FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

奇跡

全てこの世は奇跡の上に成立している。
それは以前に1/無限などと言うこのブログの記事でも書いた記憶があります。

DSC_0038_convert_20170130095925.jpg

 庭の蝋梅がほぼ満開になりました。
 


DSC_0040_convert_20170130095946.jpg

     今、庭も玄関もこの蝋梅の花の香りが充満しボクちゃん幸せ     

       DSC_0047_convert_20170130100027.jpg


春は旅立ちの季節だが、すべての人がめでたく新たな人生の旅立ちを迎えられる訳じゃない。
受験に失敗した若者、職場の失態で左遷させられ失意の春を迎える人だって大勢居る筈。

だけどさ、人生をそこで投げるなんて考えはやめましょう。
そもそもあなたがこの世に産れたこと自体がもうほとんど奇跡以外の何物でもないのだから

地球上の人口が70億人としてその半分が男性、ひとりの女性(あなたの母親)がその35億人の
男からあなたの父親と巡り会って、その父親が放出した精子が約一億ケ
3,500,000,000×100,000,000/1の確率であなたはこの世に生を受け、
更にこの地球は宇宙全体の銀河系の数が最近では兆の位で存在し、我々の銀河はその中の
一つで、その銀河の中には数千億個の太陽が存在しています。
そうです、もう天文学的数字の何物でもないゼロがいくつあっても足りない確率で僕たちはこの世に
存在しているのです。

 DSC_0045_convert_20170130100010.jpg

 これもボクちゃんの幸せの原点
 またひとつアンプが入れ替わりました
 オールドマランツのパワーアンプモデル250
 そして117V仕様のマッキントッシュのプリアンプ用の
 100Vー120Vの昇圧トランスです


   DSC_0048_convert_20170130101215.jpg


だから僕らなどこの世からすれば居ても居なくてもどっちでもいい存在でしかない!!!
あれ?これじゃ励ましにならないや(笑)

そこで、逆も真なりの発想です。
この天文学的確率で存在する「我」の貴重さを考えましょう。
神も仏も信じなくて結構ですが、それはこのゼロがいくつあっても足りない確率の上に存在する
自身です。

人生に意味などありませんか?
あなた(わたし)の人生はこの天文学的ゼロのかず分の一の存在で、それはもう何物にも代えがたい
貴重なものの筈です。
足元の石ころや階段につまづくことだって時にはあります。
だけど・・・それを学習すれば今度は道を歩くのに石ころや段差を注意するようになる。

この先の人生だって幸せは天文学的な確率でしか存在していないのかも知れません。
今喜びにあふれた人だって明日を約束された訳じゃない。

この世の真実は神かも知れない、仏かも知れない、いやすべて数学上の確率かも知れない。
だけど、それはすべてが縁の成す仕業。

失敗も成功も縁が成す奇跡で、天文学的確率でこの世に生を受けたことに感謝の心を持って
生きて行けば、その先には必ず幸福があると思えてきませんか?


  20170127_133019_convert_20170130095838.jpg

この山里周辺で生きる野生動物達が病気や年老いてこの世を後にするときに
何故かボクんちの庭にやって来る。

狸にハクビシン そして今度はこの辺でも滅多に見かけない野生のテン
地方によって、テンはイタチが数百年生き延びて変化した妖怪であまり縁起良く思わない
らしい。
ですが、こうして最後の力を振り絞りわざわざウチの庭にやって来て息絶えたのをそんな理由で
放っておくのはボクの信条に反します。

  20170127_133455_convert_20170130095857.jpg

庭の隅に穴を掘って清めの塩と香を焚き手厚く葬ってあげました。

人間(特に綺麗なお姉さん)とは波長が合わずとも、こうした野生動物とは何故か波長が
合ってしまうのは何なのだろうか?
黙とうを捧げながらそんな不埒なことを考えていたよっちゃんでした・




曲はエヴァ・キャシディの「フィールド・オブ・ゴールド」です







スポンサーサイト
  1. 2017/01/30(月) 09:13:10|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イッツ・ア・エンジョイ・ライフ

以前コップに残った水の量で性格診断が出来ると書いたが、さてさて・・・

買い物などで遣ってしまったお金、残った財布の中身を見て
「ああ!!これしか財布にお金が残ってない」と、貴方は嘆いてしまう方ですか?
それとも「お陰でこんなに楽しいお買い物が出来た」とか
「このプレゼントで誰かが喜んでくれるのなら幸せ」と、思う方でしょうか?

絶対にボクは後者、これまでもムダ金はそれは沢山遣ってきましたが、お陰で生きた
お金の遣い方が、何だか最近はわかってきた様な気がします。
(オギャァと生まれて死ぬまでに失敗した事がない人など居るわけがない
 むしろその失敗を糧に明日へと繋げるか繋げないかがその人のスケールに係わってくる
 のであって、だから失敗を恐れて二の足を踏んではいけないし、そう考えればこのムダ金は
 決して無駄にはなっていない筈なんです)

DSC_0034_convert_20170123200107.jpg


それはその場で減ってしまったお金を惜しむ事じゃない!!
将来に通じるお金の遣い方は
その事でその時に遣ったお金の何倍もの幸福が将来必ず戻って来る遣い方。

ケチと節約の違いも何だか少しわかって来た様な気がする昨今です。

DSC_0035_convert_20170123201534.jpg


曲はロッド・スチュワートの「If loving you is wrong」



今日、ギタースタンドを買うついでに発見した懐かしいレコード
ロッド・スチュワートの「明日へのキックオフ」と言うアルバムよりB面の2番目
の曲です。
もちろん買って来ちゃいました。




  1. 2017/01/23(月) 20:19:33|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽だまり


寒中お見舞い申し上げます。

今シーズン最強の寒波が列島を覆い、日本海側や北海道では連日の吹雪で
関東は冷たい北風に晒されておりますが、皆様寒さなどに負けず、ご健勝に
お過ごしの事と願っております。

20170116_065803_convert_20170118124927.jpg
 この場所(秩父ミューズパーク)のこの時間(日の出前)の気温は氷点下6℃だった
 市内の病院へ一日置きに透析しに行かねばならない方の送迎の為に早出のお仕事
 です



ここ秩父は連日の冷え込みが続き、先日場所によっては氷点下7℃を記録しました。
今日は穏やかにお日様もさして、縁側から続くデッキは最高の日向ぼっこの場所と
なってます。

 DSC_0033_convert_20170118125209.jpg


昨シーズンは年末に咲いた蝋梅の花も今シーズンは寒中での開花で、現在一分咲き
の状態です。
午前中は伸びすぎた枝を高枝切りのノコギリで整枝し、蕾だらけの小枝は我が家の
花瓶や妻が職場に持って行きます。

DSC_0024_convert_20170118125132.jpg DSC_0023_convert_20170118125117.jpg


いつかの鹿肉がまだ冷凍で1kgも残っていたので、レンジで解凍して鹿肉ステーキや
鹿鍋(紅葉なべ)にしました。もちろん1kgも食べ切れないので半分はワンコたちの胃袋へ
ここのところ元気がなかったタロウは、このお肉の栄養のお陰で元気を取り戻し、
散歩もしっかりとした足取りで歩けるようになり、昨夜は玄関の土間から居間へと一年振りに
自力で上がってました。

 DSC_0018_convert_20170118125009.jpg
 鹿肉はそのまま焼いたのでは筋張っていて硬く美味しくないので
 厚切りしたお肉が半分くらいになるまで包丁の背で叩き、伸してみたら
 柔らかく美味しく食べられた


DSC_0022_convert_20170118125048.jpg DSC_0021_convert_20170118125034.jpg


新春とは名ばかりで本当の春はまだまだ先と思いますが、皆様風邪など召さぬように
ご自愛下さい。


曲はモダンジャズカルテットの演奏で「DJANGO」です








  1. 2017/01/18(水) 13:28:54|
  2. アウトドアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

案山子

DSC_0017_convert_20170107134629.jpg


正月に唯一観たテレビはBSで加山雄三が司会して
各アーティストをゲストに呼んでの歌と会話の番組

この番組にはさだまさしサンも出演し、案山子という歌が紹介されました。
当時ヒットした歌なので当然懐かしく、感動しながら聴きました。

早速レパートリーの一曲に加えたく、ギターのコードと歌詞をパソコンで作成。
都会に出た子供を思う親の気持ちは何時の時代だって変わらず
それは思わず瞼が熱くなるような歌詞です。

だけど、昨日の記事じゃないが「これは昭和の時代だから通用したんだなぁ」と・・・

「金頼むの一言でいいから電話して声を聞かせてくれ」
なんて、まんま振り込め詐欺やオレオレ詐欺の餌食だよ
今は情緒もへったくれもない時代になっちゃったなぁ


DSC_0013_convert_20170107134537.jpg


そうそう、この曲はコード展開が目まぐるしく弾き語りが出来る迄にはまだまだ未熟、
三年修行すれば何とかなるかな~

  DSC_0010_convert_20170107134612.jpg
  ほら、この手  手の平の面積が異様に大きくて指は太くて短い
  妻には奇形とか言われるけれど、世が世ならマンノウや鍬を
  持たせたら誰にも負けない、お百姓さんとしては立派なゴツイ手さ


まるでこの歌の様に進学のために家を出たきり、あれから二十年
都会で暮らす長男が久し振りに顔を見せたので、ボクのギターを聴かせたら
「まるでギャグだね」と笑われた 😭
「親の心子知らず」痛感致しましたとさ







  1. 2017/01/07(土) 10:13:25|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おかしいよ!最近のTVは

そろそろお正月気分もぬける頃ですね。
TVの年末年始の番組なんてまったく興味もなく観ませんでしたが、夕方のニュースはよく
観ます。
そして今夜のNHK、この時間帯(18時台)では必ずお年寄り向けの振り込め詐欺防止の
アナウンスがありますよね。

呆れると言うかアンタ(NHKの女性アナウンサー)視聴者をバカにしてるの?
「そんな手口への私からのお願いです」 だってよ (笑)

まぁ簡単に振り込め詐欺に騙されるような年寄り向けだから、一人前の人間として扱わない
局の姿勢も分からないわけではないが、やっぱり可笑しかないかい「お願いです」ってさ

意地悪なボクなんかそもそも騙されたって振り込む元手がない年寄りなら世話がないし、
いい大人が簡単に騙されるなんて、それは自己責任ってもんで、そこまでTVが心配してあげる
必要があるの? 
ただの偽善の押し売りで、そんなアナウンスをありがたがるほどこちとら落ちぶれちゃいねえぜ

こんな詐欺に騙されるような年寄りなんちゅうのはそもそもいつもここに書いてるように
お金第一で生きて来て深い思慮なんてのには無縁で「ただお金持ってれば安心」みたいな老人だろ

それでも詐欺は確かに犯罪だから、しいて注意を喚起するなら「アドバイスです」だろうにさ

そして昨年末の茨木の震度6の地震の時のニュース
地震発生から1時間も経った頃「火元は大丈夫ですか?火災や倒れた家具の、下敷きでお困りの方
は居ませんか?」ときたもんだ

バカだねえ そんな緊急事態の人間が呑気にTVのニュースなんか観てるか?
ここまで堂々と偽善を売り物にするのが最近の天下のNHKです。


余程苦情言ってやろうかと思ったけど、いいやここにこうして書けば
ボク、こんな低俗になったNHKに受信料なんか払いたくなくなってきたよ


ここ数年、固定電話(家電)に掛かってくる電話ってさ、やたらと
NTTなどの名の通った会社名を語って「料金がお安くなります」みたいな
勧誘電話が多い。
よくよく確認すれば有名企業とは無関係の全く知らない会社です。

電話での安易な勧誘を規制し、厳格な審査の上で許可又は認可された企業意外は
電話勧誘出来ない法律を作ってよ。
勧誘電話の際はその認可企業である証明が必須でそうでなければ取り合わずに済むでしょ!!

何でも反対する政党から脱却し、提案出来る政党を目指すと宣言し
結局代表質問で青筋立てて反対意見ばかりおっしゃるあのお方(笑)
こんな法案の提出は如何でしょうか



  1. 2017/01/06(金) 19:25:03|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賀正

明けましておめでとうございます

新しき年を迎え、皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます

そして
どうぞ今年も秩父山里便りを宜しくお願い致します



 DSC_0002_convert_20170101204931.jpg



曲はジョー・コッカーで1982年の映画「愛と青春の旅立ち」
そのテーマ曲「WHER WE BELONG」です




さて、めでたいお正月のお話しです。
守護神とか守護霊って確かにそれぞれの人物についていてその人を護って
くれているのではないでしょうか。
そして、ボクについている守護神は強烈な貧乏神様です。

数年前にこの神様のことがある程度理解出来る様になり、今では確信があります。

何が強烈かと言うと、この神様は確かに金運は与えてはくれません、
が、誰にも負けない健康な身体を授けてくれ、生きるのに必要な金銭くらいは
この健康な身体で稼げます。

特別な才能もなく出自も平凡な人間は金銭の欲望から解放されて初めて
奴隷の人生から解放され、真の幸せを探せる。

もしも、ボクの守護神が金運も運んでくれたのなら?
こんな境地には至れなかったでしょう

だから大切にします、ボクの強力貧乏福の神を



  1. 2017/01/01(日) 21:11:15|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR