FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

満たされない夏

ハンモックでのうたた寝で見る夢は遠い昔のあの夏の日の出来事たち

少年時代や青年に差し掛かるあの頃、決して満たされることはなかったあの夏の日々

 P1140378_convert_20150529131739.jpg


だから今がどんなに充実した日々でも
記憶の糸を手繰っていくと、そこに何か大事なものを置き忘れてきた様な気がして
いくつになっても心の空洞が埋まらない。

 P1140363_convert_20150529131933.jpg

  P1140356_convert_20150529131840.jpg

 P1140371_convert_20150529131953.jpg

 薪の原木用に貰った胡桃の木、真が空洞のがあったので昨日苦労して縦に裂き
 プランターを2ケ作った


  P1140354_convert_20150529132423.jpg

 P1140375_convert_20150529132029.jpg

 昼はトースト2枚とスクランブルエッグ、アルコール飲みすぎ注意報が発令されたので
 今日はミルク



曲はそんな遠い昔の夏に聴き、今でもこの曲でよっちゃんの夏が始まる



オールマンブラザースバンドの「エリザベス・リードの追憶」でした


スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 13:42:51|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日の作品

半分の幅に解体されたウッドデッキの廃材を使ってヘタの横好き(笑)
今日も工作のお時間です。

 「男がガーデンニングをするからには、お店で買ってきた飾り類よりはやはり
 自作してオリジナリティに拘りたい」

との思いからウェルカムボードや飾り巣箱などを次々に適当な廃材を見繕って
きては作っています。

そうなんですよ、工作で必要な板や角材などの資材類の余った端切れは
いつも捨てずに取っておくし、解体して出た廃材もいつも
「何かに再利用してやろうではないか」と、大事に取っておく貧乏性のよっちゃん
なんです。

 P1140323_convert_20150524191802.jpg

今回の挑戦は「荷車風プランター入れ」と、この前ベンチに改造したテーブルの
ひとり掛け椅子のお化粧直し

P1140324_convert_20150524191843.jpg P1140325_convert_20150524191902.jpg
椅子は最初腰掛ける部分をくすんだブルーに調色して塗ったがどうも
さえないので、あずき色に調色したものを上塗りしなおした。
オイルステンで塗った縦の丸棒部とあずき色のマッチングが素敵な椅子に
生まれ変わったぞ。


 P1140328_convert_20150524191937.jpg

車は薪の原木丸太(胡桃の木)を3センチ幅にのこぎりで切り落として作り
あとは冒頭の通りこの前の廃材の再利用だし、塗料も手持ちの色を混ぜ
合わせてこの色(あずき色)に調色しました。

 P1140331_convert_20150524192011.jpg

 P1140337_convert_20150524192054.jpg

 P1140336_convert_20150524192203.jpg

プランターや鉢植えの花に囲まれて
「まるで軽井沢や清里の高原リゾートカフェみたいだよ」
ご満悦も、放っておいた畑や裏庭がすでに草ぼうぼうになっている
明日はその草刈や草むしりで汗を流します。

 P1140341_convert_20150524192637.jpg

            P1140342_convert_20150524192655.jpg

昨年までは甘い匂いで気が付いた忍冬(スイカズラ)の花も今年は嗅覚失調で
視覚だけのお楽しみ。その忍冬の隣にはワイルドベリーの花が咲いている裏庭
です。


曲は中村由利子さんで「ディア・グリーン・フィールド」

 




  1. 2015/05/24(日) 20:12:01|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

この一杯を飲むために

ひと月に及んだ庭の改修工事が今日終了しました。
これからは季節の花を植えてガーデニングを楽しみましょう。

 P1140318_convert_20150521182425.jpg

この庭はよっちゃんのナチュラルでビオトープそしてヒーリング(癒し)のガーデンなのだ

参考にする為にガーデニング自慢の庭をネットで検索して拝見すると、必ずと行ってよい程に
庭と、その外側との境界には塀や垣根が張り廻らされています。
確かにその塀もガーデニングに凝ったお宅ではお洒落な外観にこだわってますが、文字通り
この塀のせいでそこだけの聖域感、外の世界と遮断された世界のように感じるのはボクだけ
でしょうか?
敷地の制限もあり、街の景観に鈍感なこの国の市街地でガーデニングをするには
それは仕方がないのかも知れませんね。

 P1140307_convert_20150521182317.jpg

 P1140301_convert_20150521182158.jpg

 P1140302_convert_20150521182249.jpg

P1140294_convert_20150521182005.jpg P1140297_convert_20150521182037.jpg
うれしそうにビールをグラスに注いでますねぇ 
この一杯のためにひと月の工事を頑張ってきた 今が至福のときなのだ


P1140303_convert_20150521182126.jpg P1140300_convert_20150521182110.jpg
こだわりだすとゴミ箱もダンボールじゃ赦せなくなり、この前自作した絵の額の残りの
コンパネ板を使ってダストボックスを作りました
睡蓮鉢は以前骨董屋でなにかを買った時のおまけで貰ったもの
ワン公が散歩から帰って来た時の水飲み用で、メダカを5匹とホテイアオイを買ってきた


その辺り、田舎はいいですよ~・・・よっちゃんの庭、お気に入りの場所からグルリと見回しても
外界との境界線は何も見えません。そして東も西も南側も山と緑の森だけ(笑)
世界の中心(自己中)で考えればこの庭の延長があの山なんです。
わざわざビオトープを意識しなくても野鳥はやってくるしトンボや蝶もやって来る

でも水場があるとその生き物たちにもやすらぎの場を与えられるし、ただボウっと庭にいて
それを観察するのも好きなんです。

 P1140322_convert_20150521182526.jpg
 今年も愛鳥週間に地元の高校、野鳥クラブの生徒が作った巣箱を頂いた
 画面中央のモミジの木に掛けました


曲はジェシ・コリンヤングで「ソングバード」です

 

  1. 2015/05/21(木) 19:06:01|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幸せの黄色いベンチ

庭の改修工事をしていると、今度は新しいガーデンデッキに置く二人がけのベンチが
欲しくなってきた。

 P1140293_convert_20150520203309.jpg
 ペンキ塗りや雨トヨの取り付けくらいは自分で出来ます

ホームセンターなどを物色していると、ある店でデザインも悪かないのが、初夏セール
とやらで安く売っていた。
資材費などで出費が嵩んでいたが、ここまで弄ったついでだからと購入を決意した翌朝の
ことです。
その朝は5時に目覚め、6時にはもう作業を開始していました。

それは四半世紀前によっちゃんが初めて家を新築した際に購入した思い出の食堂テーブルの
解体作業だった。

 P1140273_convert_20150520203212.jpg

ここ、秩父の山里に小さな家を購入し越して来るときに
「今度の家は狭いから」と、ほとんどの家具や本にレコード、果ては大事なオーディオ装置までも
軽トラでゆうに10台は処分した。
でも、このテーブルだけは「家の中に置けなくとも何かの使い道があるハズだ」と妻にブツブツ
言われながらも捨てられずに運んできたのだった。

四半世紀前、この前載せた孫べぇくらいの年齢だった二人の子供たち・・・
誕生日やクリスマスの度に切り分けたケーキを「こっちの方が大きい」と、取り合いの喧嘩を必ず
していたっけ。そんな思い出の詰まったテーブルもここでは結局大した使い道もなく、半分雨ざらし
で10年以上も放置されついに粗大ゴミの運命です。

しか~し、泣く泣く解体しているうちに
「あれ?この構造はもしかしたら欲しかったガーデンベンチに改造できるかも」と、転んでもタダでは
起きないのがよっちゃんの凄いトコ(笑)

そんなわけで今日、ガーデンベンチへと改造を施しましたよ~ん

 P1140275_convert_20150520203353.jpg
 天板をほぼ半分に切り分けて座る部分と背もたれに改造
 色はよっちゃんのハッピーカラーである黄色とオレンジを混ぜ合わせました


P1140284_convert_20150520203439.jpg P1140281_convert_20150520203419.jpg
 要所は角材で補強を施してあるから頑丈でしかも重い

あどけなかったあの少年(次男)、いまや親バカですがよっちゃんも惚れぼれする程にテキパキと
職人の仕事をこなすのを目の当たりにし、四半世紀の長い時と、粗大ゴミ寸前のテーブルに
自分を重ね見てしまいます。
でも、ホラこんな素敵なベンチに生まれ変わり「まだまだオイラだってイケてるぜい」と、
3月26日のこのブログ記事(スローな暮らしで見えてくるもの)で書いた山里暮らしを決意した理由
「俺はこんな風に生きたかったわけじゃない」の答えがひとつ見つかったような気がします。

曲はカーリー・サイモンで「虚ろな愛」

 



 
  1. 2015/05/20(水) 20:50:32|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

庭にいます

今の季節は蚊もまだいないし、庭で過ごすのが清々しくてとても気持良い時期です。
そして玄関アプローチの階段造りでガーデニング魂に火が付いたよっちゃんは
いまガーデニングに夢中になっている。

昨日なんて朝ごはんを食べてから犬の散歩に引き続き植木の剪定から草むしり
そして自作のウェルカムボード2枚目やコンテナ作りと暗くなるまで一歩も家の中に
入らず外作業の連続でした。

    P1140268_convert_20150517202600.jpg

 P1140258_convert_20150517202451.jpg
  依然ここで中学生の頃に美術の先生に反抗し通信簿で1を貰ったと書いたが、
  どうもそれは勘違いで、よっちゃんの絵の実力そのものが1の実力だったのかも(笑)
  「腰の曲がったじいさんぽいのが一応よっちゃん、手に持っているのはレーキ
   右のリボンのおねいさんはウチの奥様で園芸用ショベルを持ってます」と
  解説が必要ですね 
  コンパネに手持ちのペンキの色3色と線は先を尖らせてカットした端材板で
  描きました。


   P1140267_convert_20150517202628.jpg
   市販のプラスチックのコンテナの方が丈夫で長持ちですが、ガーデニングに
   凝りだしたら質感が許せない。かと言って高い陶器製の器も自分の信条に反する
   だから余った板切れで作りましたが寿命は長くて2シーズン、3シーズン(3年)もったら
   ほとんど奇跡か
   でもこんなの30分で作れるのだから、腐ったらまた作ればいいのよ


今日は今月2度目の次男坊の助太刀で庇を作った。
いや、これはほとんど倅ひとりの仕事でよっちゃんは雑用と監督でした。
あとはこの庇の下の地面にコンクリートをうてば、先月から続いた庭の大改修も終わります。

      P1140257_convert_20150517205233.jpg

 P1140260_convert_20150517205157.jpg

配置と寸法の変わったウッドデッキや新たなガーデンテラス、そしてコンテナの植栽や
妻の育てているバラの鉢の置き場変更やブキッチョなオブジェの製作などなど、
しばらくはガーデニングに夢中だから、よっちゃんの夏の居場所は
「庭にいます」なんです

曲はジェシ・コリンヤングの「Sunlight」です

 







 
  1. 2015/05/17(日) 21:11:48|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ボクは小心者の異端児

恥をしのんでカミングアウトしよう 「ボクは小心者の異端者です」

 P1140220_convert_20150512215513.jpg


森羅万象、自然の法則では進化や進歩は全て異端のモノがもたらしている事に
フト気が付いた。

この星に最初に生命が誕生したのが40億年前という。
それから気の遠くなるような時間を経て、初期の単細胞生物から1000万種とも
言われる多様な生物が現在この星に生息しているが、その進化の歴史は必ずそれまでの
種から異端のモノが現れては新しい環境に適応して進化してきた。

「なんだアイツの前足は?おかしなもん付けやがって」と、従来の種から笑われて足を翼にした
モノがやがて空を飛ぶ
「なんだお前らいつまでも地べた這ってんじゃねえよ」と空を舞う自由を得て逆に古い種を見下ろす。

人間社会だっていつの世も必ず異端者が現れては社会の常識を変えてきた。

でも、その最初の異端のモノが生きているうちに報われることは少ない。

人間の社会で異端の者が声高らかにその主張を述べ何かを変えようとしたら、必ずその時代の覇者
である正統派や保守的な権力と戦い続けねばならない。
それはもの凄い勇気とエネルギーが要ることでその異端の者に安らぐ暇など与えられないだろう。
だから「それでも地球は回っている」と言ったコペルニクスやガリレオは偉かったが果たして彼らは
幸せだったのだろうか?

 P1140244_convert_20150512215624.jpg
 トウチャン早く散歩に連れて行ってくれないかな~

P1140246_convert_20150512215656.jpg P1140248_convert_20150512215728.jpg
 もう待ちきれないよ、早く散歩に連れてけぇ~

と、まぁ同じ異端者的な考え方をするよっちゃんでも、そのオツムはまったくの凡人だからして
とてもじゃないが社会を敵に廻してまでも戦おうなどと大それたことは考えないしその勇気もない。
小心者の異端児なのであります。

若い頃は天邪鬼とも言えるこの性格で苦労をした。だが結局いつも世に抗いきれず、何処か冷め
ながら適当に妥協してはやり過ごしてきた小心者なんです。
それがもうすぐ還暦ですよ。還暦と言えば現代社会では定年の年齢
「貴方はもう社会(会社)では用無しですよ」の烙印を押されてしまうんですね~(笑)

 P1140251_convert_20150512215805.jpg
 貰った薪用の原木が小山ほどになった。チェンソーで玉切りしなければいけないが
 これが重労働ですぐに腰が痛くなる。
 この前解体したデッキの端材であん馬台をいい加減に作ってみたがこれなら
 腰を伸ばしたまま作業ができるので作業もはかどるだろう。


             P1140256_convert_20150512221035.jpg
      壊れたら使いにくいところも改良して今度はちゃんとしたのを作るつもり(笑)
      自己流はこうして失敗を繰り返しつつちょっとずつ進歩していく



「そうかいそうかい、そちらがそうおっしゃるのならもうボク、世間のことなんて気にしなくて自由気ままに
していいのね」と、これでやっと世間体やらを気にして自らは切れなかった凧の糸を切ることが出来るから
還暦万歳かも知れない。

何処かの母親が子供に「この線からはみ出さない様に上手に色を塗るのよ」と、ぬり絵を教える。
子供がその線から大きくはみだして、しかもとんでもない色を塗ったのを見てがっかりする母親
しかし、その子にはとんでもない感性が実は秘められていた事を線からはみ出さない事にしか価値を
理解できない母親には見い出せない。
ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!哀しい また才能がひとつ潰されていく~

曲はノラ・ジョーンズの「You Don't Know Me」





  1. 2015/05/12(火) 22:30:37|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝 ウェルカムロード完成

日数にして10日間、休日の度にひとりでコツコツ作業し述べ50時間に及ぶ
大工事が遂に完了した。
バンザ~イ

 P1140210_convert_20150509134204.jpg
 工事を始めた先月20日頃、まだツボミだったモッコウバラも
 今は満開に咲いて、工事の無事終了を祝福してくれてます


 P1140213_convert_20150509134239.jpg
 昨日と今日の午前中、最後の3段を仕上げた

疲れ果てた身体で晩酌が終わると
「オバァ来い!!」と布団にうつ伏せになり腰を揉んでもらう毎日(笑)
「犬っころを呼ぶみたいにひとを呼ばないでよ(`ヘ´) プンプン」と、呆れられながら腰を
妻にさすってもらったが、体重は3kgも絞ることが出来てこれはうれしい誤算です。

    P1140224_convert_20150509134350.jpg
     庭のすみに柄が折れ打ち捨てられたスコップが転がっていたので
     ショベルの部分をペーパーで磨き、柄はテープでつないで再利用
     錆色が渋いウェルカムボードを自作し、バーゴラの横に置きました


         P1140227_convert_20150509134524.jpg
 
工事の合間の息抜きに

   P1130810_convert_20150509141416.jpg

昨年暮れに拾ってきたカエデの枝に寄せ植えを施す
 
  P1140221_convert_20150509134550.jpg

夜はこんな感じになります

 P1140233_convert_20150509195341.jpg

 P1140242_convert_20150509195909.jpg



曲は柳ジョージで



「青い瞳のステラ 1962年夏・・・」でした



  1. 2015/05/09(土) 14:35:52|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

子どもの日、孫のアルバイト

庭も、修繕や解体をしなければいけないところがあっちにもこっちにもあって、よっちゃん
ご老体の単独作業では追いつきません。
今日はウッドデッキの腐った部分の解体撤去を大工の次男に頼んでおいたのだが、
意外にも頼もしい助っ人が応援に来てくれた。

 P1140196_convert_20150505193322.jpg

それは小4になった次男夫婦の末っ子、よっちゃんの孫べえです。

P1140199_convert_20150505193418.jpg P1140201_convert_20150505193439.jpg
  倅のインパクトドライバーを借りてのビス抜きや撤去後のデッキがあった部分への
  砂利運びなど、それは一生懸命良く働いてくれました。

 P1140208_convert_20150505193530.jpg

これでは次男への日当以外に、孫へ特別バイト料金をはずまないわけにはいきませんね。
そして、アルバイト代を貰った孫は嬉しそうに夕方帰って行きました。

玄関アプローチ階段の工事がもう少しで終わる、そうしたら今度はこのデッキのあった部分の
モルタル打ち、そして日除けの庇作りとしなければならない工事が目白押しにある。
だから休日の夜は夕飯を食べたら8時にはもうバタンキューとおやすみ☆GOODNIGHT☆(;д;)
なんです。


  1. 2015/05/05(火) 19:59:30|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

混沌(カオス)

 P1140194_convert_20150430201734.jpg
 野山はいつの間にかすっかり新緑の季節を迎えた 
 作業を終える頃夕日を浴びた山が初夏の風に吹かれ、哂っていた


数日前から始めた玄関へのアプローチ階段の工事、
レンガなどを使ってきっちりと仕上げる方法も考えたが、そのレンガがどの位必要なのか
ざっと計算したら少なく見積もっても300ケはいる。
きっちり整然と積まれたレンガの階段はさぞや美しいだろう。
が、ひとつひとつを積み上げる手間の重労働や嵩む資材費を考えたら「やーめた」と
なりました(笑)

 P1140188_convert_20150430201813.jpg

そして取り掛かったのが寸法は測らず「直角・水平にアール?そんなのカンケェねえ 強度だけ
ありゃいいのよ」と、捏ねた生コンをなびっていく実にいい加減な工法

   P1140187_convert_20150430202040.jpg

火星と木星の間に存在する無数の小惑星の軌道を、それは一定の物理の法則で寸分たがわず
計算できる現代の科学力。
だが、わずか数メートルの高さのこづ枝の先にある桜の花びらが地面の何処に着地するか?
なんて計算は世界一のスーパーコンピューターをもってしてもおそらく不可能だと思う。

遥か宇宙の非現実的な問題よりも我々が暮らすこの地球の地面の上のこと(現実)も大して
分かっちゃいない。

 P1140193_convert_20150430202125.jpg

「そうさテーマは混沌(カオス)・・・これがオイラの庭の哲学でぇ」と、
何でもキッチリ仕上げないと気がすまない几帳面な人や、それは綺麗に仕上げる職人さんに
対する言い訳を、砂にセメント・砂利と水を生コン用のフネで汗をナガシながしコネコネしながら
考えていたよっちゃんです。

   P1140190_convert_20150430201945.jpg

作業は最終段までまだ半分程度、とりあえずコンクリートを全部打ち終えてから細かいところの
仕上げをします。
きっちり綺麗に仕上がったおニューな感じよりも、最初から何度も何度も修繕され味わいのある
古道の様な感じに仕上げたい。ってかそんな風にしか造れないのだ(笑)

曲はショーケンで「Angel」

 



  1. 2015/05/01(金) 01:00:00|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (73)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (56)
外食 (3)
お出掛け (32)
考察 (13)
画像 (5)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR