FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

星と月の夜に

「星と月の夜に」
自分でテーマを書いときながら、ケツがむず痒くなりそうな甘くロマンチックな響きで
どうにも照れくさいや。

笹本稜平著 「分水嶺」祥伝社より昨年10月出版 完読しました。
山岳サスペンスでありつつも彼の人生哲学が随所に挿入され、その彼の感性は自分の感じている
この人間社会への疑問に通じ、深い感慨をもって読み終えました。

かつては人も野に暮らす動物と同じく自然への畏怖と畏敬を兼ね備えていた。
その自然の力は強大で時に驚異でもあるが、それに抗うことなく調和して生きれば自然は自ずから
そのものに恵みをもたらし、子孫を継なぎ且つそのものの生前の記憶をDNA(遺伝子)に組み込んで
くれる。
だから命あるものは死んで終わりではなくその魂は永遠に子孫へ受け継がれていく。

でも人はダメだ。いえ、かつては人もそうだった。自然を神に例えれば神の作った最大の出来損ないが
人である。
その出来損ないはあるとき大きな勘違いをして、己は神を超えてこの世で最高で至高の存在と思うように
なってしまいました。

以前は人が踏み込める領域ではなく、そこは神の領域と崇めた極地やあのヒマラヤの天空にそびえる
エベレストでさえ、自らの科学技術で生み出した乗り物を使えば征服することは簡単。
(そして医学は魂と密接な関係にある命でさえ弄び始めて人の寿命を伸ばそうと懸命です。
 自然の摂理に従わず命だけを長らえたってそれはもう生ける屍、ゾンビだよ。
 動物は自分の命と魂の行く末をちゃんとわかっている。だから例え上位の捕食動物に食われても
 己のこの世の最後を観念でき、その死に様はいさぎよく魂を穢すことはない)

だから人は神を超えたと勘違いをする。
その勘違いが近年ますます酷さを増すもんだから、ついに人は自然とは別個に独立して存在するものと
なってしまい、自然と調和どころかそれは征服の対象とさえにもなってしまったのだろう。
どの国の世の中を動かす政財界の大物は皆、大都会の超高層ビルの最上階の超快適空間に住まい
移動はすべて清浄器付きの空調と快適なソファー
50℃を越える極暑の砂漠もマイナス30℃の極地も専用ジェットでひとっ飛びだから、そこに身を置いて
自然のなかで如何に人間なんてちっぽけで取るに足らない存在だか、なんてことは忘れてしまい、そこは
利権の絡んだ開発、金儲けの場としか見えない。

不幸にも人の子として生まれ人として生きて行かなければならない我々はそんな彼らが作った
この人の世界で、不本意ではあってもこの自然を敵に回した人間社会のルールに則って生きるしか道は
ない。
だから魂が穢れる。 
野生の血を多く残したボクはそのことに大分前からなんとなく気が付いていた。
「だからせめてこんな生活でその穢れた魂を少しでも浄化しよう」と努めているのかも知れない。
別に変な宗教に感化されてるわけでもなんでもありません。極地やヒマラヤでなくとも豊かな自然の中に
身を置いてこんな生活をし、余計な人間関係を排除すれば自ずとその魂の存在が身体の芯にあるのが
わかります。
もう少し修行すれば前世の記憶も思い出せるかも(笑)

皆さんは自分の魂の存在を感じることはありませんか?
「そんなのある訳無いだろ」って方はそれはお金儲けに忙しい毎日を送っていらっしゃるんですね。
と、これはイヤミ

身近に我が子でも孫でも他人の子でも、もし赤ちゃんがいればその顔を覗き込んで見てください。
それはもう無条件に可愛いはずです。それが動物に備わった本来の無垢で無償の愛、慈愛というものです。
その気持ちを大切にしていれば、いつかあなたも自分の魂の存在にたどり着けると思います。


 20140925_102340_convert_20150930041857.jpg
 昨年9月25日 近所の横瀬町寺坂の棚田にて

さて、
アナログレコードを聴きだした最近だが、近所ではLPレコードは入手できない。
それはネットでいくらでも買うことは出来るのだが、それではあのレコード棚に並び置かれた
無数のレコードの山を次々とめくりながら、「これだぁ」と、ピーンと自分の感性に訴えてくる
アルバムに出会うあの瞬間を味わうことができない。

季節は本格的な秋を迎え、夏に伸びすぎて今はへたり始めた雑草の処理や薪割りなど
しなければならない家仕事はあれど、どうも休みの日の前日はそのお買い物に行きたくて
心が疼いてしまいます。
なので、昨日は数年振りに電車に乗って都内へ出てみました。

秩父から電車での都内へのアクセスはワリと便利で西武池袋線の特急レッドアロー号を
使えば都心まで1時間半で行けてしまうのだ。
しかもこの特急は全席指定で終点の池袋駅までの停車駅も途中数駅のみとすこぶる快適な
チョイ旅なんです。
切符を買う前に土地勘のある渋谷に出ようかアキバ(秋葉原)に出ようか迷いつつ「そうだ
しばらく振りに吉祥寺に行ってみよう」って ドッコイしばらくどころか数十年振りなんですがね(笑)

スマホで乗り継ぎ案内を検索すると、三つ目の停車駅、所沢で乗り換えて次の東村山で乗換え
国分寺まですべて西武線で行けます。そこからJR中央線に乗り換えれば1時間半もかからない。

車窓からの景色は秩父を出て次の飯能駅までは秩父と奥武蔵の山肌を縫うように列車は走るから、
それは山ばかり。
そして飯能から所沢・東村山を経由し国分寺までは武蔵・多摩丘陵の豊かな緑とやがて首都郊外の
ベッドタウンとして開発された新興住宅街へとその変化を楽しめます。

数十年ぶりに訪れた学生の街・吉祥寺、若い頃も井の頭公園で当時の彼女とボートを漕いだくらいで
あまり街を徘徊した記憶はないから土地勘は殆どないのだが、それにしてもその変貌ぶりにはビックラ
こいた。
お目当ての店はスマホで検索すれば地図付きでディスプレイされるが雑居ビルと狭い路地だらけで
オノボリりさんよろしく一向に自分がどの辺りにいるのかさえわかりません。
駅から5分とかからない場所なのに、なんと30分かかってもたどり着けない(笑)
仕方ないので角のタバコ屋さんで聞けばそこから50メートルの狭い路地なかにありました。
「何度もその路地の前の通りは歩いたのに」とガックシです。

およそ1時間半、1Fのオーディオショップと2・3Fのレコード&CDショップ、そして更にもう一件の
レコードショップで計5枚のレコードを買い(3000円足らず)お洒落なカフェやファッションショップには
目もくれず即効で来た時と同じルートで帰ってきました。

  P1140964_convert_20150930041943.jpg

これって完全にオタク的行動ですが、宿直明けで実は朝から頭が少し重くてしかも単独行
ボクだって女性連れだったらもう少し気の利いた行動くらいできますぜってんだ。

カクカクシカジカ、9時半の特急に乗り、午後は3時前には帰宅したよっちゃん
早速昼の晩酌?しながら買ってきたレコードを聴き、ワン公のお散歩を30分したら一気にお疲れモードで
夕方5時半に「ちょっと寝るか」  で、ご就寝の奥様と入れ替わりにおメメが覚めたらなんと11時
どうすんだよこんな時間に目が覚めちまって・・・
気分的にはもう翌日朝、イビキをかいて奥様は寝ているのでレコード聴くわけにもいかず、仕方ないから
小屋で寝ているタロウ&ジャッキーと遊ぼうとお外に出たら「うわっ寒」

夜空を見上げたら二夜連続の十五夜、スーパームーンと続いたお月様が語りかけてきます。
「さすがに三日目はだれも感動してくれないけれど、ホラよっちゃんのためにお天気は今夜がサイコーさ」
とそれは素晴らしいお月様。そしてこんなに明るい夜空でも星がいくつも煌めいています。
中空のお月様、そして東の空にオリオン 家の南側の庭から屋根越しの北の空高くカシオペア・・・
「ハイ┐(´∀`)┌ハイハイ それではしばらく夜空を見上げ、穢れたボクの魂の浄化をよろしくお願いします」
だってさ


曲は「見上げてごらん夜の星を」

 

夏川りみさんバージョンでした


スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 04:29:03|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

背負った春は秋の赤い実

温暖化の影響で少し怪しくなってきたとはいえ、この国は四季がはっきりとしてあるからいい。
ハワイや南太平洋の各島々の様に常春の場所も一年中半袖で過ごせてそれは快適かも知れない。
でも、厳しい冬の寒さとクソ暑い夏があってこそ迎える春と秋の喜びは格別の感があります。

 P1140946_convert_20150926102132.jpg

映画(DVD)を観てその原作が奥秩父(ここからすると奥秩父の峰々の向こう側、長野県川上村)の
山小屋が舞台と知ったボクはその原作を読みたくて、ブックオフなどの古本屋の前を通るたびにその
本を探していましたが、なかなか見つからずこの前市内の図書館で借りてきて先日読み終えました。
(春を背負って 笹本稜平著 文藝春秋より出版)
正直映画よりも原作の方がはるかに良かった。
それは映画も素晴らしい出来栄えでしたが、一般受けする為なのか舞台となる山小屋はマイナーな
奥秩父ではなく北アルプスでした。でも先に映像を見ていたのでお話に出てくる各登場人物が映画の
出演者(主人公亨が松山ケンイチ、小屋のアルバイト女性・高澤美由紀を蒼井優 そして小屋の助っ人
ゴロさんを豊川悦司などなど)と自然に重なって小説の世界をすごくリアルに読み進めました。

   P1140961_convert_20150926102317.jpg

この原作者である彼の本はこれまで読む機会もなく彼(笹本稜平)の名も恥ずかしながら知りませんでした。
しかしこの本ですっかりファンになり、今同じように山を舞台とした「分水嶺」(祥伝社より昨年出版)を
同じく図書館より借りてきて読み始めたところです。

いずれにしても彼の書く「山」を舞台とした小説は主人公をはじめとした登場人物それぞれがワケありの
人生を歩んできて、秩父の山や北海道などの山を背景にその内面と「人の幸福とは何か」を深い洞察力で
書き上げた物語りとなっている。

  P1140949_convert_20150926102429.jpg

だから今日のお題はよっちゃんなりの連想で「背負った春は秋の赤い実」となったわけです。
よく人の一生は四季に例えたりするでしょ!!
この世にオギャ~と生まれても(春)人には必ずいつか終焉(冬)が訪れる。

 P1140951_convert_20150926102219.jpg

よっちゃんみたいに両親の間違いだったにせよ(笑) 神様の手違いだったにせよ、
せっかく手に入れたこの人生だもの
世間の受け売りや他人からのご教授ではなくその「生きることの幸せ」というヤツを自分の力で見つけたい。
だからそれがお手軽だからと言って、世間の常識や人から聞いたことで簡単に納得などはしない。
失敗したっていい、無駄金でもいい、自分でやってみて納得、体得したことが始めて自分の「秋の赤い実」
なる。

   P1140948_convert_20150926102406.jpg

だからやりたいことへのお勉強はちっとも億劫なんかじゃないんですが、チト脳みその容量が足りないのが
タマノキズ。 どうもお粗末様でした

   P1140954_convert_20150926102244.jpg
    今朝も朝飯前の畑仕事 ったって二坪ほどのところをナスを引っこ抜いて 
    牛糞と石灰をまきマンノウで耕しただけです。 一週間たったらここに小松菜や
    コカブの種を蒔きます


曲は「LOVE IS BLIND」(恋は盲目)

  

ジャニス・イアンでした


  1. 2015/09/26(土) 10:55:26|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーディオのコストパフォーマンス

表題について色々と思いついたことを今日は書こう。

 P1090975_convert_20150919220840.jpg


世の音楽好きの人々は、それはコンサートなどに何度も足を運べる環境(経済的&地理的に)ならば
ナマの音楽に触れられるのでそれが一番幸せに違いない。
でもそうでない人たちで部類の音楽好きは家で少しでも良い音で音楽に浸って暮らしたい。
だからオーディオ(ステレオ)に凝る。

だけど、このオーディオシステムって奴が曲者で、深みにハマると前にも書いたがそれはもう高級住宅
一軒くらいのコストは軽く飛んでいく。

仮に100万円くらいのシステムを組んで、それがその人にとって97%位の満足度だったとしてあとの3%の
コストパフォーマンスは極端に対投資効果が悪くなっていきます。

98%に持っていくにはその倍、99%は更にその倍 そこから0.1%上げるのに一千万づつの投資が必要に
なります。
それでもその投資に必要な資金がある人は、それはもう天井しらずに湯水の如くお金を使って良い音を求めて
行くわけです。

オーディオ好きの方の書いたブログやHPなどをあちこちうろついてますと、電子工学に通じた人は
「20万円のアンプと100万円のアンプの音の有意差はない」とか「ケーブルで音は変わらない」などの
記述をよく見かけます。

最初はよっちゃんもそう思ってました。
でもやっぱり変わるものは変わる・・・ただその値段差何倍の効果があるか?と言われればそれは
僅かコンマ数パーセントの差でしかありません。
(タネを明かせばこれはメーカーの戦略でもあってオーディオキチガイは高級機は当然その音も値段差の
 分だけ差が出ると思っているから売値20万円の装置の原価が2万円で100万円の装置の原価は5万円
 でも50万円で売るより100万円の値段を付けた方が売れてしまうのだ。
 それを煽るのがメーカーお抱え且つタカリ名人のオーディオ評論家と称する輩、オーディオ雑誌での彼らの
 評価は腹を抱えて笑えるくらいにお粗末で歯の浮く様な対象機種に対するお褒めのお言葉の羅列です)

しかしまぁ、人間の耳って例え絶対音感などなくても電子工学的に抵抗値がどうのとか歪率の差異がどうとか
数値的な差異は殆ど変わらなくても、そのわずかな差を聞き分けられるんですから不思議です。
(これは色別能力に例えれば分かり易いかも知れません。同じ赤でもわずかな他の色の混入差を色差計など
 の計測器以上にちゃんと健康な人の目は見分けられる)

音が変わらないと主張する人は余りにも科学的数値に囚われすぎて音楽でなく周波数的な音だけに囚われ
過ぎているのかも知れませんね。
生のコンサートの音は席によって多少の差があるにせよ、それはもう誰が聴いてもそれはその場での一期一会
の音楽そのもです。
ですが家で聴く音楽の音の好みは10人十色だから自分の好みの音を作り上げていけば良いと思います。

で、これまでアナログ(LPレコード)の時代はもう30年前に終わったと思い込んでいたよっちゃんですが
CDの再生だけでこの先もっと良い音を求めたらそれはもうとてもじゃないが資金が続かない゚(゚´Д`゚)゚

CDはまぁ98%位の満足度なのでこの先何十万もするアンプを買わなくても、アナログ再生をもう一度
初歩から始めたら、数万円の投資で劇的な音の向上が見込めるし、こっちの方が面白そうに思えてきました。

だけどその音源のレコードの収集は地元ではできないし、アルバムによって録音の出来不出来があるので
そっちで苦労してしまいそうです。

それではゴキゲンなジャズで今夜はおやすみなさい

  

チャーリー・パーカーで「Kim」でした



  1. 2015/09/19(土) 22:53:48|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

収穫の秋 栗の渋皮煮

小雨の降る中を新聞を取りに石段を下りて行く、霧に濡れて蜘蛛の巣が光っていた。

  P1140941_convert_20150918102038.jpg

昨日も雨でジャッキーはウンチ💩をできなたっから(彼は散歩の時以外はしないので)
さすがにお腹でも痛くなったのか、それとも遠くでなっている雷が怖いのか夜中の3時に
ヒンヒン・クンクン泣きだしてうるさいので、外に出してあげたらすぐにウンチして、その
新聞を取りに行った時も又ウンチ。これで今日も雨で散歩に行けないけれどお腹スッキリだね
ジャッキー

さて今朝は入手した栗の実でよっちゃんの人生初の挑戦、栗の渋皮煮を作ってみた。
[この夏に観た「リトルフォレスト」(橋本愛主演・夏秋編と冬春編)の2本のDVDでこの
栗の渋皮煮を友達が作ってきて縁側でうまそうに食っていたのを思い出した]

軽く湯がいてから鬼皮むきをすれば簡単らしいが、男はそういうところを面倒くさがる(笑)
で、結果約半分の量の皮むきを終え、親指二か所を切ったところで降参、奥様に皮むきを
交代してもらった

その間にネットでレシピを調べたが、あく抜きに重曹を入れて3回も下茹でしないといけないらしい
3回は面倒なので2回に短縮してやってみた。

    P1140939_convert_20150918101956.jpg

これを書き始める前に出来上がり、いくつかを味見にと、小皿にとって冷ましていたら
「あら!!じい 美味しくできたじゃないの」って妻に先に味見をされてしまった
なんだよう・・・こういうのって作った人が最初に味見をする権利があるんじゃないの~

  P1140943_convert_20150918102011.jpg

ちょっと煮崩れしちゃったけれど、ブランデーで漬けた7年物のヤマモモ酒を香付けに入れたから
超うまいのだ

 P1140936_convert_20150918101852.jpg

昨日は画面左端に写っている発泡スチロールを丸く刳り貫いてイタズラ
ターンテーブルのハウリング対策の手作りインシュレーターです。

    P1140937_convert_20150918101917.jpg

どうやらハウリングの原因は床を伝わってくるスピーカーからの長周波、マニアの常識では
台は重くて丈夫な物をと、それでターンテーブルを手で押さえてみたら余計にハウリングがひどく
なった。

    P1140938_convert_20150918101933.jpg

     
床から伝わる振動なら浮かせた方が良いだろうと、スポンジで出来た窓の隙間テープを
台に噛ませたら、効果抜群でボリュームの位置が11時でブ~ンと鳴り出したハウルリングが
2時の位置まで向上。
実際に聴くボリュームの位置は最大で11時半位の位置なので実質上は問題なしです。
スポンジで効果があるのなら発泡スチロールは?と試しに作ってみましたが、これはほとんど
効果なし でも折角だから使ってみました。

  P1140944_convert_20150918102102.jpg

最初のガラステーブルは脚がパイプ状の鉄骨なのでこれも振動が伝わりやすく、最終的に
その昔、骨董屋で買った厚手の無垢材(欅)で出来た文入れの箱にしました。
今、ベートーベンのピアノソナタ「悲愴」をレコードで聴いてます。

曲はその「悲愴」です

 

  1. 2015/09/18(金) 10:53:09|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナログ回帰

最近はオーディオ熱が再点火してしまったよっちゃん、すっかりオーディオオタクおじさんと
化してます。

アラ還の世代がオーディオにハマってしまったら、それはもう行きつく処はアナログ再生。
そうですPCオーディオやCDなどのデジタル音源ではなく、時々プチプチとレコードと針の擦れが
どうにも懐かしくてたまらないレコードの再生なんですよ。

P1140926_convert_20150916165932.jpg

それが最近はどういうわけか音源としてのレコード盤が見直されてきてまして、海外ではジャズや
ロックなどのニューリリースアルバムがCDやSACDだけでなくLPレコードも同時発売されたりして
ます。
ここ秩父ではお取り寄せでもしてもらわなければレコードを売ってる店舗はなく、中古レコードさえも
取り扱ってるお店はありません。

  P1140930_convert_20150916170016.jpg

でもお手軽に聴けるCDと違い、大判ジャケットからレコードを取り出しクリーナーで盤面を綺麗にし
やや緊張しながらプレーヤーにセットしたレコードに針を降ろす。
この一連の動作が「さぁこれからミュージックタイムの始まりさぁ」の我ら世代の儀式であります。
それは単なる懐古趣味とも異なり、本気でセッティングをすればそれはどんな最新の装置よりも
良い音で音楽を再生してくれるのです。

  P1140927_convert_20150916170045.jpg

その辺の再生周波数特性がどうだのの難しい話は置いときまして、とにかく鳳凰雲を見てそれが
吉兆の予告とピンときたよっちゃんは不届きにも翌日早速勝負(笑)
有り金全部をパチ台に吸い取られそうなピンチの後、すっと空いた端っこの台に移動して大逆転
何とか中古のプレーヤーを買える資金をゲットしちゃったから(笑)速攻で翌日にレコードプレーヤー
買っちゃいました。

で片道1時間半かけて帰宅して音出しを試みるも針の付いたカートリッジがどうやってもアームに
取り付けられない。
ショップに電話して又、片道1時間半かけてお店に戻り店員さんとああだこうだ試してみるもダメで
結局不良品扱いで返品です。
ちょうど予算内でお目当てのメーカー、しかもこだわりのターンテーブルをベルトでドライブする機種
でカートリッジ付きのがあったのになと、シュン
(どうせ音にこだわってくれば、いずれ上級機種のカートリッジに買い替えます。
 実はレコードプレーヤーで良い音を求めたら一番コストをかけるのが、このカートリッジなんです)

結局機種の格が少し落ちてしかもカートリッジ別売の同じメーカーの機種に変更し、新品カートリッジ
を買って最初とほぼ同じ値段で交換して
あぁ~また1時間半かけてのご帰宅は昨夜9時近くでした。
「当然セッティングは適当でとにかく音出しだ」・・・と、渋い顔の我が愛おしの妻は
「これから観たいTVドラマがあるんだから、そんなの後にしてね」だって

10時過ぎに音出ししてみたらちょっとスカスカの音でまたガッカリ
で、今日の仕事の合間のご休憩タイムを長めにとって再度細かいセッティングをやってみた。
(針先の位置調整とか針圧、それにハウリング対策などなど)

  P1140928_convert_20150916170113.jpg

へへへ・・・これですよこれ
微かなプチプチの音とともに流れるこの音楽のなまめかしいこと
これから先セッティングの精度をあげ、また資金ができたらカートリッジをもっと良いものに交換すれば
まだまだ音は良くなるハズ
また夕焼け空に竜雲か鳳凰雲が出現してくれないかなぁ

  P1140923_convert_20150913215404.jpg

因みにそのお気に入りのメーカーとは今はないかもしれないマイクロ精機という確か新潟県長岡市に
本社と工場があったメーカーで、レコードプレーヤーでは海外でも高級機として評判のメーカーです。
またまた、そのお隣にヤマハのプレーヤーがあったのですが、今回もごめんなさいで
そう言えばオーディオ再開の時にもスピーカーでヤマハは候補にあがり、SACDプレーヤーの時も
候補にと、それは何度も対抗候補にあがるのですが、どうもヤマハさんとはご縁がない。
素直で良い音を出すメーカーで決して嫌いなわけではないのに、やっぱりご縁ですかね。




  1. 2015/09/16(水) 16:57:59|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳳凰の舞う空

午後DVDを一本見終わってから久しぶりにショパンのピアノ協奏曲1番を聴いた。
(指揮・クラウディオ・アバド、ピアノはマルタ・アルゲリッチ、オーケストラはロンドン交響楽団)

ショパンの美しいメロディを聴きながらロッキングチェアに揺られて聴いていれば当然すぐにうたた寝
です。

「そのうたた寝、夢うつつの中でいつの間にかボクはポーランドのブドウ畑の中を散歩していた」と、
妻に話したら「わたしも一緒に居た?」と聞いてくるので
「ううん、オバァなんかと一緒じゃせっかくの夢心地もすぐに現実に引き戻されちゃうじゃん。ブロンドの髪で
 あちらの民族衣装にエプロンした綺麗なおねいさんと一緒に散歩してたんだよ」
「じゃぁタロウとジャッキーは?」
「ええ~タロウとジャッキー??」などとたわいない会話をしていたら耳の良いジャッキーに聞こえたらしく
デッキから散歩の催促のいつもの甘えた声がク~ンて(笑)
それで外に出てみたらすっかり夕方でした。

 P1140918_convert_20150913215337.jpg

秋彼岸も近づいた最近は日が短くなりました。ひと月前の5時はまだ太陽が西に傾きかけたくらいだった
のに、今ではもう夕焼けの時間。  そう・・・久しぶりの夕焼け空。

 P1140916_convert_20150913215106.jpg
  蜘蛛と雲なんてダジャレた写真を撮っていた

このブログも3年目ですが、毎年今頃の時期は夕焼け空の記事を載せている。
「マンネリだけどマッいいか」とカメラを持って西の空にレンズを向けているとなんだかおかしな格好の雲
庭からだと電線越しにしかフレーミングできないので、散歩に行きたがるワン公に「ちょっと待ってろ」と
声をかけてカメラを持ち西の空が開けるとこまで坂道をエッチラホッ

  P1140912_convert_20150913215019.jpg
   ジャッキーは拗ねてシュン、タロウはじゃもうひとねむり
  P1140908_convert_20150913214956.jpg

 P1140919_convert_20150913215300.jpg

「こっ、これは西洋ではフェニックス東洋では鳳凰と呼ばれる霊鳥です」
この鳥が空に現れると世に平和をもたらすという、普段は天に住まう鳥。
それをこんなにはっきりとしたお姿でお目にかかれるなんて、他にも気が付いた人は居るのだろうか?
「ボクだけに見えたのなら何かの吉兆か?明日早速オータムジャンボ買ってくるか?」なんて不届きなことを
考えてたのではバチが当たるから

 P1140922_convert_20150913215315.jpg

「どうかこの前の嵐で被災された方や街が一日も早く復興しますように」と
手を合わせました


曲はショパンのノクターンOP27をアルゲリッチの演奏で

 


  1. 2015/09/13(日) 22:32:36|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

嵐が去って

この星、地球が誕生してから46億年だそうです。
誕生の頃は真っ赤で熱いスープの海の星だった。
気の遠くなるような時間を経て冷えた青い海と岩石でできた陸地の星となり
やがて海に初めての生命が誕生した。

 P1140901_convert_20150910141354.jpg

それから更に気の遠くなるような時間でもやはり寒冷期と温暖期を繰り返して
何万年単位で考えればこの星の気象は何度も劇的に変化している。

   P1140903_convert_20150910141419.jpg

たかだか誕生して数万年の人類でさえ氷河期や干ばつ、洪水には何度も苛められて
きたが、それは「人知の及ばぬ大自然のなす災い」と神や仏にでもすがりつくより仕方が
なかった。

P1140884_convert_20150910141502.jpg

だが21世紀、その人類の活動はこの星の気候までにも影響を与え始めてしまった。
それは神でも仏でもなく我々自身が招いた大きな災難です。

  P1140887_convert_20150910141518.jpg

人類の経済活動により排出される二酸化炭素などの地球温暖化ガスの増加の懸念
そして有害物質の蓄積によるこの星の生態系への悪影響などなど
それは前世紀末より警鐘されて久しいが一向に改善される兆しはなく、すでにこの星の
気候や生物多様性はティッピングポイント(ある一線を超えたらもう引き返さない)を越えて
しまいました。

  P1140895_convert_20150910141549.jpg
  増水した沢沿いにはたくさんの沢胡桃の木が生えており
  これからうっかりしていると胡桃の実が車の屋根に降ってくる


我々世代は神や仏にお詫びどころか我らの子孫へ大きな負の遺産を残してしまったことを
悔いるしかない。

  P1140899_convert_20150910141612.jpg
  こちらは藤の実 晩秋から初冬にかけては猿たちのご馳走です

なのに北極圏の氷がなくなることで「これで北極海の航路が可能になった」とか「シベリヤの
永久凍土が溶けたお陰で地下資源開発がやりやすくなった」と喜ぶ輩もいるという。
その様な資本を動かす連中の力は莫大で、空っぽの預金通帳を眺めてはため息をつく
奥様に愛想笑いしかできないボクには世の中を動かす力は何にもない。

あぁ~カミサマ・ホトケサマ


曲はニール・ヤングで「Like A Hurricane」

 


  1. 2015/09/10(木) 14:26:09|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オドロキ桃ノ木、バッサリだ

天気予報では関東地方は午後から雨が降ると言っている。
9月になったら伸びすぎた枝をバッサリと伐らなくてはと思っていたヤマモモと
花モモの木、これは一人での作業はちょっときついから
朝寝坊さんの妻をたたき起こして手伝ってもらい、久々の夫婦共同作業です。

 P1140850_convert_20150906125909.jpg P1140851_convert_20150906125928.jpg
 ヤマモモの木は常緑樹で放っておけば樹高20mにもなる高木
 花モモは竹ホウキを逆さにしたみたいな落葉樹でこれも大木になっちゃいます


 P1140860_convert_20150906130918.jpg

石垣の際に植えたので冬、大雪でも降って木が下の市道にでも倒れたらウチのせいで道路が通行止めになっちゃう
だからあまり伸び邦題には出来ないのだ。

 P1140856_convert_20150906130054.jpg

以前この植木用の脚立ではなくて普通の脚立で一人で作業をしていて落っこちた
脚立がグラグラし、「ワァー」っと叫んだ瞬間に落下、わずかコンマ何秒かの間に「下まで落ちたら
オレは死ぬな」とこれまでの人生が走馬灯のようにしかも超早送りで脳裏に浮かんだよ。

でも奇跡的に下の道路(脚立の分を足すと5メートルの高さ)まで落ちず、わずか50センチの石垣と
庭の隙間にケツが挟まって怪我もしなかったのだが、これはどう考えても何か霊的なものか仏様か
神様が救ってくれたとしか考えられません。
以後、高所作業は必ずヘルメット着用で妻に脚立を支えてもらってやってます。

 P1140863_convert_20150906130302.jpg

   P1140874_convert_20150906130357.jpg

タロウとジャッキー君もお呼ばれして作業の合間のティータイム
肉体労働で体を動かし汗を流しても田舎暮らしはこれがあるから楽しいんです。

 P1140879_convert_20150906130423.jpg

ホラさっぱりした

 P1140854_convert_20150906130525.jpg

そしてモッコウバラも枝を整えて今日の作業は無事終了しました。

午後からは今年春の封切り作品で今月レンタル開始となった新作、新垣結衣さん主演
「くちびるに歌を」をこれから鑑賞
(昨夜は2010年作品成海璃子さんと北乃キイさん主演の武士道シックスティーン)
次のお休みは「ブルックリンの恋人たち」やオペラ歌手ポール・ポッツ自伝映画の「ワンチャンス」
などなど山里シネマは大忙しです。
 

曲はリンダ・ロンシュタットで

 

「DESPERADO」でした

  1. 2015/09/06(日) 14:17:04|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リンダ、君がティーンエイジャーだった頃

午前中に注文しておいたCDが一枚届きました。
これも手放してしまったLPレコードで、それはネットでいくらでも聴けるのですが
ヘッドホンなどでなく、どうしても今の装置でゆったりと彼女の声に浸りながら聴きたい。
リンダ・ロンシュタット「Hasten Down The Wind」1976年のアルバムで
邦題は「風にさらわれた恋」です。
彼女は2000年代に入りパーキンソン病を発病、今でも療養中と訊きます。

 

このアルバムが発売された頃の彼女はウェストコーストの歌姫とかミス・アメリカとか
それは大変な人気で、まだ売れる前のイーグルス(代表曲ホテルカルフォルニア)が
バックバンドを務めてました。

ラブバラードを歌わせれば今でも彼女の右に出るシンガーは居ないとボクは思ってます。
パンチの効いた歌唱でナヨナヨとは歌わず、姐御肌のその性格からもジャンルを問わず
多くのミュージシャンと親交があったそうです。
この一枚はそんな彼女の間違いなく代表作、名アルバムなのです。
さっそく聴いてまして、以下は彼女へのボクのラブレターです。

リンダ 君と出逢ったのは、僕がまだ夢見るティーンエイジの頃。

君の取り巻き連中は「もう少しで二十歳にもなろうってのにいつまでも夢見る坊ちゃん
お嬢ちゃんじゃ居られない」と僕たちを見下してひとり、そしてふたりと去っていった。

 P1140847_convert_20150905134505.jpg

でも、姐御肌の君はいつでも煙草の煙と爆音が渦巻くロック喫茶で「声が聞こえないから」と、
ロングの髪を後ろに片手で束ね、頬を傍に寄せてきては朝までとりとめもない夢物語りに
付き合ってくれた。

 P1140848_convert_20150905134524.jpg

結局僕らがあの頃夢見た幸せってなんだったんだろう?

目の前の現実と良識ぶった大人たちの圧力に押し流されて感情よりも経済を、純潔よりも
安定を求めて行ったあの子たちは今、幸せになっただろうか?

 P1140845_convert_20150905134444.jpg

別々の道を選んでも僕らの間には同じように時が過ぎ、同じように歳をくったはずさ。
ティーンエイジの頃は想像も出来なかった年代に僕らは差し掛かった。
そうだね!!どんな人生を選択したって、お互い辛いことも楽しいこともそれは沢山あったはず。
でもね、
ここから先はあの頃からここまでの長い時間、それはもうどうあがいたって残されちゃいない。

「結局世の中は金が全てだろ」と誰かが言った「いいやそれだけでは絶対ない」と、
同時に声を上げて反論した君と僕

   P1140833_convert_20150905134729.jpg

リンダ
僕はまだ夢の途中にいます。






  1. 2015/09/05(土) 14:04:39|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜のニュース、クソじじい宣言Ⅱ

天下の国営放送の今夜のニュース
あまりにもアホなので黙っていられない。

 P1140835_convert_20150902203431.jpg


「深夜に街を徘徊するのは以前は不良と相場が決まっていたが
 最近は普通の子が深夜に出歩いている」

???????????
違うでしょ!!!!!!!
あなた方のこれまでの基準では深夜に家に帰らず出歩いてたら、それは不良君でしょうが

それは以前はいかにも不良然としたリーゼント君やスケバン(死語)は不良に見えましたよ
でもカッコウだけで不良と差別するなんておかしくないですか?

大体が不良って何よ?
何度も書いているが思春期の子供たちは必死に大人への階段を登るためにその内面で自分と
葛藤を繰り返している。
その行動で「あの子は不良だ、あの子は良い子だ」なんてのはロクにその葛藤もせずに
親に言われるがままにお勉強をし、反抗期もなく順調に学歴だけを積んだいい子ちゃんが
学校の先生に教わった言葉だけで理解している奴らの言い分じゃねえの?

まったく最近の報道はそんな上っ面だけの薄っぺらな人間が製作しているとしか思えない。

ああ~ヤダヤダ

唯一TVを見るのがニュースくらいなのに、ニュースのレベルまでがこんなんじゃ
もうTVは要らないな

曲はよっちゃんの憧れ、永遠の不良少年ストーンズで



ブラウンシュガーでした


  1. 2015/09/02(水) 20:41:23|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おじさんの説教

久しぶりに日差しが少し戻り今日はちょっと蒸し暑い。
庭のあちこちにツル性の雑草がはびこっているが、蚊もいるしまだ葉が濡れていて鬱陶しいから
草取りをする気になれないや。

 P1140839_convert_20150902121311.jpg

それよりも今日が一緒の休日の妻を買い物に追い出して、昨日買ったアンプで思い切り音楽を
聴いて過ごす事に決めた。

  P1140830_convert_20150902121151.jpg

   下の真っ黒のアンプがハーマンカードン・サイテーション21
   (モデル名はサイテーがついても音はサイコー)


    P1140832_convert_20150902121210.jpg

ところでネットや新聞の相談欄を見るのがわりと好きで結構読んだりするのですが、どうも最近の
相談の傾向は自分で決められない人が多い。<当たり前だ、だから相談するんだろ(笑)>
進路や夫(妻)の浮気とか、まぁその相談したい気持ちは分かります。

 P1140837_convert_20150902121245.jpg
  ヤマボウシの赤い実、食えるそうだがひとつ摘んで食べたらあまり美味しくなかった

  P1140838_convert_20150902121332.jpg
  下の畑に8本苗を植えたナス 今年は肥料が効いたのか今だに次から次へ
  生って、冷蔵庫はナスだらけ 昨夜もよっちゃんスパゲティの食材に使いました


でも車とかオーディオとか、趣味の買い物について「AとBでは世間の評価はどちらが高いか?」
とか「この商品に詳しい人はどっちを奨めますか?」とか
人の意見に頼らないと自分の買いたい物を決められない人の気が知れない。

買い物に失敗したときに人に決めて貰ったらその人のせいに出来て自分を傷付けないための
自己防衛なのだろうか?
もしもこんな相談をボクが受けても「そんなモン知るか(怒)買うのはあんただ自分で決めろや」
で終わってしまう(笑)

人間は失敗の繰り返しで成長していくのだ。自分をより高いステージに持っていくためには
失敗を恐れていたら「ハイそれでオシマイ」
なんでも人に聞いて人に決めて貰ってたら、それはあなたの人生じゃなくてその相談者の人生を
鏡に写しただけ
ボクみたいに根拠もなく自身に溢れたうぬぼれ屋も困るけど
あなたの人生、あなたの暮らし 欲しいものは自分の感性を信じて自分で決めましょうね。

そうそう安月給のうちの会社に車の改造に金と命をかけた車キチガイの若者が居り、借金まみれ?
好きです・・・そういうアツイ奴が
だけど一応社会人だから、遅刻だけはしないで出社しましょうね

  P1140829_convert_20150902121107.jpg
   ウチのアホ犬ジャッキー 兄ちゃんのタロウは敷いてもらったダンボールを大事に
   するが、コイツには折角石敷の土間は冷たいからとダンボールを敷いてあげても
   ものの5分でこの通りです それで冷たいからとやがて兄ちゃんの背中に
   くっつかる やっぱりアホだ、コイツは


曲はイッチョウ熱いのを

  

帝王マイルスの「So What」でした



  1. 2015/09/02(水) 12:51:23|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スッキリ&コッテリ どっちにする

今朝久々に「暫く寝かして置いたからもしかして?」と思って不調のコントロールアンプを
繋いで音を出してみた。

      20140903_070033_convert_20150901210245.jpg
     これはトチの実 去年の今頃です

      P1140802_convert_20150901210520.jpg
     そしてこちらは今年の栗、天候不順で毬の中の実が大きく熟さないうちに
     みんなこうして落ちちゃいました

やっぱりあきません、右チャンネルの音が微妙に歪んでます。
普通に聞き流す分には差ほど気にはならないかも知れないが、分かっちゃってるとどうしても
音楽を聴くことに集中出来ませんもん。

真空管を左右差し替えたりしても症状変わらず、音は出力しているわけだから多分電解コンデンサの
劣化による容量抜けだと思う。何せ30年モンのヴィンテージだかんね。
それでもやはりコントロールアンプをメインアンプの前に噛ますのと噛まさないのでは音の立ち上がり
や輪郭など、鳴り方がまるっきり違い、プリメイン一本の場合はいわゆる「ステレオ装置で聴く音楽」
コントロールアンプを入れると「それがより生演奏に近い感じ」の差と言うか、このままでは折角の
スピーカーの性能を充分に引き出せません。
 
  P1140752_convert_20150901210343.jpg

   P1140754_convert_20150902071338.jpg


どうする・・・秋葉原へ行って修理に必要なパーツを買い、自分で修理に挑戦する? 
足代とパーツ代の出費は一万じゃ収まらないし、修理に出せば最低でも5万円は掛かる・・・
・・・さぁどうする・・・どうしよう

このアンプ気に入ってたんだけどなぁ「ええい下取りに出して値が付いたら別の中古めっけるか」
と、昼から中古ショップめぐりにお出掛けして来ましたとさ。

査定してもらってる間にいくつかお手頃お値段のアンプ(もち中古)を試聴させてもらいました。
中にはボクの生まれた年よりも前の製造でダイナコ(アメリカ製)の真空管アンプもありました。
外観はすごく良い、店員さんに聞くとどうやらノーメンテナンス品らしい。
それでもちゃんと音が出てくれれば多少の予算オーバーでも迷うことはないこれに即決だな。
(中々出ない超レアもんのヴィンテージ、ちゃんと鳴ったら最高の掘り出し物です)

結果ボリュームをいじると雑音発生、他にも修理屋さんで古いパーツを交換したりなんだりすると
この店頭お値段もしくはそれ以上のオーバーホール代が掛かるだろうから諦めましたよ。

そして今度はメイドインジャパンのヤマハのコントロールアンプ・・・これは20年近く前の代物で
トランジスタアンプです。
スッキリ澄んだ音でいいかも~ でも予算が(;^ω^)

と・・・店内をもう一度見回すとアメリカ製のハーマンカードンのプリがヤマハよりも一万以上安く
陳列してあるではないか。
製造年代もほぼ一緒で当時の定価からしてほぼ同価格帯のアンプです。
このメーカーはマッキントッシュみたいなハイエンド路線よりも低価格帯のユーザーに的を絞った戦略で
販路を広げたメーカーです。
だからこれまでターゲットとしたことは無くその音も聞いたことがない。折角だから試聴させてもらいました。

音は「あれっ いいな ヤマハのスッキリに対してこちらはメイドインUSAらしく脂がコッテリのった感じで
力強さも感じる。かといって音の解像度が劣るといったこともなくボクはこっちが好み」

さっぱり醤油味の和食かまったりソースの洋食か?
こういうどっちにしようか迷ったとき、ボクはブランド名よりも自分の耳を信じる。
(オーディオに入れ込む人たちはハイエンド商品を扱うメーカーに値段で騙される傾向があるが、ハーマンカーは
 それらと比べたらワリと低価格で<それでも新品は大画面の高画質TVが買えるお値段だ>知る人ぞ知る
 メーカーらしい。
 そして一昨日のテストでかみさんは13800ヘルツが聞こえ、ボクは11600ヘルツまでしか聞こえなくても)

だから先ず第一印象で良かった方にしました。

予算の制限もあるし「本格的にヘソクリが貯まって最終的にはマッキントッシュのプリを導入するまでの継なぎだ」と
思っていたが、その必要は無くなったかも。


曲は「ラブストーリーは突然に」

 

ご存知カンチ(織田裕二)とリカ(鈴木保奈美)の熱い恋のTVドラマ「東京ラブストーリー」の
主題歌で小田和正さんの曲です。
あの頃1991年、その昔なら「君の名は」というドラマがあってそれが始まる頃はどこの銭湯もお客がカラッポ
そしてこの東京ラブストーリーの放送される日も居酒屋やカフェの女性客はカラッポになりましたっけねぇ(笑)
そうか今日のアンプはこのバブル真っ最中の頃に造られたんだなぁ。




  1. 2015/09/01(火) 21:25:16|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (121)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (54)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR