FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

アートのある暮らし

  
   P1110253_convert_20150428214445.jpg

今日、やっと注文した絵が届きました。

なに、絵と言ったってリッチな生活とは程遠いウチですから、コピープリントの絵を
飾るのが精一杯です。

 P1140154_convert_20150428214527.jpg

この壁面を眺めていたら「そうだ絵を飾ろう」と、ピンと閃きました。
大体何処のお宅も頂いた額入りの絵などはよく飾ってあったりしりますが、
自分が気に入った絵を買って飾るなんて、なんかオシャレじゃないですか(笑)

そこでネットであれこれ選んでいたら、シャガールもいいし、ミロもすごくいい
絵に関してはまったく無知のよっちゃんです(なんせ中学校の美術では先生に逆らい
その腹いせに通信簿で1をもらったことがある記憶がよみがえった
が、写実的な絵よりもどうも抽象画にカタログを見ていると惹かれます。
現代抽象画の先駆者と言われるワリシー・カンディンスキーなんてその色使いにすごく
惹かれるものがあります。
そして3日も悩んだ挙句「エイヤこれだ」と、選んだのがこの絵

P1140178_convert_20150428214838.jpg P1140179_convert_20150428214853.jpg

有名なのかそうでないのかもわからない「アルフレッド・ゴッケル」という絵描きさんのこの絵
ワイルドパーティⅠとⅡの連作です。
いかにも音楽が聴こえてきそうで色使いも気に入りました。

コピープリントなので絵そのもは安いもんですが、額入りだと一気に値段が何倍にもなります。
そこで、既製の額に納めたんじゃ「なんでも挑戦してみるよっちゃんの名が廃る」ってなもんで
翌日早速額を自作しました。

 P1140168_convert_20150428214645.jpg P1140167_convert_20150428214710.jpg

受注後24時間以内に出荷なんてうたってあったから、翌日には届くと思い待っていましたが、
3日たっても一向に届かず、よくよく検索してみたらなんとシカゴからの空輸便での配達と判明。
毎日カラの額ばかりを眺めてました。

 P1140158_convert_20150428214606.jpg

天井の梁にも登り配線工事しスポットライトまで取り付け、コンパネの板をくり抜いて色を塗り、
アクリルボード、30mm角材で立体的に仕上げ、ベニヤにフェルトを貼った台紙で額を作りました。
しかし、この無骨な額がこのアーバンチックな絵にマッチするのか不安でしたし、
そもそもこのワイルドな居間に似合うのか?とも思いました。

 P1140160_convert_20150428214624.jpg

実際飾ってみて自分では「けっこういいセンスしてるじゃん」と、こんな曲を聴きながら
満足してます。

 P1140184_convert_20150428214935.jpg



キャンディ・ダルファーです


おまけ

 P1140186_convert_20150428214757.jpg

「もう寒くないので君たちは今夜から玄関の土間ですよ」
これがそうとうご不満らしくワンワンヒャンヒャン、本人たちが納得するまではしばらくうるさい日々が
続きます。


スポンサーサイト
  1. 2015/04/28(火) 22:09:52|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玄関アプローチのなが~い階段

玄関へのアプローチ階段
この階段は土と砂利で、段は板を杭で止めただけの簡単なもの
さすがに十年以上も経つと板と杭が腐り、崩れそうになってしまってます。
これまで何度も修繕を重ねましたが、今は通行止めとしてあります。

P1140170_convert_20150423142909.jpg

3月にはコンクリートで階段を作り直す工事を始めようと思っていましたが、近所の
その道のプロ(土建業)がくれたアドバイスでは「この辺はまだ3月は凍ることがあるので
もっと暖かくなってから工事をした方が良い」と教えてくれました。
コンクリートは乾かないうちに凍ってしまうとグズグズになって強度が出ないんだそうなんです。

今日、頼んでおいた砂利が届いたので「よっしゃ、暑くなる前までにイッチョウ大工事をやるぞ」と
よっちゃん張り切ってます。
しかし長い階段だよ~ん 土木工事は重労働なのでよっちゃんおじいさまの体力では
丸一日作業したら翌日は腰痛やらなんやらで確実にダウンだろうな
だから休みの日に半日だけ作業をすると決めて、今日も午前中3段だけやりました。

   P1140171_convert_20150423143026.jpg
    コンクリーが乾いて固まったら この板を取り外す
    さぁちゃんと階段になってくれるでしょうか(笑)


    P1140174_convert_20150423143047.jpg

焦らずのんびりやりますが、すでに階段は通行止めで人が通らないから雑草が生い茂り、
ここだけ見ると無人の廃屋みたいです(笑)
重機なんてあるはずもなく全て人力、だから上に行くほど砂利や生コンを運ぶのが辛そうです。

本職に工事してもらった方が格好よく綺麗に仕上げて貰えることは百も承知、しかし工事代は
少なく見積もっても30万以上は掛かるだろう。
自分でやれば砂利代2立米で2万円未満、セメントの粉がまぁ1万円くらいであと石が必要なら
家の庭にいくらでもごろごろしておりこれはタダ 3万円でお釣りがくるのだよキミ

そんな訳でお金が勿体ないのもあるが、こつこつマイセルフの庭は
「人に自慢するためにあるのではなく、すごく愛着が湧くんです」と
いうのが最大の理由なんですよ。


曲はウエスタンの大御所、ウィリー・ネルソンで



「Always On My Mind」でした


 おまけ

  P1140159_convert_20150423143208.jpg
  
こちらは昨日自作した額 注文した絵を飾るのだが、それは絵が届いてのお楽しみです
さて、よっちゃんどんな絵を飾るのでしょうかねえ?


  1. 2015/04/23(木) 15:05:44|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな方法があったのか!!

睡眠時間はトータルでは充分にとれてるはずだし、ストレスも仕事や私生活では殆ど
感じずマイペースでやってるから体調はすこぶるいいハズ

 20150411_135643_convert_20150418184941.jpg

なのにこの前はだるくて仕事にならず会社で寝ていた。
翌日も夕方まで何もする気になれずに横になっていたら家人が
「お医者さんの指示もなく降圧剤をかってにやめちゃって、もしかして血圧があがってるんじゃないの?」
と、血圧を測ってみたら目ん玉が飛び出そうな200超え
「あらあらこの分じゃ昨日は250はあったはね」と、脅されて即、恥をしのんでお医者さんに血圧の薬を
貰いに行ってきました。

寄る年波と冬と夏が日替わりの気候変動、そして休みの日は朝からオチャケなんぞをかっくらっていた
バチがとうとう当たってしまいました

大事に至らず笑い話で済んでヨカッタよかったヽ(;▽;)ノ
でも嗅覚の喪失は依然と快方の気配もなくて困ってます。
それはワンコのうんち取りには嫌な思いをしなくていいんだけど、すれ違った素敵な女性のカグワしい香りも
お料理の美味しそうな匂いもなんも感じず、それはそれは寂しい思いをしています。

唯々恐ろしいのは聴覚の衰え、
既に筋力の衰えを痛感してちっとも飛ばないゴルフはつまんないから止めて久しいし、もちろん山登りも
最近はタロウもおじいさんになり無理はさせられないのと、自分の体力にも自身がなく行ってません。
これで唯一残った趣味の音楽鑑賞やオーディオ道楽が出来なくなったらもう生きがいがなくなってしまうのだ。

と、そんなわけで「残された時間がどの位あるのか?」と焦りまくり、なんとなく理解していたようで、
実はズブの素人のオーディオ用語(ゲインがどうとか入出力インピーダンスがなんじゃとかそんなこと)を
お勉強していたら、プリイン入力端子のない現行の片方の真空管アンプも改造せずともパワーアンプ単体
として使用できることが判明。

   P1140152_convert_20150418185023.jpg


早速の今日、装置の裏側に回って配線をやり直しラックスマンのプリアンプCL32+トライオードの
TRV-A300SEをパワーアンプ化した組み合わせで試聴してみました。
これまで300SEをプリメインとして聴いていてそれはまろやかな良い音でしたが、どうしてもそのパワー
不足感(出力8Wしかない)が否めませんでした。

パワーアンプ単体としても別に出力8Wが増加するわけでもないのに、今回の配線では300SEの
ボリュームはMAXにし、音量はプリアンプで調整します。
それは車で言えばコーナリングでのグリップ走法とアクセル全開で突っ込むドリフト走法の違いに似て
います。速さはともかくあの派手なドリフト走法は豪快、爽快です。
音量を上げすぎると、エネルギーの影響をモロに受ける高域が歪んでしまいますが、これまでの音量
プラスαくらいではよっちゃんの老齢化した聴力(笑)では殆ど問題なし
逆に低域の解像度は上がりウッドベースの響きが締まり、ギターの高域も多少の歪はむしろライブに近い
リアルさを感じました。

この劇的な音質向上(自分的には)に新たな機器購入などのコストがかからないなんて
もう思わずブログに書きたくなってしまう嬉しい驚きでした。
そして「お勉強だけはいくつになっても出来るんだな」とこれも新鮮な発見が出来たように思いました。
 
                                                       ちゃんちゃん

曲はアート・ティタム&ベン・ウェブスターで



「MY ONE AND ONLY LOVE」でした


トライオードの真空管アンプ、特に10万円台のプリメインアンプはこの価格帯でも音質面では他社の
高価格帯アンプの性能を上回るべく、この価格帯で付加すれば当然ローコスト品を使用せざるを得ない
トーンコントロールやラウドネス機能などを省いており、実質はボリュームだけを加えたパワーアンプの
回路なのだそうである。 
従来のアナログ(レコード)を聴きたいなら別売の昇圧トランスを加えれば良いし
入力インピーダンスの高いCDやDVDなら余計な回路を通さずにダイレクトに信号をパワー回路に送る
シンプル設計 
どうりでごちゃごちゃスイッチは付いているが安物使いの同価格帯のアンプとは比較にならない訳です。

こんなにベタ褒め、宣伝したんだからトライオードの山崎社長さん なんかヽ(´ー` )ノオクレヨン



  1. 2015/04/18(土) 19:07:02|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

招かざる客

二日仕事に行き、次の二日間は明けと公休日のサイクルのよっちゃん
これでもう3回連続でその明け公休をぐずった天気でつぶされてしまっている。

 P1140126_convert_20150415122259.jpg
 食堂カウンターから見える小雨にけぶるこの景色も悪かないが、
  毎日だとさすがにうんざり気味


 P1140128_convert_20150415122421.jpg
 こちらはバーベキューデッキから眺めた昨夕の景色

今日、やっと太陽を拝むことが出来たがそれも束の間、午後は雷雨注意報である。

 P1140139_convert_20150415122516.jpg
 今朝6時前、霧の間から青空が覗いていた。
 谷間を這う霧はさながら龍の吐息のようだ。


 P1140137_convert_20150415124634.jpg

    P1140146_convert_20150415122545.jpg
   野生の生き物は天候の変化に敏感 
   「それ、この短い晴れ間にご馳走の蜜をたらふく吸うぞ」と、野鳥やミツバチが桜に群がった


夜は毎晩10時過ぎまで居間で一緒に過ごすウチのワン公たちだが、寝るのは外の犬小屋デッキ
夜中に庭や隣の畑に何かが来ているらしく、ここひと月くらい前からその正体不明の動物に向かって
吠えるので、うるさくてしょうがない。

正体を突き止めたいのだが、人の気配を察すると闇の中に隠れてしまい判らず仕舞いでした。
「どうせ近所の猫か野生の狸が夜遊びしているんだろう」と思っていましたが、
食欲旺盛なウチのタロウとジャッキー、いつもあげるご飯は完食してるのでオコボレなんかありつける
筈がないし、正体の判らない動物に餌付けなんか絶対イタシマセン。
なのに、なんでお前は毎晩闇夜に紛れてウチに忍び寄ってくるんだよ~

そして昨日朝、その正体が判明しました。
疥癬で毛皮もボロボロになり、体力も尽きたハクビシンかアナグマらしいのが犬小屋デッキではなく
母屋前のバーベキューデッキから這い出て死んでいた。

   20150414_082108_convert_20150415122644.jpg
   デッキ下で息絶えたのか、ここまで這い出て来たのか、はたまたジャッキーが
   引きずり出したかは家人が留守で不明です


妻の出勤とよっちゃんの帰宅のすれ違い時間差は約40分ですが、妻が家を出るときに気付けば
必ずラインで連絡が来ただろう。
よっちゃんが何も知らずに帰宅し、下の車庫から階段上のワン公たちに「ただいま」と声を掛ける。

するとジャッキー(黒い雑種犬)が困ったような顔でこちらを見ているではないか(笑)
(朝、出勤と帰宅ですれ違いのとき、ワン公たちはいつもバーベキューデッキで朝食を摂り、そのまま
 繋いで置く習慣になってます)

「どうしたんジャッキー?」と近寄り、彼が指す鼻先を見たよっちゃん
「うんぎゃ~ なんじゃこりゃあ」

小雨の降るなか急いで新聞紙に包み、近くの空き地に手厚く埋葬してあげました。
その後妻と事の顛末を会話したら、その前の晩(よっちゃんは当直で留守)からその朝に掛けて
それはタロウとジャッキーが異様に吠えて大変だったらしい。
呑気な妻は出がけの置き手紙で「デッキの下に何か居るみたいだよ、昨夜から2匹がうるさ~い」
と知らせてくれただけ、死骸の写真を見せたらやっぱり「うんぎゃ~」と卒倒してました。

  20150414_083521_convert_20150415122659.jpg

以前にも病気の狸がタロウの小屋で寝ていたことがありました(まだジャッキーを飼う前)が、
野生の動物がその死期を前にして、何故我が家をその最後の場所と思いヨタヨタと寄って来るのか
どんなに考えても答えは想像もつきません。
死んだあとにカラスに突っつかれるのが嫌なのでしょうか?

何れにしろ骸は土に還り、魂は空高く天に帰っていく。 浄めの塩を振り両手を合わせて
哀れな動物を小雨のなか、埋葬致しました。

曲は中村由利子さんのピアノでしっとりと

 

Eternityでした





  1. 2015/04/15(水) 10:58:08|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒸しパンを作ってみた

ひと月振りの散髪から帰ってきても、午前中はまだ雨が降っておりワン公との
散歩も行けやしない。

20150411_135232_convert_20150411151207.jpg

ひとりですることがないからホットケーキの粉を使って蒸しパン作りに挑戦してみた。
もちろん蒸しパンなんて作ったことがないのでネットのレシピを参考にしましたが、
そこはホラ失敗を恐れず、なんでもオリジナルにこだわるよっちゃん(笑)
参考にしたレシピにプラスαは忘れません(と言ってもメモも取らないので次に作るときは
中々前回の再現が難しいのだ)

 P1140122_convert_20150411150656.jpg

右のお皿がレシピを参考にした黒糖と味噌、ミルクで練った生地にさつま芋、更に市販の
朝食用お豆を加えた蒸しパン
そして左が完全オリジナルの蒸しパン。家でドリップしたコーヒーとミルク、市販のチョコを
加えて作りました。

P1140118_convert_20150411150715.jpg P1140119_convert_20150411150921.jpg

蒸しパンって粉とミルクなどを混ぜて蒸し器で15分くらい蒸すだけ・・・
イースト菌で発酵させて、しかも時間のかかるパンよりも簡単に作れるから(σ゚∀゚)σイイネ!!
もちろん2種類とも美味しく出来ましたよ

 20150411_140339_convert_20150411150106.jpg

昼過ぎから1週間ぶりに日が差してきたので近所を散歩して来ました。
家の近所はいま花ざかりです。

 20150411_140711_convert_20150411150138.jpg

小さい平屋の我が家は毎年春、その花に埋もれるように建ってます。

  20150411_141628_convert_20150411150522.jpg


音楽は今日もグランパ・エリオット(PlayingForChang)で




「Stand By Me」です



  1. 2015/04/11(土) 15:36:54|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

迷走逆走 行ったり来たり

4月になっての雪は今更驚きもしないが、とにかく寒いのはもういいよ~d(^-')
春の日差しが恋しくてしかたありませんがな(笑)

 20150408_151155_convert_20150410180354.jpg

孫の高校入学式の日である8日、秩父では朝からみぞれ交じりの雪が降り、この山里の
奥山である峠の方は雪化粧となった。

孫はあの峠の向こう、平野部に住んでいるが何れにしろ震えるような寒さの入学式だったに
違いない。付き添いの母親たちもさぞや辛かっただろうが、めでたい特別な日のこんな天気は
「お前の高校入学式の日は寒い日だったよね~」と、後々の語り草になることだろう。

 20150409_145857_convert_20150410180441.jpg

さてと季節の逆行後戻りは迷惑この上ないが、こと趣味の世界ではどのような趣味も迷走するが
よろしいのではないでしょうか。

趣味の世界は迷い道クネクネ行ったり来たり、遠回りすればする程にその道に精通して行くのかも。
よく、最初からその道に詳しい人やショップ店員さんにアドバイスを求めてその言葉通りに従ってしまう
方も見受けますが、なんでも安全第一なんてのはよっちゃんの信条とは相反します。

 20150409_092826_convert_20150410180528.jpg

そりゃ大事なお小遣いやへそくりをはたいてのお買い物、失敗したくない気持ちは理解できますが
急ぐことはないよ、資金が尽きたらまたへそくり貯めて「今度こそ」とやり直しゃいいのよ
殆どを他力本願で迷わずにその目的地に辿りついたところで本人はなんも身に付いちゃないし
感動もないと思いますよ。

例えば山登り ヘリコプターでいきなり頂上に立ったからったってねえ(笑)
そんな方に
「わたしもあの山には登ったことがありますよ。ええっ(°д°)あなたは歩いて登り、しかも遭難しかけ
 たんですか?それは大変でしたねぇ」とか言われても、まぁホンマもんの趣味人からしたら
「フフン」と鼻で笑われるのが関の山ですがな。


音楽はグランパ・エリオットで「シュガースイート」

 

彼はニューオリンズ出身の街頭ミュージシャン 08年に世界の無名ミュージシャンを取り上げた
プレイングフォーチェンジという企画で彼のハーモニカと歌声が世界に紹介され、一躍有名人と
なった人らしいです。
実は先日のブログで貼り付けた「WHAT a Wonderful World」で初めて彼を知りました。
「なんだこの汚いけど(失礼)歌がメチャ味があって陽気なおじいさんは」って
エリオットの場合は趣味ではなく職業そのものですが、彼もとんでもなく遠回りしてきたからこそ
この味わいが滲みでて来るんだろうね



  続きを読む
  1. 2015/04/10(金) 19:16:48|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花冷え

天気図を見ると、前線が列島の南岸に張り付いている。
この前線に向かって北(大陸)の高気圧から冷たい風が吹き降ろしてくるから
気圧配置が崩れるまでは、まだしばらく寒い日が続きそうです。

 P1140094_convert_20150407100839.jpg
  玄関から見える景色

満開となった桜や桃の花も、この辺はまだ蝶や小鳥の蜜吸により行われる受粉が済んでいない
らしく、昨夜の強風や雨にも耐えて花はまだしっかりと枝にしがみつき頑張ってます。

 P1140100_convert_20150407101436.jpg
 下の庭、車庫から

数日ぶりに火を入れた薪ストーブにあたりながら、今日は家の中からお花見をして過ごしましょう。

  P1140106_convert_20150407101732.jpg
  とにかく何処からでも360度、春の花を愛でられる

孫と観ようと思い借りてきたDVD3本中、ひとつ観られなかった作品を今日ひとりでみました。

P1140115_convert_20150407101642.jpg P1140114_convert_20150407101613.jpg

それは2000年の米映画「マイ・ドッグ・スキップ」
原作はミシシッピーの田舎町出身の作家ウィリー・モリスの少年時代の自伝小説
物語の舞台は1942年のミシシッピー、ヤズーという人口一万足らずの小さな町
一人っ子でいじめられっ子の少年と彼の愛犬スキップとの触れ合いをメインに描かれてます。
それは元気いっぱいで賢いスキップの影響でやがて少年が逞しく成長していく物語でした。
何でも簡単に解決してくれるドラえもんよりは、多感な時期の子供に見せたい映画です。

因みに他の2本は以前観て良かった1996年作「グース」
これは環境破壊で親鳥に置き去りにされた雁の卵を孵し、やがてライトプレーン(軽飛行機)
でそのグースたちを越冬地へ導いた彫刻家の実話を基に、映画では14歳の少女がその娘役で
カナダからアメリカまでおよそ1000kmを飛行して連れて行ってます。
親鳥に似せたウルトラライトプレーンとグースたちの飛行シーンが凄くファンタジーで感動的でした。

もう一本は2013年日本映画「ひまわりと子犬の7日間」
農家の老夫婦の元、可愛がられたメスのワン子がある事情で野犬となってしまう。
優しい飼い主の元では信頼していた人間たちに、野良犬になったことで次々に裏切られ
そして仔犬を産んで、親犬になったことで子を守るために凶暴な野犬となってしまう「ひまわり」
やがて保健所に保護されたひまわりと仔犬たちの運命は・・・殺処分までに7日間の時間しか
残されていなかった。
この映画もそれは泣けてしまいました。

と、のほほんブログを書いていたら、ウチの老齢犬タロウが居間で粗そうをしてしまい、
その片付けで30分中断です。
以前なら水が飲みたい時やトイレで外に出たい時はもっとハッキリと主張したのに、今日はそばに
来てモジモジするだけだったので気が付いてやれなかった。
本人もバツが悪いと思っているのか、掃除している自分を情けない顔で見てるのでブツブツ文句を
言いながらも、面と向かって叱ることは止めましたとさ

音楽は晩年のビリーホリーディのピアノ伴奏を務め、彼女に贈った曲「レフト・アローン」の
作曲者マル・ウォルドンが1962年亡くなった彼女に捧げたアルバム「LEFT・ALONE」より
タイトルそのもののレフト・アローンです

 

ジャッキー・マクレーンのアルトサックスは物悲しく響き、マルのピアノは深く深く沈み込んでいく
物思いに耽ける小雨模様の日にお似合いのアルバムです。

  1. 2015/04/07(火) 09:45:46|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンセットに飛行機雲

 20150331_174627_convert_20150403220640.jpg

数日前、仕事で丘の上のホテルにお客様を送る途中、夕焼けがあまりにも見事だった。
空車となって丘を下る時、ちょうど陽が両神山に沈むところだったので、一服を兼ねて
スマホで撮りました。

 20150331_174641_convert_20150403221134.jpg

あの長く尾を引く飛行機の窓からこの夕焼けはどんな風に見えるのかな
きっとその乗客の中には、この曲みたいに恋人と別れを告げて傷心の内にフライト先へ
向かう人も乗っているかも知れない


浜田省吾さんの「ミッドナイトフライト」です

よっちゃん、ロマンチストですねぇ~
でもこの景色はそんな想像を描き立ててくれます。

 P1140035_convert_20150403220805.jpg
 駅の改札で待っていると、お兄ちゃんが妹、弟を連れて電車から下りてきた。

さて、一年ぶりにお泊りに来た孫たち
特に今度小学校最上級生となる孫娘の成長にはビックリしました。
昨年の写真と比較したら、それはもうなんだかスッゴイお姉様

 P1140052_convert_20150403220839.jpg

よっちゃんおじい様、最初の挨拶から緊張なんかしちゃったりして(笑)
わずか一泊二日と短い時間でしたが、やはり子供たちのハイテンションペースは
ご老体には堪え、遊び疲れました。

 P1140046_convert_20150403220735.jpg


また遊びにおいで下さいましね

   P1140056_convert_20150403220920.jpg



  1. 2015/04/03(金) 22:42:17|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (72)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (55)
外食 (3)
お出掛け (29)
考察 (13)
画像 (3)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR