FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

夏は

今年も今日で半分が過ぎた。
歳を取るほどに月日の経つのが早く感じてしまう。

 P1140574_convert_20150630192628.jpg

午前中に家周りの雑草を草刈り機でやっつけて、花の終わったサツキはヘッジトリマーで
綺麗に刈り込んで汗を流した。
 
 P1140568_convert_20150630192653.jpg

 P1140570_convert_20150630192709.jpg
  裏庭の草刈をしているとワイルドベリーの実が熟していた
  一番大きいのを一粒だけつまんで、あとは野鳥のために残しておいた


その褒美はもちろんキンキンに冷やしたジョッキでのビール
こざっぱりとした庭を眺めながらのビールのうまいこと・・・つまみは家で採れたキューリ
一本に塩をふってかじりつく
やがてほろ酔いでハンモックに寝転べば今日も一日が過ぎていく。

 P1140571_convert_20150630192738.jpg

明日から7月 薪の原木はまだ庭に積み上げたまま手付かず・・・
山里スローライフの夏、うまいビールを飲むためのネタに事欠くことはないのだ。


曲はアート・タータム&ベン・ウェブスターで

 

「Gone With The Wind」(風とともに去りぬ)でした


スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 19:07:13|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森のゲェージュツ家Ⅱ

犬たちとの散歩で林の中に捨てられていた錆びて柄の先が折れてるスコップを見つけ、
そんなモノをまた拾ってきちゃったよ。

 P1140565_convert_20150622191106.jpg
  わ~いキュウリが明日には収穫できそうだぞ

最近は骨董屋さん巡りも多く、お店の壁に掛けてあったオリエンタルな魔除けの面
にインスパイアーされ 「これはあの拾ってきたスコップで作れるかも?」と、
又々ゲェージュツ家魂に火が付いたのであります。

 P1140551_convert_20150622190844.jpg

材料は家にある不要なスクラップとペイントだけは派手にしなければいけないから
作業をお店の開店時間に合わせて中断し、赤と黒のペンキを買い足し、更に細かい
ペイント作業用の刷毛も購入してきた。

 P1140558_convert_20150622190902.jpg
 マジックでコワ~イ目や口を描いてグラインダーで削っている作業

角に耳はカラー鋼板をカット、うっかり触って指を切らないようにエッジを折り曲げてカシメ処理
牙は先っぽを鋭利に尖らせたまま接着剤で貼り付け。
ウチの畑から出てきた土と錆だらけの大きなボルトとナットはヤスリと歯ブラシで掃除して鼻にし、

 P1140550_convert_20150622190816.jpg

目ん玉はビー玉を使用して髪の毛と髭はやはり柄が折れて使わないホウキを利用。
「本当によくもまぁこれだけの廃材を集め、アイデアが思い付くもんだ」と、我ながら感心

そしてやはりペイント作業が一番面白かった。
魔除けの面はやってきた悪魔や悪霊が
「ウンギャ~!!オレ様より強そうでおっかない奴がいるよう」と、逃げ出すから魔除けなので
ある。

 P1140560_convert_20150622190957.jpg

しかし、出来上がってみたらなんだかオッカナカワイイლ(╹◡╹ლ)顔になってしまった。

 P1140561_convert_20150622191024.jpg
  魔除けのお面のお隣には骨董屋巡りで欲しかった背負子をゲット、この壁はすっかりと
  よっちゃんギャラリーとなってしまいました


そして今日のオチ・・・・タローとジャッキーがよっちゃんの傍に来て耳打ちしました。
「父ちゃんトウチャン、大丈夫だよウチには怒ると鬼よりオッカナイ
 顔のかぁちゃんが居るじゃん!!」

だってさ

曲はツェッペリンで

 

「Stairway to Heaven」邦題では天国への階段です


  1. 2015/06/22(月) 20:06:51|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨の日の楽しみ方

この季節、梅雨時は毎日ジメジメシトシト鬱陶しくてダーイヾ(*'ω'*)ノキライッという人が多い。
でもよっちゃんはこの季節だけのお楽しみもあるから結構好きです・・・雨の日が。

  P1140533_convert_20150618094727.jpg
  玄関脇の植え込みの木を思い切って斬ったが妻の命令で
  「シャラの木だけは残しておいて」
  そのシャラ(夏椿)の白い花が一輪づつ咲いては一晩で散っていく


毎度5時半に起床してワンコが朝飯を食べてるのを横目にコーヒーを飲みながら早朝の雨
(ケッコーどしゃ降り)の景色を楽しみつつ、傘をさして朝刊を取りに庭を一周。

  P1140539_convert_20150618094850.jpg

  P1140540_convert_20150618100129.jpg
  春先に困難な工事をやり遂げたアプローチ階段、そのコンクリート際には
  もうこんなにドクダミが


  P1140543_convert_20150618095715.jpg
  ナチュラルガーデンっつったって、もう少し可憐な雑草でも生えてきてくれないもんかね
  しかしまぁよく見ればこの白い花もそれはそれでけっこう可愛いかも


外に薄着でずっといると少し肌寒い山里の朝、一枚長袖でも羽織れば済むことだが、
先日導入後2シーズンを経て初の本格的煙突掃除をした薪ストーブに久しぶりに火をいれて
ちょっと贅沢気分。

  P1140461_convert_20150618094643.jpg

  P1140548_convert_20150618094918.jpg

そして更に贅沢なことにこれから昼風呂でも沸かして入浴し、後は軒下のハンモックで優雅に
読書してお昼寝をするのだ。

  20150607_073137_convert_20150615103422.jpg
  
  美観にも多少のこだわりを持つよっちゃん、コンクリートの縁の処理が気に入らず
  雨降って地固まるの如く濡らすと固まる土「まさ王」クンを昨日の雨の合間に施工した


  P1140535_convert_20150618094746.jpg
   
                                                
そろそろお風呂が沸いたのでデワデワみなさまごきげんよう

  P1140536_convert_20150618094808.jpg

  よっちゃんの骨董ギャラリー
  増えたのは「頚木」(くびき)というむかし農耕用の牛に田畑を耕させる時に使用した道具
  首から肩に結び、ロープの先を鋤に繋ぐための道具です。
  農家だったよっちゃんの実家でも牛がいた記憶がかすかに残っており、あれはまだ就学前
  現在高速道路となってしまったウチの田んぼをその牛が耕していました。
  消えいくものの美学と郷愁を誘われるこんなガラクタが好きなんですよ(笑)


曲は
そろそろ特集もジ・エンドのカルロス・サンタナを2曲

 

「Maria Maria」

 

そして艶歌ロックの真髄「哀愁のヨーロッパ」でした。


  1. 2015/06/18(木) 11:08:52|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アサッパカ

ここ秩父盆地の方言で朝飯前のひと仕事のことを「アサッパカ」と言うんだそうです。
で・・・やりましたよ、アサッパカ(笑)
今日の天気予報は夕方からは雨だし、日中は日が差して暑くとてもじゃないが畑の
草むしりなんかやってられない。
例により5時半にはタローの朝飯の催促で起こされちゃったから、ほったらかしで
雑草ボーボーの畑の草むしりを「イッチョやったるか」と、頑張ってみました。

  P1140522_convert_20150615102800.jpg
  一応ナスも植えてあるんだけど、このままだと雑草とコスモスに埋もれてしまう

  P1140523_convert_20150615102820.jpg
  だいぶ手抜き作業だったけれど、これならナスも大丈夫だんべ
  トマトは毎年こぼれた種から芽が出て自然に生えてくるから今年は植えずじまい


  P1140525_convert_20150615103828.jpg

8時前にご出勤の奥様からその出がけに
「ジイは今日有休なんかとっちゃって、それが済んだら勝負に行くつもりだな」と、
ドキ(◎-◎;)!! っとするような鋭いご指摘(;^ω^)、
(( ̄_ ̄ )いいえそんなつもりは毛頭ございませんよ。
それが証拠にアサッパカで一汗流したら、もうオイチイビールなんぞを飲んでます。

 20150607_073137_convert_20150615103422.jpg
 一週間前の緑のカーテン 日毎に成長し今朝は
 P1140520_convert_20150615103204.jpg

P1140517_convert_20150615102953.jpg P1140518_convert_20150615103129.jpg

  P1140527_convert_20150615103222.jpg

  P1140515_convert_20150615105051.jpg

さて頼まれてた洗濯物も干し終えたしこんな曲をBGMにハンモックで
お昼寝タイムとしますかね



サンタナで「SANBA PA TI」 和訳タイトルは「君に捧げるサンバ」です
 






  1. 2015/06/15(月) 11:09:37|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンコの宝箱

むか~し飼っていたポメラニアンのアレちゃんは食が細くてドライのドッグフードなんて
ネ'コ'ならぬイ'ヌ'またぎで見向きもせず食べてくれなかったが、タローとジャッキーは
大食いで8kg入りのドッグフードを半月でたいらげてしまいます。
だから餌は安売りの時に買いだめしているんです。

 P1140487_convert_20150614212103.jpg

その餌は車庫にストックしていたのですが、最近は近所のニャンコに気付かれて袋を食い
ちぎって失敬されちゃってることに気が付いた。
綺麗に食べるなら別に少し位は分けてやってもいいんだけど、食い散らかすからアリやネズミが
寄ってくるのでなのだ

  P1140505_convert_20150614212230.jpg

だから作りましたよ、千両箱!!ならぬワンコの宝箱。
へへへ(o ̄∇ ̄o)♪ 鍵付きだからニャンコにゃ開けられねぇぞ~

  P1140506_convert_20150614212253.jpg
  この大きさでドッグフードがちょうど3袋入ります
  本当は札束か金銀財宝を溢れるほど入れてみたいのだ


    P1140507_convert_20150614212316.jpg

  P1140511_convert_20150614213517.jpg

なんだかんだと増えていく飾り類 自在鈎は以前居間の囲炉裏で使っていた物をここに移設
車輪は今日、骨董屋で「エイ3ケ1000円で持ってけ」と値切って買ってきたのだ。

  P1140512_convert_20150614212356.jpg

曲はJポップしか聴かない人には「まるでサザンの曲だね」とよく勘違いされる
サンタナの「SMOOTH」
こちらがご本家なんですがね

  


  1. 2015/06/14(日) 21:53:42|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土とお日様と水、そして少しだけ愛を

猫の額ほどの庭畑で毎年ナスやキュウリにトマトなどの夏野菜の栽培は欠かしません。
しかし苗を買ってきて植えたら、あとは殆どほったらかしで思うほどの収穫を得た試しが
ないのだ。

 P1140497_convert_20150611212817.jpg

今シーズンすっかり模様替えした母屋前の庭、
「西日避けに朝顔か何かでグリーンカーテンをしてみたいね」と妻に相談したら
「キューリがいい」とよっちゃんも予想外の返答

  P1140474_convert_20150611213000.jpg

 妻が大事にしているバラの鉢、地面に直か置きじゃせっかくの花も映えないからと
 また廃材を使って鉢の置き台を作成


  P1140489_convert_20150611213056.jpg

   P1140493_convert_20150611213122.jpg
   この青いバラは本格サラリーマンを退職した時に送別会で貰った花束のバラを妻が挿し木し
   鉢で引っ越してきた思い出のバラ、車庫前に地植えして10数年経っても咲いてくれている。 
   こういう細かい愛情は男のボクには無理!!


先日自作したコンパネの半端材で作ったプランターにキューリの苗を植えてそのグリーンカーテン
に挑戦です。
園芸用の土がわずか20リットルしか入らない小さいプランターにキューリの苗が2本
それでもわざわざ水をやりに行くのが面倒でほったらかしだった畑と違い、手元で毎日世話を
してあげることが出来るプランター栽培のキューリは元気に育ってます。
妻がネットで育て方を勉強し世話をしているせいか、うどんこ病にもならずにこの分なら今月末には
大量の収穫とタロー(犬)の昼寝用の日陰を提供してくれそうです。

 P1140504_convert_20150611213241.jpg

曲はサンタナ特集を一回だけ休憩し、梅雨の蒸しムシを吹っ飛ばす
爽やかな歌声でこの曲を

 

アマンダ・ブレッカーで「Fly Me To The Moon」でした


  1. 2015/06/11(木) 22:00:39|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

森のゲェージュツ家

「南アルプスの天然水か富士山の湧水か」と言うくらい尽きる事なく湧き出す
よっちゃんのげぇーじゅつ的才能

それは裏庭に積んである先月解体したウッドデッキの廃材の山を眺めるだけで、
創作意欲とアイデアが自然に溢れ出してくるんです

 P1140444_convert_20150605181752.jpg

  P1140437_convert_20150605181614.jpg

さぁさぁその裏庭から大物の柱なんぞを運び出してきて今度は何を作るんでしょうかねぇ

 P1140438_convert_20150605181631.jpg

それはこの合掌造りのバードフィーダー
デッキのバーゴラに使用していた太い梁柱を約50センチの長さにカット、そしてその対の縦柱が
ちょうど凹凸に刻み加工してあるので「これは出来る」と、合掌造りのガーデンオーナメントを
製作。

そしてどうせなら野鳥さんの餌台(バードフィーダー)にしてやろうと思いました。

 P1140446_convert_20150605181818.jpg

但し、ここで満足しないのがよっちゃんのげぇーじゅつ的才能(笑)

P1140439_convert_20150605181647.jpg P1140440_convert_20150605181705.jpg

登場したのは「何かに使えるかも?」と捨てずにとっておいた二人掛け椅子の補強部材
(この前改造した思い出のテーブルの椅子で、本体は腐ってしまい解体)
それを薪小屋の脇からせっせと運んできてサンドペーパーで磨いてから塗装

 P1140454_convert_20150605181930.jpg

 P1140449_convert_20150605181912.jpg

柱に固定して素敵な飾り梯子、兼 花の置き台になってくれました。

曲はもちろん今日も作業中のBGMで聴いていたサンタナ
ケツ振りダンスをしながらこんなのを作っているよっちゃんを想像して
聴いて下さいな



ヴォーカルにデイヴ・マシューズを迎えて
「LOVE OF MY LIFE」でした。





 
  1. 2015/06/05(金) 19:08:51|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

薔薇と車輪

何処かのバラ園を見に行きたいと妻にせがまれて、久しぶりに夫婦でお出掛け
ドライブをして来ました。

よっちゃんは軽井沢のバラ園(軽井沢レイクガーデン)に行きたかったのですが
軽井沢はまだバラの季節には少し早く、今月中旬以降にならないと見頃を迎え
ないそうなんです。しかも有料だと聞くと
「ええ~、お金払ってまでバラを見たくはないから、タダで入れる以前行った前橋の
敷島公園にしようよ」って、こういうところは女はケチくさい(笑)

  P1140422_convert_20150602172527.jpg
  
  軽井沢はこれから咲くというのにここはもう花の盛りはすこし過ぎてます
  それでも念入りに見て回る妻のペースには付き合えないからこちとら勝手に
  プラプラ


P1140420_convert_20150602172627.jpg P1140419_convert_20150602172612.jpg

   P1140425_convert_20150602172649.jpg

朝早い出発だったので、少し安くなったバラの鉢をふたつ買い、午前中にはもう帰路
その帰り道に骨董屋に寄り、欲しかった荷車の車輪が予算内で買えたので、苦労して
車に積み込み持って帰ってきました。

   P1140430_convert_20150602172712.jpg

午後は妻はバラの植え替え、よっちゃんはこの古い車輪のお化粧直しをして

 P1140436_convert_20150602172737.jpg

また庭が賑やかになりました。

曲はもちろん今日の車中でも聴いたサンタナで



「cry baby cry」です


  1. 2015/06/02(火) 17:50:07|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ラテンロック

今日から6月、梅雨入り真近の関東は連日30℃前後と最早真夏の気温が続いてます。
ですが標高300~400メートルのこの亜高原に位置する山里は爽やかな風が吹き抜け、
薄着で日陰のハンモックで寝ていると少し肌寒いくらいです。

 P1140382_convert_20150601205634.jpg

 7時半、入浴後の夕涼みに外に出るとまだ空は蒼さを残していた
 そして東の空に赤い満月が


 P1140392_convert_20150601205739.jpg


この前のオールマンブラザースバンドでよっちゃんの夏は解禁し、連日の昼寝のBGMは
もっぱらロック。
夏に聴くロックはサザンロック(前述のオールマンやレイナードスキナードなどのアメリカ南部
のバンド)やウェストコーストサウンド(イーグルスやドゥヴィーブラザース)
そしてなんといってもサンバやルンバのリズムを取り入れたサンタナのラテンロックが最高です。

サンタナと言えば76年リリースのアルバム「アミーゴ」での曲「哀愁のヨーロッパ」がその曲名
通りに哀愁を帯びたメローな曲調で日本の一般リスナーにもウケて大ヒットし、アラ還世代には
懐かしいミュージシャンだと思います。
ラテンのノリのいい曲も多く、桑田佳祐率いるサザンなどは明らかに彼の影響を強く受けていると
思いますし、メローな美しい曲も多くこの様な曲をよっちゃんは密かに艶歌ロックと呼んで楽しんで
ます。

 P1140411_convert_20150601205817.jpg
 まるでキャンプ場の様なウチの庭、湯上り後にパンツ一丁でこのハンモックに寝転がり
 空を見上げて満月に気がつきました


今日はその艶歌ロック(笑)から冒頭の写真のイメージで
「FLOR DE LUNA」をご紹介します。

 

今月はサンタナ特集でこのあともしばらく彼の曲をアップしていきますので
お楽しみに              デワ





  1. 2015/06/01(月) 21:21:33|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (73)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (56)
外食 (3)
お出掛け (32)
考察 (13)
画像 (5)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR