FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

踊り子2号

一昨日午後ジャッキーを伴い妻の車で引っ越し先へ
そして昨日引っ越しの荷物も無事に届きました。

 201803311205502a7.jpg

今日は自分の愛車を取りに再び山里へ
伊豆の伊東駅から踊り子号で熱海まで、そして新幹線に乗り換えてと、慣れない列車旅です。

引っ越しは手慣れたものとはいえ、荷造りと荷解きはやはり大変、
段ボール箱に何を入れたかマジックで書いても荷解きでは
優先的に使いたいものがどの箱に入っているか結構分からずに
結局全ての段ボール箱を開けて確認する始末です。
ボクの留守中に今日も妻はそんな作業でお疲れ様・・・
ジャッキー君は意外なほど冷静で忙しいボク達に気を遣い
引っ越し先でも大人しくしてくれている。
引っ越した最初の夜だけは犬小屋が届いてないので、ボクとリビングで添い寝して夜を明かしました。
どうせ自分の臭い付けに部屋でオシッコされると思ってましたが、
彼は家の中では決してオシッコをしません。
それは新居でも同様でして、なんてオリコウ坊やちゃんなんでしょう (≧∇≦)b

昨日今日と明るくなる朝の五時半から一時間以上近所を散歩し、
彼にも新しい環境と自分の家の場所を覚えて貰うようにしてます。

 20180331120837075.jpg

 
伊豆高原、
やはり夜明けの海を見下ろせるこの場所は素晴らしい環境。
ジャッキーも「ワァイワァイ夜明けの海だぜ~」と、気に入って
くれたみたいでひと安心してます。


今回はPCの回線がまだつながらないのでスマホからの更新です。

スポンサーサイト
  1. 2018/03/31(土) 11:26:15|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

時は流れて

  
    

引っ越しで荷物整理をしている時のお約束ごとは
古いアルバムや想い出の品の数々。

IMG_20180317_083114_convert_20180324103500.jpg
 朝陽差す高台からのこの山里の景色も頭に焼き付けておきました


数えればボク個人の引っ越しは既に10回、所帯を持ってからも
今回で5回目の引っ越しとなります。
納戸の奥の段ボール箱なんて封も開けられずに、これはどんな
お宝が入っているのだろう?と、妻が数十年振りに中身を確認した。

他の作業をしているボクに納戸の方から妻が黄色い声でボクを呼ぶ。

そこに40年近く前のふたりの結婚式披露宴の記念写真があった。

ショワーン 誰よ?この東映だか東宝ニューフェースみたいな美青年は
「君もこの頃は可愛いかったねぇ」と、余計なひと言

出てくる出てくる・・・想い出の若かりし頃の写真たち
忙しいさなか、一時間近くも見入ってしまいました。
ここにその写真を張り付けたいが、すでに数日前に引っ越し用の段ボール箱の中
若い頃の自分はきっと誰が見ても恰好いい  
だが今の自分も嫌いではない
それはそれなりのジイサンにしか写真には写らないけれど、ホラそこは渋みをました
田村正和さんか緒方拳さんか?なんちってねぇ 

IMG_20180324_092556_convert_20180324103538.jpg
 薪小屋前のおきまりワンコの日向ぼっこの場所 タロウが居ないのがやはり寂しい
 気が付けばコブシの花が咲いていた


けれどもそれらの大切な映像はともかく妻の思い切りの良いことったら
バッグ、着物、食器類、気持ちいいくらい次々に不用品のゴミ袋へ

捨てられる物と捨てられない物
懐かしい記憶と想い出は何度転居を繰り返しても、頭の中に増えていくだけで、
決して捨てられる物ではないことを痛感しています。

 IMG_20180324_071630_convert_20180324103521.jpg
 
昨日はひとり、吉祥寺の中古オーディオショップへ2時間かけて行ってきた
このどさくさ紛れに、新居に設置するスピーカーを購入
これまでで一番お値段のはるスピーカーで昨年夏から目をつけておいた品です。
でかすぎてこの家には置くスペースもなく、搬送搬入は楽器専門業者扱い。
送料だけでもそれなりの品が買えてしまいそうだが、やっと長年の念願が叶います。

そう言えば、不動産屋さんの担当者(女性営業)が数度の内見でこれは撤去これは改造
大工さんがそれは難しいと言えば直ぐに次の案を出し
パッパとあれこれ独断で決めていくボクの様子に驚き、残しておきたい内装を惜しそうに
している妻に向かって「奥様本当にいいんですか?」と気を遣ってましたっけ。
「大丈夫なんですよ ウチはいつでもこんなでお互いの領分は不可侵ですから」


あと数日でこの光回線が中断され向こうでの接続がいつになるかまだ不明の状態です。
それでは皆様、またの更新まで暫しのお別れです。


 


  1. 2018/03/24(土) 09:24:25|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お友だちいっぱい連れて帰って来るんだよ~


ご無沙汰してしまいました。

IMG_20180313_080928_convert_20180321205454.jpg
これは10日ほど前にチラホラ咲き始めた庭の枝垂れ紅梅
今はほぼ満開になり、徐々に春の賑わいを取り戻した庭とも
もう直にお別れ。
今日は春のなごり雪です。


さて、いよいよお引越しまで10日を切った今日この頃、
さぁまるで羽根が生えたように懐からお金が飛び出して行きます。

でも大丈夫、読者の皆さまだけにいいおまじないを教えてさしあげます。
こんな時、以下のようにお財布から出ていくお金へやさしく諭すように話しかけてあげるんです。

IMG_20180313_080916_convert_20180321205406.jpg


「暫しのお別れは寂しいけれど、お友だちをいっぱい連れてきっとまた帰って来るんだよ」

なんちゃってね
お通じだってそうでしょ、溜め込むばかりじゃ健康に良くない。
ウチの場合は貯めこむなんてレベルじゃなくて自転車操業ですけれど・・・ (;^_^A

犬語が話せないので愛犬ジャッキーにはお家の事情は伝わらない。
実は引っ越しで一番のストレスを感じるのはペットだと思います。
まだ新しい自宅を認識しないうちにもしも向こうで迷子にでもなったら、彼の事だから
200キロも離れたこの山里に帰ろうとするかも知れません。

IMG_20180317_083522_convert_20180321205517.jpg
車は好きでないジャッキー君 4時間以上もおとなしくしていてくれるはずがない
なので、ペットゲージを買ってきた。
最初は警戒して絶対近寄らず内に入ろうとしなかったが、しつけ上手なボクです。
買ってきた日の3時間後にホラこの通り
な~に方法は至って簡単、この狭いゲージにボクが2時間寝転がってただけ
だけど、そんな発想はなかなか出来ないらしいと頭の固い妻が言ってました (*゚ェ゚*) 


犬の転居手続きもして、鑑札と迷子札を首輪に着けて置くことも忘れないようにしておきます。



   



  1. 2018/03/21(水) 21:12:05|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コツは二次燃焼

人生を楽しみたいなら探究心を億劫がり、学習を怠ってはいけない。

今季高騰した薪代、本来の薪ストーブ機能を知らず、寒さには
敵わないとバンバン薪をくべて無駄な薪を倍以上も消費してた。 😂
大きな炎🔥を得る為には燃焼に必要な空気もバンバン供給する
必要があるだろうと、三つ付属している空気調整バルブは
全部全開にして使っていました。

 IMG_20180307_073353_convert_20180307100618.jpg

馬鹿ですねぇ!!
それは派手に炉内で炎があがり、温度も上昇するけれど、
その熱のほとんどは煙突から戸外へ排出され、派手に燃やす分
薪も直ぐに燃え尽きる。


そんな薪の無駄遣いをしていたこれまでだけど、薪ストーブの
暖かさと炎🔥の癒しを経験してしまったら、もう薪ストーブなしの
生活は考えられません。
150キロもあるこのストーブを持って行くのと、煙突を新たに
設置するなら、向こうで新規導入してもコストは大して
変わらないだろうと判断し、妻と薪ストーブ専門店に行った。

そのお店で対応してくれた年配の女性が親切にメーカー毎の特徴や
二次燃焼機能付きストーブの空気調整のやり方などをレクチャーして
くれました。
そして殆どの薪ストーブ屋は設け優先で設置費用や工事代を
稼ぐ為、ユーザーの不安を煽っては過剰付帯設備を売り付ける事など。
目からウロコ

なる程6年間使用してきたけれど、全てガッテン。
ストーブ下部なんて殆ど熱くならないのに、炉台は断熱材を敷いて
更にレンガやテラコッタなどで床を護らなければならない。
壁も同様にレンガなどを積み上げる、これでストーブ屋さんはかるくプラス
20万円以上の売り上げだ 

確かに雰囲気は出る、が、不要な過剰スペック。
カタログを手にして見れば、その熱が不安なストーブ下部に薪が
積まれてるではありませんか
見た目とフローリング保護にガラスかステンの炉台の直置きで充分だし、
壁側も少し空気層を設ければ、簡単な遮蔽板をDIYで自分で作れる。
機種によっては本体裏側に熱遮蔽板をオプションで取り付けられるから
壁から20センチも離せば壁はそのままで良い。

それにしてたって、ストーブと煙突部材に工事で果たして
いくらかかるのだろうか?
軽トラの新車一台位はする安い買い物ではないが暮らしを
愉しむなら惜しくはないと思う。

IMG_20180302_161707_convert_20180307100437.jpg

  IMG_20180302_133659_convert_20180307100702.jpg

「楽」と書く漢字、「楽しむ」と読むか「コリャ楽チン」と、
安易な考えで済ませるかは人次第、アクティブな生き方と、
パッシブな生き方もこの「楽」の解釈で分かれるんですね。

因みに薪ストーブ、薪が安定燃焼の状態になったら一次燃焼空気
を絞り、二次燃焼吸気だけでストーブの温度は保たれます。

  IMG_20180307_073204_convert_20180307100511.jpg

そして、炭化した薪からはユラユラとオーロラ燃焼の🔥
薪の消費は半分以下になりました。





PS
午後、今の自宅の障子張り替えをしようと思い、昼飯はチャチャっと
インスタントラーメンにした。
そのラーメンを夫婦で「これはインスタントでもおいしい」などと
話していたら突然大昔の思い出がフラッシュバックした。

小学校低学年のころ田舎のあぜ道で50円玉を拾った。
それを母に差し出したら母は「他の兄弟には内緒だよ」と言って、
当時発売され始めたインスタントラーメンを一袋買い、
兄たちが学校から帰宅する前のおやつにふたりで分けて食べた。
テレビで宣伝していたチャルメラかチキンラーメンだったと思う。
ボクの記憶に残る最高に旨かったモノのひとつです。
駐在所に届けようなどとヤボな事は言わず、茶目っ気もあった
母でした。







  1. 2018/03/07(水) 09:05:00|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お世話になりました

昨日付けで14年若勤めた会社を退職しました。
この場を借りて改めて職場の皆様、本当に
お世話になりました。
今、当直の布団の中でこの記事書いてます!

当然に職場のひとりひとりにきちんとお別れの挨拶を
したいのですが、シフトの都合で最終日に会えず
お礼の言葉もなく去って行きます非礼をお許し下さい。

こんないい加減に言いたい事を言い、いい加減に仕事を
してきたボクですが、イザお別れとなるとやっぱり辛く
淋しいものがあります。
そして、そんなボクに涙でお別れをしてくれた人
本当にありがとう。


ウチの飼い犬、ジャッキーじゃないけれど根っからの
放浪癖、葛飾柴又帝釈天の寅さんのごとく、
気の向くまま、風まかせの人生です。
それを羨む方も多いけど、これはこれで人情に触れれば
触れる程に別れの辛さもこれまで何度も味わってまいりました。

そしてこの地でも尚更のごとく温かく接して戴いた方々に感謝し、
山里の桃の花、桜花を見納めしつつ新天地を求め
旅立とうと思います。

デワデワおひかえなすってぇと、睡魔と闘いつつ支離滅裂
なご挨拶、平にご勘弁を

20170328_075850_convert_20170331103613.jpg


  




  1. 2018/03/01(木) 03:15:51|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (72)
アウトドアー (121)
ミュージック (68)
エッセイ (226)
板前よっちゃん (55)
外食 (3)
お出掛け (29)
考察 (13)
画像 (3)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR