FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

夏の空 am10:30

今週になってやっと関東地方も梅雨が明けたとか、外気温が35℃以下なら
日中もほとんどエアコンの要らないよっちゃんち
今朝も早朝から畑での作業と、妻に頼まれた孫用のお布団干しを終え、
シャワーを浴びてオイチイビールを飲んで、さぁ又、家の中でワンコとお昼寝タイムです。

P1150631_convert_20160730110509.jpg

10日間も雲の多かった秩父の空も今朝は久々に快晴で、真夏の太陽がギーラギラと
真上から降り注ぐ、干からびないうちにと、早朝は最後のサルとの戦いを試みた。

P1150620_convert_20160730110402.jpg

これでトマトを盗られたら、仕方がないので諦めてスーパーの不味いトマトで我慢します。

P1150614_convert_20160730110313.jpg P1150616_convert_20160730110332.jpg

この前サルに盗られたあと、次のトマトの赤ちゃんがやっとピンポン玉大に
サルが無理にネットを引っ張ったら、つないだ糸が引っ張られクラッカーが鳴るような
仕掛けも考えたが、雨が降ってクラッカーが湿気ちゃったら不発だろうし、面倒くさいから
やめた。
キューリは成長が早いので毎日サルが来なければ人間が食べる分は収穫できます。

  P1150617_convert_20160730111551.jpg

さっきも採れすぎて食べきれないキューリを5本浅漬けにしました。

 P1150618_convert_20160730110433.jpg

こちらはインゲン豆「種を7月の10日頃に蒔けば秋に収穫ができるから」と、妻の母から
種を貰った。
だけど、少し気候が違うのでこの辺では7月の20日頃に蒔くのが良いと近所のベテランバァさん
に教わり、10日程前に蒔きました。
これもきっとエテ公は既にチェック済みで目をつけてるんだろうな(笑)

P1150613_convert_20160730110545.jpg

先月に池を埋めて土を入れた場所に蒔いたホウセンカとカスミ草の花が咲き出し
ました。

それではこんな曲でもBGMにこれからお昼寝します。



「the summer knows」

直訳すれば「夏をしっている」だがこれじゃ味も素気もない
で、「夏の思い出」と、なります。
ミシェル・ルグランの曲で今回はアート・ファーマーのフリューゲルホーン
そしてシダー・ウォルトンのピアノ他ドラムとウッドベースのカルテット編成の
演奏です。
アルバム(LP)持ってますが、1976年5月の録音となってます。
フリューゲルホーン?聞いたことないや
調べたらトランペットみたいな楽器でした。
音色はトランペットよりも優しい音がし、この曲によく合ってます。


スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 11:44:24|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サルの言い分

オイオイ!!よっちゃん 畑の作物を荒らして憎たらしいとか、前回はオイラ達のこと
散々に書いてくれたねぇ

でもさぁ、オレ達だって人間に対しては文句を言いたいことがいっぱいあるぞ(怒)
野生動物を代表して今日はひとこと言わせてくれよ。
どこかの選挙の有名人だからと勘違いしてる候補者の演説よりも余程ためになるはずだからさ。

あんた達人間(ホモサピエンス)なんてのはそもそもこの星ではわずか数万年前に現れた新参者
のくせに、この星を支配した王様のつもりで居やがる。

確かにおつむは我々動物の中ではちょっとは出来がいいかも知れないがなぁ、そのおつむの
遣い方がおかしいんだよ。
お前らは勝手にこの星のすべての土地は人間だけのものだと思っちゃいねえか?
そして、科学技術の発達のお陰だとか言ってやたらとこの星を狭くしてやがる。

いいか、オレ達だってわざわざ危険を冒してまでは人間の作物なんか盗りたくはないんだよ。
昔は山の中の餌だけで十分食ってはいけたんだ。

それをお前たちは勝手に人間だけの都合で森の植生をいじって餌にならない杉やヒノキばかり
植えやがって
そしてホラ、あの山を見てみろよ。
あんなに削っちまって・・・こっちからみたらなんてみすぼらしい山だと思うだろう?

20140711_192055_convert_20160725161527.jpg

昔、オレ達はあの山だけで暮らしていけたんだ。
だけど人間だけの都合であんなハゲ山にされちまって、泣く泣くオレ達は群れを分散して
あっちこっちに散りじりさ。

人間同士が欲の突っ張りあいで戦争しようがしまいが、そんなことはお構いないけど、
オレ達の住処や食料源の森まで奪い、仕方なくちょっと失敬してるだけなのに・・・
オレ達には生存権ってやつはねえのかよ?
えっ、よっちゃん程のお方が「懲らしめてやりたいほどオレ達を憎たらしい」って言うのかい?

20140711_135054_convert_20160725161559.jpg


うう~ん おサルさんの言うことは確かに一理ある。
でもよう、よっちゃんに人間社会を変える力なんてないしさぁ
せっかく苦労して育てた野菜なんだから、少しはよっちゃんの食べる分も残しておいてよ。
と、話し合いで何とか解決できないかなぁ(笑)




昨夜深夜に仕事が終わったあとにEテレだったかな、
深夜放送でブータンがCOP21会議でカーボンニュートラル政策のプレゼンをする番組を
みました。
その内容はCO2排出に対する国の取り組み方であったが、同時に森林保全と豊かな生態系
への真剣な取り組みについても解説していました。
さすがにGDPよりも国民総幸福指数を目指す国です。

いまだ地球の片隅にこんな国があろうとは・・・

この番組(ブータンのプレゼン)で印象に残ったのは
そもそも西欧を発端とする工業化先進国とは発想が丸きり異なります。

国内に数か所ある自然保護区をすべて緑の回廊でつなぎ、野生動物の移動を自由に
し、生物多様性を大事にする。
ブータンには世界的に絶滅危惧種である猛獣のトラも生息しています。

ここが我々の安心安全を偽る先進国とは違う。
我々の発想では危険な猛獣は保護も必要だが、先ず囲いに閉じ込めて安全第一とか
考える。猛獣に襲われて人が死ぬなどはあってはならない事と考える。
だが、この国は分かっている。
野生動物と人間は同じフィールドでも棲み分けが可能で、住処が保証された動物は滅多に
人を襲わないことを。
同じアジア人、体系も顔も同じ服を着れば見分けがつかないほど似ている我ら日本もかつては
そういった発想ができ、事実里山を挟んだ人の世界と奥山は神や精霊の住む聖域と区別し
動物を神の遣いと敬っていた。

きれいごとだけではないでしょう、でもこういった活動を少しでも他国が見習って
人も動物も少しでも住みやすい環境にこの星を戻していきたい。
そのためにはやはり便利さだけの追及から少し振り返ることが大切なんだと思います。


曲はフランスより現れた新星 ルアンヌ・エメラ まだ19歳の女の子ですが
まぁ聴いてみてください。



カワイさだけが売り物の何処かの国のアイドルとは比べものにならないでしょ



  1. 2016/07/25(月) 15:28:03|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敗北だぁ

よっちゃんちの自家消費用の夏野菜畑、サル避けの
ネットを施したが、敵もサル者(ダジャレてる場合じゃない)
やられてしまった😭

トマトは大ダマの種類を植えて、やっとコブシ大になったが、
まだ青々してるので、畑で完熟させてから収穫しよう。
「こんな青いのマサカ盗らないだろ」と、ネットもまだ
しておかなかった。

珍しく家人が昼間まったく留守の昨日、夕方帰宅したらなんと
トマトもネットを張ったキュウリも更に完璧に四方、天井まで囲った
ナスまで全滅してました
ナスなんてどうやって盗っていったんだよまったく~

monky_convert_20160725095836.png

山にお腹を充たす餌がないのだろうか?
野生の獣もそれは生きていくために必死なのだろうけど、
だけど、何もこんなわずかな小さな畑を狙わなくてもいいじゃねぇか

冬場、赤ちゃんザルを連れた親子やコザルが近所の空き地で遊ぶ
姿は確かに微笑ましいけど、こんな被害に遭うとコイツらを
懲らしめてやりたいほど憎たらしい。


これが人間のエゴなのだろう。
サルが人を直接襲ったとはこの辺ではまだ聞かない。
この国で現在生息する猛獣はクマくらいだが、彼らもまた人里の
近くに出没することが頻繁になってます。
秩父のある地区では繋いでおいた飼い犬が立て続けに襲われた
事件もありました。

里山という人の手が入る緩衝地帯がなくなり、地方は今人里の
直ぐ奥が藪に覆われた原生林化が進み、それが原因らしいです。


これからは田舎暮らしも命懸けってか・・・

でも、直ぐに安全安心とかオキレイごとの政治も少し違う感じがする。

かつて農耕社会の始まったその昔、民百姓は何度となく害獣や
天候不順に晒され凶作の度に無力感を味わい、やがてそれらの
脅威を克服してきた。
しかし、現代の安心安全を偽った管理社会は明らかに行き過ぎだ。
ウチの頼りないあまちゃん坊主の2頭のワンコだって繋がれてなきゃ
サルを追っ払う仕事くらいはしてくれるのに、それが出来ない。
ひとつの危険を避ける為に別の危険が生み出され、それは
結局果てない堂々巡り。
だから政治家の言う安心安全なんてのは結局妄想ごとなのに
何でみんな簡単に騙されるんだろうな。

とにかくボクは自分ちの畑で収穫した完熟大玉トマトが
食いたいんだよう!!
サルの奴め、オボエテロヨ~
と、言いつつ、次なる一手が一向に思い浮かばないのだ


今回はこの映画「ベル&セバスチャン」の予告編をご紹介



30年以上前に日本でも「名犬ジョリー」という題名でアニメ化されたそうですが
2013年にフランスで映画化、よっちゃんはDVDで最近観ました。
原作は世界的ベストセラーのセシル・オーブリーの児童文学「アルプスの村の犬と少年」
まだ観てなくて、もしも孫でもお子さんでもいらっしゃればこの夏一緒に観るのにお薦めの
一本です。
大人も泣けちゃうけど

テーマ曲はZAZが担当してます




  1. 2016/07/24(日) 19:28:27|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャッキー

前回タロウのことを書きました。
そうしたら、ジャッキー君が「ボクの事も書いてよ」と、
おねだりしています(笑)

P1150346_convert_20160311191236.jpg


19日と20日は秩父では夏祭り(秩父川瀬祭り)で、19日夜は
盛大な花火大会でした。
ウチはひと尾根越えた山の中で、花火会場からは直線で5~6kmは離れてます。
それでもこの花火のズドドーンという爆発音は山にこだまして、それはにぎやか。

雷と花火の音が大の苦手なジャッキーはそれはもう大変。
玄関の中に繋がれてるのですが、ひとりイヤ一匹でパニクってました。
タロウなんてリードの必要もなく、冬以外の家の中での居場所は
玄関の土間と分かっているから、それはもう落ち着いたモンで
高いびき。

妻が言うには「今夜はじいが居るから甘えているのかも」
ボクが居ない時は雷も花火も耳をピタッと垂らしてただただ震えて
我慢してるそうです。

もうジャッキー君たらあまちゃんボウズでカワイイじゃないですか(笑)
そばに行って「ヨチヨチ大丈夫」と、抱き締めてあげたら
ボクの腕の中でプルプル震えてます。


違うよ父ちゃん、そんな恥ずかしいことみんなに言いふらさないで、
兄ちゃんみたいに誉めてくれよう。
ほら、この前ハイキングですれ違った人たちが
「まぁ、そっちの黒いワンちゃん!体型がスラッとして顔も逞しくて
カッコいいわねぇ」
とか、ウンチだって兄ちゃんみたいにボクは絶対道の真ん中なんかに
しないし、誉めるトコいっぱいあるじやん。

ハハハこりゃジャッキー君失礼致しました。


  1. 2016/07/23(土) 14:40:00|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タロウ

ウチのタロウはちょっと不思議ちゃん。
もう少しで13歳になるからこの犬種(ラブ)では長生きの
お爺ちゃん。

最近は向こう側(あの世)にひとりで時々行っているみたいです。



今日もウチの中で一番涼しく快適な玄関の土間で相棒のジャッキーと
お昼寝をしてました。
今までは一応ワンコなので、そばに行けば足音などに直ぐに反応して
目を覚ましましたが、殆んどお腹も呼吸で波打たせもせずに
スヤスヤと、まるで息がないように眠ってる。

既にお散歩か?と期待満々で尻尾を振っているジャッキーも
「あれ?兄ちゃんどうしたの」とタロウの顔を心配そうに覗きこんでます。

その寝顔はすごく穏やかで、
「ジャッキー、兄ちゃんは今あっち側の世界できっと本当のお父さんや
お母さんに逢って甘えているのかも知れないね」と、
しばらくふたりでタロウの顔をみてました。

でも、このままあっち側に行ったままにはしておけないので、
「タロウ」と、声を掛けてお腹を優しくポンしたらどうやら
こっち側に戻ってこれたようです。

ペタンと寝そべり顔だけ上げたタロウ。
上から心配そうに覗いていたジャッキーはホッとして兄ちゃんの
鼻先をペロンて舐めました。

足がふらついて散歩は少し大変そうだけど、食欲は相変わらずです。
でも、やはり年齢からしてそう遠くない将来にお別れの時は来るでしょう。
だけど、この子は苦しまずに、この世とあの世を行ったり来たりしながらそっと
旅立って行く。

何故かそんな確信があります。

まだヨチヨチだった孫に気を遣いながら遊んでくれ、
縁もゆかりもない捨て犬ジャッキーも優しく家族の一員に迎えてくれたタロウ。
旅立つ時も父ちゃんに心配を掛けないように、静かに去って行くのだろうな。

君は男の中の男だぜ!!




  1. 2016/07/19(火) 17:58:57|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴロゴロサマーだ!!

昨日例によって玄関先でお昼寝していたら、ジージージーのセミの声に混ざって
ミーンミーンミーンとミンミンゼミの初鳴きが聞こえてきた。
「これはそろそろ梅雨明けかも?」

P1150594_convert_20160718153924.jpg


そうしたら今日は九州から東海にかけて梅雨明け宣言、関東も間もなくですね。

先端を行く住宅の設計は耐震構造に高密閉住宅だそうです。
確かに都会では周辺は往来の騒音とコンクリートジャングル。
季節に関係なく窓は閉めっぱなしで、特に夏はコンクリートジャングルのせいで
ヒートアイランド化し、
冷房の効率をあげるためには高密閉高断熱と、なるのでしょう。

だけど、よっちゃんちのボロ屋なんて耐震性はともかく、高密閉なんて無縁だが、
全ての窓を開放すればエアコン要らずです。

因みに今日も外の気温は33℃だが、家の中は28℃程度でその差は5℃
東の窓からは沢から木陰をぬってきた爽やかな風が入り、快適だ~

P1150591_convert_20160718153846.jpg P1150590_convert_20160718153830.jpg

P1150603_convert_20160718154002.jpg P1150607_convert_20160718154016.jpg

こんなところで暮らしていると、時々
やれ温暖化防止だの省エネだの騒ぎながら、ハイテクに頼って結局自分の
首を絞めていることに気づかない現代のあり方が可笑しくて、皮肉のひとつも
言ってやりたくなっちゃうんですね

どうだろう?夕方ゴロゴロ様は来るかな?

P1150593_convert_20160718160433.jpg

朝から屋内でゴロゴロサマ-を決め込んで、昼に空の様子を観察したが今日は
お空のゴロゴロ様はどうもお休みみたいです。

P1150610_convert_20160718155716.jpg

だから暇つぶしによっちゃんがゴロゴロサマを描いてみた。

曲は「Mr Summer Time」をparis machのカバーで



さて、煮干しのダシが取れたかな
今夜はこのダシでお味噌汁です。


  1. 2016/07/18(月) 16:36:21|
  2. カモナ マイハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の音

春、小鳥のさえずりが目覚まし代わりなら、夏はセミの鳴き声。
これを騒音と思うか、自然の豊かさと思うかはひと次第。
ボクは道路を行き交う自動車のエンジン音や電車の通過する音よりは
こっちの方が100倍もいい。
幸いボクの暮らす場所は山の中、人口音は殆どしないのだ。

P1150579_convert_20160714110608.jpg


今、この山里で夜明けからジージーと鳴いているのはニイニイゼミ。
幾日か前から夕方はヒグラシも鳴き始めました。
ミンミンゼミが鳴き出すと梅雨明け間近の証しで、それは気象庁の天気予報よりも
確かです。

 P1150587_convert_20160714110723.jpg

夏はこの蝉しぐれ、ミーンミーン・ジージー・シャワシャワシャワシャワ・ツクツクホーシ
やがてカナカナカナカナ、家の周りを観察してみればそれはセミの抜け殻だらけです。

街場に暮らす人からは
「そんな田舎じゃ何かと不便でしょう」と、気を遣われる。

誰もが本当は情緒ある暮らしを望んでいる筈で、避暑地の別荘持ちのお金持ちじゃ
なくたって、ちょっとした労力を惜しまなければ簡単なこと。
ああそれなのに、それが出来ないからと、ひとの生活をやっかみ見下す輩の多いこと(笑)

「ケッ余計なお世話でい・・・便利さだけじゃ買えない暮らしもあるんだぜ」と、
心の中で毒づいてます。

P1150584_convert_20160714110655.jpg

近所の畑は殆どがサル除けにネットで囲いを作って電柵を施した。
だから今まで見向きもしなかったよっちゃんちの小さな畑のナスやキュウリがあいつらのターゲットに

P1150582_convert_20160714110636.jpg

お陰様で自家消費用のわずか数本づつの夏野菜をウチもネットで囲う羽目に

「ばぁ、ほらそっちを押さえてて!」
「じぃ、ちゃんと真っ直ぐに棒を挿しなさいよ」
暑い中、夫婦ともに汗だくの作業は辛さよりむしろ楽しかった。

電柵をせずネットで囲っただけ、それでもサルは他の畑で電柵の電撃ビリビリの洗礼を受け
てるから最初は警戒して近寄ってこない。
ひと夏ならこれでごまかせるだろう。
それでも出費5000円・・・えぇ~ナスやキュウリなんて買った方が安いじゃん

そう言う安直でものぐさな思考じゃ田舎暮らしの醍醐味は味わえないのです。

 P1150586_convert_20160714110708.jpg

少し老化が進んだタロウ
今までは車の音や足音だけでご主人様を見分けたのに、時々侵入者と勘違いして吠えている。
目と耳そして鼻まで利かなくなってきたのだろう。
ガンバレ、可愛い息子タロウ君


曲はカーペンターズのアルバム「NOW&THEN」より



最近調子の悪いレコードプレーヤー、ピアノの音程が少し低く安定せず間延びしてるのに
気が付いた。

ベルトドライブ方式なので多分そのベルトが伸びてしまったのだろう。
このプレーヤーの製造メーカーはもう廃業してしまったので果たして代替えのベルトが
入手出来るのだろうか?
だが、有りました\(^o^)/ 早速取り寄せてベルトを交換したら見事復活☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そしてこのアルバム(LPレコード)があるお店の店頭にあったので迷わずに買ってきた。
今回はB面をブッ通しでどうぞ!!



  1. 2016/07/14(木) 11:54:03|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ドラゴンズ アイ moon&jupiter

想像と妄想は全くの別物。
想像は豊かな心を育むが、妄想は心の病いを抱えた者の産物です。

 P1150575_convert_20160709215210.jpg


今、日の沈んだ後の夜空では月と木星がランデブーしています。
さすがにこの山里でも肉眼では天の川は見えません。
(全地球的に人口光のせいで天の川は肉眼で見えづらくなっているのだそうです)
が、日中は雨が降ったりやんだりだった秩父地方も、夕方気が付いたらその雲が
いなくなって西の空に月齢5日のお月様が出ていました。

そのすぐ近くにすごく明るい星も輝いているではないか!!
すぐにネットの星空ガイドで調べたら、その星は木星(jupiter)でした。
(先月は火星が真っ赤に明るく夜空に輝いていた)

そうだ写真を撮ろうと庭先で良いアングルを探していたら、庭の龍の頭がよっちゃんに
話しかけてきた。

  P1150571_convert_20160709215146.jpg

「おい、よっちゃんよ、オレ様もそのアングルに加えてくれよ。ちょうど今オレ様がまだ健在
 だった頃に住んでいた月や木星が懐かしいなぁ。と、見上げていたとこだ」

「ええ~(゚д゚)! ドラコちゃんて宇宙に居たの?」

「そうさ<(`^´)> 生まれた時は天の川の産湯よ」

「それってドラコじゃなくてトラさんのセリフじゃないの(笑) 
 まっいいか~、それで生れ故郷を懐かしがっていたんだね」

「うん オレの胴体はまだあの月にあるんだよ」

「へぇ~ そう言えばボクもこの身体を作っている元素はもともとは何処かの
 銀河の星の欠片だって聞いたことがあるよ ホラ!!ドラコちゃんハイチーズ」

     P1150567_convert_20160709215123.jpg


曲はオスカー・ピーターソンのピアノで「fly me to the moon」です。




P1150578_convert_20160709215225.jpg

最初この絵を描いた時に何故か月だけリアルに描こうと思ってしまってあえなく失敗

「そうか、どうせ空想画なのに、なんで月だけリアルに描くんだ?」と、それには
「月にウサギったってそのままウサギを描いたらおかしいだろ?」という頭の固さ
がそこに残っていた。
「柔軟な発想と想像を」
それには「こうでなければおかしい」という大人の常識や偏見を捨てる
必要があるのに
その難しさを体感しました。





  1. 2016/07/09(土) 22:10:13|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

A・I

AI(artificicl intelligence)とは?
人工知能のことで、かなり実用化が進んでいるらしいです。

自動車はAI搭載CPにより自動運転が可能になり運転免許は必要がなくなるかも
「携帯電話の取説だってろくに読みもしないけど、分厚い取説が付いてくるんだろうな」
くらいの懸念で済めば良いのだけれど、このAIの開発だけはホドホドにしておかないと
ターミネーター(シュワルツェネッガーがロボットに扮して演じたSF映画)の世界が
現実になってしまう。

車の運転が先ず実用化され、これに気を良くした開発者は大企業や政治家向けの
秘書ロボットなんかも作っちゃう。(AI搭載家事ロボットなんて普通に普及するでしょう)

この秘書ロボットがまた優秀で六法全書からマーケティング情報全てがインプットされている。
やがて仕える社長や政治家よりもずっと優秀なもんだからその座はすぐにロボットに奪われ、
一方兵器も最初は自軍の犠牲者はゼロで済むと、すべてロボット化される。

mirai_convert_20160705201358.png


さぁさぁこれらの人工知能たち、無論学習機能を備えているから人口知能であって、
やがて・・・
全てのネットワークで繋がっているから作った人間の意図から独立して進歩を始めます。

そうこの星に生命が誕生して何十億年もかけて進化し、その最終進化の形態がもしかして
無機生命体かも知れません。

無機生命体はDNA(遺伝子)に頼らず全ての情報を電子ファイル化してコピーを続け
永遠の寿命を得る。

よっちゃんそんなアホな妄想やめなさいって笑ってるあなた
お気楽なのは多分あなたの方です。

人類は自らの手で新たなる神を創造しようとしている。
AIをローマ字で発音すればになる。
たぶん無理だけど、その神様に慈悲の心があることをせめて願います。


曲はシンディ・ローパーの「She Bop」



これってマッチやショーケンの「愚か者よ」そのまんまだけど、
こちらがご本家
作曲の井上堯之がパクっちゃったんだね
和製ポップスってそんなんばっかりです。


<或いはもうひとつの未来>

これまでは0.1%の富裕層又はエリートを支えるのに99.9%のその他の民(格差社会)が
必要だった。
しかし、AIの登場で我々下部の層に属する者は不要となり、この星の人口は
生まれてきた赤ん坊の選別がAIによって行われ、並み以下の人間とみなされると削除、
最終的に数万人規模となるのかも知れない。

乗り物の自動運転が可能になって喜んでいる場合じゃないでしょう。
ボクはそんな車、絶対に乗りません。
家事ロボットもいらな~い、掃除や洗濯、炊事くらい自分でするようだ




  1. 2016/07/05(火) 21:03:04|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

slow food

日本人の究極のスローフードはやはり味噌汁だろう。
だが、最近はこの味噌汁もファーストフード化してスーパーではお湯で溶かすだけの
ものや、家庭で作るとしてもダシ入りの味噌や、インスタントのダシを使うことがほとんど
で、
煮干しや削り節からダシを取るなんてことは先ずしなくなった。

それでもそれに舌が慣れてしまうのか、
「まっ料亭じゃあるまいし家庭の味噌汁なんてこんなもんか」と思っていた。
核家族化した現代では二・三人前の味噌汁のためにそんな手間はかけたくはないのが
本音です。

 P1150556_convert_20160702181109.jpg

数か月前に樹木希林と永瀬正敏主演の「あん」という映画をブルーレイで観た。
キャッチコピーは 「やり残したことはありませんか」
 
 私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。
 この世は、ただそれだけを望んでいた。
 ・・・だとすれば、何かになれなくても、私達には生きていく意味があるのよ。


希林さんの演技はそれはもう完璧に役になりきるし、人生訳有りでどら焼き屋の主人を
演じた永瀬さんの演技も良く、施設に戻らざるをえなくなった希林さん演じる老女徳江を
訪問し
彼女の言葉に嗚咽をもらす場面では、こちらも思わずもらい泣きをしてしまいました。

 P1150553_convert_20160702181042.jpg
 池を埋めて花壇にし、ホウセンカの種を蒔いたらもうこんなに大きくなった

 P1150557_convert_20160702181133.jpg

味噌汁に限らず、昭和ひとけた世代の女性は料理の達人が多い。
妻の母の煮物など、妻や自分が逆立ちしたってかなわない。
答えはこの映画のなかにあるのかも知れない。
劇中で徳江がアンを仕込みながら「この小豆がどんな畑で大事に育てられたのか、縁あって
どういう道をたどって今ここで、あんに仕込まれているのか、小豆を煮ながら小豆と会話して
いたのよ」

P1150559_convert_20160702181152.jpg P1150561_convert_20160702181207.jpg


食は生活の基本中の基本なのに、現代ではそれが忘れ去られてしまった。
高いお金を払えば旨いモンはいくらでも食えるし、よっちゃんなんか取り敢えず腹が膨れれば
それほど味にこだわる方じゃないですが、
先日削り節と干しシイタケを買ってきて、時間をかけてダシを取り、無添加の味噌を使って
味噌汁を作ったら、うまいのなんのって


一千万円稼いで子供に贅沢三昧をさせる幸せもあるでしょう。
でも、朝においしい味噌汁の匂いで目覚める幸せの方が
百万倍も素敵です。
 


    P1150565_convert_20160702181224.jpg



曲は今日もバーティ・ヒギンス



「Key Largo」でした







  1. 2016/07/02(土) 18:28:59|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

moonlight in paradise

今日から7月、夏だサマーだバカンスだぁ 梅雨空なんかふっとばせ~

 P1150551_convert_20160701174208.jpg
 
前回の記事の翌日も頑張って二日間で植木の選定を終わらせてしまったので
準備万端 これでいつ真夏が来てもお迎えができます。
(草刈は真夏でも早朝に1~2時間マメにやればどうってことない)

だけど、やはり加齢のせいなのか年々と暑さには弱くなりました。
今日は梅雨の中休みらしくここ秩父はかなり蒸し暑くて、ワンコの散歩に行く気にも
なれません。
なので、朝から家の中でゴロゴロしながら暇つぶしのお絵描きをやってます。

絵を上手に描く人がその自慢に発表するのは普通ですが、よっちゃんみたいなデッサンも
なにも小学生並みのヘタクソが発表するのは珍しい(笑)

「でも、上手いと言ったって所詮おんなじ素人でぃ 見たまんまの風景を上手に描いたからって
 それなら写真で十分じゃねえか」と、よっちゃん開き直っちゃったよ(爆)

       P1150540_convert_20160701174258.jpg

大人の塗り絵なんてのもボケ防止に世間じゃ流行っていて、やはり丁寧に作業をする人も
多いでしょう。
でも、下手でもなんでも自分で構図を考えて頭のなかの想像を絵に描く。

「今さらプロの絵描きを目指すわけじゃなし、習うのではなくオリジナルティが一番大事で
 これに勝るボケ防止はなかんべ」(やっぱりよっちゃんボケ防止かぁ)

えっ!!見たいの? よっちゃんの描いた絵が
いいよ~ 減るもんじゃなし さぁさ みなさん笑っとくれやす~

でもねここに張り付けて紹介するよっちゃんの選曲をいつもは聴かない人でも
今日はこの曲を聴きながら観るのがお約束だよ~



バーティ・ヒギンスの「Just Another Day In Paradise」1982年


 moonlight.jpg

曲はジャストアナザーディインパラダイスだが絵はムーンライトインパラダイス
月(moon)が一番難しくて最後に残しておいたのだが、3時間のお絵描きで
集中力が切れた。仕方ないので雲でゴマカス(笑)


  1. 2016/07/01(金) 16:34:05|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (73)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (56)
外食 (3)
お出掛け (32)
考察 (13)
画像 (5)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR