅう愛の告白かい? って違いまっせ

今夜はうちの奥さん、女子会とやらでお出掛けです
その入れ替わりにご帰宅のよっちゃん
「ヒヒヒ 今夜は飲み過ぎシールも張られずゆっくり家で晩酌ができるぞい」
とひとりでイッパイ始めたのは良いが タロウとジャッキーがうるさすぎ

  P1120203_convert_20131023214558.jpg
  これは昨夜の献立 更に前の日の残り物の煮物と茄子と鳥ムネ肉の照り焼き
  スープはアケビと干し椎茸のジンジャースープ(よっちゃんオリジナルレシピ)  
    P1120204_convert_20131023214626.jpg


家に上げればおこぼれチョウダイと両脇に陣取られ
(これが綺麗なお姉さんなら鼻の下は伸びっ放しなのだが)
特にジャッキーなんてすばしっこいから油断も隙もあったもんじゃない
冷蔵庫に氷のお代わりも取りに行けやしない

「もうお前たちはやっぱり玄関に居なさい」と追いやればヒャンヒャン
ワンワンうるさいし とてもじゃないが晩酌や夕飯どころじゃないや
落ち着いて飲むこともできずに さっさとカウンターのつまみを片付けて
ストーブの前でコーヒーを飲み始めてやっとこさ落ち着きました

 P1120208_convert_20131023214703.jpg

やっぱり鬼より恐いかぁちゃんの一喝がないとウチのワン公どもは大人しく
なってはくれないのだ


今夜は再びスタンレー・タレンタインで

  

「A child is born」
引き出しをチェックしたら彼のCDは3枚ありました

  1. 2013/10/23(水) 22:02:34|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森のおくりもの・・さてお味は?

タロウとジャッキーを味方に付けて 三人がかり束になって向っていっても
敵わないウチのおばぁから ギャンブル禁止令が発令されているので
休みの日は時間を持て余しているよっちゃん

だから昨日は朝から冷蔵庫の食材をチェックし 夕飯の献立を構想
足りない食材をスーパーで買い物し 新鮮な葉っぱ付き地場産大根を
140円/本でゲットした(笑)
そして朝の構想で決定した冷蔵庫にあった鳥モモ肉の煮物の合わせネタに

煮物は一旦冷まし、味をしみ込ませた方が上手いので午後一から仕込みを
開始しました
そしてその後の散歩でゲットした「森のおくりもの」アケビを使って更に
ひと品 ネットでレシピを参考にすれば どうやら皮は味噌炒めが旨いらしい
と、アケビの皮料理に人生初チャレンジなのだ

   P1120185_convert_20131022071919.jpg
    小さ目のヤツ4ケを使いました

P1120201_convert_20131022072354.jpg P1120202_convert_20131022072411.jpg
このブログを書いてる今朝 窓の外のデッキで朝飯を済ませたタロウとジャッキー
なにやら二匹でヒソヒソ相談中 やがてジャッキーが
「兄ちゃんがね 早く散歩に行きたいから ボクに父ちゃんにお願いしろだって」
で、その兄ちゃん 弟の後ろで「お願いします」と頭を下げてる・・・の図

 デワ 夕べの居酒屋「yamasato」のメニューをどうぞ
 P1120186_convert_20131022071948.jpg


①鳥モモ肉とダイコン(ついでに食い切れないカボチャも加わる)煮物
②アケビと鳥ムネ肉の味噌炒め
③カマスの塩焼き
④海老とサイコロ人参の中華風スープ

 P1120187_convert_20131022072016.jpg 
      下ごしらえと出汁に一番手間が掛かった

            P1120188_convert_20131022072100.jpg
      レシピには少し苦いけれど茄子に似た味と書いてあったが
      食感はジャガイモに近くサクサク 炒めたては確かに苦かったが
      冷めたら左程苦みは感じられず 如何にも野生の味でお酒のつまみ
      とご飯のおかずにバッチリ

 P1120189_convert_20131022072121.jpg
 サンマと迷ったけど 今日はカマスで
 白身がホクホクで旨い

             P1120191_convert_20131022072139.jpg
       スープは野菜がたっぷりとれるのでいい
       4杯分のスープに人参を一本と大きめのブロッコリー
       の半分を使用しました

P1120193_convert_20131022072212.jpg P1120192_convert_20131022072155.jpg
昨夜は6時開店 飲み過ぎシールを額に貼られて8時に店じまい
9時前にはご就寝のよっちゃん
お蔭で今朝も早起き 小雨模様なので今日は一日なにして過ごそうか思案中です

今朝もクリスティーナ・アギレラで一曲

 
「I turn to you」です

  1. 2013/10/22(火) 08:14:55|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森のおくりもの

ここのところ仕事でない日は家に居て二頭のワン公たちと
よく遊んであげてます
だもんだからこいつらはよっちゃんのことをますます慕って
自分たちの親分?いや、アニキ分と思ってるらしく甘えん坊で
仕方ありません

でもねえ 雨の日なんて庇の下に居れば濡れないものを わざわざ
玄関前でびしょ濡れになりながら家の中に入れてもらうのをジイ~っと
待ってる姿をみちゃったら ついつい甘やかしちゃうんだよねえ

要求が通ったときのふたり(いや、二匹か)の喜びようったら
うれしくて即 居間でプロレスごっこ そのうちこの家 壊されます(笑)

今日は二度目の散歩中に沢付近で「あけび」をゲット

 20131021_145635_convert_20131021165905.jpg

ジャッキーがケムシ玉を落ち葉の中からほじくりだす名犬ならよっちゃんだって
負けてませんぜ

子どもの頃は糖分が欲しくて種だらけの実の部分を食べたけど 
「たしかこれ 皮も食えるんだよな」と早速ネットでレシピを検索して今晩の
ひと品に挑戦しちゃいました

   20131021_145722_convert_20131021170011.jpg

でもまだ食卓に並べる時間じゃないので 
味と出来上がりの写真は次回のお楽しみだよーん


曲はここのところ懐かしめの音楽が続いてるので比較的最近のやつを

  

彼女を知ったのは2010年公開の映画「バーレスク」のレンタルDVDを
観てですが 容姿だけでなくその歌唱力も抜群でした 
今日はその映画「バーレスク」のほぼオープニングでの彼女の歌と踊りの
シーン
田舎の女の子がスターを夢見てひなびた酒場のバイトから都会へでる決心をし
その大都会(どこの街かは忘れました)のショーキャバレーで見事にスターの座を
射止める  そんな内容の映画でした 
そのキャバレーでのダンスや歌のシーンもふんだんで 彼女の魅力を堪能できる
素晴らしい映画です

  1. 2013/10/21(月) 17:29:48|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり昼寝はおコタが一番

休日のよっちゃん カミさんを仕事に送り出して
「さぁ 今日はなーんにもせずに夜までのんびり過ごそう
 取りあえずワン公たちと散歩だ」と 犬に曳かれて近所を約2時間

枯葉散る坂道は~などとのん気に鼻歌を歌ってる場合じゃないんだっけ
油断してると ジャッキーがまた落ち葉に鼻を突っ込んでケムシ団子を
食っちゃうし

              20131018_085518_convert_20131018135733.jpg
              あれ 兄ちゃんいいな ボクも棒っきれ欲しいよ

 20131018_085528_convert_20131018135812.jpg
 なんかいいもんないかなぁ

     20131018_085418_convert_20131018140004.jpg

少しづつ山も色付いてきました なんて景色を見て油断してると

20131018_085927_convert_20131018140056.jpg 20131018_084458_convert_20131018140121.jpg

でたぁ ケムシ団子 あまりのおぞましさに手が震えちゃってピンボケ写真
「こんなもん ほじくりだすんじゃねえ」とジャッキーの頭をペシペシ(笑)

        20131018_092824_convert_20131018140317.jpg

県道まで下って少し歩き のどかな山村風景に出くわした
 
   20131018_092927_convert_20131018140346.jpg
 
畑で収穫した小豆を天日で干している 
昔はどこの農家でも自家製の小豆であんこや赤飯を炊いたもんだった

おふくろがかまどで炊いた赤飯のうまかったこと 
それはどこかの高級料亭やデパートでお金に糸目も付けずに注文すれば
食べられるものとは根本的に違う味なのだ

ああ~ 天国の母ちゃーん もう一度あんたの炊いた赤飯が食いたいよう

20131018_094014_convert_20131018140551.jpg 20131018_093906_convert_20131018140441.jpg 20131018_093818_convert_20131018140615.jpg
水が苦手なジャッキー
「もう水も飲んだから 遊んでる兄ちゃんなんかほっといて早く行こうよ」の図

帰宅して 少しお昼寝をしようかなと思ったのですが何か掛けないともう肌寒い
季節になっちゃいましたね 少し早いけれど炬燵を出しちゃおうっと

  P1120184_convert_20131018145223.jpg
  これこれ やっぱりこれからの季節 お昼寝はおコタが一番です


 
 今日も郷愁誘う時代よりディアナ・ダービンで「ビギン ザ ビギン」でした
 

 
  1. 2013/10/18(金) 15:10:50|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

十三夜

今夜は旧暦の九月十三日で十三夜 十五夜は旧暦の八月十五日で
一般に中秋の名月とは十五夜をさすそうですが 感覚的に中秋とは
やはり太陽暦で10月の今時の方がピンとくる

    P1010731_convert_20131017202915.jpg
    これは3年前の11月の近所の柿の木

お月さん よっちゃんにみつめられるのが恥ずかしいのか 
今夜の秩父は曇り空で 彼女は雲に隠れちゃいました
せっかくこの曲を聴きながらお月見しようと思ったのに

 

その曲はジョニー・ハートマンで「Moonlight in Vermont」です
ところで この時代の歌ってなんでこんなにあったかいんだろう

それは先進国とはいえ まだまだ色んなモノが発展途上
電話はあったけど携帯やスマホはない 車はあったけどまだ一部のお金持ち
の乗り物 新幹線ももう少し後だし 

例えば当時 恋人が東京から札幌にでも転勤になったら 逢えるのは年に一度か
精々が二度くらいのもんだ
愛おしいあの人との連絡は気になる料金を気にしての長電話かやはりラブレター
だったのだろう
恋人同士には少し不便な方が 互いの思いを募らすのにちょうど良いのだ
その切なさがきっと音楽にも表れてる 
最近の曲も良い曲はいっぱいあるけれど なんかストレート過ぎて聴いていて
ジワジワ ジーンがない

度々あいた口の塞がらないことをやらかしてくれるウチのワン公(特にジャッキー)
今日も散歩で道端の落ち葉の山にいきなり顔を突っ込みなにか食ってる
バッタか? 否・?・?・ウギャギャー 毛虫の幼虫ダンゴだぁ
(ケムシってそもそも蝶か蛾の幼虫であって これはさらにそのケムシの赤ちゃん 
  越冬の
 ためにこの様に温かい落ち葉の中でダンゴになって冬越しをするのだろうか?)

 P1100244_convert_20131017201832.jpg

こらジャッキー 十分にタンパク質はくれてるだろう 猪じゃあるまいしさ
(猪はミミズやカブトムシの幼虫が大好物と聞く)
読者の皆様のシティボーイだかシティガールのわんこと違ってウチのワン公は
まったくワイルドだぜぃ
しかし 何を食べたのかと思って首根っこをふん捕まえて 尖ったお口を見ちゃった
ときは心臓が止まるかと思ったよ 2~3センチの赤黒い生き物がジャッキーの
牙のあいだからボッタラぼったら落ちてる ぞぞぞー
繊細な読者の皆様のために写真は撮ってませんから

タロウめ弟を笑ってんじゃねえよ お前だってときどき自分のウンチ食っちゃうくせにさ
はれ? あれ? そのお口で君たちは父ちゃんにチューしちゃってるワケか~
勘弁してくれよもう

  1. 2013/10/17(木) 20:19:48|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あいた口が塞がらない

今夜8時過ぎに帰宅 晩酌して夕飯を食べて 雨で濡れながら外で待ってる
ワン公を家の中に入れてあげてと

ストーブの傍ならすぐに背中も乾くさ 君たち大人しくまったりしてなさいね
明日早朝にかけてどうやら台風も来るらしいから 今夜は玄関で寝ていいからね
と オフトン代わりの段ボールも敷いてあげました

ところが薪の補充に玄関をあけた隙に またまたジャッキー君が脱走して雨の中を
ひとり散歩

そして30分後のご帰宅がこの写真
 
   P1120180_convert_20131015223025.jpg

顔も背中もお腹もとにかく全身ドロボウグサだらけ しかもびしょ濡れだし
とてもじゃないがこんなヤツ 家にはあげられない しばらく玄関で反省してなさい
と繋いでおいたら 今度はガサガサ ガリガリ そして兄ちゃんだけズルイぞ~と
ヒャンヒャン

   P1120178_convert_20131015222604.jpg

もう ウルサ~いと玄関を覗いてみれば あ~あ 折角の今夜の君たちのベッドが
ビリビリに あいた口が塞がりません

仕方ないので 毛玉取りでドロボウグサを取り除いてあげて居間にあげてやりました

  P1120182_convert_20131015223105.jpg

カミさん
「こんな日にじい(なぜか普段はそう呼ばれてます)が居なくてあたしひとり
 だったらゼ~ッタイにジャッキーの面倒はみれません」だって

今夜もサックスの調べ アーティストはスタンリー・タレンタインです
この人のCDは現在2枚保有してますが 以前LPで持っていたアルバム
「ストレイト アヘッド」はよっちゃん的には名盤だと思うのですが何故か
CDに焼き直しての再販がされてません
そのストレイト アヘッドより曲は「The Longer You Wait」です

  

ウチのオバカわんことは関係なく どうぞ甘く切ないバラードをご堪能ください

  1. 2013/10/15(火) 23:00:57|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄昏Jazz

やはり確実に地球温暖化は進んでいるのだろう
この幾日か前は新潟県糸魚川市で観測史上もっとも遅い猛暑日を記録
過去35℃以上を10月になって記録したことは全国どこもないらしい

そして今度は台風26号である 
まだ太平洋のはるか南にいるが虎視眈々と日本列島に狙いを定め北上中
中心気圧が930ヘクトパスカル最大瞬間風速65メートルだと この勢力のまま
列島にたどり着くことはないと思うが もしもこんな台風に直撃されたら
マッチ箱みたいなオイラんちは 峠までもしくは谷底まで吹き飛ばされちまう
「10月も中旬なんだから もう夏のなごりは結構です」

  20131011_144125_convert_20131014184720.jpg

これは数日前に仕事で行ったさいたま市の副都心
埼玉スタジアムと高層ビル群の上の空はそれは素晴らしく青かった
ですがたまに行くのは良いが こういう都会ではボクは生息できません

 20131011_143520_convert_20131014184757.jpg

帰りに車中から見えた遥か西の秩父の山々がボクを呼んでます

  P1100325_convert_20131014185717.jpg
  昨年11月中旬にウチの庭から撮った西日のあたる山 
 
 夕焼け小焼けで日が暮れて や~まのお寺で鐘がなる~ 
 お~手々つないで帰りましょ カラスも一緒に帰りましょ

と、よっちゃんが子供の頃に眺めていた 太陽の沈んでいくあの山々です
そういえば最近は夕方になり西の空へ飛んでいくカラスの群れが見れない
なんで?

さて秋の夜の訪れは日ごとに早くなりまして 今頃は5時ともなれば
この夕焼け小焼けを歌いたくなる時間

そして そんな温暖化の影響でちっとも寒くなくても家に居る日は 
やおら薪ストーブに火を入れ、珈琲を入れてオーディオのスイッチをOn 

P1120168_convert_20131014190329.jpg P1120171_convert_20131014190311.jpg

居間の窓は東側なのですが ブラインドカーテンの隙間から見える戸外が
徐々に蒼さを増していき やがて漆黒の山里の夜に・・・

 P1120176_convert_20131014190510.jpg

 P1120177_convert_20131014190527.jpg

よっちゃん 至福のひとときでございます


曲は今回もコルトレーンでアルバム「CRESCENT」より



「Wise One」でした


 

  1. 2013/10/14(月) 19:15:58|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

All by myself

今夜もお客様はよっちゃんとカミさん限定の居酒屋「Yamasato」の
開店だよ~
焼酎のウーロン割りをチビチビやりながら以下 つぶやいてます

 P1120159_convert_20131010195228.jpg

P1120163_convert_20131010195330.jpg P1120160_convert_20131010195253.jpg P1120161_convert_20131010195313.jpg
豚肉とキャベツの生姜焼き イカの丸焼き 
ジャガイモ・コンニャク・イカ・カボチャのイカワタを使った煮物
蒟蒻はお客さんに貰った手作りコンニャク 

料理もそうだけど 生活家事全般をなんでも自分でやってみるよっちゃん
別に偉かありません(えっ? 誰もそんなことは言ってくれないか)
掃除と洗濯はやればできるけれど これはあまり面白くないから普段は絶対に
やんない

で、ハマったのがお裁縫 膝のところが破けたジーンズが2本ありまして
ひとつはもう30年も履き古したのに捨てられないやつ そしてもうⅠ本は
数年前に古着屋で買ったわずか1,000円のジーンズ
カミさん曰く 「捨てちゃいなよ そんなボロボロジーンズなんか」
オイラ    「ヤーダよ 縫ってくれないんなら いいよ 自分でやるから」と
老眼に鞭打ち 針に糸を通して しかも何度も自分の指をブッ刺し半日も掛けて
出来上がったのが ハイこれです 笑えるでしょ
 
20131010_120806_convert_20131010200318.jpg 20131010_121010_convert_20131010200403.jpg

近所の沢は道路から下りられる場所があまりなく 苦労して下りた場所で撮った
のがこの写真ですが
          20131010_113521_convert_20131010200521.jpg

紅葉はまだ始まってませんでした スマホで撮ったのですが結局カメラと同じで
両手を使わないとシャッターが上手く押せない
ワン公のリードを踏みつけていたのですが構図に気を取られている隙にジャッキー
脱走
こうなるともうリードを掴ませてくれないのがジャッキー(タロウはお利口だから
何処にも逃げない)でも、どうせ傍を行ったり来たりしながら家までついてくるん
だから放っとこっと 
しかしタロウは彼を必死で追うからリードを引っ張られ 結局汗だくになって家に
帰りつきました

20131010_113405_convert_20131010200504.jpg 20131010_113336_convert_20131010200440.jpg

これは昨夜の鳥モモ肉のソティとミネストローネスープ そしてサラダです

P1120155_convert_20131010201132.jpg

よっちゃんの見栄えのしない料理でも  この人のサックスを聴きながら
イッパイやれば 洒落た居酒屋カフェになっちゃうよ~ん

 
 というわけで今夜はコルトレーンの「Say It Over And Over Agein」
 でした

うう~ん 静かに秋の夜は更けていくー じゃあねぇ~

  1. 2013/10/11(金) 00:01:17|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

yamazato sun set

幾日か前にこの里の朝霧の風景を載せましたが 今回は夕焼け
マライヤ・キャリーを聴いてゴキゲンで犬と散歩に出掛けたオイラ

いつもイップクするベンチで西の空を見下ろすと 
そこには台風一過(24号)の見事な夕映えの広がる空が

 P1120129_convert_20131009195700.jpg

あわててカメラを取りに家に戻りました

   P1120143_convert_20131009195821.jpg
「父ちゃん ボクたちを捨てたわけじゃないよね」って
お前たちさぁ 家からたった3分のいつもの坂の上のベンチだろ
頼りなさげにヒンヒン泣いてんじゃねえよ ったく この軟弱ワン公たちめ

 P1120136_convert_20131009195754.jpg
西方浄土と言うけれど いずれ死んだならオイラの魂はこんな空に漂って居たいな

やがて釣る瓶落としの秋の空は蒼さも増して
 
 P1120153_convert_20131009195921.jpg
「夕焼け小焼けで日が暮れて タロウも一緒に帰りましょ」と鼻歌を歌いながら
家路に着きました

今度の機会などと前回申しましたが 早くもアップしちゃいましょう
エリック・カルメン 1976年発表の名曲「All by Myself」です
 
 

「独りですべては出来はしない 僕には君が必要だ そのことに君が去って初めて気が付いた」
みたいな歌詞で 言わずと知れたこれも世界の歌姫 セリーヌ・ディオンのカバーも
どうぞお聴き下さい

 

20年前と10年前に車のCMで使われたので聴いたことのある人も多いと思います


  1. 2013/10/10(木) 00:05:18|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

懐かしのポップス(Always With You)

前回と同じテーマ もうちょっとお付き合いください

因みに( )で括った副題は前回の続き このふたつを合わせてはじめて
わざわざ副題を付けた意味があるのですが 解答は一番下段でどうぞ


前回は35年も時を隔てた曲でしたが 今回もオリジナルは1970年
だから 発表されて40年以上も経っています

その曲は「Without You」
バッドフィンガーというイギリスのバンドのアルバムに収録された曲ですが 
72年にハリー・二ルソンというシンガーソングライターが歌い大ヒットし 
94年にはあのマライヤ・キャリーもカバーし又もや大ヒットしたナンバー
です
今日は世界の歌姫マライヤと日本を代表して小柳ゆきのバージョンでお聴き
ください

    
小柳ゆきのカバーは00年に彼女がアメリカンポップスナンバーに挑戦した
アルバム「Koyanagi the Covers Product1」
に収録されています

 
そして94年 マライヤ・キャリー 
90年に彼女がデビューした時のキャッチコピーが「7オクターブの音域を持つ歌姫」
正確には5オクターブらしいですが あの本田美奈子でさえ3オクターブが限界だったこと
からすれば これはもう人間業じゃない 
よっちゃんなんか1オクターブ半だって苦しいよ
特に彼女の高音部は楽器のフルートや笛のようでホイッスルボイスと称賛されます

どうせだからそのホイッスルボイスを存分に聴かせてくれる 彼女の5枚目のシングル
より「Emotions」もどうぞ

 
マライヤが神の領域の声の持ち主なら よ~し オイラだって神業のひとつやふたつ

P1120113_convert_20131009154310.jpg P1120115_convert_20131009154330.jpg P1120122_convert_20131009154349.jpg

「どうだぁ 素手で薪割りだどう」ってあんた 背中に何を隠してんのよ(笑)

はぁ つい最近と思っていた90年代からも もう20年かぁ
それじゃぁウチのおばぁ(カミさんのこと)とは何年のお付き合いになるんだんべえ
エリック・カルメンのこの前の曲を聴いていた頃は既に隣にいたような気がするし
(振り返ればそこに君が)
まぁ「伴に白髪の生えるまで」(always wih you)ってやつですかね
あれ???ふたりとも もう白髪だらけだぁ

ついでだから「without you]は和訳付きのクリップにしましたので 歌ってる
歌詞の意味もみて下さいね
そして「always with you」とは 「いつも一緒だよ」くらいの意味ですかね

こんど機会があったらエリック・カルメンの「All by Myself」を
あの人が歌っている みたいな企画でやります

ヤーイ!! ワン公ども 散歩に行こうぜ~ 
と よっちゃんはエモーションを聴いて踊りながら行ってきま~す

  1. 2013/10/09(水) 16:20:31|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしのポップス(振り返ればそこに君が)

ポップス小僧でもあったよっちゃん
昭和という時代の最後の10年は名曲が揃ってます

 P1080190_convert_20131007215356.jpg


今夜は「いま聴いてもこれって名曲だよなぁ」とよっちゃんの勝手な思い込みの
曲を3曲ピックアップしました

秋の夜長 晩酌でもしながら30年の時空を一緒に旅してきた曲をどうぞ聴いて
みてください

 
最初はビリー・ジョエルのストレンジャー 1977年(昭和52年)

 
次はレオ・セイヤーの「More Than I Can Say」(昭和55年)
これ放題が「星影のバラード」いかにも昭和を感じさせるネーミングでいま思うと
なんだか笑えますが 曲はマジいい 一気にあの良き時代へ飛べます 

  
最後がよっちゃんの個人的主観でピックアップのエリック・カルメン
「End of the World」(昭和53年)
彼の曲は「All by myself」の方が有名かも

今日ピックアップした3人は他にもヒット曲がたくさんありますが
よっちゃんが聴いて 思わずタイムスリップしてしまう曲を勝手に選ばせて
もらいました
  1. 2013/10/07(月) 22:37:50|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スープ七変化

とかく歳をとると朝は早起きになると申します
よっちゃんも例外ではなかった

以前 普通にサラリーマンをしていた頃は出勤ぎりぎりまで寝ていたし
休日なんか へたをすると昼頃になってようやくのお目覚めなんてザラ

それがどうだ最近は 今朝なんか5時に目が覚めちゃって「もうひと眠り」
なんて布団をかぶっても もうあきません 1時間布団の中で我慢してた
けど眠れやしない 仕方なく6時前に起床ですよ

ウチのばぁさん(カミさん)は時間があれば いつまでも寝ていたいタイプ
あれは例外だ(笑)

そんなわけで雨も上がりそうなので カメラを持って車で峠方面へ
狙いはこの雲海に浮かぶ 我が山里の風景

 P1120108_convert_20131006094557.jpg

 まさに天空の里です
 
   P1120110_convert_20131006101036.jpg

さて今日のお題 スープ七変化

これから寒くなると体を暖めてくれるスープがうれしいし 冷蔵庫の残り物や
同じく残り物野菜の処分にもなるので出番がグンと増えます
(キャベツなんか普段は捨てる芯まで コトコトやれば柔らかくおいし~く
 食えちゃいますよ)
味付けもシンプルに塩と出汁 クリームソースを使ったポタージュ系にコンソメで
中華風 醤油や味噌で和風と それに具材を合わせれば その組み合わせは七変化
どころか無限大です

20130915_194720_convert_20131006095038.jpg 20130927_203338_convert_20131006095157.jpg

特によっちゃんなんか いちいち何を小さじ何杯なんてレシピにしておかないから
作るたびに微妙に味が違う 再現不可能スープの名手でやんす

P1090113_convert_20131006095252.jpg P1100984_convert_20131006095814.jpg

こんな調味料にもお世話になる
20131003_210154_convert_20131006100010.jpg 20131003_205947_convert_20131006095917.jpg


そして 夕べのおでん

  P1120096_convert_20131006100054.jpg

油揚げが2枚残っていたので半分に切り 鳥挽き肉と牛豚合挽をそれぞれギュウギュウに
詰め込んだ(一見おいなりさん風)のを市販パックの具材に足しました

P1120101_convert_20131006100218.jpg P1120102_convert_20131006100233.jpg
右は秋鮭のステーキ バターたっぷりで焼き上げた

       P1120103_convert_20131006100255.jpg

  よっちゃんの超プライベートな居酒屋「山の里」です
  店員さんはワン公が二匹 しかしなんのお役にも立ちません

  P1120095_convert_20131006100122.jpg
     

これを書いてるうちに青空が広がってきた
そこで 今日の曲はシャンソンから、行ったこともないパリの秋空を想像して

 

「パリの空の下 セーヌ川は流れる」です
ジュリエット・グレコの歌でお楽しみいただきました

  1. 2013/10/06(日) 10:27:09|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今度は電気工事屋さんだぞ

今日も朝から秋雨 だから外仕事はできません

  P1120091_convert_20131005174634.jpg
  秋雨に濡れる庭 人も車も通らず静寂とはこのこと 
  夕方 薄暗くなってからの撮影なのでブレちゃいました

それで特別に目的があったわけじゃないけれど ホームセンターの
店内を徘徊中に 照明やら配線の器具を売っているコーナーで
よっちゃん突然にヒラメイちゃいました

半年前に食事用のテーブルを外に放り出し カミさんと協力して
作ったカウンター・・・

   P1120085_convert_20131005174432.jpg

「でも、なんだか暗いんだよなぁオイラのつくる傑作料理もシャッター
 スピードが遅いのでブレるし 何よりもせっかくの音楽を聴きながら
 の晩酌や食事がムーディーじゃないよなぁ」と、

「よっしゃ、お洒落なバー??? このあばら家じゃそれは高望みか
 それならコジャレた居酒屋風の照明だぁ 」と、
DIY電気工事屋さんにヘンシーンだす

 P1120086_convert_20131005174531.jpg

買ってきたのは ソケット 平電線コード スイッチ 照明用のソケット
コードを隠すモール そして電球色のLED すべてバラの部品です
近眼で老眼だから 結線や器具をカウンターに取り付ける手元作業が大変
だった(笑)

 P1120087_convert_20131005174548.jpg
 この2ケの照明 それぞれ手元SWで単独に点いたり消えたりするように
 配線もちゃんと考えた

     P1120088_convert_20131005174606.jpg

 P1120094_convert_20131005174718.jpg
 
肌寒くなってきたのでワン公たちも そろそろ居間にあげてやろう
ストーブにのってる鍋は 只今おでんの煮込み中だよ~ん
旨くできたかは次回のお楽しみ ということで

 では今夜の一曲 自作の照明に合わせてムードある曲をご紹介
 ついでに誕生日でも結婚記念日でもないけれど
 普段の罪滅ぼしにウチのカミさんへプレゼントということで

  
 女流サックスプレーヤー キャンディ・ダルファーで
 「Still I Love You」
 直訳すると「今でも愛してます」でした
 
 しかし・・・綺麗なおねえさんだなぁってオイオイ
 彼女はフュージュン系のサックス奏者でメローな曲もファンキーな曲も
 いけてる 日本の女流サックス奏者 矢野沙織さんや小林香織さんも
 もう少し年齢を重ねてくるとこんな味がだせるようになるかな


  1. 2013/10/05(土) 18:29:46|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご満悦

今朝 早速に三喜木材さんが薪を届けてくれた

この前作った薪小屋 後ろ一列のほぼ3/4はよっちゃんの割った薪で
埋まっており そこから積み重ねたところ とうとう小屋が薪で満杯
になった

P1120057_convert_20131002192117.jpg P1120059_convert_20131002192138.jpg
ワオー 天井までビッシリ 

おもわず薪小屋の前でムフフと笑みがこぼれてしまったよ

  P1120068_convert_20131002193004.jpg
 
軽トラ一台分の薪の量もわかり 次回どのくらい薪が減ったら次の配達
を頼めばよいかも見当がつきました

   P1120073_convert_20131002193031.jpg
   なんだかわからんけど 父ちゃんがご機嫌だからボクらもゴキゲンだぁー


庭はいま 秋の花にあふれよっちゃんご満悦で~す

        P1120071_convert_20131002193325.jpg
       そろそろ畑の夏野菜は引っこ抜いて片付けなければ

  P1120074_convert_20131002193420.jpg
  
 石段のわずかな隙間から健気にも毎年花を咲かせるシュウカイドウとホトドギス
 

  P1120076_convert_20131002193447.jpg

そんなわけで夜はこの前失敗したグラタンに再度挑戦し 見事にリベンジを
果たしました

     P1120083_convert_20131002193758.jpg

具はやはり秋ナスに カボチャ 小っちゃい冷凍エビ しめじ そして栗に
ブロッコリー マカロニ 具の数だけは豪勢です
そして今夜はカミさんもご満悦でした(笑)

さてはよっちゃん・・・カミさんに料理のサービスをしなくちゃならんような
ことを又 なんだかやらかしたんだろう って図星だよ~ん

 
  今夜はアリシア・キーズを聴いていただきましょう

  
  曲は「Rock Wit U」でした

  1. 2013/10/03(木) 00:01:00|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薪のお店

銀杏の葉も黄色く色づき始め ひたひたと秋は深まってゆく10月
晩秋からの暖房シーズンに備えて よっちゃんの薪の準備も急ピッチ
に捗ってます

 P1120077_convert_20131002122915.jpg
 これはワン公の小屋デッキ横のニシキ木

昨日チェンソーのソーチェーンを新しく交換しましたが もうカット
する原木が実はない(φ20センチ長さ120センチのが3本残っているだけ)

これではとても薪長者さまには程遠く 一冬を過ごすことは出来ません
ストーブの本格シーズンに入るまえに薪を扱ってる業者さんと知り合い
になっておかなくては

秩父にも何軒か薪屋さんがありますが 家から近くしかも配達もしてくれる
三喜木材さんに 昨日夕方行ってきました
 
 20131001_160431_convert_20131002123415.jpg
 原木置場兼駐車場からのロケーション 南に秩父のシンボル武甲山を
 望み最高の見晴らし

薪ストーブ導入はまだ寒かった今年2月頃から考えていたので 肝心な
薪の供給元もそのころからちゃんと調べておいた
しかし、まだ3月前というのに「今年の薪は完売しました」とHPに
うたってあり よっちゃんが拾い集めた薪のストックがいよいよ無くなって
からでは手遅れになる心配もあります

 20131001_160511_convert_20131002123531.jpg
 こちらはそのやや東側 丸山を最高峰とする外秩父連山
 よっちゃんちはあの山の麓だ

ウチからは秩父盆地中央を流れる荒川を挟んだ秩父市寺尾という場所に
その薪屋さんはあります
本業は餅つき用の臼や杵、木鉢などを製造する会社ですが最近は薪にも
力をいれてます

  20131001_162110_convert_20131002123658.jpg

話しを聞くと
「昨冬はシーズン途中で完売してしまいお客さんに迷惑をかけたので
 今年は薪割りをはやめから頑張って充分な量を確保したつもり」
とおっしゃってました
  
   20131001_160640_convert_20131002123603.jpg

   20131001_161959_convert_20131002123628.jpg

原木で買うか薪になったのを買うか悩みましたが
「ウチは薪を割る手間は値段に転嫁してないので重量当たりの単価は
 どちらも一緒です」
との言葉に今回は薪(40センチ)にすることに決めた
早速軽トラ一台分の薪の配達を頼んでお店をあとにした

せっかくチェンソーも切れるようになり 運動不足解消のためにも
次回は原木も何本か仕入れるつもりです

 
 曲は柳ジョージさん 「さらばミシシッピー」です

  1. 2013/10/02(水) 12:47:12|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェンソーのお手入れ

秋本番を迎える10月の幕開けは 台風21号だか22号の影響で関東も
降ったり止んだりの落ち着かない天気

         20131001_082851_convert_20131001211300.jpg

朝の帰宅時にこのあいだ散歩した辺りを車で通ると 山にたなびく霧が
幻想的だった

 20131001_082743_convert_20131001211229.jpg

それにしても まだほぼ新品のチェンソーの切れ味が悪い 
この前に板塀を解体するときに うっかりオイル切れで無理に杉の柱を切って
しまったためどうも刃(ソーチェーン)が鈍ったと思われる 目立をしても下手
だからだめ 「エ~イ 新しいチェーンに取り替えてみよう」
と、型番をメモってホームセンターで物色しました

あった、あった同じのが 更にその交換用チェーンの棚をよく観察すると堅木用
のチェーンもあった 値段は大分高いが標準品では寿命も短そうなので
思い切ってプラス2000円を出して高い方を買ってきた 
型番の数字表記は同じなので問題ないだろう
(標準品91PX-52E 堅木用91FO-52EC いずれもオレゴン社製)

  20131001_142629_convert_20131001211402.jpg

先ずはカバーとチェーンガイドを外してみた 
「ウッワ すげえやオイルと木くずでこんなに汚れてる」
と爪楊枝やらブラシ、ウエスできれいに掃除し
取説通りに新しいチェーンを装着し チェーンの張を調節して完了
なんだ 簡単じゃん

  20131001_143951_convert_20131001211433.jpg

  20131001_144906_convert_20131001211457.jpg

となれば早速試し切りをしてみたくなるのが人情ってもんだ

ウヒャヒャヒャ なんだこの切れ味は 今までのあの苦労はなんなの?
ってくらいにバリバリと原木に刃が噛み 20センチ以上もある原木が
あっという間にカットできちゃった
10分もかかってやっとひと玉切ってたのが2分もかからなかったよ

 20131001_150402_convert_20131001211517.jpg

そして夕方はこのブログにもリンクしている(餅つきうさぎの合いの手日記)
薪屋さんの三喜木材に連絡をとり薪の購入の下見に行ってきました
明日はその記事です

 今夜の一曲は1986年公開の映画「Stando by Me」より
 ステンバイミー

 ベン・E・キングの歌唱で有名ですが
 今夜はジョン・レノンのカバーでどうぞ

 



  1. 2013/10/01(火) 20:19:09|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (73)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (56)
外食 (3)
お出掛け (32)
考察 (13)
画像 (5)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR