FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

年の瀬山学校

DSC_0148_convert_20161230100908.jpg



あれはまだボクが小学生の頃、当時の田舎ではもちろん給食なんかなかった。
昼食は各自おふくろが作ってくれる手製の弁当を持って学校に通ったもんです。

そのお弁当を持って一応学校に行く振りをし、通学途中の山道で通学班の仲間から
抜け出しては一日を山の中で遊んで過す。
授業が終わり帰校時間のころ再び通学班に合流して家に帰る。

さぁこのズル休みの仕方を、我々は「山学校」 と呼んでは時々やっていた
もんでして、
大人になったいま振り返れば小学生くらいが習う学校の授業よりも
山学校で過ごし経験した事の方がはるかに生きていく為の役に立っています (笑)

中にはこの山学校専門の強者が同じ通学班の2学年上にいたことを思い出した年の瀬の
昨日です。

昨日一昨日と明け公休だったよっちゃんは年末恒例のサッシの窓ふきやらなんやらとそれは
慌ただしく働き、やっと暇が出来た昨日の午後は閃いたオーディオの配線なんかを
やおらおっぱじめた。

  DSC_0152_convert_20161230101021.jpg

  二台ある真空管アンプそれぞれの音色をやはり二台あるスピーカーで
  それぞれ聴き比べをしたいのが人情ってもんです
  少し配線が複雑になり、それは音質的にはマイナス効果ですが、やってみたら音質の 
  劣化は差ほど気にならなかった。
  もうひとつ、コントロールアンプからのプリアウト端子は一系統しかなく、アンプの切り換え
  にも セレクターを繋いだが、これはダメだった。
  どうも真空管アンプ同士が若干に干渉しあいハウリングっぽい雑音がする。
  仕方ないからパワーアンプ(真空管)の切り換えはその都度RCケーブルの差し替えです。



そうなると当然その配線での「音」をタップリと鑑賞したくなるってもんです。
だけど大晦日の明日を含めてこの二日間は出勤日で、年越しは職場で迎える今年のシフト
「やっちゃおうかな~山学校」 (ズル休み) (*≧∪≦) 

  DSC_0153_convert_20161230101037.jpg
   わざわざ山の中に行かなくてもすでにここが山の中だ(笑)


仕事から帰宅した妻に夕方作っておいたリンゴの丸焼き(焼きリンゴ)をご馳走しながら
「明日ジイは山学校だよ」と話したらキョトン(傍にいたジャッキーもキョトン)
子供の頃の話をしたら大笑いされて「どうぞお好きに」と言ってくれた。
「ワ~イワ~イジャッキー明日は山学校だから君とも遊んであげるよう」
ジャッキー君も尻尾を振って大喜びです。
(焼きリンゴは芯をくり抜いてアルミホイールでラップし薪ストーブの炉の中で10分焼けば
 簡単にでき、水分が抜けることで糖度がグンとあがり美味しいお菓子の代わりになる)


 DSC_0154_convert_20161230101101.jpg


よっちゃんファミリーの大人たちはそれぞれ皆仕事を持っている。
今度のお正月は皆スケジュールの都合がつかずに我が家に集合はない。
淋しい気もするけれど、皆に聴かせる程にはギターの腕前も上がっておらず、いいさ静かに
新年を迎えるさ。

 DSC_0156_convert_20161230101447.jpg
  ボクの手製クリスマスリースもすでに赤い実はすべてピーちゃんの胃袋の中です

このブログも5年目に突入するんですねぇ
こんなたわいのないことを書きながらも何よりも自身を見つめる良い機会となりました。

もう一年頑張って更新を続けますので皆さま来年も宜しくお願い申し上げます。

デワ良いお年をお迎えくださいまし







曲はベン・E・キングの「STAND BY ME」です



この曲もコードはわずか4個でギターが弾けちゃうんですが、まだまだつっかえつっかえ 
しかも歌詞が英語なんだよね~
いったいいつになったらカッチョ良く弾き語りが出来るんだろう

さて、映画の方のスタンドバイミー
貴方はこの四人の少年の中でどのタイプ?
ボクはどの子の要素も備えてるけど、一番近いのはやはり主人公の
ゴーディ?少年だっけかな その子に凄く親近感を感じて自分に
近い感じがします。
この映画では少女は出てきませんが、大体が子供時代の女の子って
親や先生の言うことをよく聞く一見真面目な子ばかり
素直過ぎるボクの性格は、その裏側のドロドロの気持ちなんて理解出来る
筈がなかったよなぁ







スポンサーサイト
  1. 2016/12/30(金) 10:36:08|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

クリスマスイブ

今夜はイブ、これまでの長い人生で初挑戦のクリスマスケーキを焼いたり
鶏もも肉の照り焼きの下ごしらえやらなんやらと、よっちゃんは始めたギターの
練習をする間もないくらいに朝から忙しい。

DSC_0133_convert_20161224150118.jpg

冬至(12/21)の日の出を庭から撮った
日の出時刻は東京が6時47分だったかな だけどここは東側の山の稜線から
日が昇るのはそれから約1時間後でした


この前、次男嫁と孫娘にギターを買ったことをラインで伝えたら
「ええ~ジイはなんでわたしがギターを始めたいと思ってたのがわかったの?、
 ギター買ってくれたんだ」
ときたもんだ (笑)

しょうがねえなぁもう 気前のいい舅だからクリスマスプレゼントの代わりにチューナーも
つけてエエイもってけ泥棒・・・いいえ届けてあげましたぜ 

そしてまたハードオフで自分用の中古ギターを物色するハメに 

   20161217_183222_convert_20161224150722.jpg


モーリスのギターが手ごろな値段であったのでヤマハや他メーカーのギターと迷った揚げ句
やはり第一印象でモーリスに決定
家に帰って弾いてみたらFコードがどうも嫁にあげたギターよりもうまく押さえられない
よくよく観察してみたら第一フレットが若干薄めに出来てるために初心者には向かないことが
分かった。
また往復2時間かけてヘッダウェイという長野県松本にある工房のギターと交換してきました。

だけどさぁ、つくづく思ったよ・・・嫁に
「そんなマニュキュアした長い爪じゃギター無理だべ」と
説教たれながら彼女が持つギターのネックをみれば、あれまぁ細くて長くて綺麗な指が
難なく6弦まで届いてるじゃねえかよ
ついでに孫たちの指をチェックしてみればチクショウメ、みんな綺麗な指をしてやがる 

クリスマスだから神様は恨まないよ、だけど代々がお百姓さんだった我が家系の血統を見事に
受け継いだこの手足も指も短い体型を恨まずにはいられないよう  ( ノД`)シクシク… 


さぁ「料理には指の太さや手足の長さは関係ねえさ」と気を持ち直して今夜のケーキと料理作りだぁ

  DSC_0142_convert_20161224150157.jpg


まぁ恰好悪いけど、それはいいのよ(笑) 
作ってみることに意義があると言うことでね

  DSC_0143_convert_20161224150210.jpg


スポンジケーキにはこの時期毎年二番目の兄が送ってきてくれる山形のリンゴを厚めにスライス
して一緒に焼いてあるのだ。
ポテトサラダも完成してるし、あとは妻の帰宅時間に合わせ、昼前からよっちゃん特性のタレに
漬け込んでる鳥のもも肉をオーブンで焼けば、今夜のアローンツゲザー(ふたりぼっち)クリスマス
のディナーメニュー完成ですじゃ

  DSC_0144_convert_20161224150223.jpg



今夜は下戸の妻にもシャンパンを許そう ・・・後片付けも苦に思ったことはないから
代わりに妻とワンコたちはボクのヘタクソギターと歌を聴かねばならない苦痛が待っているのだ~





デワ、ただいま猛特訓中の井上陽水「新しいラプソディー」をよっちゃんで
ってウソウソ そこまで恥知らずじゃないから







追記


この記事の更新時に間に合わなかったよっちゃんシェフのワンプレートディナーディッシュ

 P1150961_convert_20161225100301.jpg

メインはローストチキンでそのつけ汁を利用した煮玉子とポテサラ
付け合わせのレタスは直前までウチの畑にあり採りたて超新鮮

   P1150959_convert_20161225100237.jpg

昨夜のイヴは気が抜けたらおいしくないとシャンパンを欲張って飲み過ぎた後
炬燵でグースカの自分がヨッパでやんした 






  1. 2016/12/24(土) 15:29:46|
  2. 板前よっちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

招待状のないショー

取り敢えずギターを弾けるようにと再開した自己流レッスン

中古のギターを買うにも、果たして弾けるようになるまで続けられるか自信がなかったので
どれ程のお値段で買ったら良いのかもわからずに数千円で買えるのを手に入れた。

 DSC_0120_convert_20161213131620.jpg

 P1150957_convert_20161216230314.jpg

 今年もヒヨドリがバードフィーダーを訪れる季節がやってきました
 

 DSC_0090_convert_20161216230344.jpg

 この前のクリスマスリース、やっぱりね・・・
 他にいくらでも実がなってる木が傍にあるのに棘がなくて食べ易いんだろうね
 気が付けばピラカンサの実がヒヨドリPちゃんに食べられてます


さぁここが問題だった。
やはり楽器店でその道のプロにレクチャーを受け、初心者に向いたのを購入すべきだったのかも
知れない。

だけどねぇ還暦のジイさんが「丸きりの初心者です」ってこれも勇気がいるんだよねぇ(笑)

試しに購入してから数日のちに他のお店で手に取ってみたギターは難なくGコードが抑えられる
じゃねえかよ ヽ(`Д´)ノ
因みにGコードは薬指が一番太い方の端っこの絃で小指は一番細い方の端っこの絃を押さえ
なければならず、どうしても薬指が隣の絃にあたって澄んだ音色が中々出せないんです。

でもまぁいいかぁ所詮数千円だし、半年もこのギターで練習したら次は失敗しないようにコードの
押さえ易いのにステップアップすればね。

音階はA(ラ)からG(ソ)までの高々7音階しかないのに(#や♭は入るが)コード(和音)の数ったら
それこそきりがなくて、どうやったら効率よく指の位置とコード名が覚えられるのだろうか?
曲を弾くのには楽譜に割り振られたコード名をみてそれを瞬時に押さえなければならない。

「つっかえても何でもとにかく反復練習あるのみだぁ」と、頑張ってるのだが
やはりコードの押さえ易いギターを最初に買うべきだった 。゚(゚´Д`゚)゚。
指先に余分な力が入りすぎて、指の腹に血豆ができそうだよう


コードを覚えてから曲を弾けるように練習すべきか?
弾きたい曲のコードのみを取り敢えず覚えて、鼻歌でも歌いながら上手くなるのか?

これも思考錯誤中

暗くなって家に入れてもらったタロウとジャッキーがおやつ頂戴ようとワンワンうるさい時に
「そうかトウちゃんのギターを聴きたいのかぁ」と傍にいってポロロンとやると
アララ・・・迷惑そうに寝たふりしておとなしくなってくれる ψ(`∇´)ψヘヘヘ~


DSC_0130_convert_20161216230248.jpg

今夜はモツ煮に里芋とイカの煮物をつまみにイッパイです
スルメイカって今高いんでビックリ 一杯で400円もしたので、
安いヤリイカにしました(しかも値下げ処分品) 
只今ダイエット二ヶ月半でマイナス5kg成功 目標まであと少しだぁ



曲は穏やかな冬の午後に絶対弾き語りで歌えるようになりたい
陽水のアルバム「招待状のないショー」の最後の曲
「結詞」(むすびことば)です




浅き夢~  .淡き恋~
遠き道~  青き空~ 




  
  1. 2016/12/16(金) 23:24:53|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

a long long time & road again

人の性格を判断するのにつかわれる方法で、コップに残った半分の水を
あなたはもう半分しか残ってないと思う方ですか?
それともまだ半分も残ってると思う方ですか? なんてのがあります。
(水じゃあたかがしれてるけど、これがお財布の中身だと中々切実な問題だよね)

ボクの人生をそれに例えれば水の残りはもう半分どころか、3分目か2分目も残っちゃ
ないかも知れません。
だけど考え方次第で「まだ空っぽじゃないから残りの水を大切にしよう」とか、
生き方次第ではその水が注ぎ足される事だってあるかも知れないよね。




DSC_0097_convert_20161213130012.jpg

問題なのは残りの水の量(時間)じゃない、その密度だよって思ってる 


高齢化率が全国上位のこの地に来て接する老人の多くが、何でも歳のせいにしては愚痴ばかり
「これから何かを習ったり勉強なんて年寄りの冷や水だんべ」と、諦めてしまう老人の多い事。

仕事で否応なく接しなければならないが、毎度のお話しは誰かのうわさ話や悪口と
お金持ちを嫉む話ばかりでホトホト嫌気がさします。

それだから
当ブログの10/17記事じゃないがスパイラスシーズンズどころか、毎年毎季節同じ処を
グルグル廻るだけで向上心をなくした余生なんてまっぴらごめんと思ってます。


DSC_0099_convert_20161213130026.jpg
 今朝はタロウが若い頃ふたりで何度も何度も歩いた4kmのロングコースを散歩
 タロウは道端の匂いを懐かしむように、立ち止まってはゆっくりゆっくり歩くので
 1時間半もかかった



若い頃にやり残したことは誰にだってある筈。
年寄りの冷や水と揶揄されようが、その未練を引きずったままであの世になんか
召されたかないもんね~

そんな思いが日ごとに増して、ついに再び手にしたのが中古のアコースティックギター


昔、阿佐ヶ谷のオンボロアパートでひとり暮らしをし、女の子にモテようと始めたのが40年前
だけど太くて短いボクの指では初心者がだれでもつまづくFコードがどうしても押さえられず、
且つ隣の部屋のお兄さんに「あいついつまで経っても上達しないなぁ」とバカにされてるようで
わずか半年で挫折してしまった。



DSC_0115_convert_20161213130051.jpg


マイオーディオにアナログレコードが復活し、時々聴く古いフォークソングに触発されて
女の子にモテたいなんて不純な動機ではなく、ひとり過ごす午後に山の景色を眺めながら
ギターの弾き語りなんかが出来たら素敵だな~って

そしてとりあえず安物の中古ギターを手に入れ、弦だけは新しいのに張り替えた。
楽器店で「チューニング用の音叉を下さい」って言ったら今時音叉でチューニングなんかしないらしい
(音叉はA`ラ'の音で440ヘルツ、この音を基準にすべての弦を自分の音感頼りに昔は調弦した)


DSC_0125_convert_20161213130127.jpg


今はギター用のチューナーという装置が安いのは1000円で買え、これですべての弦をピタリの音に
チューニングできる。
これも買って来てとりあえずチューニングしてボロロ~ン う~んいい音色だねぇ
初心者用のテキストもブックオフで買って只今特訓中なんだけどさぁ

やっぱりボクの指は太くて短いのでギター向きじゃないんだよ~ん 。゚(゚´Д`゚)゚。 
「いったい誰に似たんだよこの指は?」と両親を恨んでも始まらないし、
今度の動機は「モテたい」なんちゅう不純なモンじゃないから、人里離れた山里で誰に気兼ねも
せず、存分に練習ができるのだ。


DSC_0126_convert_20161213130142.jpg

   君たち耳をふさぐ仕草や逃げ出すのだけは勘弁してくれよ 


  DSC_0122_convert_20161213130106.jpg



せめて多少音が濁ってもコード順のストローク奏法で鼻歌でも歌えるようになれたらいいな
そしたら憧れのマーチンやギブソンのアコギ(アコースティックギターの略)を買っちゃうのさぁ


ごめんよ・・・息子や孫たちよ
君たちにお金や財産は間違っても残せそうにないよ
それを充てにするような育て方もしなかったから
そんなもので人が幸せにゃなれない事くらい、既に君たちは知ってる筈だけどさ

代わりに、ボクの生き様を心に刻んどくれ、それがボクの残せる唯一の遺産さ





曲は高木麻早の「ひとりぼっちの部屋」です







  1. 2016/12/13(火) 11:58:12|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超自然素材のクリスマスリース

年末の季節の午後は短い、だから早起きして午前中を長く使わないと
一日はあっという間に暮れちゃうよね。

DSC_0067_convert_20161209145826.jpg


そんなわけで8時にはもう朝のアルコールを軽く流し込み、9時からは山里を
ワンコたちとお散歩に行く。


DSC_0069_convert_20161209145932.jpg


最近タロウは少しボケも始まったのか、昨夜なんて犬小屋デッキに帰るときに
真っ直ぐ入らず(いつもは「もうお休み」と言うとリードなしでも自分から帰る)

子犬の頃「家の廻りをひと回りして警備して来い」の命令でよくやっていた巡回警備に
勝手に行っちゃうんだから・・・もう 暗闇をヨタヨタじいさん犬が危ないったらありゃしない

でも今朝は調子が良さそうだったので久しぶりのロング散歩、2時間近く歩けましたよ。


DSC_0066_convert_20161209145843.jpg DSC_0079_convert_20161209145906.jpg


夫婦二人じゃ大したクリスマスもしないけど、まだ昼までに少し時間があったので
その辺の材料でクリスマスリースを作りました。

DSC_0080_convert_20161209145952.jpg DSC_0081_convert_20161209150005.jpg
  殆どゴミで誰も見向きもしないような材料を使う
  もちろん材料費ゼロ円 



畑にあった枯れたススキと蔦のつるを使ってベースにし、やはりまだ青い蔦の葉を
巻きつける。

棘だらけのピラカンサを痛テテとちょん切ってきて飾り付ければ
ホラ、天然素材100パーセントのクリスマスリースの一丁あがり
今度散歩に行くときは松ぼっくりも拾って来なくちゃ


DSC_0088_convert_20161209150042.jpg


クリスマスまで葉っぱの緑と赤や黄色い実が持つか分からんけど
そのままポイしたって 土に還ってくれるから安心です。


DSC_0084_convert_20161209150024.jpg




曲はチャット・ベーカー&ビル・エバンスで
「Alone together」(ふたりっきり)






そもそも趣味の世界でコレクションした物を値段でしか価値の基準を
持たない人って、ちょっとボクの感性とは違ってる。

先日ボクのスピーカーをみて、さすがにズバリ値段を聞くのは厚かましい
と思ったのか桁数で聞いてきたお方がいらっしゃった(笑)

言ってる桁がひとつ少なかったが、そんな事はどうでもいいので、
「どっちのも国内でいまだに現役で鳴ってるのはもう三桁も無い筈」
と応じました。
だから、もしもこれを買値の倍で売って欲しいと言われても手放さない。
それを元手にもっと高級機種を買う手もあるが、投機で趣味してる訳じゃないし、
何よりも愛着がある。

もしも更にレアな物があり、欲しかったらその時の天の采配まかせ。
お金は勝手に後から着いてくるが、分相応ってもんがあるかんね。

レコードだって名盤廃盤は新品の定価よりも高いけど、買える
お金がサイフに入ってれば買っちゃうのがボク

「お金は勝手に後から着いてくる」の信条とは、自然の摂理法則に従う考え

水の流れの如く何時も流れは清くなくてはならない。
溜め水は腐りどぶ水となる。

お金も流れがあるから清くいさぎよく遣えばその分は上流から新鮮なのが
補給される。(労働の対価として、先にお金有りきの働き方とは違う)

金は腐らないが永く溜め込むと持つ人の心を濁らすんです。


一方で今日のリースみたいにタダの物だって、ボクにはお金に
換算出来ない。
タロウやジャッキーを物好きが一億円で買うと言われても
(そんなの万が一にもないが)お断りだしな


先日ビル・エバンスの名盤ムーンビームというアルバムを店頭で発見
売り出し時の倍のお値段だったが迷わず購入
チリチリ古い盤特有の雑音だらけだったが、食器用洗剤で盤を洗ったら
新品時の音が復活した。
こんな乱暴な裏技はお金の価値にばかり拘ってると身に付かない
それこそお金を何度もドブに捨てた(自分はそう思わないが)
経験から生まれたアイデアです。




  1. 2016/12/09(金) 15:25:11|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスマスキャロル

日本て不思議な国だよね
お江戸の昔にはキリスト教はご法度だったのに、いつの頃からだろうね
クリスマスを祝うようになったのは

DSC_0026_convert_20161206215008.jpg


だけど日本のクリスマスってさ、別に宗教的には無関係で最近盛り上がってる
ハロウィーンもそうだよね

クリスマスパーティーとサンタさんのプレゼントだけの只のお騒がせイベントさ 

仏式や神前式はオシャレじゃないと敬遠されて、クリスチャンでもないのに
この時だけにわかキリスト教徒になって挙げる結婚式とおんなじ感覚でさぁ

そもそも本気で神様や仏様を信心なんかしちゃいないのに、
「やれ宝くじが当たりますように」とか「受験に合格しますように」
なんてご都合宜しいと言うか、ハッキリ言ってあつかましくはないですか (笑)

誰かが昔歌ったクリスマスキャロルって歌詞が出てくる曲もそもそも
それがクリスマスに歌われる聖歌やイギリスの作家が書いた小説の
題名ってことも知ったこっちゃない


そんな事を説教じみて若者に話そうもんなら途端に
「理屈っぽくて小うるさいジジイめ」と、ガン無視されちゃうもんね


これが10歳くらいまでのお子ちゃまだと結構素直に聞いてくれるから
やはり子供の内の教育って大事だよね

クリスマスパーティーの時に、お子さんでもお孫さんでもこの
クリスマスキャロル(ディケンズ作)のお話しをかいつまんで聞かせてあげれば
きっとその子はいい子に育つと思います。

少なくともこのお話しの主人公「スクルージ」みたいな強欲で意地悪な
大人にはならないと思うけどね



ほら、そこの旦那さん(笑)
せめてクリスマスの日くらいはさ、愛する奥さんに感謝の言葉を
伝えたってバチは当たらないよ~
間違えてもキャバクラオネエサンにそれしちゃったら三人の幽霊  が
夢に出てくるぞ~











  1. 2016/12/06(火) 21:06:09|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤と緑のハーモニー

年末のこの時期に赤と緑色で連想するのは当然間近に迫ったクリスマス


DSC_0036_convert_20161205110828.jpg


色の組み合わせは無数にある。だからカラーコーディネーターなんて職業もあり、
資格試験もあるくらいです。

モノトーン(白黒)写真は陰影のコントラストを強調し、観る者に元の色を自由に連想してもらう。
そんな方法もあります。


 DSC_0009_convert_20161205110608.jpg


今、よっちゃんちの庭は南天の赤い実とピラカンサの赤い実が鮮やかでして、
それを味わうならやはりカラーです。
(野鳥たちはエサの少なくなったこの季節、舌で味わう?ために沢山庭に
 飛んで来てますよ)


DSC_0028_convert_20161205111813.jpg


ほとんど葉が散ってしまった桜の木や雑木たちで少し寂しい庭の風景に、
この季節ならではの鮮やかな色どりを与えてくれる赤い実と緑の葉っぱ


DSC_0038_convert_20161205110806.jpg


写真を撮りながら「そうかもう直ぐクリスマスなんだな」などと感慨に耽りながらレンズを
とっかえひっかえしてたら、アレレのレ・広角レンズが「レンズ未装着」のディスプレイと
ともに使用不可になっちゃった 

メーカーの相談室に電話して確認したら、どうもレンズ側の不具合らしい

「ホーレ!!中古なんか買うからそんなことになるんだよ」と、普通は思うのでしょうね


DSC_0034_convert_20161205110844.jpg

昨年伐採したヒノキの倒木から生えたきのこ 🍄 食えるのかなこれ(笑)
畑にも美味しそうなきのこ 🍄 が生えてるんだけど、あまり詳しくないから
食う勇気はありません


でもね、なんでも前向きなボクは中古を購入する時点でそれも想定範囲です。
むしろ、こういうトラブルでまたカメラのメカに詳しくなれるのであまり腹も立ちません。
幸い半年の保証が付いてるのでお店に電話したら着払いで送って下さいとの事。


DSC_0022_convert_20161205110702.jpg


イヤイヤそんな横着はイタシマセン。
これから購入したお店に出かけて修理に出し、他にも欲しい交換レンズの物色に
行ってきますがな(笑)



 追記 19:00


DSC_0059_convert_20161205184554.jpg


行ってきましたよ、カメラの保証修理に・・・

メーカーへ修理に出すか、全額返金も可とのことなので、そのお金で別のを購入しようか
とも思って陳列棚を物色。
年式の新しいのもあったけれど、交換レンズの棚を見ると故障したレンズとすっかり同じのが
2本あった。
店員さんに断って、そのレンズを装着したら問題がなく、再度店員さんと相談し、そのレンズとの
交換で折り合いをつけました。
だからいつ直ってくるのかとヤキモキする必要がないのだ。

逆の立場(自分が店員)でこの様なケース、よく横柄な態度をとる人がいてとても嫌な気分に
させられた経験が何度もあります。

店に悪気はないのだから、普通の態度で接すれば店員さんも誠意を持って対応してくれ
その方が結局良い結果になります。
今回も店員さんは気持ちよく対応してくれましたよ。


DSC_0053_convert_20161205184539.jpg


  1. 2016/12/05(月) 11:40:55|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

師走

今日から12月、一年を締めくくる月がもうやってきた。
鬼が笑おうとも、来年は酉年です。

DSC_0267_convert_20161201085415.jpg

予感的にはひと月後に迎える新しい年は世界でも日本でも大きな変化に見舞われることに
なりそうです。

動物になぞらえた干支ですが、酉年は鳥をあらわしニワトリなんかがイメージされますけど、
大空を飛べず、やがて食われるニワトリよりもどうせなら空高く羽ばたく鷹や何千キロも旅する
鶴のイメージで、その変化は希望を見出せる変化であって欲しいと切に願ってます。

世間のことは自分の力だけではどうにも変えられないけれど、自身の事なら努力次第で
どうにかなるかも知れない。
何もせずこのまま衰えただ老いぼれていく自分をみたくはない 
よっしゃー! 来年はひとつ大空を羽ばたく鳥になったつもりでがんばるぞ~

DSC_0269_convert_20161201085105.jpg

欲しかった「キタキツネ物語」のサントラ盤LPレコードを大阪のショップで見つけてゲットした。
ネット(スマホから)で注文した翌日(昨日)にはもう届き、早速聴いてみた。
楽曲はどれも良いのに、録音が手抜きなのかはっきり言って音質がイマイチで勿体無い作品と
なってしまっている。

以前もこのレコードは持っておりよく聴いていたが、差ほど音質が気にならなかったのは耳が
肥えちゃったから?

 DSC_0284_convert_20161201085040.jpg


中古で揃えた装置の寿命がついにきてしまったのか?と、思えるほどに音を奏でてくれない。
盤の溝に傷もなくすごく綺麗なのにどうして?・・・

だが、どうも伴奏のピアノやギターの音が前に出て来ないのは音がちゃんと拾えてないらしい
事が判明。
急ごしらえの録音でマイクやミキサーのセッティングがどうもいい加減だったのだろう。

もったいねえなぁ これ程の名曲が詰まっているのにさ
映画がファミリーや子供向けの作品だったからって、ここを手抜きしやがって 
録音さえよければ後世に残る名盤に違いないのになぁ

装置の調子が不安で今日は別のレコードを掛けてみたが、ヤ~気持ちよく鳴ってくれてます。




曲はそんなサントラ盤より 「小さな翼」 タケカワユキヒデさんのヴォーカル



フレップとレイラの子ぎつねたちの一匹チッタは目と耳が不自由だった
当然厳しい自然のなかで生き抜くことは出来ず、巣穴近くの浜の波にさらわれ
幼い命が天に召される場面に使用された曲です



そしてもう一曲は町田義人さんのヴォーカルで「果てしない道」です




この映画では母ぎつねのレイラもお腹を空かせた子ぎつねの為に人家のニワトリを
狙い、ワナにかかって命を落とします。
作中なんども泣かされてしまいますが、その後残った子ぎつね達を男手ひとつで育てた
フレップが秋に壮絶な子別れの儀式を行い、厳しい北海道の冬を乗り越えた子ぎつね達と
春に再会しそれを見届けると、再び流氷に乗ってオホーツクの海を渡って行くエンディング

この映画も作品中に使われたこれらの曲たちも、ボブ・ディランの存在と
「The answer is blowin' in the wind」の曲の影響がなければここまでの完成度は得られなかった
そんな感じがします。

さてお日様も出て来たし、師走の風にでも吹かれにワンコとその辺を散歩して来ようっと






  1. 2016/12/01(木) 10:45:00|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風に吹かれて

DSC_0266_convert_20161130204516.jpg


風に吹かれて・・・

どんな風に吹かれながら君はもの想い
答えを探すのだろうか?

春の風ならば、旅立ちの不安と出会いへの期待だろうか

夏の風ならば、始まった恋の喜びだろう

秋の風、別れの悲しみ

そして冬の木枯らし・・・

The answer is blowin' in the wind



DSC_0265_convert_20161130204437.jpg



今年のノーベル文学賞、結局ディランは賞を受諾はしたが、授賞式には欠席するらしいです。

ノーベル賞授与にあたっては数多くの彼の作品から、この曲が占める影響力も大きいと
誰もが認めるところの「Blowin' In The Wind」(風に吹かれて・1963年作)です。

別に今回のノーベル賞じゃなくたって、この曲が日本の歌にどれだけの影響を与えたかは
数々のヒット曲を振り返れば瞭然とします。

交互にひとりの男としての疑問と社会への疑問を歌詞に綴り、最後に
「The answer is blowin' in the wind」(答えは風の中に舞っている)と締めくくる
具体的な回答をせずに受け取り手の発想の自由を内包している歌詞は
それを受けた別の者が作る曲へと発展する。

それは恋の歌でも人生の歌でも社会への批判でも自由だ。

DSC_0263_convert_20161130204404.jpg


キャンディーズの「春一番」 はしだのりひこ&シューベルツの「風」
前回の陽水の「風のエレジー」 拓郎や清志郎に、果ては八代亜紀まで
風を題材に歌った曲はもうキリがない。
が、これらの曲は絶対にディランを意識し影響を受けていると最近改めて
感じてます。

そして曲が書けないものは絵を描いても写真でも、それこそ文学でも
その時に見つけた「風の中の答え」を探し表現することができる。


DSC_0277_convert_20161130204533.jpg


彼のこの一曲がその後の文化に与えた影響が如何に絶大であるか?
ノーベル賞はそこを評価したのだと思ってます。

おそるべし・・・ボブ・ディランという男 

おそるべし・・・よっちゃんの下手くそな写真 (笑)

だって木枯らしに舞う落ち葉を撮影したくったって、🍃 風はじっとしてないから
焦点もフレーミングもへったくれもないんだよう 



曲は当然ボブ・ディランで「風に吹かれて」







  1. 2016/12/01(木) 10:35:00|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (55)
外食 (3)
お出掛け (29)
考察 (13)
画像 (3)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR