FC2ブログ

海・空・大地の龍 その懐に抱かれて

街から山里そして海辺の丘へと移住を重ねる熟年男子のブログです

タロ兄ちゃんが遺してくれたもの

 P1070817_convert_20130921215400.jpg

もう直きにタロウが亡くなって一年が経つ。
血は繋がってないけれど、弟犬であるジャッキーにそのDNAは確実に受け継がれた。
その遺伝子は「優しさ!!

生後10ヶ月で我が家の一員に迎えた雌犬のハナに対し、最初は嫌がる素振りだったが、
ここにきて彼女を可愛がる素振りをみせてくれる様になりました。
昨夜は彼女に自ら近づきお鼻ツンツンしていたけど、さすがに背中に飛び乗られたら
ボクのところに逃げ帰ってきた。

 DSC_0019_convert_20180617083616.jpg

そしてどうやら食卓の椅子の上までは追って来れないことも学習したらしく、チョコンと
人みたいに座っている。

    DSC_0022_convert_20180617083655.jpg
  避妊手術から今日で3日目、この絆創膏も剥がしてあげよう
  感心したのは一度もこの絆創膏を自分で剥がそうとしなかったこと
  鈍感なのか天然なのか?
 

DSC_0029_convert_20180617083734.jpg

 DSC_0032_convert_20180617083801.jpg

タロウの遺伝子は我が家の家族全員に引き継がれ、直接面識のないハナへと受け継がれていく。
旧盆まであとふた月、遺骨でもそばに置いてあると彼を強く感じられるけど
お盆が過ぎれば彼の一周忌、庭の龍の下に埋葬してあげたいと思ってます。

DSC_0034_convert_20180617083828.jpg


追記(当日夜)

  DSC_0035_convert_20180617202607.jpg

今日のおやつに冷凍ピザを焼いてみた。
裏側が焦げてしまったので、次回は半分の5分でやってみよう。
しかし、せっかく今日はジャッキーを褒めたたえたのに・・・

午後二階でDVD鑑賞している隙になんと寝室のボクのベッドにオチッコをひっかけやがった (((;゚Д゚))))
家の中で粗相なんかしたことはこれまで一度もない。一体彼は何を思ったのか考えているのか?
それを想像するともう可笑しくておかしくて  もちろん叱ったりなんかいたしません。
しかしこれは「悪いことだ」と、彼に伝えるために笑いをこらえしかめっ面で夫婦で掃除しました。

どうやら新入りのハナに少しヤキモチをやいてるのだろう。
先輩のジャッキーをたてる様に気を遣っているつもりでも、やはりオチビのハナが可愛い。
「名前を呼ぶ声のトーンがなんか違うぞ」とか、「ハナばかりいつも抱っこしゃがって」とか
自分は抱っこしてあげても嫌がるくせになぁ
嫉妬の矛先がハナに向かわず構ってほしい主人に向かうのだから
やっぱり彼のマインドは「優しさ」に満ちているのです。


続追記(翌日朝)

ジャッキーが少し哀れと思ったボク、昨夜から彼を猫可愛がり。
そして今朝、二匹の状況は早くも一変した。
今朝も先ずジャッキーだけ連れて散歩し、その後ハナのオシッコだけ
させる為にもう一度チョツトだけ家のまわりを二匹で散歩。
家に戻り二匹の朝食準備中になんと😲ジャッキーとハナが
じゃれっこしている。
そのじゃれっこはこれまでと明らかに違う。
お互いに伏せの姿勢でお尻を持ち上げて尻尾を振っており、
そしてジャッキーがハナを追いかけ回していた。
そう!!「兄ちゃんが遊んであげている」の図です。

そんな様子にやはり7年前の秋、ジャッキーを拾って来た時の
タロウが思い出されます。
やがて二匹で迎えた始めての冬、タロウとジャッキーは
いつもくっついて寝てました。




スポンサーサイト
  1. 2018/06/17(日) 09:11:45|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<絶妙な距離感 | ホーム | 石器時代料理は火傷にご注意>>

コメント

こんにちは

追記を読んで、泣きそうでした。
良かったですね。
タロウくんの代わりはないけれど、ハナちゃんがジャッキーちゃんの家族に、本当になった瞬間ですね。
  1. 2018/06/18(月) 15:12:55 |
  2. URL |
  3. カミさん #-
  4. [ 編集 ]

カミさんへ

度々のコメント、本当にありがとうございます。
仔犬の遊んで遊んで攻撃はかなりしつこくて飼い主でも
閉口します。
タロウとジャッキーの関係も最初は同じようだったのを
今回ハナを迎えて思い出しました。

狼を先祖に持つ犬は雄でも父性が備わっているのでしょうか?
相性もあるのかも知れませんが、元々血の繋がりもない
犬どうしがホントの家族になるまではそれでも
やはり少し時間が必要みたいです。

今はまだ離れた場所で寝ころんでますが、その距離は
確実に縮んでます。
やがてあの頃のタロウとジャッキーの様に背中を
くっつけてボクのひざ元で寝ころぶ日が来ると信じてます。


  1. 2018/06/18(月) 21:25:52 |
  2. URL |
  3. よっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamasatochichibu.blog.fc2.com/tb.php/592-6d2908dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USERyochan

Author:FC2USERyochan
秩父の山里から海辺の丘へと再移住を決心した熟年オヤジのブログ
その先に何が待っているのだろう?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
カモナ マイハウス (26)
作業 (71)
アウトドアー (120)
ミュージック (67)
エッセイ (222)
板前よっちゃん (53)
外食 (3)
お出掛け (28)
考察 (13)
画像 (1)

フリーエリア

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR