FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

母がくれた遺伝子

毎年この季節はサツキの花が終わったら植込みの剪定をしなければ
ならない。
数年前にその作業をするタイミングを逃して、梅雨が明けた7月末に
行ったら猛暑でそれは大変な目にあった。

天気予報では南に下がった前線が再び北上し今夜半から雨らしい。
今日はお天気だけどカラッとしているので「やるなら今しかねえ」と、
朝から張り切って捻りッパチマキで作業開始。

P1150543_convert_20160627180144.jpg

ツゲやマキにユキヤナギ他も一緒にヘッジトリマーで刈り込みし、下草も
ついでにやっつける。
「しかしよくもまぁこれだけの植木を植えたもんだなぁ」と我ながら感心するやら
呆れるやらだ。
一回に3~4時間の作業で庭全部をやるのに三日はかかるが真夏が来る前に
やっておかないと、庭はジャングルと化す(笑)

30分も作業すればもう額から汗が噴き出してくる。
フウ~(-。-)y-゜゜゜いっぷくと、木陰で休憩をとったなら下界の谷から一陣の涼風が
庭の片隅に咲いたクチナシの甘い香りをともなって吹きあがってきた。

P1150545_convert_20160627180219.jpg

あれはやはり今くらいの季節だったろうか? そうだ確かボクは小学校の五年生だった。
家の手伝いで鎌を持ち、桑畑の下草刈りに母とふたりで畑にいた。
一時間も作業をした頃だったろうか、「○○ひと休みしよう」と母に言われてやはり木陰に
しゃがみこんで休憩をしていたら、今日の風と似た爽やかな風が桑畑の葉を揺らしながら
ヤマユリの香りとともに吹き付けてきた。

母は手拭いで額の汗を拭きふき
「はぁ~なんて気持ちのいい風なんだろうねえ。○○(ボクのこと)こうして一生懸命に働くから
 こそ、こんなただの風が最高に幸せの瞬間をくれるんだよ」と、
ボクに諭しそれは幸せそうな顔をしていたっけなぁ。

そんな記憶がふとよみがえりました。
「そうか今月末は母の命日がくるんだっけ」

P1150541_convert_20160627180239.jpg


「かぁちゃんよ、贅沢は望まなくても、こんな一陣の風に幸福を感じられるんだから、
 間違いなくあんたの遺伝子はボクの身体のなかで息づいてるよ」

曲はエヴァ・キャシディで「フィールドオブゴールド」です





追伸

なんとかこの作業を2回で終わらせようと、今日は6時間も頑張った。
そのご褒美は冷凍庫でキンキンに冷やしたジョッキでのビール
「プハァ~ かぁちゃんやっぱりこれに勝る幸せはないかも~」



スポンサーサイト
  1. 2016/06/27(月) 18:24:11|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暇つぶし

 人生は所詮あの世までの暇つぶし

これ、極論ではありますが現在のよっちゃんが行きついた心境です。

summervegetable.jpg


先日お客様のご婦人が
「良いことをした人や善人が長生きするとは限らない。
 お気の毒だけど熊本の地震やその後の大雨では良い人も悪い人も関係なく
 被害にあって亡くなってるし、大罪を犯した囚人は刑務所で病気になっても
 私たちの税金で治療してもらい長生きしている。むしろ現代は善人の方が
 生きづらくて早死にしちゃうよね」
などと、それはただ「長く生きれば幸せだ」みたいなお話し振りでした。
なんとなく釈然としなかったのですが、お客様にお説教や能書きたれても仕方ない
ので適当に相槌をうっておきました。

終身刑の刑務所で自由を奪われただ生かされるだけ、そして死刑囚なら何時刑の
執行があるかもわからずにおびえながら生きてるのが幸せかい?
って腹の中では思ったんですよ。

生き物はその本能でみな生きることに執着する。
人間以外の生き物は食って栄養摂取することが即、生きることでそのことが生命活動の
全てと言っても過言ではないでしょう。
でも、人は違う。
特に先進国の住民ならば社会は安定し、動物ほど必死にならずとも生きてはいける。
だから食うことだけすべてにエネルギーを消費する必要もなく暇をもてあそぶ脳には
余暇が必要になる。

悪人も善人も関係なく、ある程度健康な人間ならば食って寝るだけの人生なんて
退屈極まりないのだから。

そこでまた極論
寝る間も惜しんで働くのも、結局その人はそれが好きだから
欲や名誉にあこがれ政治家や経営者を目指すのも、好きなことに没頭して遊んで
暮らすのも、所詮脳みその退屈しのぎの暇つぶし

それっ同じアホなら踊りゃなソンソンってか

 P1150534_convert_20160623223715.jpg


だから「良い人だったのにあの人は早世しちゃって可愛そう」
などとは余計なお節介で
その退屈しのぎの人生が濃密だったなら、ただ暇を弄び長生きするだけの人生よりも
よっぽども幸せな人生だとボクは思います。

 P1150538_convert_20160623223733.jpg
因みに冒頭の絵はよっちゃんの暇つぶしに描いた絵、ウチの夏野菜たちも順調に
生育中です


曲はビル・エバンスの「ワルツフォーデビー」



さて、今回は随分と乱暴な意見を書きました。
「暇つぶし」なんて一生懸命頑張ってる人に対し
失礼よ😡と思われるかもしれません。
でも神社仏閣にお参りする人たちが何を願ったか
を聞くと殆んどが商売繁盛や試験合格、そして
無病息災などの現世御利益ばかり。
因果応報、善因善果悪因悪果とはその人一代だけで
完結する事ではありません。
人生の価値は時間の長さよりも密度です。

還暦まで生きて来れたなら後はオマケみたいなモンで、
いつお迎えが来たって悔はない。
そんな風に日々を充実した暇つぶしで過ごせれば
最高の人生です。


  1. 2016/06/23(木) 22:03:09|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫陽花とレアチーズケーキそして時々ジャズ

随分と欲張りな今日のお題

季節は梅雨、七十二候では今日から梅子黄(うめのみきばむ)です。
梅雨時の花といえばやはり紫陽花、よっちゃんちの庭のまわりも色とりどりの
アジサイが咲き出しました。

 P1150526_convert_20160616185256.jpg

 P1150528_convert_20160616185316.jpg


今日は雨が降ったり止んだりで外の仕事はできないから、家の中で過ごす。
そうだ、今度こそチーズケーキを完璧に作ってみよう。
ベイクドチーズケーキはまぁ初回でそれなりに成功したが、レアチーズケーキは
前回ゼラチンがなくて固まらず、凍らせたアイスケーキになってしまった。
今回はそのゼラチンも準備して
イザ、イザ・それねじりっパチマキのパテシエよっちゃんだぁ。

 P1150524_convert_20160616185212.jpg

今回はチーズケーキの台(ボトム)もレシピを参考に市販のクラッカーを砕き
溶かしたバターで固めて型に敷いたのだ


    P1150525_convert_20160616185238.jpg

型から取り出して皿に載せ、おもわずニンマリ

   P1150531_convert_20160616185328.jpg

「ジイ お店のとおんなじだね」

「ウ・ウン

「ゴメンゴメン お店のよりもずっとおいしいよ!!」


無理やり言わせたパテシエよっちゃんでした。



曲はコルトレーンの「After The Rain」です



そしてもう一曲はキース・ジャレットの「On Green Dolphin Street」






  1. 2016/06/16(木) 19:18:13|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雀の涙

近頃は雀を見ない。
昔はそこらじゅうに居て、軒先に巣を作ったり庭でチュンチュン餌をついばむ
姿を必ず見かけた。

20160424_094728_convert_20160611204342.jpg

両足を揃えてピョンピョン歩く姿が可愛く
子供にはいい遊び相手で、捕まえてやろうと籠につっかえ棒をして紐の先を持ち
縁側で腹這いになって待ち伏せたもんです。
そしていつの間にかまどろんでしまった幼いころの夕暮れの想い出(笑)

いまだ雀の涙くらいの稼ぎしかないボクに、やけに親近感を感じる野鳥です。

さて、庭の池が水漏れして毎日水を補給しても半分の水位しか保てなくなってしまった。
補修しようか迷ったあげく「エエイもういいや埋めちまえ~ 金魚さんごめんね」
と、池を埋めて花壇に模様替え工事。

P1150507_convert_20160611204423.jpg

P1150508_convert_20160611204448.jpg
   bifore

P1150516_convert_20160611204535.jpg

P1150515_convert_20160611204516.jpg
  sfter
全部を土で埋めるにも、その土がない。
だから昨年の階段工事で余った砂利を下の庭からエッチラコッチラ運んで先ずは半分埋める。

 P1150514_convert_20160611204612.jpg

蓑にスコップ5杯分の砂利を入れて運ぶこと40往復
腕の力だけに頼ってたのでは翌日は筋肉痛で腕が上がらなくなる
首から紐で吊れば体力の消耗は最小限 よっちゃんは頭がいいのだ


 P1150510_convert_20160611204631.jpg

 P1150512_convert_20160611204644.jpg

残りの半分を40L大袋で6袋、花壇用の土をホームセンターで買ってきて埋めた。
妻も砂利運びをバケツで手伝ってくれたが、久しぶりの重労働でした。
そして生コンこねこね用の容器が金魚たちの新しい住処となりました。

P1150518_convert_20160611210202.jpg

「なんだか引っ越し先は狭いなぁ」と金魚に文句を言われてしまいましたとさ。

曲はとなりのトトロより「風の通り道」





  1. 2016/06/11(土) 20:18:55|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Longing Summer

来週あたりは関東も梅雨入りするのだろうか?
先月は文字通り五月晴れが続いて、ここは雨がほとんど降らなかった。
梅雨は好きじゃないけれど、夏野菜苗への散水がいまだに欠かせないから
待ち遠しくもあります。

そしてうっとうしい梅雨が終われば夏本番です。
8月の誕生日がくればタロウは13歳になる。
最近腰がふらついて散歩ではいつもジャッキーとボクの後ろをエッチラと、
ついてくるのがやっとです。
でも食欲は旺盛で「タロ君、この分なら今年の夏も越せそうだね」と、毎日
励ましてます。

 P1150500_convert_20160604130219.jpg

人間は夫婦でも親子でもスキンシップはすごく大事で、ハグしたり触れ合うと
幸せのホルモンと呼ばれる「オキシトシン」という物質が分泌されて痛みや不安を
取り除くそうです。
きっとワンコにもそのホルモンはあるだろうと、毎日アタマヾ(・ω・*)なでなでと背中を
擦ってあげてます。

それでは表題の「Longing Summer(憧れの夏)・・・
下手な絵を一枚、またパソコンで描きましたので、この絵を元にみんなで笑いましょう。

longingsumer+(3)+(450x243)_convert_20160604124751.jpg

山里の暮らしも好きだけど、海辺の暮らしにすごい憧れがあるヨッちゃん。
「そうか、ジャッキーは海を知らねえんだっけ。いいぞ~海は広くてでっかくてさぁ
 夏の夕暮れなんて潮風に吹かれながら浜辺を散歩したらサイコーなんだぜ
 いつか暮らしてみたいなぁ海辺で・・・そうしたら砂浜を一緒に散歩しような」

「ハヒハヒハッハッフー・・・父ちゃんホントかい? ワーイワーイ海だ海だ~
 まぁ父ちゃんの魂胆なんて見え見えなんだけどね
 どうせ海辺のサーファーギャルかなんかをオイラをダシにナンパしようってんだろ
 そんなシラガ頭のジジイなんか水着ギャルがアイテになんかしてくれるもんかい

「なに言ってやがんでぇ、父ちゃんは真剣にだなぁ ホラあの夕日に向かって
 オ~イって叫んでみたいんだよ

「ケッ こんなアホジジイ放っといて、ヤァヤァ水着の素敵なオジョーさんボクと遊ぼ~


と、まぁそんな願望で暇つぶしにこんな絵を描きました。
タロウも描いてあげたかったのだけど、ここまで描いたらもう精根尽き果てちゃって(笑)

P1150506_convert_20160604130252.jpg

夏の庭らしくなってきました。
高原の夏と夏の海  どっちも捨てがたい魅力がありますね。

 P1150503_convert_20160604130234.jpg


曲は「サマーウィンド」です




  1. 2016/06/04(土) 14:07:07|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (73)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (56)
外食 (3)
お出掛け (32)
考察 (13)
画像 (5)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR