FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

この空の下で

今日はタロウの初七日
古い日記のファイルを開き、彼の赤ちゃんの頃の画像を見て懐かしく一日を過ごした。

当時のパソコンはウィルスにやられ、今のパソコンは既に4代目で、貴重な画像などの
大部分を失してしまったが、幸いにも当時綴っていた日記だけはCDに文書保存してあった。

ワードに張り付けた写真を今日、苦労してこのパソコンにコピーすることができました。

tarou06_convert_20170826202411.jpg

tarou03_convert_20170826204249.jpg


tarou02_convert_20170826202615.jpg


tarou08_convert_20170826203011.jpg


P1010689_convert_20170826202746.jpg


tarou21_convert_20170826202641.jpg


DSC_0018_convert_20170826203246.jpg


  


スポンサーサイト
  1. 2017/08/26(土) 20:51:19|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あっぷるさんへ

我が家の愛犬「タロウ」へのあたたかいコメントをいただきありがとうございます。


タロウは今日午前、永眠しました。


  1503143654107_convert_20170819211124.jpg
   4日前、孫たちが遊びにきて久しぶりにタロウも家の前の市道に降りて
   みんなとお散歩

  


九日前に14歳の誕生日を迎え、食欲も落ちずに数日前は孫たちと元気に遊び
そして、この夏の秩父地方は毎日がぐずつき気味天気の冷夏なので、これならもう一年・・・
「15歳の誕生日も迎えられるね」と、毎日タロウを励ましていたのです。

ですが、やはり老犬にとっての夏は我々の想像以上に体力を消耗するらしいです。
共働きの我が家ですが、この夏はタロウを気遣い、出来るだけ家人が留守にならぬようにしており
今日も妻は午前中で早退して帰宅、早々に車庫から母屋の庭へ上がろうとした際に
弟犬ジャッキーのただならぬ吠え方に嫌な予感があったそうです。

案の定庭に息絶えて横たわるタロウに寄り添うようにしてジャッキーが妻を迎えたそうです。
連絡をもらい急ぎ帰宅したボクでしたが、それは安らかないつもの優しい顔でタロウはもうあっち側へ


夕方、ペット専門の火葬場にて「タロウの思い出を」と思い久々に当ブログをスマホで開いてみたら
「あっぷる」さんからタロウへの温かい誕生祝いのコメントがありました。

14歳と9日 ラブラドールにしては充分長生きしたと思います。
そして病気ひとつせずに最後まで獣医さんとも無縁でした。

いつか予言したように彼は苦しまず、それは安らかに眠るような最後の姿でした。

今朝も朝食は完食です。
ボクと妻には元気な姿のままお別れして、息を引き取る最後の姿は弟犬にだけ
看取らせました。
そうです、彼は最後まで気高く生き切ったのです。


  1503143794254_convert_20170819211143.jpg
  君と過ごした14年の日々は忘れない
  そして君から貰った素晴らしい時間を大切にして
  これからもボクは人生に挑戦していくよ



あっぷる様 そして読者の皆様  
タロウへの心温まる励ましや応援をこれまで沢山いただき、本当にありがとうございました。

     

    







  1. 2017/08/19(土) 21:58:38|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

旅路

振り返れば長いなが~い旅をしてきたような・・・

今月はボクの誕生月、還暦プラス一年になりました。

ねぇ、あなたは語るべき旅(人生)の物語りがありますか?

60年も生きて来たんだもの、それはひと晩では語りつくせないドラマが誰にだってあるよね。

聞いてみたいな「私の未来にあなたは必要ない」と別れたあの女性(ひと)たちのその後の
旅の物語りを


ってか、万一そんな彼女たちに再会したとして

「相変わらず夢みたいなことばかり言って、あなたはあの頃から少しも変わってないのね
 結婚がゴールで、その後はそれは平凡な人生よ。そんなあなたじゃ頼りにならないから
 別れたんじゃないの。だから人に語れるようなドラマなんてあるわけないでしょ」

なんて言われるのが関の山かぁ (笑)

(*`へ´*)ヘヘンだぁ ボクはまだ七転八倒しながら旅の途中に居るんだぜ
そしてボクの唯一の救いはそんなあてのない旅(人生)を一緒に歩いてくれる
女性(ひと)にめぐり合えたことさ。

先日ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」のブルーレイディスクを借りてきて観た。
ジャズピアニストの彼と女優を目指す彼女、互いの夢を叶えるために別れたふたりはそろって
見事に夢を叶える。
彼と別れてから5年後、別の男性と結婚した彼女がその夫とともに、彼がオーナーのジャズバーで
偶然再会する。
言葉は交わさないが、彼女が彼に出会い初めて強く魅かれた曲を彼は奏でだす。
そしてその5年の時(別れなかった場合の)が走馬灯のように画面に
映し出された。

1964年フランスのミュージカル映画「シュルプールの雨傘」と何処かダブルような映画ですが
演出が現代的でとても良かった。

P1110615_convert_20130604110406.jpg
 タロウは今日が誕生日、無事14歳になりました
 これは数年前の画像です



今日ひとりプチドライブの車中でこの映画の余韻とともに、そんなことを考えていましたとさ。

曲はそのラ・ラ・ランドより上記エンディングテーマ
Mia&Sebastian’s Theme です

 


  1. 2017/08/10(木) 20:49:46|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR