FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

霜月間近

11月も近づいて来ると秩父も霜の降る季節だ
そして今朝 この山里のまだ青い草たちの上を白く染めての初霜

 20141029_080443_convert_20141029104719.jpg

7時半、犬の散歩で坂道を下る 家の周囲はもう朝陽が射してきて陽のぬくもりも
感じられたが 渓谷の方へ下る程に冷気が肌をさしてきます

 20141029_080058_convert_20141029104643.jpg

近所の人と「おはようござんす 今朝は一段と寒いねえ」 「そうよ霜が降りたもん」
などと朝の挨拶を取り交わし 「こらジャッキー そんなとこでオシッコすんじゃねえ」
そのオシッコから白い湯気がたってます(笑) そんな朝のお散歩を30分ほどしてきた

 20141029_080451_convert_20141029104740.jpg

寒い季節の散歩は先ず下り坂を歩きます そうすると帰りは必ず上り坂
辛い坂道をヒィヒィ言いながら 家に帰り着く頃は体が温まってるっちゅう寸法なんだよ

 20131030_071311_convert_20141029105028.jpg

そんな山里田舎暮らしのお楽しみはなんと言っても薪ストーブ 
そしてやはりスローライフとなれば燻製作りにも挑戦してみたくなろうってもんです

だから今、色々とお勉強中 先ずは燻製器を自作するか市販のものを手っ取り早く
買ってしまうか
そして燻製法には冷燻・温燻・熱燻と三種類の方法があるとか
冷燻は生ハムなどがこれにあたるそうだが 日数もかかるし ビギナーには難しそう
豚バラ肉 そして虹鱒あたりの材料を温燻や熱燻で始めるのが無難みたい
イヤイヤ 楽しみがひとつ増えたぞ

 20141024_111155_convert_20141029104548.jpg

上手に出来たら それはもう市販のベーコンなんぞおはなしにならないくらい旨いそうだ
一週間前から仕込みに手間をかけ 朝から煙で燻て燻製作り 
夜になったらそれをツマミに渋いジャズでも聴きながらイッパイ これはたまらんだろうなぁ
そして最終的には猪肉や鹿肉を手に入れて・・・へへへワイルドだぜい
そうそう いくらワイルド的スローライフでもやっぱり熊は遠慮しとこっと(笑)

 曲はチャーリー・ヘイデン(ベース)&ハンク・ジョーンズ(ピアノ)で
 「Going Home」です

 





スポンサーサイト
  1. 2014/10/29(水) 11:16:47|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊は嫌だァァァァ(((((┏ ’ω’)┛

最近、近所で熊の目撃情報あり 
猿や鹿くらいならいいけど、熊はさすがに怖いよう( ̄Д ̄)ノ
でもって今日はおっかなびっくりと山里の外周をロング散歩してきた

途中人気のない山道でクマさんのどんぐり拾いに出くわしたら嫌なので
道路脇のガードレールをワン公のうんち掬い用園芸シャベルでガンガン鳴らし
「クマさんお山に帰ってね」と、祈りながら歩きました(笑)

 20131102_100137_convert_20141024132145.jpg
 これは昨年秋の写真ですが この辺如何にも熊さんが出そうでしょ

鼻がまだ少し詰まっているけれど体調はすこぶる快調 だが、クマと駆けっこ競争
したって勝つ自身は(ヾノ´°ω°)ナイナイ タロウもおじいさんだしなぁ
もしも駆けっこ競争して勝てるのはジャッキーくらいのもんだ
哀れ よっちゃんとタロウはクマの餌食なんて洒落にもなんねえや

まぁそれでクマにも出くわさず5km強の道のりを午前中の2時間をかけて無事に
帰ってこれました

しかし写真を撮影するポイントは毎年似たような場所とアングル
「これってなんだかマンネリかねぇ」と昨年秋のブログを見たりして 違う雰囲気の
写真を少しでも載せようとこれでも工夫したつもりなんですよ
 
 P1130577_convert_20141024131628.jpg
 
 当直明け、8時に帰社するとき、市内はまだ朝霧に包まれていたが 
 帰宅したよっちゃんち周辺は霧の上限高度と同じ高さで朝陽があたっていた

 P1130578_convert_20141024131454.jpg

 20141024_102658_convert_20141024131813.jpg

クマに怯えながら下里まで下る頃には霧もすっかり晴れ渡り 五日振りのお天気
田んぼで干された稲も乾いていく

 20141024_111116_convert_20141024131841.jpg

 濡れ落ち葉 秋風に吹かれても 石にしがみつき 
 ヤダね 定年退職してから「かぁさん カァサン」って奥さんに全面依存している旦那の
 こと 「濡れ落ち葉」って言うんだって

 20141024_113717_convert_20141024131905.jpg

 まぁ風に吹かれてフラフラと気ままに飛んでったまま帰らないのも
 困りモンだけど どのみちお役御免で奥様に頼りにもされなくなったら
 憐れなもんだぞ熟年オジンよ (^皿^)   よっちゃんも気をつけよっと

 曲はアメリカで「A Horse With No Name」(名前のない馬)です

 

  




  1. 2014/10/24(金) 14:07:13|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小雨降る

風邪をひいてしまったので今日は仕事を休ませてもらった
秩父は朝から小雨がずっと降り続き、少し肌寒い
なので一日中薪ストーブを焚き 暖かくしておとなしく養生しておりました

幸い借りてきたDVDもあったので退屈することもなく 元気がでてきたら
もう夕方です
早めのお風呂に入り 火照った体をデッキで冷ました

 P1130559_convert_20141022180155.jpg

そんなことしてるから治りかけの風邪もぶり返すんだ 
でも、日中のお風呂上がりにこれがよっちゃんの最高の贅沢なんです

 P1130563_convert_20141022180336.jpg

本来なら 小雨にけぶる秋の夕暮れ少し前の庭を眺めイッパイでも
ひっかけたいが よっちゃんに休まれたおかげで忙しくしている人の事を思い
それは良心が咎めたのでさすがに( ´ゝ`)無しよ

   P1130561_convert_20141022180228.jpg

ひと雨ごとに木々の色付きが濃くなり、気温が下がっていく今日この頃です

 P1130572_convert_20141022180605.jpg

皆様も風邪など召さぬようお気をつけあそばせまし

   P1130566_convert_20141022180528.jpg

 この曲の似合う季節になってしまいました
 今夜はわずか33歳(1996年)で亡くなったエヴァ・キャシディのヴォーカルで
 「枯葉」です

 




  1. 2014/10/22(水) 18:29:51|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

La Mamma

欲しかったオーディオのアンプが手に入ったことで音楽関連の記事が続きます

今日のタイトル「La Mamma」というシャルル・アズナブール(フランスの歌手)の
この曲を聴いていたら 「おお~ このギターの音色とバイオリン そしてヴォーカルの
なんとリアルで芳醇な響きのことか 聴きたかったのはこの音だよ~ん」と悦に入り
なんだか背中がゾクゾクしてくると思っていたら、今シーズン早くも風邪を引いてしまった

 P1040901_convert_20141020222205.jpg

だから今日はお薬を飲んで炬燵でうつらうつらしながらの一日が過ぎてしまいました

最初はこの歌手 イザベル・ブーレイの歌う「La Mamma」 
 
 

英語どころかフランス語なんてチンプンカンプンなのですが 歌詞を調べてみると
危篤に陥った年老いた母親のもとへ駆けつけた孝行娘や放蕩息子と孫
その今際のベッドに寝た彼女を取り囲む様子を歌った曲です



さて、そのアンプ 最初はドイツ娘のエラックBS243BEというスピーカーに繋いでみました
だけど ???なんだか期待はずれの音 
このスピーカーは元々ソウルノートのSA3.0というアンプに繋いで聴いていました 
このスピーカーの信条はスッキリとタイトでシャープな音色
どうも買ってきたトライオードの300Bの真空管とは相性が合わない感じで
スピーカーのスペックをみたら能率も87db/W(1Wで出せる音の大きさ)だから
わずか8Wのアンプでは駆動力的にも物足りないのかも知れない

そして今度はフランス娘(トライアングル HELIEDE)に繋いでみた
このスピーカーは元々グラマラスな音がするので優しい音色の300Bでは音像が
ぼやけてしまうような気がしたが どっこい相性ピッタンコ
能率も91db/Wとエラックよりは高能率です
でも、まったく肝心なところで風邪なんて引くもんだから まだ音楽ジャンル全てを聴き
込めてませんが、どうもロックはあきません ツェッペリンなどは音がもたついちゃって
一聴した感じではノリについていけない感じがしました

だけどスピーカーとアンプがそれぞれ3台になったことで これからはジャンル別に
ソースを切り替えて聴くことができる 

発想が豊かそうで そうでないのが日本の大手オーディオメーカー
「このアンプやスピーカーなら全ジャンルの音楽を全てソツなく聴かせます」なんてのは
結局音楽ジャンルの音の特性を無視し、音の歪みや響きを数値化したデータだけで作った
としか思えません 

以前から言ってますが大手家電系のメイドインジャパンはつまらない
車もそうだが、数を売ることだけしか考えてないからユーザーの嗜好性に沿った物造りはしない
だから特に嗜好性の強いオーディオ製品は欧米のメーカーに席巻されています
ならば新興の日本のガレージメーカーさんよp(´▽`o)ノ゙ ファイトォ~♪なのだ
 
もっとも ん百万近くもする装置は聴いたことがないから偉そうなことは言えないのですが
オールマイティなんてのは結局「まぁ及第点こんなもんでしょう」の妥協の産物としか
よっちゃんは思えないのだぁ

お別れはご本家 シャルル・アズナブールの「La Mamma」
 
 


ソウルノートもトライオードもそんな日本の大手メーカーに見切りをつけた創業者が
自ら製品の開発も手がける小さなメーカーです

そしてP社・S社を始め各社自ら招いた結果で 売れないとなれば そそくさと
この分野から撤退しちゃいましたとさ





  1. 2014/10/20(月) 23:10:26|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焦りは禁物

一進一退の勝負を重ね、大勝ちしたらあのアンプが欲しい
簿給のよっちゃん、道楽につぎ込めるお金の余裕なんてないし、コツコツへそくりを
貯めたとしても そんなお金はもったいなくて道楽になんか遣えたもんじゃない
そうなればそれは勝負(ギャンブル)してあぶく銭を掴み取るしかありまっしぇん(笑)

 P1100207_convert_20141017143608.jpg
 これは一昨年の10月 秩父ミューズパークの銀杏並木です

そして病気がまた始まった(パチンコ屋さん通い)と奥様に呆れられながらも通い続ける
こと一ヶ月 多少勝ったかと思えば次は凹んでマイナス そんな繰り返しの末についに
怒涛の20連チャン やりましたがなこれで欲しいアンプの資金が調達できたのだぁ

仕事が明けの昨日、また勝負につぎ込みもっと増やそうなどとおバカな色気がおきないうちに
さっさとオーディオ専門店のある都内の町田市まで 片道2時間かけて目的のアンプを買いに
行ってきましたとさ

そして昨夕は早速スピーカーに繋ぎご試聴 三つのスピーカーとの相性を確認しておきました
そして今朝は早よから置き場所に困ったこれも3台のアンプのために棚作り

と、ここまでは順調だったが、一刻も早くゆっくりと新しいアンプの奏でる音を聴きたくて作業を
焦ってしまった
せっかく棚板を載せる角材の手前、こちら側は視覚に入るので見栄えよく斜めにカットしたのに
なんと上下を取り違えてくっつけてしまった 接着剤+ビス止めし棚板も同じように取り付けたあとに
「あれれのレ」もうやり直しはきかず あとのまつりとはまったくこのこと 
「音質には無関係なので まぁいいか」と

 P1130553_convert_20141017143256.jpg

この新しいアンプはやはり真空管アンプで1代目のアンプと同じメーカー(トライオード)です
真空管の球の種類が違うと音の雰囲気もガラッと変わると言われており、今回はその球の
王様と呼ばれる300B仕様 馬力こそないがその音はウォームでまろやか 
本家本元のアメリカウェスタン社製のオリジナル品だとアンプに使用している真空管2本で
よっちゃんのお給料が軽く飛んでいきます
さすがそんな球の付いているのは買えないので トライオードがチャイナのメーカーへOEM
して作らせてる300Bですが、それでもこの球の特徴は充分引き出しており、バイオリンや
ピアノなど、アコースティック楽器の音色はそれはウットリと蕩けるように鳴ってくれました

 P1130557_convert_20141017143327.jpg


奥様が新しいアンプに気付き、嫌味の一言も言われるのは覚悟していたが 
昨夜は一向に気付かず 仕方ないので自分で申告致しましたが 
「アンタも好きねぇ」の一言 お値段を訊かれることもなく無事に片付いてホッと一息

今月は家事の奴隷契約もしていることだし、今夜は旨いもん作って肩もみサービスも付けて
ご機嫌とりをしなくては


今日は三大バイオリン協奏曲のなかからよっちゃんの最も好きな
メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲OP64でお別れです




続きを読む
  1. 2014/10/17(金) 14:46:20|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山里の空たかく

台風シーズンと言えば、ひと昔前までは9月だったような気がする
もう10月も半ばなんだから、無理して来なくてもいいのにな

 P1120111_convert_20141012110447.jpg


ボ~っと山や空を眺めてるのが好きなよっちゃん
ただしい秋の空はやっぱり天まで抜けるように高く青くなくては
それで「山里の空たかく」ときたのですか、実はこれパクリです



チャーリー・ヘイデン&パット・メセニュー「Beyond The Missouri Sky」より
アルバム最後の曲から「Spiritual」です


今年7月に76歳で還らぬ人となってしたまったジャズベーシストの
チャーリー・ヘイデンの名アルバム「ミズーリの空たかく」
1996年にギタリストのパット・メセニューと二人のみ、ベースと
ギターのシンプルな構成で録音し、2000年グラミー賞のジャズ部門で
最優秀賞をとってます
そんな名アルバムとは知らずに数日前に買って来て、いますっかり
ハマッテます

全13曲中のほとんどがベースとギターだけでしかも全曲スローでメロウな
曲構成ですが、深く沈み込むベースの音とハートに染み入るギターの音色

それはただ聞き流してしまえるような音楽ではなくて、聴く者のもっとも深い処にある
ソウル(魂)とやがてシンクロしていきジワジワと感動や郷愁など その人の持つ感性へ
ダイレクトに訴えて、いろんな安らぎが沸きあがってきます
なので聴けば聴くほど味わいが増していきます

ただ、このアルバムを存分に味わうにはウッドベースの引き締まった低音とベースの
ボディが共鳴する(胴鳴り)音の再生 それからアコースティックギターの弦の響きと
弦をスライドする指運びの擦れ音をリアルに再生してくれるそれなりの装置が必要です
この様に単純な楽器構成且つスローな曲の構成は奏者の誤魔化しが効かないので
その実力が問われますが さすがにグラミー賞を受賞したジャズ界のトッププレイヤー
渾身の演奏は彼らの育ったミズーリの空への祈りが深く感じられ時々肌が泡立って
しまいます

 20131217_161450_convert_20141012120206.jpg

 20131117_162100_convert_20141012120046.jpg

 20141010_173034_convert_20141012110529.jpg


今日10月12日(日)は秩父の吉田地区(旧秩父郡吉田町)の龍勢祭り
心配した台風の影響は差ほどなく、抜けるような青空とはいきませんでしたが
竹筒に火薬を詰めた農民ロケットと呼ばれる花火がメインのお祭りです

祭りとは神様を祭る事、元々は吉田の農民たちが豊作と、それをもたらす神、龍神様
への感謝と願いを込めた素朴な祭りと聞きました
「シュゴ~」と音を発し山里の空たかく打ち上げる農民ロケット「龍勢」 
青空だったら長く尾を引く色とりどりの煙がいっそうとすごく映えるんだけどな

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の聖地である秩父 
このアニメのヒロインである幼くして逝ってしまった少女「メンマ」の霊を慰め昇天
させるために幼なじみ達(超平和バスターズ)がドラマの中でこの龍勢を打ち上げます
今でもこのアニメの根強いファンの人たちが最近この祭りに来るようになり
祭りは今年も大賑わいらしいです
そしてひと月半も経てば秩父の夜祭り そして年末の小鹿野町の鉄砲祭りと、今年も
日を追って秋も深まりやがて初冬、年の瀬です




  1. 2014/10/12(日) 11:30:12|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

優雅な山里モーニング

今日は連続ブログ更新
久しぶりの日帰りドライブから一夜明けて(そうだ、昨夜の月食 真っ赤な満月みましたよ)

今朝はカミさんを仕事に送り出したあとは優雅にデッキで朝食を兼ねて朝からイッパイ
冷蔵庫を漁って賞味期限切れに近い油揚げを素焼きにしたり 昨日買ってきた富士山の
お土産などの封を切って チャチャってひと皿に盛り付け

 P1130544_convert_20141009115448.jpg
 朝から贅沢な時間です

今夜は甲州名物のほうとうの予定なのでやはり帰りに買ってきた天然きの子を使い
御汁を作る事前練習で一人前の汁も作った

 P1130549_convert_20141009115608.jpg
  ツマミは全部食べちゃったから朝飯はこのかるくよそったご飯に納豆 
  そしてきの子汁 とこれがホントの一汁一菜

 P1130547_convert_20141009115545.jpg

質素な朝食だけど 外の景色を眺めつつそしてワン公におこぼれ頂戴とたかられながら
これはこれで贅沢な朝のひと時を過ごすことができました

P1130546_convert_20141009115529.jpg P1130545_convert_20141009115509.jpg

こちらに越して来て田舎暮らしを始める前にはこんなこと考えもつかなかったな

 P1130551_convert_20141009115645.jpg

 P1130550_convert_20141009115629.jpg

 20141009_072418_convert_20141009115744.jpg

こちら富士山の湧水ならず、秩父山里の湧水池(笑)

 20141009_071625_convert_20141009115725.jpg
 
デワ また今度
続きを読む
  1. 2014/10/09(木) 12:14:37|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日帰りドライブ

水曜日はウチのカミさん、勤めがお休みで よっちゃんも明けだから前日の晩に
「草津の温泉に行こう」とラインでお誘いしておきました

「ええ~ でもこの前の台風で濡れた玄関先で滑って転び身体中痣だらけだから
 温泉は入りたくない」
と、すげないお返事 
「いやぁ おばぁさんの裸なんて誰も見ないでしょ」とか結構キワどいやり取りのあと
「とにかく草津や白根の紅葉は今が見頃らしいから」と、強引に行くことにし
「明日は朝9時に出発な」とあい成りましたとさ

でも草津までは秩父からだと片道で3時間以上もかかります
可愛いワン子ふたりをろくに散歩もせず 暗くなるまで留守番をさせるのは可哀想で
結局片道2時間ちょっとで行ける富士五湖の山中湖方面に行き先を当日朝、急遽
変更しました

関越でも圏央道でも30分くらいの距離にインターチェンジがあれば何処へ行くにしても
便利なんだけど、秩父からは関越花園ICまで40分 圏央道日高ICまでは1時間も
かかる 例え日帰りでも最低年に2回くらいは夫婦でお出掛けしたいよっちゃんとしては
そこがチト不満です だから高速に乗るとつい、スピードを出し気味 

昨日も中央道の談合坂付近、追い越し車線を快調に飛ばしていると白クラウンが車線を
変えながらイヤァァァァ(((((┏ ’ω’)┛な感じでピタリとついてくるではないか(笑)
よっちゃんの車の前にはプリウスがやはりずっと追い越し車線を走ってたので無理に
かわさず 煽らず適度な車間距離をあけて追走(110~120km)してました

そして中野トンネル辺りに差し掛かったらアホなマークⅡが猛スピードで迫って来た
「┐(´∀`)┌ハイハイどうぞ」と左車線に寄って道を譲ってあげたら そのまま猛スピードで
追い越していった あれは150は出てたな そしたらいきなり白クラウンが追い越し車線に
出てきて ウウウ~って やっぱり覆面パトだったのね
ひぃ~アブネエアブネ~ 
自分も瞬間では140近く出してたので多分前のプリウスと一緒に覆面
ずっとマークされてたはずだよ マークⅡのお陰でギリギリセーフでした
その時掛けてたカーステがジャズのピアノで良かった もしもディープ・パープルの
「ハイウエィスター」かなんかだったら よっちゃんもヤバかった(笑)
みなさーん 高速でもスピードの出しすぎはいけませんよ~

 P1130526_convert_20141009111053.jpg

そして2時間半後 富士の伏流水が湧く忍野八海に無事に到着しました

ここを訪れたのは何十年振り そしてまず驚いたのが池の付近の民家がどれも凄い
佇まいの古民家風豪邸ばっかり 

   P1130519_convert_20141009111217.jpg

   P1130523_convert_20141009111244.jpg
    こんな家で暮らしてみたいよ~

 P1130529_convert_20141009111121.jpg

1時間ほど忍野八海を探索散歩してから山中湖へ

 P1130534_convert_20141009111344.jpg
  紅葉には少し早かったですが さすがにリゾート地 こんな林の中の道も
  ちゃんと歩道が付いている  

 
 P1130532_convert_20141009111317.jpg
  この地に惹かれるのは 秩父とは森の樹相が違う
  秩父は杉や檜の植樹林ばっかりで森が暗いのがイヤ こういう雑木林が羨ましい


 P1130537_convert_20141009111432.jpg
  肝心な富士のお山は雲に隠れていてチョット残念
 P1130538_convert_20141009111515.jpg
 
「なぁ秩父の山里暮らしも良いけれど、こんなリゾートで永住ってのも素敵だねぇ」
なんて車窓から湖岸の景色を楽しみ会話しているとイエローラブを連れたモデルさん
みたいな素敵なおねえさんが その湖岸の歩道を優雅に散歩していたりするでわないか

「でも、ウチのタロウ君は道端の臭いかきばかりして、あのこみたいに頭をスッと上げて
 前を見ながらカッコよく歩かないし ジャッキーなんてあっちにピョンピョンこっちにピョン
 ピョンとリードを引っ張っるから あんなに格好良くお散歩できないね」
「そう まず連れて歩く女性があのモデルさんみたいな人とアンタじゃねぇ」と喉まで
声が出か掛ったが その一言は胸にしまったボクです

 20141008_131801_convert_20141009111551.jpg

それからランチの美味しそうなレストランを探してゆっくり昼食を食べてから帰路につきました



 
 これがディープ・パープルの「ハイウエィスター」です




 
  1. 2014/10/09(木) 11:31:16|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絵を観ながらコーヒー

 P1130509_convert_20141005091600.jpg

毎度お馴染みのよっちゃんちの庭デッキからの絵
自慢できるような植木もなく 借景となっている前の山は名の知れた山でもない
どこにでもありふれたような山里にある我が家です

 P1130515_convert_20141005105347.jpg

お金がないから庭の管理は植木屋さんなどに依頼したこともなく
殆どいちから自分でこの庭を造り 草取りから枝の剪定も全て自分でやっている 
だからそんな何でもない庭でもボクにとっては人一倍の愛着があります


 P1130514_convert_20141005091631.jpg

台風が近づいている今日の午前は「被害がなければ良いんだけど」と、
デッキの庇下でぼうっとコーヒーを飲んでました

 P1130516_convert_20141005091655.jpg

さすがにミンミンゼミは鳴かなくなったけれど、数日前まではまだツクツクボウシが鳴いていた
今日は朝からの雨のせいで峠を下ってくるオートバイのエキゾーストも近所のお出かけの車の
音もせず 聞こえてくるのは唯唯、雨音だけ この静寂がたまりません

  
音楽はショパンの「雨だれのプレリュード」 演奏はアルゲリッチです

     P1100277_convert_20141005110922.jpg
       こんな幸せな日々が一日でも永く続きますように

静寂といえば、最近そんな山里の静寂を破り かみさんの悲鳴が多い
「ギャア~ 蛇よへび~ 爺、玄関にへびがいたぁ」とか、
晩酌も済んで早寝のボクにお休みの(*´・з・`*)チュッ♪にきたジャッキーがそのまま隣の
かみさんのお布団でスヤスヤ 風呂上りでそれに気が付いたかみさんがまた
「キャァ~ あんたなんであたしのお布団で寝てるのよ~」とか   
その度に奴隷のボクは悲鳴で起こされる  


    デワこれからから雨音を聞きながらくイッパイ デス



  1. 2014/10/05(日) 09:50:17|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムワンライクユー

10月になってしまった 恋しい薪ストーブの季節まであと少し
昨夜も「火を焚く?」と ウチの奥様へお許しを乞うたが無下にも
「20℃もあるのに必要ありません」とかる~く却下

数日前オイタが過ぎて「今月は貴女の奴隷」宣言をしてしまったよっちゃんとしては
返す言葉もなく「ハイおっしゃる通りです」と スゴスゴ引き下がらずを得ません

そして、種を蒔いた覚えもないのにお外に子どもができた なんてこと書いたら
みなさんビックリするだろうなぁ 

P1130499_convert_20141002210925.jpg

これは今日やっと名前が解った その蒔いた覚えのない種から花が咲いた庭の草です
ハゼソウって言うんですって そして必ず午後三時頃に咲くからサンジソウとか
花火に似てるからハナビソウとも呼ぶそうです

 P1130500_convert_20141002210949.jpg
 そしてケイトウの種も蒔いた覚えがまったくありませんが何故かデッキ脇に一緒に咲いてる
良かったねえ よっちゃんの隠し子なんて大問題じゃなくて 
まぁそれはワンコや猫には好かれても人間の異性にモテた例のないオイラのことだから
無用の心配ってもんです

 P1130496_convert_20141002211321.jpg

そんな秋風に吹かれて寂しいよっちゃんのおすすめの曲は
「きっと何処かの誰かが貴方の事を好きでいるよ」と歌うシアラ・キベロの
「Mr True Love」です

 

おまけ

 P1130506_convert_20141002211137.jpg

今年の秋の花はオオアタリ これはホトトギス
奴隷をする羽目になったオイタは内緒でやんす




  1. 2014/10/02(木) 21:23:12|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR