FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

オレの家は着々と秘密基地化してます

どうせさぁ 人生を楽しめるのも精々あと10年か15年ってトコでしょ
その頃はもうタロウは居ないだろうし、ジャッキーだって相当な
オジイサンのはず そしてよっちゃん自身も相当なジジイになってる

だったら今しかないじゃん 
子供の頃に夢見たプロ野球選手や船乗りや怪しい科学者、それに冒険家
歌手や映画スター どれにもなれなかったけれど・・・
子供の頃に夢中になって遊び、それでも遊び足りなかった分を今になって
やったっていいじゃん
「そうだ隠れ家ごっこだ どうせお金の掛かった御殿でもなし、自分の家
 そのものを好きなようにいじっちゃえ」ってんで特に居間は数年前から
いじくり廻してます

で、最近「壁がなぁ どうもイマイチだよ もうちょっとこう田舎家っぽく
山小屋風にしたいなぁ」と、杉板を貼ることにした
杉の無垢材、羽目板をネットで検索、そりゃ節なし赤から節有りまで値段は
ピンキリだがソコソコの板を格安にゲットし、先ずは今日、東側の壁を施工した

相変わらず丸鋸の使い方が下手というか、大雑把で板の端やコンセントの部分
などの加工はいい加減だが、これがいいのよ如何にも自分でやりましたって
感じでさ(*゚▽゚*)

    P1120414_convert_20131122131812.jpg
  白のクロス張りから板壁へ こんな感じ

  P1120811_convert_20140226211847.jpg

  P1120813_convert_20140226211924.jpg


次回の休日で残り分の作業も終了する予定
やっぱりいいなぁ 薪ストーブとのマッチングもバッチシ 
そしてオーディオ、高音が少しデッドな響きだったがこれで大分改善され
ドラムのシンバルやバイオリンが良く響きライブ感が増すと思う

  P1120817_convert_20140226211954.jpg


「日々の暮らしを心から楽しみたい」
還暦間近のオッサンのささやかな夢なのだ~

音楽はZAZ(ザーズ)フランスのシンガーソングライターでよっちゃんは
このハスキーボイスに参ってます

 

2010年彼女のファーストアルバムより一躍彼女をスターダムにのしあげた
「JE veux」邦題は「私の欲しいもの」でした


スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/26(水) 21:03:10|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャイアンみたいなヤツ

昨日ついにもう一台のマイカーが乗り出せるまでに庭の
雪かきが終了した 
でも、もう腰が痛くてまだ半分残っているプロパンガスの
ボンベの掘り出しは中段したまま 今日はのんびり静養する
ことにしました

それでいつものように砂糖水とオレンジの輪切りを野鳥のエサ台に
置いて窓から観察していると
デップリと肥えたヒヨドリPちゃんのエサ場の縄張りに敢然と化して
いることがわかった

P1120805_convert_20140223124049.jpg

そうです、あの大雪の翌日に「エサ台に何にもないぞう」とおねだり
していたヤツ
それは可哀想だと雪をかき分け大変な思いをして野鳥たちの為に
砂糖水やらやらを置いてあげた
そのときも一番に飛んで来て食べると大きな声で「ピピー」って他の
野鳥たちにも教えていたヤツです

さぁこれからがアヤツがジャイアンと命名される所以
それで他のヒヨドリの仲間たちが大挙して飛んで来てもあの大きな体で
追い払うんですよ 
もちろんシジューカラやメジロ、ホオジロなんて目じゃない キジバト
でさえ寄せ付けない
満腹になって何処かへ飛んで行っちゃったよ さぁこの隙にってんで
他の鳥がエサ台にとまった瞬間 バサバサーってもの凄い勢いで飛んで来て
追い掛ける
居ない振りして これがエサ台のちゃんと見える何処かの枝で見張って
いるんだなぁ
 
オマエそんなに意地悪しているとよっちゃんが捕まえて焼き鳥にして
食っちまうど
オイラのお陰でデップリ脂がのって旨そうだしなぁ

そんな観察を続けること2時間 他のPちゃんだって知恵を使います
アベックで来たPちゃん 片方が囮になって追い掛けられてる隙をみて
チャッカリ今朝あげた美味しいオレンジにありついた
あわてて戻ったジャイアンに追い飛ばされると 今度はもう片方の
Pちゃんがチャッカリ戻ってきて食べてます
もう見ていたら可笑しくて ちっとも飽きないんです

P1120808_convert_20140223124128.jpg

  こちらは仲良く日向ぼっこのウチのワン公

 P1120807_convert_20140223124110.jpg

音楽は尾崎亜美さんで「春の予感」です



テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/23(日) 12:42:34|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旨い水

ひなびた田舎の山里でも都会(下流域)に暮らす人たちが絶対に出来ない
贅沢がある ・・・ それは美味しい水道水

 20140222_172938_convert_20140222185204.jpg

えっスイドウスイは水道水でしょ、最近は蛇口から直接その水を飲む人
なんかいないあのカルキっ臭くて しかもすこし鉄錆びの味がする不味い
水のことだよね

そうなんです 確かに下流域の水道水は不味い
以前住んでいた埼玉県の平野部や東京の水道水なんか飲めたもんじゃない
ときどきそちらへ行って水道の水を飲むと「ウゲッ」てなもんだ

でも秩父の水はチガウンダよこれが 
主に市民が飲み水に使用している浦山浄水場は薬品を一切使わない緩速濾過
方式 
これは砂利や藻・微生物を使って水をろ過する方法
秩父道の駅ではこの水の汲み場があり、わざわざ遠方からポリタンクで汲みに
来る人もいるくらいです

 20140222_172927_convert_20140222185242.jpg

そして我が山里 よっちゃんちのすぐ下にある高篠浄水場もやはり緩足濾過
この家を買う時の不動産屋さんのセールスポイントだった
「とにかく蛇口から水を飲んでみて下さい ペットボトルで売っているミネラルウォーター
 に負けないくらい水が美味しいですよ」って
そりゃ下見をしに行ったのは真夏だったから喉も渇いていたけれど
「アリャリャリャ? ホントこの水は旨いな」って思いました

山から流れ出た源流に近いからこそ可能なこの浄水方式
あっちの下水やこっちの工場排水が流れ込む下流域では絶対に薬品を使わなきゃ
上水(浄水)にはならない
金魚や観賞魚を飼うために処理しなきゃならない毒水を使わざるを得ない
下流の人たちに比べ・・・どうだ贅沢ダロ 羨ましいダロ へへのへ

そうだったのかオイラの下手な料理でも水が良いからそれなりに出来ちゃうんかぁ 
コーヒー 水割り そしてお風呂 やっぱり贅沢だよねえ

 20140222_172712_convert_20140222185222.jpg
 さて このトラロープはなんの為に張ってあるのでしょうか?
 答えは最下段で


音楽はラテンロック 1976年日本でも大ヒットしたカルロス・サンタナの曲をジャズで



ヨーロピアン・ジャズトリオの演奏で「Europa」
邦題は「哀愁のヨーロッパ」でした 



クイズの答え・・・雪解け水で朝はこの坂道(私道)がツルッツルに凍り歩けない
           転倒防止のためにこのロープにつかまって下りるんです


そういえば薪ストーブの威力って凄いんです 
大雪から既に一週間が経過した今でも家によっては屋根にまだ雪が残っている
ですが我が家は翌日には南面も北面もすべて屋根から雪が落ちてしまいました
最初はなんでだか解からなかったが 一日中焚いていた薪ストーブのお蔭でした

薪ストーブの熱は遠赤外線 だから瓦屋根を突き抜けて瓦と雪の接触面が早く溶け
ズズズ~って滑ってすぐに落ちちゃったんですね~
一辺に落ちた雪の片付けは大変でしたが 家のつぶれる心配はしなくてすんだよ~


テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/22(土) 19:36:36|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気分は早春の旅人

先週末の大雪以来、家に居る日は来る日も来る日も雪との格闘
が続いてます

でも気分転換にワン公と散歩に出れば これまでに見たことの
ない様な一面の雪景色で 北国(雪国)へ流れついた旅人の様な
気分です

20140219_124527_convert_20140219151729.jpg
今日はいっぱい写真を撮りました 下手な写真の一挙大公開だよ

20140219_123840_convert_20140219151822.jpg

20140219_123742_convert_20140219151759.jpg

散歩しながら頭の中に流れるのは何故かこの歌



吉幾三の「津軽平野」  演歌なんですねえ

20140219_124903_convert_20140219151855.jpg 20140219_124911_convert_20140219151917.jpg

二十四節気では今日、2月19日は雨水 
雪や氷は溶けて水になり 寒いなかにも何処となく春の気配を感じ
られる頃です
スマホでしたが雪景色の写真を撮りながらもよっちゃんはそんな
待ち遠しい春の足音が確かに聞えたように想いました

20140219_125551_convert_20140219151944.jpg

  20140219_125712_convert_20140219152141.jpg

 20140219_130126_convert_20140219152047.jpg

そして散歩から帰ってまた雪片付け
今度は家の裏側 屋根から落ちて窓の上まである雪をなんとかしないと
プロパンガスボンベの交換が配達に来てもできない

20140219_133429_convert_20140219155536.jpg 20140219_140152_convert_20140219152318.jpg

シャツ一枚になりお宝探しの気分で掘り進むこと30分 
オオー
4本並んだガスボンベの最初の1本が見えてきたー

20140219_142708_convert_20140219152433.jpg 20140219_134155_convert_20140219155106.jpg

ジャッキーと猿に見守られ 更にもうⅠ本を掘りだしたところで
今日の作業を終了しましたとさ




テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/19(水) 16:03:16|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

成せば何とか成るもんだね

大雪の翌日、人が歩く幅の雪かきだけはどうにか頑張った
でも、車を出すために必要な雪かきは 半端じゃない雪の量を
見ただけで戦意喪失、気持ちが萎えてしまった

 P1120782_convert_20140217200130.jpg

 20140216_170346_convert_20140217200229.jpg


自然に雪が融けるのを待っていたら 春まで車が出せないよなぁ
と、萎えた気持ちにカツを入れ、昨日の夕方から除雪作業を開始
そして、今日の昼過ぎにやっとのことで作業が終了した

 20140217_100501_convert_20140217200325.jpg

朝の内は雪の表面が凍って硬くなっていたので スコップで割れ目を
入れながら 表面から20㎝を四角く切っては取り除いた
そして下の柔らかい部分は上の写真のように除雪人力ダンプですくっては
下の写真の市道を横切ってガードレールの下の隙間から空き地に捨てる


 20140217_100632_convert_20140217200358.jpg

この単純だが重労働を繰り返すこと数百回 やっと除雪が終わったのだぁ
バンザーイ 

 20140217_105238_convert_20140217200457.jpg
 フ~ イップク・イップク どうですか?ネジリッ鉢巻が似合ってるでしょ

 20140217_123807_convert_20140217200531.jpg

 20140217_123836_convert_20140217200612.jpg

計算したら市道までの除雪は約50m 雪の高さ1m 車の幅が2m
車の方向転換の分も含めたら120㎥ 10tダンプ12台分の雪を
掃かなきゃいけない しかも全て人力だよ
こりゃ無理・無理と思っていたが 気持ちの持ちようで成せば成っちゃう
もんですね

 20140217_141139_convert_20140217200627.jpg

なんせ田舎なもんで一番近いタバコやさんまで4kmもある 普段ならそりゃ
歩いてだって行けますが、この雪道じゃそんな気にはなれません
これでタバコを買いに行けるどう 

午後、4日ぶりに山里を脱出し買い物へ早速夫婦で出かけたが 
下里の県道や国道の除雪もまだまだで、やっと一車線が通行可能な程度だから
すれ違いが出来ず大渋滞だった

音楽は1968年フランス・グルノーブル冬季オリンピックの記録映画で
流れていた「白い恋人たち」



レイモンルフェーブル楽団の演奏でした

男子スキージャンプ競技 葛西選手 銀メダルおめでとうございます


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/17(月) 20:59:03|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人力ラッセル

雪関連の記事が続きます
とにかくこのまま雪を放置していては家から脱出が不可能なので
今日も雪かきを頑張るしかない 

 P1120788_convert_20140216105250.jpg


でも、もう筋肉痛で腕は痛いし 肩も上がらない それに雪を捨てる
場所もない

居間の窓(東)から見える野鳥のエサ台はカラッポなのに 朝から
Pちゃん(ヒヨドリ)が「お腹が空いたよう」と入れ替わり立ち代り
飛んで来てはリンゴの催促をしている
「あそこまではまだ腰まで雪があるけど、よっしゃリンゴと砂糖水を
 持って行ってあげよう」

 P1120796_convert_20140216105049.jpg

P1120801_convert_20140216105126.jpg P1120803_convert_20140216105145.jpg
エサを置いて家の中に戻るともうPちゃんが砂糖水を飲みに来ていました

「もうPちゃんどころじゃないでしょ そんな元気があるなら車庫庭の
 雪を片付けてよ」
カミさんに呆れられながらエサ台まで雪を掻き分けて人間ラッセル移動

「・・・これイケるな スコップはもう筋肉痛で使えないけどこの方法なら
 下の市道まで降りられる脱出路が可能だよカァチャン」
と相成りまして朝からふたりで人力ラッセルの開始(笑)

   P1120798_convert_20140216110222.jpg
玄関を開けたらこんな状態だし 北側は窓の上まで屋根から落ちた雪が
このままでは本当に家の中に閉じ込められたまんまだ
  P1120800_convert_20140216110246.jpg


P1120775_convert_20140216105019.jpg

P1120776_convert_20140216105922.jpg P1120780_convert_20140216110014.jpg

「どりゃ~ この雪のヤロー」と踏んづけて行くがときどきズボッと柔らかいところを
踏み抜いてコケル

 P1120783_convert_20140216204239.jpg
 
 P1120785_convert_20140216110108.jpg

もうヤダ オレはこのままここでイップクだ

 P1120791_convert_20140216110130.jpg

市道までもう少し 人間ブルドーザーのカァチャンガンバッてくれ
はぁいつになったら車が出せるようになるのやら
タバコがあと6本しかない 
このままではゴミ箱を漁りシケモクを吸うという情けないことに
事態はひっ迫しているのだ

音楽は景気付にニール・ヤングで



1970年彼の3枚目のソロアルバム/アフターザゴルドラッシュより「サザンマン」
でした




テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/16(日) 11:29:27|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

オラびっくりの未体験領域

今度の雪は降る前から嫌な予感がしてたんだよ
当初の天気予報は先週の雪ほどは積もらないようなことを言ってたけどね
同じくらいは積もるんじゃないかな~って

14021501.png

ところがどっこい同じどころか倍以上も積もってなんと1メートル超え
こんな雪、生まれてこの方経験がありません
30センチまでは「随分と積もったねえ」とまだ余裕をかましていられるが
先週の50センチで「ここは雪国か?」となり
今回はとうとう100センチ 家や車庫がつぶれるんじゃないかと
それは心配で心配で 

20140215_095006_convert_20140215203121.jpg

20140215_100321_convert_20140215203141.jpg

20140215_101224_2_convert_20140215203200.jpg

雪かきだって人が通れるだけの幅をやるのが精いっぱい 
「やれやれ、これでやっと薪を取りに薪小屋まで行けるぞ」と思ったら 
屋根からドシーンと地響きをあげて塊りが落ちてきて せっかく掃いたところが
全部埋もれてしまった あ~あまた最初からやり直しだぁ
ジャッキーなんかビックラ仰天「おっかないよう」ってんでパニクっちゃって
家の障子は破くし

P1120772_convert_20140215203020.jpg


とても車庫から下の市道までは手がまわらないし、腰以上の高さまである雪を
見ただけで戦意喪失 しばらく家に閉じ込められてしまいそうです

さて音楽はロマンチックにゆ~き~がふる~と口ずさみながら
暫く振りにこの人の声を聴きましょうかね



1963年のアダモの曲「Tombe La Neige」邦題が「雪が降る」
アジアの歌姫テレサ・テンのカバーでした
もうよっちゃんは凍った身体もあっという間にとろけちゃいました

もう一曲今度はジャズで 
この曲は以前CM(ヨーヨーマのチェロ)で流れていたのをご存じの方が多いと
思います



曲名は「リベルタンゴ」アルゼンチンのタンゴの巨匠アストル・ピアソラの名曲です
演奏はヨーロピアン・ジャズトリオでした

明日も雪かきを頑張らないと仕事も買い物にも出られないので飢え死にしてしまいます


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/15(土) 20:23:26|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業そして青春の光と影

さっき更新したブログで聴いたサイモンとガーファンクルで
1967年ダスティ・ホフマン主演の映画「卒業」を思い出した人も
多いかも知れませんね

 P1120767_convert_20140214211516.jpg

The Sounde of Silence こんにちは暗闇、古き友よ と始まるこの歌
その歌詞の意味を改めて今になって考えると、

あの頃の彼らが示唆した通り、現代人の殆んどの人が暗闇(影)の部分は
見ない 
光のあたる部分だけを見て生きているような気がしてきます

この間の朝のTV しかも天下の国営放送の女子アナがピンクのブラウス着て
オリンピック女子ジャンプ競技に出場するメダル有力候補の選手の取材で
現地に行っている解説者に対していきなり 「金メダルは獲れますか~」と
上ずった声で訊いていた

朝飯を食いながら見ていたオレは思わず納豆ご飯を吹き出しそうになってしまったよ
「アホか~オマエは 競技はこれからだろう それを言うなら金メダルが獲れるように
 こっちでも精いっぱい応援してま~す」くらいだろうに

そしてその夜の日本人選手が誰も出場していない別の競技 なんと坦々と清々とした
解説とアナウンスで見やすかったことか

こんなこの国の報道や放送に違和感も覚えず夢中になってTVを見られる人たちが多い
のなら
やはりそれは光の射す明るい部分にしか意識がいってない証拠じゃないでしょうか
光があればその分の影があり暗闇がある
競技をする前からこんなプレッシャーを掛けられたんじゃ選手がお気の毒ってもんです

鋼の心臓でも持ってなきゃ、この大舞台で本当の力を出し切るなんて無理だ
鋼どころか蚤の心臓にも劣るオイラは凡人で良かったなぁ

映画「卒業」で思いだしたのが その2年後に公開された「青春の光と影」
言葉が足りなかったために恋人の命を失ってしまった青年がその虚しさから逃れるために
でた放浪の旅
今でも心の放浪を続けているよっちゃんの忘れられない名画です
首題歌はジュディ・コリンズで映画と同じく「青春の光と影」

 


 
  1. 2014/02/14(金) 20:35:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Sounde of Silence 静寂なる音

また雪が降った でも今日は夜勤明けだから凄く気が楽チン
朝から降り続け 徐々に降り積もる雪を薪ストーブの居間の窓から
眺めている

 P1120768_convert_20140214144926.jpg


この前に積もった雪は随分と融けて 窓から見える南向きの斜面の
畑の土が今朝は少し見えていた 
そう雪が穢れを隠した真っ白な世界にまた現実を見せつけるように

街の喧騒からひっそりと隠れるように 
戦国の世の落ち武者が住み着いたと言う 人家もまばらな山里
こんな日は郵便配達のバイクの音もしやしない
ただ静寂だけが 再びの白い世界を支配している

 P1120764_convert_20140214144842.jpg


なんちゃって よっちゃん 無理しなさんな ボロがでないうちにキザな
表現は止めときまして音楽でも聴きましょう 

 P1120766_convert_20140214144908.jpg



曲はサイモンとガーファンクルで「The Sounde of Silence」



ハロー 暗闇君 僕の古い友達よ また君と話しにきたよ

・・・ ・・・ ・・・

1966年の大ヒット よっちゃんが初めて聞いたのはそれより少しあとの
中学3年生の頃、ビートルズ一色だった当時のポップス界に於いて日本での
その人気は勝るとも劣らない存在でしたし
彼らの曲の詩の意味深さとあのハーモニー、どちらかと言えばよっちゃんは
彼らの方のファンでした

だからもう一曲 「El Condor Pasa」コンドルは飛んで行く

 

こんな雪の日にボーっとしながら聴くのにピッタリです

 P1120763_convert_20140214144813.jpg


  1. 2014/02/14(金) 15:01:18|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハマっちゃった記憶が・・・

もう10年も前ですがこのドラマから韓流ドラマが日本でも大ブレイク
ヨン様~なんて、奥様達がお隣の国のイケメン俳優に夢中になっちゃって
日本男児カタナシだったっけ ここにもいい男ヨン様(yocchann様)が居るのに
ねえ

そしてその3年後にパチンコ機種で登場した冬ソナにハマっていたのがオイラ
ドラマには興味が涌かなかったが これにはハマった記憶が・・・
で、今日はそのオープニングだったかな その曲をジャズピアノでカッチョよく
聴かせてくれるこちらをどうぞ

 

DJ須永辰緒監修の夜ジャズでRomantic jazz Trioが演奏する
「Winter Sonata」です
あまり日本では知られてないですがアメリカのジャズピニスト・ジョン・ディ・マルチーノ
率いるバンドで、確かに原曲もメロドラマらしい切ないメロディなのだが、断然こちらで
聴いた方がお洒落 音楽でもハマっちゃってます

P1120759_convert_20140212222459.jpg P1120757_convert_20140212222437.jpg
車庫下は雪かきを頑張ったが母屋の庭はまだまだ雪がいっぱい

 P1120748_convert_20140212222529.jpg

昨日の夕焼け そして下は今夜 ムーンライトで撮影した庭からの風景です

 P1120760_convert_20140212222623.jpg

 P1120762_convert_20140212222640.jpg

また週末に雪が降るんだって 今度は雪だるまでも作ろうかな


  1. 2014/02/12(水) 22:35:11|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そして雪国

あれほど遠慮したのに降りやがったよ大雪
ほぼ丸一日降り続いて ウチの辺りは最終的に50センチくらいは積もっただろうか

 P1120731_convert_20140210130618.jpg

 P1120737_convert_20140210130845.jpg

本場雪国のひと「そんなの小雪の範疇だ」なんて笑わないでくださいよ
基本的にこの辺は冬は乾季で 雪なんてひと冬に数回しか降らないんですから
それでも同じ埼玉県でも此処秩父のひと達はみんな冬季はスタッドレスタイヤに
履き替えてますけどね

 P1120738_convert_20140210130907.jpg
雪を掃かなきゃ この急坂を下りて市道にでることは出来ない
雪の降り始めた土曜日は4駆のカミさんの車で出勤し帰宅時に下の市道脇の
広くなってるスペースにあらかじめ駐車しておいた

 P1120739_convert_20140210130933.jpg

すでにその帰宅時には30センチ以上の積雪だったがさすが4駆 
最初の除雪は車幅分しかしてなかったがここまで登ってこれました


P1120740_convert_20140210130951.jpg
そして日曜の朝、この雪道を出勤のためによっちゃんはスーパーテクの運転で
駆け下りて行ったのだ

    P1120744_convert_20140210131033.jpg
今日の庇 この雪の塊りが落ちる毎に下に居たジャッキーが悲鳴を上げてました

風邪がやっと治ったと思ったら職場と自宅の雪かきの重労働が待っていた
・・・今度は筋肉痛に悩まされているよっちゃんです

音楽は最初で最後かもしれない演歌



吉幾三さんで「雪国」でした

実はこの曲、よっちゃんのカラオケの十八番(オハコ)でありますが 
最近カラオケはトンとご無沙汰

あの頃のカラオケキャバ嬢・今度の大雪でオラを思い出して追いかけて来て
・・・来るわけないか(笑)





  1. 2014/02/10(月) 13:52:57|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雪は遠慮します

丸まる一週間も風邪で仕事を休んでしまったが明日から出勤できる
と、喜んだのも束の間、今夜半より大雪の予報
一難去ってまた一難 朝から庭の雪かきが待っていそうである

雪かきは最低でも1時間掛かる 家を出る時間から逆算すると
(明日の出勤時間は幸いにシフトでは一番遅い時間 それでも8時です)
いつもより時間に余裕をもって家を出る必要もあるから
ウヒャー6時から作業を開始だ まだ真っ暗だよ

  P1120728_convert_20140207151935.jpg

山にはまだこの前の雪が残っている 30センチも積もったら日陰は春まで
融けない 
此処は埼玉県だけど文化も気候も埼玉じゃない むしろお隣の信州や甲州に
近いような気もするがそれとて奥秩父の2000メートル級の山々が衝立の
ように遮っている 都心からわずか70キロ足らずでもすべて四方を山に囲
まれた辺境の地なのだ~

    P1120730_convert_20140207151955.jpg

枝垂れ紅梅の蕾  早く咲いて欲しいからよっちゃんが歌い掛けて毎日励まして
ます 

曲は初の本格クラシックのご紹介で
ヴィヴァルディ/四季より協奏曲第4番 ヘ短調「冬」です



「春」「夏」「秋」「冬」どれも旋律が素晴らしく綺麗で大好きですが
今回は季節に合わせてのご紹介でした

昔ある電気屋さんでこの四季がタンノイ(イギリスのスピーカーのメーカー)の
大型SPから流れていた 
自分が持つ装置と、その響きの差に圧倒され そのスピーカーとそれを鳴らし切る
アンプが欲しくて欲しくて 
思えばあれからよっちゃんのこっちの道楽も始まった
今、ドイツのエラックというメーカーの小型SPで聴いていますが 当時では
こんな小さなSPでこれほど高解像で、しかも曲のスケールを再現出来るとは
考えられもしなかった

とにかく「音楽を聴こう」と思えるまで風邪が回復したと言うことで
メデタシ メデタシ ついでによっちゃんのオツムもメデタシ メデタシ

  1. 2014/02/07(金) 16:20:38|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人智及ばぬ自然の営み

関東の空気は乾ききっていた そのお蔭でよっちゃんなんか30年振りに
インフルエンザに掛かっちまったよ
でも、もう大丈夫 熱は昨夜から平熱に戻りました

折角春の開花を目指して芽をだしたチューリップや水仙もこの乾ききった土のなかで
脱水症状気味だったけど昨日の雪でひと息つけたかな
溶けた雪が徐々に土に沁みこんでいく 待ってましたと木々や草花たちはこれを機に
芽吹きの春へと目を覚ますんだろう

P1120717_convert_20140205150556.jpg


別に誰が神や仏の存在を信じようが信じまいがどうでも良いし 無神論者だからと言って
神様の罰があたるとも思えません

だが この山里で暮らし
冬の澄んだ夜空を眺め宇宙に想いを馳せ 理解できる程度の天文学や物理学の知識
そして最新の研究者でさえまだ全宇宙の物質で存在を確認できたのはたったの5%
(残りの23%は暗黒物質そして72%が暗黒エネルギー)
などと聞けば
単純なよっちゃんはどうしても この世で起こる現象には全て人智の及ばぬ存在 
神でも仏でも良いですが
大いなる存在の摂理が介在しているとしか思えなくなってしまいます

P1120714_convert_20140205150403.jpg

そうでしょう 
昨日の雪だって列島に寒気が下りてきて南の温かく湿った空気とぶつかり、
それが急激に冷やされて雪になった
この降雪の現象はたったの5%の科学でも説明がつきます
でも
「お天気さん、大地が乾きすぎてこれじゃ春に葉や花が咲かせられないよ
 どうかひと湿りお願いしますよ」と
乾燥に困った関東平野の植物たちが呼んだ などという考えを
アッホらしいと一笑に臥すことが出来ますか 宇宙の95%はまだ何もわかって
ないんですよ

P1120718_convert_20140205150444.jpg

5%の科学で証明出来ないからといって全てを非科学的と否定する考えは
ちょっと狭量すぎて それじゃ人生を楽しめません
「そんなこともあるかも知れないな」の方が人生楽しいよね

P1120708_convert_20140205150250.jpg

P1120711_convert_20140205151051.jpg

今日の写真はすべてそんな気持ちで撮影しました

P1120696_convert_20140205150323.jpg
そしてこの雪を一番喜んだウチの二匹 
「とうちゃんはインフルエンザとやらでちょっとオツムがイカレチマッタぜ」
と夫婦を差し置いて我が家の特等席を朝から独占してました

音楽は五輪真弓さんで



「冬ざれた街」です


テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/05(水) 15:18:17|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立春

昨日が節分で今日が立春 だけど天気は完全に逆転現象で昨日の春の様な
陽気から一転、今日はここ秩父地方は昼前から雪が降ってます

 P1120694_convert_20140204151854.jpg


風邪が少しも良くならないので仕方なく今日は仕事を休んでお医者さんに
行ってきた・・・そしてインフルエンザの検査でまさかの陽性反応

仕事が大好きで頭痛や多少咳が出るくらいなら明日からは這ってでも出社しようと
思っていたよっちゃん(大嘘つきメ) 可哀想に完治するまで出社禁止です

   P1120691_convert_20140204151936.jpg


もうじき始まるんですね冬季オリンピック オリンピックだけでなく各スポーツ競技の鑑賞
そのものは好きなんです

でもこの国のTVを始めとする各メディアのバカバカしく幼稚でアホらしい報道がこれから
ずっと続くかと思うと、ある意味インフルエンザの症状よりもよっちゃんにとって辛く
憂鬱になります

  P1120695_convert_20140204151916.jpg

いいじゃん 何処の国の誰がメダルを獲ったって そんなもん各選手がベストを尽くした
そのあとにオマケみたいにくっついてくる「グリコのおまけ」みたいなもんなんだからさ

メダルを獲れなかったからって 「応援してくれた皆様に申し訳ありません」って泣いて詫びる
ことなんかないぞ~   
好きで始めた競技がたまたま素質があっていつの間にやら大選手でオリンピック代表 

TVみて騒いでるファンなんて君がそうなってから 頼みもしないのに勝手に応援してるだけなんだし
だいたいが
こんな時でもなきゃマイナーな競技なんか普段は見向きもしない連中が殆んど
それで他に好きな選手が出来ればすぐに浮気はするし(笑) サッカーのワールドカップが始まれば
今度はそっちで幼稚な報道見て大騒ぎするだけなんだから

そんな勝手に期待して勝手にがっかりしている連中になんで謝んなきゃならないのさ
君が誰にも恥じないように頑張ったのなら真のファンは納得するさ

で、報道・・・メダルに近い選手ばかりを明らかに特別扱いしたり 「感動感動」と感動の
大安売りと綺麗ごとばかりまくし立てやがる 

政治に限らずスポーツ界だって舞台裏はドロドロで凄まじい陰謀と策略の世界だっちゅうのにな

因みにフィギアスケート女子なんてオラ明らかに日本のエースよりお隣の国の選手の方が
好きだかんね こんなこと書いて 「お前は非国民か?」
ケッ 大日本帝国の時代から この国の国民性は少しも変っちゃいないのさ

音楽はサイモンとガーファンクルで「The Boxer」

 


テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/04(火) 15:51:08|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

節分

今日、節分 暦の上では冬と春を分ける日で今夜あたりは各家庭から
「鬼は外 福は内」との威勢のいい豆まきの声が聞こえてくるでしょう

 P1100644_convert_20140203113753.jpg
 昨年の秩父神社の節分祭

今日の関東地方の気温は4月上旬を想わせるほどに温度が上昇して
ここ秩父も今のところ穏かに晴れわたりすごく暖かいです
でもそれもこの夕方までで第一級の寒波に再び列島は覆われるらしい

そしてよっちゃんは数日前から風邪気味 
薬が効いているときはなんてことないが、鼻の奥が痛み軽い頭痛と
関節のこわばり、悪寒が続き微熱もある
昨日実家で両親の法要があり、それはなんとか参列できたが 
今日再びぶり返し朝から布団に潜り込んでいます

こんな良い天気にもったいないが表に出る気力も湧かない
「赦せタロウにジャッキー トウチャンは君たちの散歩どころじゃないんだよ」

 P1120689_convert_20140203113426.jpg
 ウチの前の山の上空は成田や羽田空港の航路になっているらしく
 長く尾を引いた飛行機雲を残して飛んで行く飛行機が多い


音楽は6月に花嫁になる姪っ子にこの曲をプレゼント
(昨日の会食の席で初めて朗報を聞いたのだ)



ルーサー・ヴァンドロスとマライヤのデュエットで「Endless Love」

早くによっちゃんのすぐ上の兄である父親を亡くし、それでも母娘3人で頑張ってきた
一家
遠くで見守ることしか出来なかったけれど、おいちゃんは凄く嬉しいです
式の当日はうれし泣きの涙を拭く為にバスタオル持参でお祝いに駆け付けるかんな~


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/03(月) 12:10:47|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR